« 最近目にした考えさせられる医療訴訟二題 | トップページ | 払えないのか、払わないのか »

2015年5月19日 (火)

ウハウハに見えていた製薬業界も意外と安泰ではないらしい

医療費削減政策で医療現場の青息吐息ぶりが報じられてきた中で、こちらはちょっと儲けすぎなんじゃないか?とひと頃からMRさんの給料まで取り上げられて批判的に取り上げられることが多かった製薬業界ですけれども、必ずしもそうでもないらしいと言う決算結果が先日報じられていました。

製薬大手6社、営業損益悪化 安価な後発薬が影響 15年3月期決算(2015年5月16日朝日新聞)

 製薬大手8社の2015年3月期決算が15日出そろい、営業損益は6社が前年より悪化した。国の後押しで、安い後発(ジェネリック)薬のシェアが伸びた影響が大きい。武田薬品工業は米国での訴訟和解金などで、純損益が上場以来初めて赤字になった。
 アステラス製薬は北米などで前立腺がん薬が売れ、売上高が過去最高。第一三共はインドの後発薬事業からの撤退で現地企業の株を売却したことなどで、純利益が過去最高になった。

 ■武田は純損益が上場以来初めて赤字に

         売上高/営業損益/純損益

 武田薬品工業  1兆7778(5.1)/▼1292(―)/▼1457(―)
 アステラス製薬 1兆2472(9.4)/1856(59.0)/1358(49.5)
 第一三共    9193(2.3)/744(▼34.1)/3221(428.6)
 エーザイ    5484(▼8.5)/283(▼57.3)/432(13.1)
 田辺三菱製薬  4151(0.6)/671(13.6)/395(▼13.0)
 大日本住友製薬 3713(▼4.2)/232(▼44.8)/154(▼23.0)
 大正製薬HD  2904(▼1.8)/319(▼23.3)/245(▼25.0)
 塩野義製薬   2739(▼5.4)/503(▼18.6)/440(8.5)

 ※億円。かっこ内は前年比の増減率%。▼はマイナスまたは赤字、―は比較できず。エーザイまでの上位4社は国際会計基準、ほかは日本基準

そう言えば最近製薬業界が医師への接待を自粛しますと業界を挙げて言い出していることが話題になっていましたが、ああしたものも利益が上げにくく儲けが減ってきたと言う現状を反映しているのでしょうか、製薬会社がスポンサーについてきた各種の勉強会の類も今後どんどん縮小廃止されていくと言うのであれば、今後は医師会なり学会なりがその代役を求められることにもなるのかも知れませんね。
まあこの種の数字も様々な税金対策だとか財務的なトリックも込みで考えるべきなのでしょうが、記事の文脈から考えてみる限りでは製薬大手も今や新薬で一発当てない限り大きな利益を出しにくいが、その利益も後発品が登場するまでの一時的なものであると言う解釈になるのでしょうか、その意味では新薬開発力の差が各社の今後を決定づけると言えそうです。
この点でやはり企業体力のあるお金持ちの海外大企業が有利であるのだろうし、新薬が全世界的な医療に与える影響の大きさを考えると国内で開発力を維持しておくことは一定程度必要なことなんじゃないかとも思うのですが、国としては国内製薬会社保護のために政策を打ち出すどころか、さらに締め上げる方向で考えているらしいと言う記事がこちらです。

ジェネリック「普及8割に」…財務省が要請(2015年5月16日読売新聞)

 財務省は15日、医療費を抑えるため、新薬より安くて効き目が同じとされる後発医薬品(ジェネリック)の普及目標(2017年度)を現在の60%から80%に引き上げるよう、厚生労働省に求めた。

 政府の歳出改革を検討する行政改革推進本部の作業部会で示した。

 財務省によると、国内のジェネリック普及率は13年時点で46・9%にとどまり、米国(約90%)やドイツ(82・5%)、イギリス(75・2%)に比べて低い。厚労省は作業部会で「製薬会社の供給能力に限界があり、達成は難しい」と難色を示した。

後発医薬品の普及「8割に」 社会保障費抑制へ提言 財務省(2015年4月28日朝日新聞)

 財務省は27日、予算の3分の1を占める社会保障費を抑制するための提言をまとめた。後発医薬品(ジェネリック)の普及目標引き上げや、75歳以上の医療費の窓口負担の引き上げなどが柱。少子高齢化に伴い、内閣府は社会保障費は毎年1兆円弱の伸びを見込んでいるが、同省はこうした改革で伸びを年0・5兆円程度に抑えられる、とする。

 この日開かれた財政制度等審議会(財務相の諮問機関)に示した。財務省は、政権が夏にまとめる2020年度までの財政健全化計画に今回の提言を盛り込みたい考えだが、自民党や業界団体の反発は必至で、議論は難航が予想される。

 提言では、現在「17年度に6割」としている政府のジェネリック普及目標を8割に引き上げる。さらに、先発医薬品を使っても、保険の給付額はジェネリックの価格を基準に支払うようにすることで、国費を4千億円節約できる、とした。医療費では、75歳以上の窓口負担を2割へ引き上げるべきだとしている。
(略)

一連の詳細はこちらの記事が詳しいようで参考にしていただきたいのですが、ジェネリック推進それ自体は反対するような性質のものではないと思うのですが、製薬会社からすれば巨額の開発費を投じて新薬を開発したのに、それを売って開発費を回収しさらに次の新薬開発資金を稼ごうとするタイミングでジェネリックが出てくると言うのでは、高い金を投じて研究開発すると言う行為自体が経営的に見合わないと考えてしまうかも知れませんね。
この辺りは昔から新薬でなければ儲けにならないと言う診療報酬の設定が医療の歪みを生んでいると言う声も根強くあって、製薬会社が大して効果に違いもないものを新薬だ新薬だと現場の医師に売り込む、それを真に受けて医師が高い新薬ばかり処方するものだから医療費が際限なく膨らむと言う側面も確かにあり、高血圧等一般的な疾患の治療に何が何でも高い薬でなくても安価な枯れた薬で十分じゃないかと言う意見もあります。
旧来のものと大差ないマイナーチェンジレベルのものまで新薬だと高いお金を取るのは正直どうなのかだし、競合他社製品よりちょっとだけ優れていますと言う能書きを求めて開発競争にしのぎを削るのもどうなのかですが、一方で世の中をがらりと変えるほどの画期的新薬などはそうそう開発出来るものではないだろうし、トップの武田でさえ世界的には中堅どころと言う日本の製薬会社にそこまでの開発力があるのかどうかです。
短期的に見れば余計なコストばかりかかって実を結ぶかどうか判らない研究開発など放棄して、他社のコピー商品ばかり出しているのが楽な商売だと言う考え方は製薬に限らず何の業界でも存在していて、昨今特にジェネリック専門のメーカーがそれを誇らしげに宣伝していたりもしますけれども、長期的な国家戦略として目先のお金の節約ばかりでいいのか?と言う問題も話を決める国の側では考えておかなければならないでしょうね。

|

« 最近目にした考えさせられる医療訴訟二題 | トップページ | 払えないのか、払わないのか »

心と体」カテゴリの記事

コメント

MRの給料も激減してるらしいね

MR(医薬情報担当者)の年収の平均は、656万円でした。
この調査では100職種中、第4位に位置しています。前年の同調査では、661万円で59職種のなかで第6位でしたので、少し減少しているようです。
MRに限らず、製薬業界の給与は高めです。
この7年間で、708万円~660万円の間となっています。
製薬会社の平均年収を調べますと、平成17年には、708万円でしたが減少傾向にあり、24年には、660万円台になっているようです。
平均が下がっているのは、必ずしも給与が下がっているのではなく、高い給与を取得している40代~50代の方がリタイアしていることの影響が強いようです。

投稿: | 2015年5月19日 (火) 07時39分

国内製薬会社も多すぎる気もするんですが。
毎年のように統合してるからいずれ淘汰されてくのかな?

投稿: ぽん太 | 2015年5月19日 (火) 09時03分

私は給料がいくら良くてもMRの仕事はやりたくないので、純粋にMRの仕事を頑張っている人はすごいなと思います。
個人的な印象だと、アステラスさんとMSDさんと大塚さんは景気がよさそうに見えます。

投稿: クマ | 2015年5月19日 (火) 09時12分

ちゃんと勉強して有益な情報提供したりするならいいけど、ただ立ちんぼして商品名連呼するだけのはうざいわ。

投稿: | 2015年5月19日 (火) 09時30分

収益悪化でスポンサーであった勉強会の類が終わるとか規模縮小するとか様々な噂もあるようで、いわゆる接待自粛の業界自主規制もそのあたりの経営的な側面がまず第一にあったのかなと言う気もしますがどうでしょうね。

投稿: 管理人nobu | 2015年5月19日 (火) 12時05分

>高い給与を取得している40代~50代の方が
誤 リタイア  正 被リストラ。
 
>ただ立ちんぼして商品名連呼するだけのはうざいわ。
 いまどきおらんて。部外者の ふり がうざい。

 今後は日本は開発不要。生理も病理もやらんかったから高分子薬の開発なんぞできない。低分子は原末の品質検査と製剤技術だけ維持して国産はすべてゾロ。高分子薬も、あふれかえる生物系ポスドク(ピペド~おぼ)にコピー品を作ってもらおう。中韓がすぐにも追いついてくるだろうから、そしたら医薬も輸入。
 
 上市後も盛大に臨床試験が続くのだし、それを見てダメな薬を刈込む、で十分。必要なデータはID付きでレセプトに埋まってるよ。富豪はその結果をみて全額自己負担で正規品を輸入、かな?

投稿: | 2015年5月20日 (水) 14時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519753/61604590

この記事へのトラックバック一覧です: ウハウハに見えていた製薬業界も意外と安泰ではないらしい:

« 最近目にした考えさせられる医療訴訟二題 | トップページ | 払えないのか、払わないのか »