« まさか「押し売りお断り」の張り紙が役に立つ時代が来ようとは | トップページ | 中国で受精卵の遺伝子改変実験が行われていたことが判明 »

2015年4月26日 (日)

今日のぐり:「極とんラーメンとん匠 神辺店」

ちょっとした告知ですが、要望があったので見よう見まねでfacebookのボタンも追加してみたのですが、どんなもんでしょうか?

さて、先日ちょっと信じがたいような動画が話題になったことをご存知でしょうか。

“頭だけになった”魚が泳ぎ続ける戦慄の光景!!(2015年4月4日トカナ)

 現在、インド洋の島国・モルディブの海で撮影されたという1本の動画が、大きな話題を呼んでいる。まずは問題の動画をご覧いただこう。

 胴体から尾ビレにかけての部分をごっそり失い、頭部と胸ビレ、そして背ビレと腹ビレだけになってしまった魚が海を泳いでいる!! 流れに抵抗するほどの力は残されていないようだが、それでも確かに体勢を保って前身しているではないか!

 ちなみに動画の解説によると、これは漁師が(恐らく食事のために)魚の胴体部分を切り抜いた直後に確認された光景のようだ。すでに再生回数は100万回を越える大ヒット動画となっているが、世界のネットユーザーから寄せられるコメントには、魚が泳げる理由について考察する声だけではなく、

「このあと魚はどうなってしまったんだろう」
「どうしてこんな恐ろしいことができるの」
「本当に残酷だ」

など、これは虐待ではないかと非難する向きもある模様。過去にトカナでは、体を半分食べられた魚が必死で逃げる様子を捉えた動画も紹介したが、魚の強靭な生命力には、ただただ感服するほかない。

どうもその状況は元記事の動画を見ないことには想像し難いと思いますけれども、活け作りの魚が骨だけになっても泳ぐと言う話もありますが、いずれにしても消化吸収能力はなさそうですしねえ…
今日はモルジブの魚の生命力に敬意を表して、世界中から生き物に関係したちょっと信じられないようなニュースを取り上げてみることにしましょう。

インド 小ジカと戯れるトラ(2015年3月26日新華ニュース)

飢えたメスのトラが野外で群れから離れた小ジカに出会った場合、結果は1つしかないだろう。子ジカは必ず死ぬ。だがメスのトラは子ジカを食べないだけでなく、子ジカを自分の子のようにみなし、一緒に遊ぶ姿が目撃された。

インド・ムンバイ出身のカメラマンであるSouvik Kunduさん(35)はインドのタドバ・トラ保護区でメスのトラが鼻で子ジカを優しくなでたりくわえたりする瞬間をカメラに収めた。
タドバ・トラ保護区はインド西部マハーラーシュトラ州最大の国立公園であり、敷地面積は241平方マイル(約624.2平方キロメートル)。2010年の調査報告書によると、同地域には43頭のトラがいるという。
Souvikさんは写真を「慈愛の女王」と名付けた。写真にはメスのトラが子ジカの隣に回り込み、鼻で子ジカをなでたり子シカをやさしくくわえたりした。保護区で多くの観光客は子ジカは必ず死ぬと考えていたが、15分後にメスのトラは子ジカを草むらに置いてその場を離れた。

Souvikさんによると、メスのトラが草むらをゆっくりと歩いているとき、われわれはトラが子ジカと戯れていた様子を目撃した。メスのトラは楽しそうだった。メスのトラがどうして子ジカを食べなかったのかは分からない。あのトラは発情期で、母性が肉食性を超え、子ジカを自分の子のように感じたのかもしれない。
やさしいメスのトラは子ジカと一緒に戯れ、子ジカを傷つけることはしなかった。トラと子ジカが友達になるとは不思議だ。

これまた元記事の写真を参照いただきたいと思いますが、しかし子ジカの方はかなりガクブルものの展開だったのではないでしょうか?
世界的にはとんでもないサイズの生き物はいるものですが、そのサイズもさることながら思いがけないおまけ?までついてきたと話題になっています。

ポーランド 釣り上げた巨大ナマズからナチス軍人の遺体発見(2015年4月21日新華ニュース)

ロシアサイト「RIDUS」の20日の報道によると、ポーランドの漁師2人がポーランド西部オーデル川にて、体長4m、重さ200kg以上の巨大ナマズを釣り上げた。

驚いたことに、漁師が巨大ナマズをさばくと、お腹の中から一体の遺体とドイツナチス時代の金属製鷲章が発見された。巨大ナマズの腹部から見つかった遺体を調査した結果、この若い軍人は数十年前に死亡した。彼はドイツナチスに所属していた軍人で、ドイツ軍がポーランドに侵略した時期に死亡したと思われる。

これらの事から、このドイツナチス軍人は約1940年にナマズに食べられ、消息不明になっていたと見られる。

ちょっと状況が判らないと言う人も写真を参照いただければ納得できるんだと思いますが、しかしヨーロッパのナマズは恐るべしと聞いてはいましたがまさかこれほどとは思いませんでした。
ある意味ではそれ以上に人々の恐怖を誘うのがこちらの記事ですが、まずはニュースを紹介してみましょう。

「カメムシ食べられます」 昆虫食の企画展、試食も盛況(2015年4月21日朝日新聞)

コオロギの素揚げ、蜂の子のつくだ煮……。「ゲテモノ」と毛嫌いされがちな昆虫食をテーマに、兵庫県の伊丹市昆虫館が開いた企画展が好評だ。2カ月で予想を上回る約1万7千人が来館し、会期は3週間延長されて今月27日までに。「食わず嫌い」のあなたも、ぜひ。

 タイトルは「昆虫食 とる・つくる・たべる」。国内をふくむ世界各地で食べられている約40種類の昆虫料理を、タイやカンボジアの露店などで買い付けた実物やそのレシピ、写真などで紹介する。2月4日に開幕し、会期は当初、今月6日までの予定だった。

 「虫を食べている地域の多さに驚いた」「カメムシが食べられる、とは知らなかった」「ぼくも虫を食べてみたい」。アンケートでは、初めて来館した人や県外から訪れた人が多いことがわかった。テーマが特殊だったため、来館者数の落ち込みを心配したが取り越し苦労で、会期延長が決まった。

いや世界的にも21世紀の栄養源として注目されつつあると言う昆虫食はともかくとして、いくらなんでもカメムシですよカメムシ…
ここから動物と人間の関わり合いを示すニュースを二つ紹介したいと思いますが、まずはその影響も大きそうなこちらの話題です。

インド イルカを「個人」として認め、イルカショーを禁止する(2015年4月21日スプートニク)

インド政府は、イルカに「人間に属さない個人」の地位を与えた。インドは、イルカのユニークな知能と自意識を認めた初の国となった。インド環境森林相が発表した。また水族館などで飼育されているイルカのショーを行うことも禁止された。

インド環境森林省によると、イルカは「独自の特別な権利を持つべきである」という。

イルカは、高度に発展した社会組織と高い知能を持つ哺乳類。最新の研究によると、イルカは互いに名前で呼び合い、20年前に聞いた「昔からの友」が発する音でも識別し、名前を覚えることができるという。

確かにイルカは賢いのでしょうけれども、それを言うならイヌなども賢いですからねえ。
もう一つ紹介しておきたいのがこちらのニュースですが、こちらあまり大きな影響があってもらっても困ると言う話題です。

デンマークが動物との性行為を全面禁止、議会で法案可決(2015年4月22日ロイター)

[コペンハーゲン 21日 ロイター] - デンマークの議会は21日、動物との性行為を禁止する法案を可決した。同国では既に動物を傷つける恐れのある性行為が禁止されていたが、動物の権利が十分に保護されないとして、愛護団体が規制強化を求めていた。

欧州では、ドイツやノルウェー、スウェーデン、英国などですでに動物との性行為が禁止されている。このため、動物との性行為を目的とした観光客らがデンマークに集中、社会問題化していた。

いやもうどこから突っ込んだらいいのかと言うニュースなんですが、そうですか動物の権利も重要ですかね。
最後に取り上げますのは猿も木から落ちるというのでしょうか、がっかり度がハンパないと話題のニュースです。

【悲報】ビーバー、自分で切り倒した木に押しつぶされて死亡(2015年4月17日秒刊サンデー)

ビーバーは自分で木を切り倒し巣(ダム)の材料にするなどとして知られる生き物ですが、そのビーバーが木を伐採中、なんとその木が倒れてきて押しつぶされてしまうという事件がおきていたようです。果たしてそんなことがありえるのでしょうか。野生の生き物は割りとそのような予測は立てやすく危険回避能力に長けているのではないのだろうか。

押しつぶされて死んでしまったビーバー。専門家によるとやはりビーバーは木をかじる歳、本能的に落下する場所を把握できるのだという。つまりビーバーは予めそのような危険を避ける事が可能。闇雲に木をかじっているわけではない。ではなぜこのような災難に見舞われてしまったのだろうか。

学者による見解は「ビーバーが非常に運が悪かったのではないか」ということだ。
よくわかったようなわからないような見解ではあるが、ビーバーといえども時には失敗するということである。

我々人間もこれを教訓にすべきなのかもしれない。得意な作業を「得意だ」と甘く見ているといつか痛い目にあう。痛い目にあっても取り返しの付かないこともあるということだ。

もしかしたら今もなお、どこかのビーバーが「猿も木から落ちる」じゃないが、気に押しつぶされているのかもしれません。

そのあまりにも悲劇的な状況は是非元記事の写真を参照いただきたいのですが、天然自然の環境の中でこんな光景に出会ってしまえば誰しも驚きますよね。
よほどに運が悪かったと言うしかないのかも知れませんが、このような悲劇を二度と繰り返さないようビーバー世界の意識改革も望まれるところでしょうか。

今日のぐり:「極とんラーメンとん匠 神辺店」

この極とんと言うお店、福山市内でチェーン展開されているとんこつ一筋のラーメン店なんだそうで、かなりあちこちに支店が出ているようですね。
こちら福山市の北に外れた大きな郊外型モールの近傍と言うことでお客も多いようですが、メニューはラーメン以外にもチャーハンに餃子、唐揚げなど一通り定番は揃っているようです。

今回は野菜ラーメンを硬さ普通で頼んで見ましたが、この脂もコラーゲンもたっぷりのトロトロスープはいいとして、替え玉無しで食べるならタレ控えめで頼んだ方が良さそうなくらいの塩分濃度は気になります。
こちらの極細麺はまあ普通だと思いますが、この野菜ラーメンに関してはトッピングが多いだけに少し硬めでのオーダーがいいかと言う気もしますね。
その野菜はほぼもやし純度100%に近い状態ですがシャッキリ食感はあって、これなら別に替え玉やサイドメニューがなくてもお腹はふくれるかなと言う充足感はありました。

これだけ流行っているだけに豚骨ラーメンとしては十分いい感じで、特にこってり好きな人には向いていると思いますが、個人的にはこのレベルになるともう脂が強すぎると感じるようになってしまいました。
接遇面ではマニュアル対応が基本のようですが、全般的に男らしいと言うか何と言うかで、この辺りも少し胃もたれした気がする理由ではあるのかもですね。
しかし替え玉以外にも雑炊なども出来るようなんですが、こういう替え玉などを追加していくお店で食券制と言うのは向かないのかなとも思うのですがどうなんでしょうね?

|

« まさか「押し売りお断り」の張り紙が役に立つ時代が来ようとは | トップページ | 中国で受精卵の遺伝子改変実験が行われていたことが判明 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

普通に囓った位置と挟まれた位置関係を考えれば、横にいたビーバーの上に木が倒れたんじゃないかな?

投稿: hisa | 2015年4月27日 (月) 10時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519753/61493056

この記事へのトラックバック一覧です: 今日のぐり:「極とんラーメンとん匠 神辺店」:

« まさか「押し売りお断り」の張り紙が役に立つ時代が来ようとは | トップページ | 中国で受精卵の遺伝子改変実験が行われていたことが判明 »