« 議論の別れそうな現代の食事情 | トップページ | 今日のぐり:「きゃべつ畑」 »

2015年1月24日 (土)

結婚と言うものに対する京都新聞の深い?考察が話題に

今を去ること40年前に「よど号」乗っ取りで北朝鮮に渡り、その後の日本人拉致にも関わったとされ国際指名手配中の赤軍派メンバーが先日ツイッターアカウントを取得したのだそうで、拉致被害者家族などを中心に「あまりに脳天気すぎる」と批判の声が上がっているそうですが、最近はSNSも馬鹿発見器としてすっかり定着した感があります。
とある調査によれば今やSNSでのつぶやきの内容によって不採用を決めたことのある企業採用担当者は7割にも達するのだそうで、これだけ社会人やアルバイトの馬鹿発見器騒動が企業責任追及にまで及ぶ時代にあっては無理からぬこととは言え、後々まで記録が残るネットの性質を理解した上で利用しなければ一生ついてまわりかねません。
そんな中で先日は某地方紙が一連の奇妙なつぶやきで大いに世間を賑わせたのだそうですが、公式ツイートでないとしても何とも不可思議なつぶやきとその顛末を伝えるこちらの記事を紹介してみましょう。

「結婚してなければおっぱいは彼氏のものですよね」 京都新聞、「乳房ツイート」大ヒンシュクで謝罪、削除(2015年1月21日J-CASTニュース)

  京都新聞社の公式ツイッターアカウントが2015年1月21日、不適切なツイートをしたとして謝罪した。
   いつものように「ニュース記事へのリンク」と「記事見出し」のツイートを続けていたアカウントに21日午後4時ごろ、異変が起こる。
   突如、「おっぱいは赤ちゃんのものですよね」とつぶやいたのだ。400を超えてリツイートされ、「どうした中の人wwwなにがあったw」「どうしたん京都新聞www」と驚きの声で受け止められた。

「それとも、おっぱいはお父さんのものなのでしょうか?」

   アカウントは続けて「それとも、おっぱいはお父さんのものなのでしょうか?」とツイート、さすがに様子がおかしいと思ったのか、アカウントのハッキングを疑う声もチラホラ出始めた。しかし、次のツイートで謎は解ける。

    「<参考資料>「おっぱい」は誰のものか...京都の研究会が「文化論」出版

   メッセージに続いて貼りつけられていた京都新聞の記事中で「乳房の文化論」(淡交社)という書籍と執筆に携わった乳房文化研究会(事務局・京都市南区のワコール内)の研究内容が紹介されていた。つまりは記事の内容を分かりやすく紹介するためのツイートだったのだ。
   続いて「ああ、結婚してなければおっぱいは彼氏のものですよね」と先ほど変わらないトーンでつぶやいた。
   しかし、一連のツイートは多くの人の怒りを買っていた。

    「なんで身体の一部が他のヒトのものなどと社名入れて書けるのか、記者としての知性を疑う
    「不適切どころか差別発言ですし、このツイートもまったく意味がわかりません
    「とても差別的なツイートなので、考えるきっかけにはなりません

と厳しい指摘が相次ぎ、ついには、

    「『おっぱいは誰のものか』という視点から...乳房を切り口にすれば、さまざまな議論ができる。暮らしや文化、社会に対して考えを深めるきっかけにしてもらえればとの意図です。ご容赦ください」

謝罪に追い込まれてしまった
   その後矢継ぎ早に

    「ユーザーの方に不快感を与えたツイートを謝罪いたします。身体の一部が他者の所有物であるような表現は差別的でした」

と釈明した。
   アカウントは午後6時過ぎに「ユーザーの方に不快感を与えたツイートをお詫びするとともに削除いたします」と宣言、一連のツイートを全て削除した。

まあ人間何を言ってるのか判らない相手と言うのは基本的に気味が悪く感じられるものではありますから、いきなり新聞の公式ツイートがこんなことを言い出しては世間も混乱すると言うものですが、いずれにせよ内容も意味不明かつ不適切と言うべきものであって、仮に宣伝目的であるにせよプレゼンテーションのやり方としてもずいぶんとお粗末だなと感じるところでしょうか。
最近はスマホ導入を機にSNSデビューを果たす年配の方々も多いようで、普段の飲み談義の延長のような感覚なのか気楽につぶやいて見たところ壮大に炎上してしまった、などと言うケースも散見されるようですが、やはり全世界に向けてオープンに発信されていると言うこと、そして下手をすると一度世に出た発言は未来永劫残ってしまうと言うことを理解しないままで利用することは危険も伴うと言うことですね。
ただもちろんこうした状況は別にSNSだから、ネットだからと言う特別の現象でも何でもなく、ある程度オープンな場所で世間に聞かれることを前提に発言する以上はそれに対する批判も覚悟すべきであると言うことなんですが、先日テレビ上での発言が「一体いつの時代の感覚?」と炎上につながってしまったと言うこちらの方のニュースを紹介してみましょう。

千秋が同窓会での女性の見栄の張り合いを支持「夫が迎えに来るならベンツで」(2015年1月16日トピックニュース)

16日放送の「ノンストップ!」(フジテレビ系)で千秋が、妻の同窓会に軽自動車で迎えに来る夫を非難した。

同番組の「NONSTOP! サミット」では、同窓会に参加した女性の間で起こるという“格付けバトル”を取り上げ、出演者らが討論した。
ハイヒールのリンゴは、同窓会では衣服や装飾品のほかにも夫の収入、家、子どもの学校などを互いに気にして、見えの張り合いをするのだと話した。
そして番組では、妻の同窓会における格付けバトルに夫が巻き込まれてしまう例として「同窓会に行った妻を、自宅の軽自動車で迎えに行った所、酔った妻が『恥ずかしい車で来ないで!』と激怒した」という、40代男性からの経験談を紹介した。

司会の設楽統は「こんなこと言われたら悲しくなっちゃうよね」と漏らすと、リンゴは「(夫の)気配りが足りない」と指摘した。これに千秋も「(来るなら)見えない所に来てほしい」「ベンツだったら目の前に乗り付けて欲しい」と女性側の意見を語った。
そして千秋は、同窓会の出口にはレッドカーペットが見えるといい「(肩で風を切って)こうやって歩いてきたときに、ちっちゃい車が来たらやだ」と切り捨てた。
話を聞いていた宮川一朗太が「迎えに行かなければ良かったんですか?」と訊くと、千秋は「関わらないか、凄いデカい車で来てくれるか」と答えた。

自分の夫がどんな車に乗っているか知らない妻と言う設定にも無理がありますから、それが気に入らないと言うなら最初から迎えに来させたりせず勝手に一人で帰れよと言う話なんですが、今どき車がステータスと言う感覚も何やら懐古趣味的でかえって新鮮な感じがしないでもないですよね(ちなみに千秋氏の元夫氏は大変な車道楽で知られているそうですが、その割には発想が貧困な気がしますが)。
聞くところによるとこの種の番組と言うのは出演者は皆それぞれ台本通りに演じているだけなのだそうで、いちいち「あいつの言うことは気に入らない!」と食ってかかるのも大人げないと言うものなんですが、やはり世の男性諸氏からは一言無しとしないではいられなかったようで、(控えめに言って)時代錯誤過ぎる、さすが金持ちのコメントとさんざんだったようです。
興味深いのは台本なら台本でいいのですが、わざわざ世間の反発を招くに決まっている発言を連発させるようなシナリオを考え出す側が何を狙っているのかと言う話ですし、出演者にしてもわざわざ反感を買う役を買って出ることもなかろうにと言うことなのですが、まあしかし女性の方々にとって事実同窓会と言う場がこういう風に見えているのだとすれば男女の認識の差が面白いと言うことなんでしょうか。
その昔とある学生がホテルの玄関先に実家の高級外車で颯爽と乗り付けたところ、ドアボーイに「運転手さんそこに停めたらダメだよ。こっちこっち」と駐車場を案内されたと言う笑い話のような話を聞いたことがありますが、個人的には一見ごく平凡で退屈な社会人やってそうな同級生が、同窓会に家族にも隠れて自分でこつこつとフルレストアしたてんとう虫あたりで乗り付けたら思わず渋い!と唸ってしまいそうですけれどもね。

|

« 議論の別れそうな現代の食事情 | トップページ | 今日のぐり:「きゃべつ畑」 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

所有権と使用権は分けて考えないとな。>結婚してなければおっぱいは彼氏のものですよね

投稿: JSJ | 2015年1月24日 (土) 08時18分

千秋の軽自動車で同窓会お迎えはダメ騒動 「くだらねぇ。ニュースにするなんて」発言で火に油
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150120-00000002-jct-ent
 こうした騒ぎを知ったからか千秋さんは15年1月19日にツイッターで、千秋さんの発言をまとめた記事へのリンクを張り、

  「くだらねぇ。ノンストップのあれをニュースにするなんてw」

などと返したところ、

  「『迎えに来るならベンツ』っていう話がくだらねえよ」
  「そういう事を人前で堂々と言える神経の鈍さのほうが恥ずかしい」
  「どんな番組であろうとも発言には責任を持たないとね」

などと火に油を注ぐ形になった。

投稿: | 2015年1月24日 (土) 08時29分

バラエティーで毒にも薬にもならないこと喋ってても視聴率取れないですし。
あれはああいうものだと受け止めてくしかないんじゃないかなと。
でも女同士の同窓会って実際のとここんな感じなんですかねえ?

投稿: ぽん太 | 2015年1月24日 (土) 10時15分

>いずれにせよ内容も意味不明かつ不適切と言うべきものであって、
「意味」は、嘆きのボインの出だしでは?
記者は月亭可朝を不意に思い出して呟いてしまったのではないでしょうか。
もっとも何故いきなりツイートすんねん?って意味で「不適切」には同意。

投稿: | 2015年1月25日 (日) 14時20分

あ〜、ガキの頃ボイン・ナインて流行ったわ〜。コインは知らんかった。

投稿: JSJ | 2015年1月25日 (日) 18時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519753/61017523

この記事へのトラックバック一覧です: 結婚と言うものに対する京都新聞の深い?考察が話題に:

« 議論の別れそうな現代の食事情 | トップページ | 今日のぐり:「きゃべつ畑」 »