« 犯罪行為を厭わずネットの危険性を追求する朝日 | トップページ | 指導する立場にあるものの責任 »

2015年3月22日 (日)

今日のぐり:「萬福食堂」

しばしば報じられる系のニュースと言えばその通りなんですが、先日こんな珍事があったのだそうです。

授業でわいせつ画像 横浜市の中学校で(2015年3月11日カナロコ)

 横浜市教育委員会は11日、市立中学校の1年生の授業で40代の男性教諭がパソコン操作を誤り、約10秒間わいせつな画像がテレビ画面に映し出された、と発表した。
 市教委によると、男性教諭は10日の1限目の理科の授業で私物のパソコンを使用。宇宙に関するDVDを見せようとして操作を誤り、上半身裸や下着姿の女性の画像などが掲載されているインターネット画面が約10秒間、パソコンと接続したテレビに映し出された。
 教諭はすぐに生徒38人(男20、女18)に謝罪。その場では騒ぎにはならなかったが、授業終了後に「気持ち悪い画像だった」などと話す生徒もいたという。
 同校では翌11日に全校保護者説明会を開き、謝罪。私物パソコンの使用は禁止されており、西部学校教育事務所は「このような不適切な事案が起こったことは極めて遺憾」とコメントした。

しかし半裸や下着姿を気持ち悪いとまで言わせる画像とは具体的にどのようなものであったか興味も湧くところなんですが、いずれにしてもその瞬間の教室に流れた気まずい空気を感じさせますよね。
今日は思いがけない人生経験を積んだ中学生達を激励する意味も込めて、世界中から見た瞬間思わず思考停止してしまいそうな非日常的光景を伝えるニュースを紹介してみましょう。


ポテチ開けたらいも丸ごと1個、購入者「自分で作れってことか(笑)」。(2015年3月15日ナリナリドットコム)

ポテトチップの袋から、丸ごとのじゃがいもが出てきた――。そんな経験をした男性がいるという。

この男性は英サフォークにあるスーパーマーケット「アルディ」でステーキ&オニオン味のポテトチップを購入したが、油にまみれたじゃがいもが出てきた時には驚きを隠せなかったと語っている。
「ポテトチップの袋を開ける時に、いつもの音じゃないということに気づいたんです」
「それで袋をさかさまにして出してみたら、油ぎったじゃがいもが私のデスクにゴトッと落ちてきたんですよ」

この男性はそのハプニングについて、同僚と「最近は自分でポテトチップを作れってことなのかもな(笑)」と笑い話にした後、写真をアルディ社のツイッターに送ったそうだ。
アルディ社の広報はこの一件について、全額返金を約束している。

そのフリーズしてしまいそうな状況は画像を参照頂くとして、しかし明らかに重量オーバーでしょうにこういう事故が起こり得ると言うのはポテチの袋詰めシステムとはどのようになっているものなんでしょうね。
昨今何かと話題になりがちなあのテロ集団に関して、こんなびっくりニュースがあるようです。

アラブ婦人「イスラム国」戦闘員らを強く叱る(2015年2月14日ロシアの声)

イスラム教徒の年配の女性が、自分の村を占拠した「イスラム国」の戦闘員らを、平和を説くコーランの一節を引用しながら強く叱りとばし「テロを行うものは必ずや呪われるだろう」と述べた。その様子がネット上に紹介されるや、この女性は一躍「スター」となった。新聞「The Daily Mirror.」が報じた。

報道によれば、この女性がアサド大統領に言及していることから、映像が撮られたのは、シリア国内だと見られる。

女性と戦闘員らとの映像は、彼女が彼らを悪魔と呼び「アラーのもとに戻るよう」求める場面から始まる。 女性は「人殺しは罪である」と述べ「そうした行為はすべて神とは関係ない」と断じ、次のように続けた―

「お前達は、まるでロバのごとく互いに殺し合っている。『イスラム国』の連中は、決して天国に行かれない。」

なおこの年配の女性がどうなったかは、明らかではない。

これは是非動画を参照頂きたいのですが、しかし凍り付きそうな状況の中でずいぶん言いたい放題な老嬢のその後が気になりますね。
同じくこちらも暴力を目前に皆が凍り付く中で、意外な人物が意外な行動に…と言うニュースです。

エルサレム市長、男性刺した男にタックル 容疑者逮捕(2015年2月23日朝日新聞)

 イスラエル・エルサレムの市庁舎近くで22日、パレスチナ人の男(18)が通行人を刺す事件があった。通りかかったバルカット・エルサレム市長(55)が男にタックルし、取り押さえた。男はその後、逮捕された。地元メディアなどが伝えた。

 男が交差点で男性を刺した後、別の通行人に襲いかかろうとしたところ、市長らが近づき、タックルする様子が監視カメラに映っていた。市長は「ボディーガードが銃を向けたところ、男が刃物を落としたので、すぐにタックルした」と語った。被害者は命に別条はないという。

 バルカット氏は軍のパラシュート部隊に所属したことがあり、2008年に市長に選出された。(エルサレム=渡辺丘)

一体何があったのかと言う話なんですが、しかしこれは地上最強の政治家の地位を奪還しようとする意志の現れと受け止めるべきなのでしょうか。
こちら別の意味で近寄りたくないと言うのでしょうか、ともかく意味不明で思わずフリーズしてしまうだろうニュースです。

全裸男が駐車場で大暴れ!全速力で頭から車に突っ込み、ボンネットに飛び乗る(2015年3月16日Aolニュース)

アメリカで起きた「全裸の男性が駐車場に駐まっていた自動車のリアウィンドウに突っ込む」という前代未聞の事件が「意味不明すぎる」と話題になっている。

3月7日(土)の23時頃、米カリフォルニア州・アナハイムの複合型集合住宅の駐車場で、ガレット・スミスさん(21歳)が全裸でミニバンのリアウィンドウに突っ込むという事件が起こった。
駐車場の監視カメラの映像には、全裸の男性がなぜか駐車場を全速力で走り、そのままの勢いで駐車してあったミニバンのリアウィンドウに頭から突っ込む様子が捉えられている。
この全裸ダイブの衝撃はすさまじかったようで、逆さまに転がり落ちて地面に投げ出されたスミスさん。しかも、隣に駐車していたクラリサ・ヴィドリオさんはその様子に驚き、慌てて車を急発進させたところ、勢い余って隣の家のフェンスを破壊してしまった。
さらに、ぶち破ったガラスによって流血状態のスミスさんがヴィドリオさんの車のボンネットに飛び乗ってきたため、恐怖でパニックに陥った彼女は再び急スピード発進。駐車場内で例のミニバンに衝突してしまったというから、もはや現場はドリフ並みのハチャメチャ状態である。

映像には、車から投げ出されたスミスさんが駐車場の隅にグッタリと倒れる様子が映っている。この後、ヴィドリオさんは911番に通報したとのことだが、汗と血だらけで再び駐車場を走っているスミスさんを別の住人が目撃。最終的に現場から約1.5キロも離れた場所で捕まり、病院に搬送されたらしい。ネット上でも、謎の全裸男によるドタバタ事件に注目が集まっている。

一体何が起こったのかと言うその状況は動画を参照頂きたいのですが、しかし何なんでしょうねこの事件は。
最後に取り上げますのはご存知ブリからの話題なのですが、実際に自分が経験するとなると果たして何秒間の金縛りが続くかと言うチン事件です。

英国 スーパーで果物を買った50歳の男性、身分証明書の提示を要求される(2015年3月4日新華ニュース)

英紙「デイリー・ミラー」の報道によると、イギリス・カールトンでTony Morris氏(50)がチェーンスーパーから1袋の堅果と2本のバナナを買って会計した際、身分証明書の提示を要求された。彼の買った商品を使えば、アルコールを作ることができることからだ。

Morris氏は現地の住宅協会のマネージャーだった。数日前にテスコから2本のバナナと1袋の堅果を買い、レジスターが商品の登録を終えた後、赤信号がともり、ディスプレイは年齢を確認する必要があると表示していた。Morris氏は「まったくわけが分からず、気まずい」という。

スーパーのスタッフや警備員は「この2種類の食物によりアルコールを製作することを防ぐためだ」と説明した。

イギリスで3月初めに女性のKate Lancasterさん(37)はプリマス市のテスコでスイカと葡萄を買ったが、満18歳以上かどうかを確認するため、身分証明書の提示を要求された。スタッフは、顧客による酒の醸造を防ぐためであり、これは新政策だという。

いやしかしイモだの米だの麦だの様々な減量からアルコールを造ることは可能であると思うのですが、ブリでは各種食料品に対してこうした対応をしているのでしょうかね?
それだけ顧客による酒の醸造が多いと言うことであれば大変なことですが、しかしブリにおいても酒くらい売っているでしょうにね?

今日のぐり:「萬福食堂」

その存在は認識していながら思わず入るのに躊躇してしまう店と言うのは結構あるものですが、もはやその存在自体が伝説級とも言われるのがこちらのお店です。
どれくらい伝説級なのかはまずその外観から各自ググってみていただくとして、こういう店が長年続いているところを見るとよほどに隠れた名店か、それとも…と思ってしまいますよね。

今回心強い?同行者を得てうわさの同店に初めて侵入してみたのですが、敢えて外観に突っ込まずとも豚臭が強い店内を一望するだけで味があるなんてもんじゃないと言いますか、そもそも壁が電話番号書き放題状態なのは何なんだろう?と疑問符だらけですよね。
とりあえずもっとも高価格のメニューである特上ラーメンを頼んでみたのですが、基本のラーメンにもやし増し、焼き豚増しと言うのがその正体であるようで、まずは山盛りになったもやしトッピングが目につきます。
古くから続く店らしく今どきの店に比べるとスープは薄いんですが、醤油ダレがやや強めながら味のバランスはちゃんと取れているし、この種の超老舗によくある茹ですぎで伸びきった麺でもありませんから、特に身構えずともあっさり醤油ラーメンとして普通には食べられるかと思います。
ちなみにスープ自体は鶏ベースであるようで、店内に漂う匂いの原因は名物っぽくカウンターに並べてある焼き豚にあるようなんですが、味はよく染みて脂トロトロで飯にも酒にも合いそうなものなんですが、妙に焦げ臭いような風味が少しばかり気になりました。

昭和以来続いているあっさり醤油というのは今やそれなりにレトロ感もあると思うのですが、今どき平食くらいでしか見ないワンカップのコップなど突っ込みどころ満載感も含めて考えると、本来こういうお店はあまり下情報を仕込まずに飛び込んで見た方が楽しめるのかも知れませんね。
ちなみにメニューはラーメン以外にはおでんと飯くらいでこれで食堂と言っていいのだろうか?と思っておりましたら、訊くところでは以前は本当に食堂だったようですが現在ではワンオペとなることもあり、やはりお話を伺う限りでも現状で手一杯と言う感がありそうです。
接遇は全くもってご近所のおじちゃんおばちゃんのノリで、また実際に見ている限りでは顧客はご近所さんが主体のようだしこれでいいんだと思うのですが、部外者にとってもこういうお店を話のネタに一度くらいは経験しておいても悪くはないかなと思いますし、実際そういう一見客も来るからこそ今も続いているのでしょう。

|

« 犯罪行為を厭わずネットの危険性を追求する朝日 | トップページ | 指導する立場にあるものの責任 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

いやはや「心強い?」と来たモンですネ。 次回は是非おでんに触手を伸ばしてみたいと考えております。 その時もまた何卒宜しくござ候。

投稿: Pointer | 2015年5月 6日 (水) 13時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519753/61312374

この記事へのトラックバック一覧です: 今日のぐり:「萬福食堂」:

« 犯罪行為を厭わずネットの危険性を追求する朝日 | トップページ | 指導する立場にあるものの責任 »