« ホントかウソか簡単に判ったら世の中詐欺なんてありません | トップページ | STAP騒動は寛容の欠如を象徴している? »

2014年12月28日 (日)

今日のぐり:「十八番 千田店」

この冬はことのほか寒気が厳しいようなんですが、その理由としてこんなびっくりするようなデータがあるそうです。

松岡修造が海外に行ったら、本当に気温が下がるのか調べたツイートが話題に(2014年12月17日IRORIO)

(略)
大きな寒波が到来するたびに、ネット上では「松岡修造が海外に行っているからでは…」というネタが話題になっていますが、もるねこヽ(‘ω’*)☆@契丹族さん( @KAZ343434 )が実際に調べてみたところ、衝撃的な事実が判明しました。
グラフから、ソチ五輪、パンパシフィック水泳選手権、フィギュアスケートグランプリと、松岡修造氏が海外に行った際に日本の気温が大幅に下がっていた事が判明。

このグラフ掲載したツイートは45334リツイート。ネット上では衝撃が走り、「恐ろしいw」、「修造さん…はよ帰ってきて…」、「修造 isGOD」など大きな反響を呼んでいます。
松岡修造オフィシャルサイトでは現在、アクセスが集中し、接続できない状態に。
修造さん早く帰ってきて!

思わずマジですか?!とグラフを見てしまうようなびっくりニュースなんですが、それでも必ずしもないとは言い切れないのが修造パワーと言うものなんでしょうか?
今日は松岡氏の国内定着を祈念して、一見してアンビリーバボーだがこの人ならまあ仕方ないかとちょっと納得してしまいそうになる方々のニュースを取り上げてみましょう。

プロレスラー蝶野正洋さんがQ&Aサービス「LINE Q」で激白! レスラー同士の不仲の原因は(2014年12月3日ロケットニュース24)

プロレスをあまりよく知らない人は、レスラー同士の人間関係がよくわからないかもしれない。本気なのか? それともパフォーマンスなのか? 敵対している関係にあるレスラー同士はもちろんのこと、タッグを組んでいるレスラー同士でさえも、良好な関係を築けているかどうか…… 気になるところだ。
そんなレスラーの本音について、闘魂三銃士のひとりとして知られる蝶野正洋さんが激白した。蝶野さんは、コミュニケーションアプリ「LINE」のQ&Aサービス「LINE Q」において、レスラーの仲の良し悪しについて以下のように回答している。

・レスラーの人間関係を質問された蝶野さんの回答
    「OBとか先輩たちはみんな仲が悪いんだけど、原因はみんな滑舌が悪くてコミュニケーションがとれないことだった」(LINE Qより引用)

・やはりそれか!
滑舌の悪さが原因だったのか……。やっぱりか。たしかに有名レスラーの多くは、絶望的に滑舌が悪い。有名なのが長州力さんと藤波辰爾さん。この2人はバラエティ番組の企画で、それぞれどれだけ滑舌が良くなるのかを実験していたほどだ。天龍源一郎選手もハンパない。

・どうしたものか……
2人の後輩に当たる蝶野さんは、滑舌が悪いがゆえに「コミュニケーションが取れていない」と見ていたのだろう。うっすらと想像はしていたが、それが原因であると赤裸々に告白されると、どうしたものかと考えてしまう……。
ちなみに蝶野さんは毎年大晦日、日本テレビ系のテレビ番組『絶対に笑ってはいけない』シリーズに出演している。今年も出演しているのだろうか? 大晦日の放送が楽しみなところである。

元記事には各レスラーの滑舌ぶりを示す動画も貼られていますので参照いただければと思うのですが、まあこればっかりは仕方ないですかねえ…
日本初のあの有名格闘ゲームを思い出すネタなんですが、こんなびっくり発言があったと大いに話題になっています。

ガイル氏「待ってはいけない」  豪州の有名CEOが引退(2014年12月3日びっくり!世界の面白ニュース)

オーストラリアのウエストパック銀行のCEO、ガイル・ケリー氏が引退を発表しました。
彼女はビジネス上での女性へのアドバイスとして、以下のような言葉を述べました。
「準備がまだだと思っても、待ってはいけない。進むべきである。」
「私からのアドバイス、それはチャンスはあなた自身にあるということです。」
「日々成長している、その才能を活用すべきです。」

彼女は非常に大きな成功を収めたCEOとしても有名であり、
同銀行の時価総額は500億ドルから1040億ドルに倍増しています。
(略)

いやガイルさんが待ち禁止ってどんなおまゆうだって話なんですが、ガイルさんがそう言うのならこれはもう仕方ないですよね。
世界でもっとも強面の大統領として知られるあの人は様々なイベントにも登場したがることで知られていますが、その結果思わぬところに影響が出ているようです。

プーチン氏が野生に返したトラ、中国でヤギ襲う (2014年11月29日日本経済新聞)

 【大連=森安健】ロシアから川を渡って中国に入り込んだアムールトラが農家のヤギ15頭を襲い中国側を困らせている。このトラはロシアのプーチン大統領が自らの手で野生に返した「ウスティン」と分かっており、銃撃するわけにもいかない。カメラで監視を続けているものの、暴れ回る「来客」を見つめるしかないのが現状だ。

 プーチン氏は5月、ロシア極東部で保護されていた3頭のトラを野生に返した。追跡装置によると、その後2頭が中国に渡り、農家の鶏やヤギを襲っている。このほど見つかった15頭のヤギの死体の頭には、人の指の太さの歯の跡が残っていた。

 地元林業局の幹部は中国メディアに「我々にとっては最も大切なお客さん」と語っている。ただ、120台のカメラを交代で1日平均10時間見続ける自然保護区の25人のスタッフは疲弊気味のようだ。

それはまあ迷惑な虎にしてもこうして正体が判明していてはアンタッチャブルと言うものですが、やはりあの方のすることだけに仕方ないと納得するしかないのでしょうか。
同じく中国からはこんなびっくりニュースも飛び出していますが、事情を知らなければ単なる…な人と言う気もしますよね。

「妻を近くに感じたい」亡くなった妻の服を身に付けて出歩く男 (2014年12月22日日刊テラフォー)

男は、河南省鄭州市のバスで、日常的に目撃されている。
友人らの話によると、男は2年前に妻を亡くし、その亡くなった妻の衣服を身に付けて出歩いているのだという。こうすることで、妻を近くに感じようとしているそうだ。

YouTubeにこの男を捉えた動画がアップされ、投稿されてから15時間で240万回も再生される大ヒットとなった。
その動画を見ると、男性はまずビニール袋を持って、バスに乗り込んでくる。やけにぴっちりした股引のようなものを履いているようだが、この時点では特に不審な点はない。
だがおもむろに上着を脱ぐと、袋からショッキングピンクのブラを取り出して身に付け始めた。
続いて手鏡を見ながら髪をとかし、時折座席から立って尻を突き出す不自然なポーズを取っている。
誰も男に声を掛けたり非難しないのが不思議だが、やがて男は再び上着を羽織って、小走りでバスから降りて行った。

妻を亡くした男には同情すべき余地はあるし、亡くなった妻を近くに感じる方法は人それぞれだ。
だがそれでも、なにもこんな下着姿で公共の場に現れなくても…と思ってしまう。公共わいせつ罪などには当たらないのだろうか。

その状況は元記事の画像を参照いただくとして、よりにもよって何故その格好?など様々な疑問があるのはもちろんなんですが、とりあえずこの状況で誰も声を掛けないと言うことだけは仕方がないのかなと言う気はします。
昨今イスラム過激派の暴力行為が様々な方面で話題になっているのですが、あちらではその犠牲者の家族もこんな感じなのか…と言うびっくりニュースです。

アフガニスタン 息子の敵を討つために、7時間の激戦でタリバンの25人を射殺(2014年11月27日livedoorニュース)

英紙「デイリー・メール」の26日付記事では、アフガニスタンFarah州の女性Reza Gulは警察官である息子がタリバンの襲撃で射殺されたことを受けて、娘、嫁を連れてタリバンに仕返しをした。7時間の激戦で、25人を射殺し、5人に負傷させた。

Gulの息子のいる警察小隊は、検問所でタリバンに襲撃され、息子は射殺された。娘のFatima、嫁のSeemaから応援を受けて、Gulは襲撃者に反撃し、タリバン戦闘員25人を射殺し、5人に負傷させた。

Gulは「私は自分を阻止できず、思わず武器を手に持っている。検問所を訪れ、襲撃者に反撃した」と語り、Seemaも「戦場に到着したとき、戦況は激しく、軽火器、重火器は響いていた。我々は最後まで戦った」と語った。戦闘が終わった後、タリバン戦闘員の死体はあちこちにあった。

アフガニスタン内務省報道官は、「公共武装蜂起」の象徴だと評価した。タリバン側はまだコメントしていない。

こちらに再現動画も用意されているのですが、いやもう何と言いますか…これも現地はこういうものだと納得するしかないのでしょうね。
最後に取り上げますのはご存知ブリからの話題なんですが、まあこういう親もブリであれば普通であると言うことなんでしょうか。

軍事ファンの父親はタンクで息子の通学を送迎/英(2014年12月18日新華ニュース)

Nick Mead氏(53)は軍事ファンであり、2人の息子は天気がよかろうと悪かろうが、遅刻したことはない。このクールな父親は毎日、重さ17トンのタンクで息子の通学を送迎することからだ。最も羨ましいことは、Nick氏は130台のタンクを合法的に収集しており、子供らはどのタンクを選択してもいい。天気がどんなに悪くても大丈夫だ。

Nick氏は20年前、1750英ポンドで初めてのタンク「FV433アボットを」を購入し、現在彼が保有している130台のタンクは総価値が200万英ポンドに上った。

一体何が起こっているのかは画像を見れば一目瞭然なんですが、まあしかしよくもこれだけ集めに集めたりですよね。
この状況をうらやましいと感じるかどうかは人それぞれなんでしょうが、こういう親を持ってしまうと何があってもしかたないで済ませられる覚悟は出来そうです。

今日のぐり:「十八番 千田店」

広島県は福山市で十八番と言えば老舗の中華そば屋として知らない者はいないほど知られていますが、福山東インターから少し北上した幹線道路沿いにあるこちらはその支店の一つです。
郊外ではありますが車の往来も多い地域で近隣には大規模飲食店が増えてきているようですが、場所柄なのかアイドリングタイムも営業されているのは助かりますね。

ごく無難に中華そばを頼んでみましたが、こちらかなり潔い?メニュー構成でちゃんぽんに焼きそば、中華丼に野菜炒めと、ちょっとどういう組み合わせで頼むべきなのか迷うようなところもあるでしょうか。
背脂の浮いた一見して尾道風のラーメンですが、あちらの某有名店のような醤油ダレの強さが際立つものではなくあっさりした飲みやすいスープで、少しばかりくせはありますがスープとタレのバランスもよくなかなかうまいと思いますね。
麺は平打ちではなく太めのストレート麺で味も茹で加減も特に印象に残るものではありませんが、トッピングの大雑把な切り方のネギの風味の強さとメンマの少し筋っぽい硬さが良くも悪くも目立った気がします。
全体的には昔ながらの醤油ラーメンと言う言葉が似合う、今の濃いラーメンに慣れているとちょっと物足りなさも感じてしまいそうな味なんですが、伝統のあるローカルフードはこういう飽きの来ない味でいいんじゃないかと思いますね。

福山地区のラーメンと言えば近隣の有名地ラーメンである尾道ラーメンの影響が強い店舗も多い印象なんですが、こちらは見た目の第一印象はともかく内容はかなり違っていて地域性として考えても興味深いですね。
カウンターの店で給水などもセルフですし接遇面では特にどうこうと言うこともないんですが、ちなみにこちらの本店では昔から自動麺茹で機を導入されていて、これが見ていてちょっと面白いもので機会があれば訪店されるのもいいかと思います。
またもう一つの特徴として以前はカウンターに給水用の蛇口が用意されていたのですが、どうやら本店も含めて廃止されてしまっているようで、まあここくらいの規模であればウォーターサーバーでも十分かとは思いますけれどもね。

|

« ホントかウソか簡単に判ったら世の中詐欺なんてありません | トップページ | STAP騒動は寛容の欠如を象徴している? »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

「たとえいかなる御仁のくだされものであろうと、トラはトラ!」 by石川数正 食べちゃいました >地元林業局の幹部「我々にとっては最も大切なお客さん」

投稿: JSJ | 2014年12月28日 (日) 12時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519753/60874220

この記事へのトラックバック一覧です: 今日のぐり:「十八番 千田店」:

« ホントかウソか簡単に判ったら世の中詐欺なんてありません | トップページ | STAP騒動は寛容の欠如を象徴している? »