« うっかりや行き違いが発生しやすい下地 | トップページ | 今日のぐり:「オーベルジュ」 »

2015年5月30日 (土)

自転車はもはや気楽な乗り物ではない?

このところ全国各地で自転車取り締まりが強化されているのですが、まずはこんな記事から紹介してみましょう。

「自転車も逆走に注意」 武蔵溝ノ口駅周辺 高津署員ら呼び掛け(2015年5月21日東京新聞)

 一方通行で「進入禁止」の標識があれば車だけでなく自転車も進入できないことをご存じですか-。春の全国交通安全運動の一環で二十日、川崎市高津区交通安全対策協議会などがJR武蔵溝ノ口駅近くの商店街で、自転車利用者に逆走防止を呼び掛けた。ルールを知らない人も多く高津署員らが注意を促した。 (山本哲正)

 この日は署員のほか区職員、公募市民、町内会役員ら約三十人が参加。「自転車も 乗れば車の 仲間入り」と書かれたのぼりを掲げて交差点周辺に立った。トラブルを避けるため、制服姿の署員が逆走の自転車を呼び止める役を担った。

 注意された子連れの母親はルールを知らないようで自転車から降りても不思議そうな表情。署員は進入禁止の標識を指しながら「『自転車は除外』と示されていなければ、自転車も車と同じで進入してはいけません」と説明。注意された人の中には「自転車も進入してはいけないと表示してほしい」とお願いする人もいた。

 署によると、ルールは以前からあったが、東日本大震災以降、自転車の利用が増える中で取り締まり対象になったという。注意に従えば指導にとどまるが、再三の注意に従わず他者に危険を生じさせるなど悪質な場合は道路交通法違反で五万円以下の罰金の対象になるという。この日注意された親子連れらは多くが自転車を降りて押し歩いた。

 同署管内で起きた今年の人身事故はこの日までに二百三件。自転車絡みは六十二件と三割近いが、一方通行の道路で逆走したことが関係した事故は一件という。ただ区企画課によると、商店街からは「逆走して自転車同士が衝突したり、もめごとの種になったりしている」と、逆走防止の呼び掛けを歓迎する声が出ているという。

 この日は、安全のため自発的に自転車を押し歩いていた人々にも、署員らは進入禁止のルールをあらためて説明。「夜間はライトを点灯」「イヤホンを使わないで」などと呼び掛ける自転車安全利用のチラシを配った。

この「ルールは以前からあったが厳しく取り締まることにした」と言うのがくせ者で、ちょうどこの6月1日から道路交通法改正で自転車からも違反の罰金を取るだとか、講習を義務づけるだとかまるで自動車のように厳しい対応をするかのように言われていますけれども、すでに先行して全国各地でより厳しい運用が為されていると言えそうです。
実際に昨年1年間で兵庫県警が自転車に乗る中高生に対して出したいわゆる赤切符が過去最多の228件だったと言う記事が出ていましたが、ほんの10年ほど前までは年に2件程度であったと言いますからどれだけ激増しているのかで、当たり前の事ですが二人乗りや信号無視などは違反であるのは言うまでもないとして、もはや口頭でちょっと注意されておしまいと言う時代ではなくなってきていると言うことでしょうか。
こうした取り締まりの厳格化に対して法的裏付けを与えるのが道交法改正だと考えると。これまでいわば野放し状態だった自転車と言う乗り物もきちんと法規を知った上で乗るべきだと言うことなのでしょうが、こうした自転車への厳罰化が思わぬ方向に影響を及ぼすかも知れないと言う、こんな憶測もあるようです。

自転車の罰則強化で危惧される「脱・自転車」(2015年5月24日ブッチNEWS)

道路交通法が改正され、自転車の罰則が強化されるが、新たな問題が発生しそうだ。

2回目の注意で5,700円かかるならもう乗らない!?

 2015年6月、改正道路交通法で自転車の罰則が強化される。自転車運転者が道交法108条3の4にあたる危険行為(※別記)を3年以内に2回以上繰り返す場合、試験つきの講習(有料=標準額5,700円)を3時間受けなければならないなどするものだ。受講しないと受講命令違反で5万円以下の罰金となる。
 これを受けてネットでは「警察の点数稼ぎだ」などという声も上がっているが、自転車事故のトラブル自体は増えており、規制強化は止むないところだ。

 危惧されるのが自転車離れだ。
「講習の部分が重すぎます。定期的に自転車狙いのネズミ捕りが行われるでしょうから、まず1回引っかかった人は『あと1回でもう自転車やめた』となるはずです。講習行かずに罰金になったら、その金額でママチャリなら5台自転車買えちゃいますし」(警察に詳しいライター)

 報道を見て、もう自転車をやめることを決めた人もいる。
「警察に青切符を受けたり、(義務ではないが)自転車保険で維持コストが上がることを考えるとスクーターでもいいような気がして、乗り換えを決めました。特に、規制の厳しくなりそうな都心部では自転車のメリットは激減するでしょうね」(新宿区在住・会社員)
「乗りながらのスマホづかいも安全義務違反になるらしいので、歩きます。歩きスマホなら、マナーはともかく捕まらないですからね」(北区在住・パート)

 今回の規制強化でマナー向上し駅前放置自転車問題や無灯火、走行マナーは解決に向かうかもしれないが、「自転車離れ」は業界の今後の課題となりそうだ。

まあ実際にどれだけ自転車離れが起きるかは何とも言えないのですが、個人的に気になっているのがこの厳罰化で「酒酔い運転」が取り締まり対象になっていると言う点で、今までであれば「今日は酒を飲むから自転車で出かけよう」と言った需要があったものが、これからはむしろ取り締まりを受ける可能性が増えてしまうと言うことにもなりかねないですよね。
ともかくもこうした厳罰化の背景には自転車乗りも交通法規を当然に知っていると言う前提条件が存在していると考えるべきで、この辺りはいきなり子供も含めて全部を杓子定規に取り締まると言うこともないのでしょうが、免許を持っていない人などいわば交通法規を知らずに過ごしてきた人の交通手段が自転車であったと言う側面もありますから、社会的影響は小さいものとは思われません。
後はその運用面でどれだけ杓子定規に違反だ罰金だと言ってくるかが重要ですが、この種の罰則規定全般については一罰百戒と言いますか、それによって市民の意識改革を促すと言う目的もあるはずですから、これからの時代は自転車に乗る前には単に乗れるかどうかだけではなく、ちゃんと交通法規も熟知しておく必要があると言うことなんでしょうね。

|

« うっかりや行き違いが発生しやすい下地 | トップページ | 今日のぐり:「オーベルジュ」 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

都内で観察してみました。27日、通行が把握できた260台のうち、違反が確認できたのは、およそ6割です。荷物を持つなど、
片手だけで運転するのはアウト。いざというときにブレーキをかけられないためです。傘を差しての通行やスマホを片手にするのも同様にアウト。
このほか、友人や家族と歩道を並んで走るのも、歩行者にとって危険なため、違反となります。自転車が走るのは、原則、車道です。
例外的に歩道を走る場合は徐行が義務づけられています。

 「(歩道は)直ちに徐行できるようなゆっくりした速度で走ることが前提。目安としては時速7.5~8キロ弱。速く歩く人は抜けない速度」
(自転車活用推進研究会 小林成基理事長)

 観察した路上でも、歩行者を縫って走る自転車が見られました。
 「(Q.歩道は徐行しなければならないが?)知りませんでした」
 「子どもと自転車こいだりするので、車が多い通りは走らない。危ないので」(街の人)

 車道を走るのは怖いという声が上がりますが、車のドライバーからも意見が・・・
 「(自転車は)危ないよね。左を走ってて、後ろ見ないで急に右横に行ったり。何回もぶつけそうになった」(タクシードライバー)

 慣れていない人が多い車道での走行。それでも、専門家によれば、車道を走る方が安全だといいます。その理由はこうです。
脇道から車が出てくる際、車道の前で一旦停止することが多いため、歩道での自転車走行は、車道に比べ、出会い頭の事故に遭う確率が高くなるというのです。

※本文より抜粋しました。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2503635.html

投稿: | 2015年5月30日 (土) 10時22分

なあなあで済まされていたものが厳しく取り締まられるようになったのは酒なんかもそうですね。
昭和時代なら高校生の飲酒なんて珍しくなかったし親のおつかいと言えば小学生でも普通に店で酒が買えた。

なあなあでやってることの実害が無視できなくなった結果でしょう自転車も。

投稿: | 2015年6月 1日 (月) 11時32分

一連の自転車の規制問題に関しては、規制強化やルール変更で各種データにどういう変動が出てくるのかと言うことを見守っていきたい気がしますね。

投稿: 管理人nobu | 2015年6月 1日 (月) 12時28分

>維持コストが上がることを考えるとスクーターでもいいような
>歩きスマホなら、マナーはともかく捕まらないですからね

東京人てバカばっかりか?

投稿: hisa | 2015年6月 1日 (月) 13時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519753/61665399

この記事へのトラックバック一覧です: 自転車はもはや気楽な乗り物ではない?:

« うっかりや行き違いが発生しやすい下地 | トップページ | 今日のぐり:「オーベルジュ」 »