« 日本の水族館と動物園が村八分状態に? | トップページ | 最近目にした考えさせられる医療訴訟二題 »

2015年5月17日 (日)

今日のぐり:「こだわりラーメン包(ぱお)」

障害物によって列車が止まるということは時にあることですが、先日何気なく出ていたこちらのニュースがちょっと信じがたいと話題になっていました。

巨大タケノコがJR架線接触 九電が伐採、ダイヤ乱れる(2015年5月8日47ニュース)

 8日午前8時50分ごろ、宮崎市清武町の竹林で、九州電力(福岡市)の作業員が切り倒した高さ約11メートルのタケノコがJR日豊線の架線に接触し、南宮崎(宮崎市)―財部(鹿児島県曽於市)間で約50分間停電、ダイヤが乱れた。

 タケノコは皮がはがれると若竹と呼ばれるようになる。九電によると、今回伐採したのは全体が茶色い皮に覆われていたといい、九電の担当者は「タケノコとしてはかなり大きめだ」と話した。

 4、5月はタケノコが急成長する時期。九電が管理する送電線の近くまで伸びていたため、伐採することにしたが、作業員が誤って線路の方向に切り倒し、JRの架線に接触した。

いやまあ、確かに「タケノコとしてはかなり大きめ」ではあるのでしょうけれどもね…
今日は宮崎のちょっと大きめに育ってしまったタケノコに敬意を表して、世界中からちょっとそれはありえないのでは?と思ってしまう驚愕のニュースを紹介してみましょう。

スマホが止められない!試合中にスマホをいじるサッカー選手が大問題に(2015年1月25日Aolニュース)

最近、場所をわきまえずスマホを見る人や、歩行中の"歩きスマホ"が大きな社会問題となっているが、ウクライナリーグでついに試合中にスマホをする選手が登場し、大きな話題となっている。

ウクライナ2部エネルギア・ノヴァ・カホフカの選手が、ウクライナの1部オリンピック・ドネツクと試合していた時のこと。映像を見ると、ピッチの脇は雪だらけの中、相手選手をマークしながら、なんとも落ち着きの無いこの選手。試合中に何を血迷ったか、パンツに隠し持っていたスマホをチラチラ...。最後は相手へのマークを外して通話を始めたのだ。

この映像がネット上で一気に拡散され、大恥をかかされたキエフのサッカー協会もかなり怒った模様。チームをトーナメントから追放し、さらにこれを見逃した審判団も当分謹慎という、かなり厳しいペナルティーが課されたということだ。

その状況は動画を参照いただければと思いますけれども、まあしかしよほど暇な試合だったのでしょうかね。
ご存じブリからはこんなニュースが出ていますが、数字以上にその映像的衝撃が大きいニュースです。

全長6.4メートルの巨大アナゴが水揚げされ、7500円で売却ポーン(2015年5月14日カラパイア)

 英デヴォン州プリマス町で体長6.4メートル、重さ60キロの巨大アナゴが水揚げされた。これは、近海トロール漁船「ホープ」が捕獲したもので、プリマスの魚市場で撮影された写真が話題を呼んでいる。なお、このアナゴの重さは内蔵を処理した後の重さで、その前の体重はおよそ70~72キロほどだと言われている。
(略)
 こんなにラスボス感あふれているのに、プリマス市場では7500円で売買されたそうだ。

 一般的なマアナゴのサイズは1メートル前後、体重は5キロほどだそうだから、10倍以上はある。ちなみにこれまで確認されている最大のアナゴはアイスランドのウエストマン諸島で網にかかった158キロのものだそうだ。

 デヴォン州の沿岸では時たま巨大なアナゴが引き上げられる。以下の動画は2011年に捕獲された44キロのアナゴだ。

 大アナゴは、たいてい難破船や岩礁の陰に隠れているが、潮止まりの時には餌を探すために出てくる。その巨大な外見にかかわらず、おっとりした動きで恥ずかしがり屋の生き物であり、脅かされるとビクっと後退する習性があるという。

6メートルはネタで実際には2メートル程度だという説もあるようですが、いずれにしてもでかいのは間違いないですよね。
三国時代の武将司馬懿は「狼顧の相」と呼ばれる特徴を持っていたそうですが、現代にリアル狼顧の相を持つ怪人現ると話題になっています。

インド 首が180度回る「ゴム少年」(2015年3月24日新華ニュース)

インド北部のパンジャーブ州ルディヤーナーの15歳の少年は驚異的なほど体が柔らかい。家族と友人たちは彼を「ゴム少年」と呼んでいる。少年は足を上げ肩まで曲げることができるほか、首を180度回わすこともできる。

画像を拝見する限り首に限らずはめ込み合成感がすごい状態なのですが、さすが10億人以上も人間がいるとやりたい放題ですね。
人口の多さではお隣中国も大変なものですが、こちらいくらなんでも大杉だろうと突っ込みが入りそうな映像が出ています。

次から次へと人が・・・ 6人乗りの車から50人 (2015年5月14日TBSニュース)

 中国で1台の車から次々と人が、いったい何故・・・

 中国・貴州省で、警察が走っていた1台の車を停車させました。ドアを開けると車内には人がぎゅうぎゅう詰め。警察官に促され、1人、2人と降りますが・・・、次から次へと人が降りてきます。

 なんと6人乗りの車に50人もの人が詰め込まれていました。車に乗っていたのは工事現場の従業員で、運転していたのは彼らの上司でした。

 従業員の通勤時間を減らすため、1台の車に無理矢理乗せたということですが、こんな大人数をどうやったら詰め込めるものなのでしょうか。

ネタのような本当の話と言う状況は動画を参照いただきたいと思いますが、いくらなんでもこれはちょっとどうなんだと言う乗り方ですよね。
最後に取り上げるこちらの話題、同じく中国では動物ですらちょっと普通ではないと言うニュースが出ていますが、まずは記事を参照してみましょう。

【信じる?】ネコからイヌが産まれた!?「どう見ても1匹だけチワワ」と飼い主も困惑(2015年5月14日ロケットニュース24)

この広い世界、何が起こるか分からない。摩訶不思議な物語が、そこかしこで起こっているようだ。みなさんの中にも、1つや2つ「あれは夢だったのか?」と考え込んでしまう体験談をお持ちのことだろう。
しかし今回、中国で起こったことは「チョット不思議」の範疇を超えている。なんと、ネコがイヌを産んだというのだ。マジか? 本当か? 信じていいのか?

・ネコがイヌを産んだ?
2015年4月頃、中国人のジア・ウェイナンさん(74)の飼いネコが赤ちゃんを産んだ。ネコから産まれるのは当然ネコ。ということで、“子ネコ” たちを可愛がっていたのだが、なんだか変……。
日に日に大きくなるその赤ちゃんの1匹が、ネコではなくイヌっぽいのである。そして1カ月経ってウェイナンさんは確信した。「これは子ネコじゃない……イヌだ! しかもチワワだ!!」と。

・イヌのお父さん?
ネコがイヌを産む……聞いたことの無い話だ。イヌとネコの間で異種交配が起こったのだろうか? しかし、ウェイナンさんはこの説を否定。まず家にいる5匹のイヌは全てメスで、その上チワワはいない。ネコは室内飼いなので、野良犬と接触することもないようだ。また間違いなく、交尾相手は友人宅のショートヘアのオスネコなのだとか。
しかもウェイナンさんは、お産にも立ち会い、その手で1匹1匹子ネコを取り上げ、へその緒も切った。母ネコが外からチワワの子犬を拾ってきたわけでも無さそうだ。

・生後数時間に家族が「イヌっぽい……」と気付く
ではウェイナンさんは、取り上げの際に “チワワっぽいのがいる” と気が付かなかったのだろうか? 「気が付かなかった」と彼は答える。なぜなら、産まれたばかりの子ネコは、目は開いていないし、耳もヘニョヘニョで、正直どの生物かも分かりづらいという。
また、子ネコをこの世へと送り出すのに必死で、それどころでは無かったと彼は話している。そして数時間後、家族が「1匹イヌっぽい子ネコがいるなあ」と気が付いたのだった。

・兄弟ネコとは仲良し
その “チワワ” 以外に一緒に産まれてきた他の4匹は、完全にネコ。けれども兄弟たちは仲良しで、一緒に遊んで戯れているという。ちなみにこの “チワワ” が兄弟の中で一番賢く、お母さんのお乳も真っ先に飛びつく元気っ子らしい。鳴き声はニャーニャーではなく、チ、チ、といった感じだとか。
他の4匹の子ネコはすでに新しい家が決まっているが、この “チワワ” の貰い手は現れないまま。ウェイナンさんは、「ネコからイヌが産まれることは、良い兆候ではありません。とりあえずこの子は私がお世話をして、なにが起こるのか様子を見ることにします」と話しているのだった。
このニュースが伝えられてから、世界中から「噓じゃないの~?」との声が多く聞かれるが、「噓ではない。この目で産まれた瞬間を見ている。まあ私も混乱しているのですが」と彼は主張している。あなたは、彼の話を信じるだろうか?

ネット上で公開されている数々の画像を見る限りではどう見てもイヌとしか思えないのですが、これはいったいどういうことなのでしょうね?
興味深いのはちょいとググってみますと過去にも同様な事件が発生しているらしいのですが、どのような理由が隠されているのか知りたいところです。

今日のぐり:「こだわりラーメン包(ぱお)」

福山市街地の一角にあるこちらのお店、以前は別なラーメン屋だった気がするのですが、割に遅くまで営業されているようです。
尾道ラーメンの看板が出ているのにメニューはちゃんぽんが一押しだと言い、ついで広島ラーメン、とんこつ、尾道の順で掲載されているのが謎なんですが、どう見ても看板メニューのはずの尾道ラーメンが一番冷遇されていますよねえ?

今回は広島ラーメンを白ネギトッピングで頼んでみましたが、ちなみにネギ増しには青ネギもあるようです。
しかしこの広島ラーメンなるもの、基本はとんこつ醤油のこってり系のようですが、何をもって広島ラーメンと言うのかと言うと、一般には広島市周辺で多いさっぱり系の豚骨醤油ラーメンをそう称するそうです。
このあっさり目と言う点については確かにタレの味もきつすぎず、飲めるスープで結構美味しいと思うんですが、お隣の岡山市あたりではありふれていそうな味で、両者の間に笠岡や尾道と言った特徴ある地ラーメンがあるのもおもしろいですね。
めんは豚骨ラーメンに使いそうな細麺ですが、広島では中細面が多いのだそうで、このスープなら尾道あたりで多い平打ち麺でも良さそうに思います。
ちなみにネギについては白ネギよりも青ネギの方が合いそうな気がしましたがどうでしょうね?

同じスープがベースならちゃんぽんがかなりいけそうに感じたので次回来ることがあれば試してみたいところですが、この広島ラーメンもそれなりにおいしくいただけました。
ただこういう各種ラーメン何でもあり的な品ぞろえですと逆にお店のストロングポイントが定まらず、何かお客としても迷いを感じ取ってしまうかもしれませんね。
接遇は個人店らしさ濃厚なのがむしろ新鮮な感じもしましたが、しかしお姉さんがちょっと早口すぎるほど早口でしゃべるのはこの辺りの地域の標準なのでしょうかね?

|

« 日本の水族館と動物園が村八分状態に? | トップページ | 最近目にした考えさせられる医療訴訟二題 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

11mになっても皮かむりの包○タケノコ。

投稿: JSJ | 2015年5月17日 (日) 14時11分

皮付きって小さいものだとばかり思い込んでたけどそうでもないんだ?

投稿: | 2015年5月17日 (日) 20時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519753/61599924

この記事へのトラックバック一覧です: 今日のぐり:「こだわりラーメン包(ぱお)」:

« 日本の水族館と動物園が村八分状態に? | トップページ | 最近目にした考えさせられる医療訴訟二題 »