« トータルでの損得勘定の難しさ | トップページ | マナーの悪いのは誰なのか? »

2014年11月19日 (水)

男が女子大に入学出来ないのは違憲?

ジェンダーフリーと言いますと日本では何となくフェミな方々御用達と言うイメージもある言葉で、特に教育現場等でそれを強いるような用いられ方をする場合には世間的にあまりいいイメージを持たれてはいないようにも思いますが、実際に海外においてはあまり一般に用いられない和製英語的概念であると言う指摘もあるようですね。
ともかくも今も一部に見られる性的差異に対する忌避感とも言うべき考え方が男女差別解消と言う動機に端を発していることは確からしく思うのですが、折からの政府による女性登用方針も受けて「それは逆差別ではないか?」と言う声も聞こえ始めている今日この頃、なかなかに興味深い議論を提起するこんな裁判が始まりそうだと言います。

20代男性、女子大に入学認めて 「違憲」と提訴へ(2014年11月14日47ニュース)

 公立福岡女子大(福岡市)に入学願書を受理されなかった福岡市の20代男性が、大学の対応は不当な性差別に当たり違憲だとして、不受理処分の取り消しや慰謝料などを求め、福岡地裁に12月にも提訴することが14日、分かった。

 男性の代理人弁護士は「かつて女子大には、教育機会を得にくかった女性を優遇するという側面があったが、その意味は失われている。国公立の女子大の存在が憲法上許される根拠はない」としている。同種の提訴は初めてという。

 訴状によると、男性は福岡女子大の食・健康学科の2015年度入学試験の社会人枠を受験するため、14年11月に入学願書を提出。

「公立女子大行きたい」男性、出願不受理は違憲と提訴へ(2014年11月15日朝日新聞)

 福岡市の公立大学法人福岡女子大から入学願書を受理されなかった20代の男性(福岡県在住)が大学側を相手取り、受験生としての地位があることの確認を求めて福岡地裁に提訴する。男性は「男性を受験させないのは法の下の平等をうたう憲法14条に反する」と主張。不受理決定の無効の確認と慰謝料40万円の支払いも求めるという。

 男性側は「運営に広い裁量が認められる私立ならともかく、国公立の教育施設が受験資格に性別を設けるのは不当」と主張。男性の代理人を務める弁護士によると、国公立の女子大の違憲性を問う初めての訴訟になる見通しという。

 訴えによると、男性は今月、栄養士の免許の取得に向けたカリキュラムがある福岡女子大の「食・健康学科」の社会人特別入試に出願したが、不受理とされた。福岡県内の国公立大でこうしたカリキュラムがあるのは福岡女子大だけで、男性は「公立に進めないと経済的な理由で資格取得を断念せざるを得ない」と主張。入学願書の不受理は憲法14条や26条(教育を受ける権利)、教育基本法にも反しているとしている。

 福岡女子大の担当者は取材に「県立女子専門学校としての開校以来、91年にわたって女子教育を進めてきた歴史や理念がある。今後も女性リーダーの育成を目指した教育を進める」としたうえで、訴訟については「訴状を見ていない段階でコメントはできないが、きちんと対応したい」と話している。(長谷川健)

女子大なんてどこにでもあるだろうに今までこの手の裁判は聞かなかったと思っていましたら、年々共学化が進み国公立の女子大は今や全国にも数えるほどなのだそうで、件の男性も言っているように基本的には私学においてのみ存在する特殊な学校形態になってきているようですね。
そもそもこの女子大なるものは大昔には女性には教育を受ける機会が限られていたと言うことから設立が推進された経緯があるのだそうですが、確かに現代の教育環境を考えるとさほど深刻な存在意義はなさそうにも感じられる一方、特にいわゆるお嬢様系の女子大においてはそこに通うこと自体がブランド化していて、(その是非はともかく)花嫁修業的な位置づけにおいても未だに根強い人気を(男女双方から)得ているように思います。
また女学生の場合親から進学の為に家を出るなどまかりならん!と言う圧力がかかる場合も未だにあるようで、そう言う意味では身近に進学先が確保されていると言うことは重要なことなんだとは思いますが、それなら別に女子大でなくとも共学でも構わないはずであるし、むしろ今回のケースのように女子大設置が男性にとっての進学機会を奪う原因にもなりかねないですよね。
今回の場合昨今多い性同一性障害云々の理由と違って訴訟の動機が興味深いと思ってちょいと検索していましたら、まさしく同様の理由で女子大への進学を希望する男性と言うテーマでの議論がすでに以前から存在しているようなんですが、見てみますと面白いのは「そもそも議論以前の問題」とばかりに門前払いするかのような意見が多いと言う点です。

【参考】奈良女子大学に入学したい男子ですが、女子大学は違憲じゃないのでしょうか?(2013年6月1日ヤフー知恵袋)

もともと大学入試と言うのは人生の中でもかなり重大な問題で、一般論としても何かしら特定の方々にばかり有利不利があるような選抜方法が行われているとなると大騒ぎになっても不思議ではないと思うのですが、女子大に関しては一般に地域内でそこしか選択枝がないと言うことがまずないことから、今まで特に問題視されてこなかったと言うこともあるのかも知れません。
その点で上記の知恵袋での議論においてもまさしく福岡女子大が「地域の状況的にもしかすると問題化するかも知れない」唯一の例として取り上げられているのが興味深いところですが、仮に今回の訴訟で県側敗訴となった場合に訴訟動機からすれば必ずしも女子大の共学化は必要ではなく、地域内で男性が栄養学を学べる場を用意すればいいとも受け取れる話ですよね。
聞くところによると女子大共学化に関しては男女差別がどうだとかジェンダーがどうだとか言った話とは全く別に、単純に昔から続いてきた古き伝統を変えたくないと言う理由で抵抗する方々も多いと言う事情もあるようですから、どうしても女子大を温存したいと言うことであれば例えば近隣他大学の学生に女子大の栄養学の受講と単位取得を認めると言ったやり方も有りなのかも知れません。

実はフェミな方々は男子校の共学化と言うことを推進しているようなんですが、これまた全国的に男子校も減少の一途を辿っているものの、特に有名進学校としての一部私立男子校の存在感は未だに無視出来ないものもあって、今後公立では共学化が進んでいったとしてもこれら歴史と伝統を誇る男子校は残すべきだと言う根強い意見が未だ頑強な抵抗を続けているようです。
理屈の上では女子校の共学化も全く同じように推進されるべきだと言う話になりそうなんですが、現実的に電車等でも女性専用はあるが男性専用はなく、女子大学は数多くあっても男子大学は全国に一つしか存在しないと言った調子で「男女格差」は確かにあって、何しろ男がこれだけ弱くなった時代ですから今後男女の平等化が主張されるほどにこの辺りの矛盾点も注目され追及されることになるのでしょう。
ただ男女間の様々なトラブルを考えてみると、やはり男が被害者になるよりは女が被害者になる方が多いと言うのも事実でしょうから、社会の都合上も加害者予備軍を隔離するよりは被害者予備軍を保護する方が話も簡単で楽だと言うことなのでしょうが、では大学を男女別にして保護すべきほど女は知的パフォーマンスに劣る弱者なのかと言えば、そんなこともないはずですよね。
学校に限らず男だけ、女だけの環境はそれぞれ独自の気風を育みやすいのも確かで、それはそれで集団の個性を尊重する意味でも別にあって悪いと言うものでもないと思うのですが、既得権益に対して何かと反感を抱きやすい昨今の世情を見るところ、公立の組織において採用条件等で明示的な男女差別的やり方を取っていれば今後どんどんクレームがついてもおかしくはないと感じます。

|

« トータルでの損得勘定の難しさ | トップページ | マナーの悪いのは誰なのか? »

心と体」カテゴリの記事

コメント

私は部活動をしに大学へ通っていたような輩ですが、女人禁制の部活動って今でもあるのでしょうか?
20~30年前までは、わずかながら運動部を中心にあったような。

ところで、男子大学は、現在は存在しないようですよ。私の無知かもしれませんが、5年ほど前に唯一の大学が共学にしたかと。

投稿: おかやまっ子 | 2014年11月19日 (水) 07時26分

うちもOBにうるさいのがいまだにいるのはいるんですよ>女人禁制
現役は誰も相手にしてなくて聞き流してるけど
今どき練習中は水飲むなって言ってる時代錯誤の連中だしw

投稿: | 2014年11月19日 (水) 08時40分

他の条件が同じなら共学のが学生人気出そうな気が。
でも女子校ってちょっと憧れありますよね…
実際は全然男の妄想と違う世界だって言うけど。

投稿: ぽん太 | 2014年11月19日 (水) 09時06分

女子大が憲法に抵触していない違反では無いという理屈をつけるのが大変そうです。
あと、大学が公立ではなく公立大学法人であるのが裁判に影響するかどうかも気になります。
こういう裁判は自分で起こす気は無いですが、他人が起こすと面白い・・・誰か男にも助産師資格をよこせって裁判起こさないかなあ・・・

投稿: クマ | 2014年11月19日 (水) 10時07分

助産師も国家資格であると言う点からも業務内容的にも女性の専売である必要性は全くなさそうですので、誰かが問題化した時点で司法から否定される可能性が高そうですね。

>男子大学は、現在は存在しないようですよ。

調べてみましたら確かに缶詰大学も共学化していました。

投稿: 管理人nobu | 2014年11月19日 (水) 12時05分

男性が助産師になるなら、父親の育児指導とか、妊婦や出産にどう関わるかの指導とか担当させればいいかもね

投稿: | 2014年11月19日 (水) 12時54分

子供産んだこともない男に産婆されたくないわ

投稿: | 2014年11月19日 (水) 13時18分


じゃあ産婦人科もかなりの数が廃業しなきゃ駄目だね(ニッコリ

東京女子医大も誰か訴えたら面白そう

投稿: | 2014年11月19日 (水) 14時06分

さすがに男性妊婦はいないからなー
必要性は乏しいだろ
諸外国ではどうなんですかね?

投稿: | 2014年11月19日 (水) 14時26分

素朴な疑問として妊婦の心情的にジャニ系イケメン助産師にお世話になるのは嫌なのか喜ばしいのかですが

投稿: 元僻地勤務医 | 2014年11月19日 (水) 14時28分

>素朴な疑問として妊婦の心情的にジャニ系イケメン助産師にお世話になるのは嫌なのか喜ばしいのかですが

おそらく、夫が嫌がります。

投稿: クマ | 2014年11月19日 (水) 19時19分

こういう場合奥さんが嫌がっていても喜んでいても旦那さんは嫌がるのでしょうね。

投稿: 管理人nobu | 2014年11月20日 (木) 10時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519753/60672720

この記事へのトラックバック一覧です: 男が女子大に入学出来ないのは違憲?:

« トータルでの損得勘定の難しさ | トップページ | マナーの悪いのは誰なのか? »