« 久しぶりの医学部新設は東北薬科大に決定 | トップページ | 世界最大の製薬企業ノバルティス社、たびたび世間をにぎわす »

2014年8月31日 (日)

今日のぐり:「すし遊館 新倉敷店」

いまや世界的に名を知られるあの国民的アイドルに関して、先日とんでもない新事実が判明したと話題になっています。

「猫じゃない」世界に衝撃 「キティは女の子」 欧米メディア報道(2014年8月30日産経ビズ)

 「ハローキティ」は、猫ではありません-。今年で生誕40周年を迎え、世界中で愛されているサンリオの人気キャラクターをめぐる驚愕のニュースが世界を駆け巡り、ファンに衝撃が広がっている。発端は26日付の米紙ロサンゼルス・タイムズの記事。キティを「猫」と書いた米ハーバード大客員教授がサンリオ側から修正されたと紹介したところ、欧米の主要メディアが一斉に「実は猫ではなかった」と大々的に報じたのだ。ツイッターなどの交流サイトでは、ファンの有名人がその驚きを書き込むなど話題が沸騰。日本が世界に誇るキティの人気の高さを見せつけた。

 ■サンリオ側が説明

 「ハローキティは小さな女の子で、われわれの友人です。猫ではありません。4本足ではなく、2本足で生活し、彼女自身が『チャーミー・キティ』という名の猫をペットとして飼っています」
 ロサンゼルス・タイムズによると、キティに関する著書もある文化人類学者のクリスティン・ヤノ氏は、サンリオ側からこう説明を受けた。10月にロスで開かれる40周年記念展示会の学芸員を務めることになり、その原稿に「猫」と書いたところ、「明確に修正された」という。
 この記事を基に、米国ではNBCテレビなど3大ネットワークやCNNテレビ、ワシントン・ポストなどが、英国でも国営のBBC放送やガーディアンなどが一斉に「衝撃の事実」として報じた。

 ■ケイティもつぶやき

 世界中のファンがこれに驚き、各国のツイッターで「ハローキティ」が検索ワードの上位にランクされた。
 動揺するファンを落ち着かせようと、世界最多の約5611万人のフォロワーを持ち、キティのファンで知られる人気歌手のケイティ・ペリーさん(29)は「みんな、問題ないわ。私のペット『キティ・パリー』は猫よ」とつぶやいた。
 一方で、米人気歌手ジョシュ・グローバンさん(33)は「ハローキティは猫だ。女の子と違って、ひげも猫の鼻もある。つまらないことを言うな」と書き込んだ。
(略)
 キティちゃんの永遠のライバルである米国の人気キャラクター、スヌーピーは今回の騒ぎについて、公式ツイッターでこうつぶやいた。
 「確認しておこう。スヌーピーは間違いなく犬だよ」
 これほどの大騒ぎを起こせる“最強キャラクター”は、キティしかいない。

え?あ、うん…猫にしては節操がなさすぎる気はしていましたから…ええまあ、そうですよね猫じゃないですよねあれは…
今日はデビューから40年を過ぎても今なお日々チャレンジを続ける猫ではない何かさんに敬意を表して、世界中からこれは大変なことになったと言うドキドキものの話題を紹介してみましょう。

ジャミラ「バルタン星人から指名されたので、氷水をかぶりたいと思います」 はやまるな! 死ぬぞ!!(2014年8月26日トゥキャッチ)

 現在、話題になっている「アイスバケット・チャレンジ」。
 筋委縮性側策硬化症(ALS)の治療研究を支援するチャリティで、指名された人は24時間以内に100ドル(1万円)寄付をするか、頭から氷水をかぶるかを選び、次の挑戦者を3名指名するというもの。
 Twitter上でも氷水をかぶる姿が投稿されているが、現在、下記のツイートが話題になっている。

そーたさん @nozomi0710
えー、バルタンさんから回ってきたので氷水をかぶりたいと思います \はやまるな!/
2014年8月25日 21:13

 そこには「ウルトラマン」に登場する怪獣「ジャミラ」の姿が。ご存じの方もいると思うが、ジャミラの最大の弱点は水。これをかぶってしまえば、命はない…。
 ジャミラを指名したバルタン星人は、この事実を知っていたのだろうか…?

早まるな、その一杯が死を招くと言うものですけれども、やはり宇宙人の間でもいろいろと難しい人間関係?はあるのでしょうか。
こちらある意味必然の結果なのかも知れませんが、あたら評判になったばかりに…と言う哀しいニュースでもあります。

嬉しい悲鳴?「チャーハンがつらい」と訴えるラーメン店が話題に(2014年7月29日Aolニュース)

ネット上では、店の経営者や、スタッフからの変わった「お願い」を書いた貼り紙が話題となることもしばしばだが、今回ご紹介するのはある飲食店の光景。

先ごろ、twitter上に投稿されたこの画像は、山口県岩国市にある人気ラーメン店のもの。実はこのお店、近隣では「美味しい」と評判の店らしく、大手グルメサイトでも3.5点以上を記録しているという人気店。同店のメインはラーメンのようだが、常連客の間ではチャーハンが大人気で、あまりに飛ぶように売れてしまうことから、今回の「お願い」となったようだ。

なお、ネット上の情報によると、ここの厨房を預かるコックさんは、あまりにチャーハンばかりが連続して頼まれてしまうことで、腱鞘炎にまでなってしまったとのこと。コックさんには申し訳ない(?)が、そこまで飛ぶように売れるというチャーハン、是非とも一度味わってみたいところだ。

なにやらあまりにも生々しすぎる悲鳴の訴えが緊急事態であることを伝えていますが、ともかくも経営的にも大打撃でしょうに大丈夫なのでしょうか。
こちら夢の対決と言っていいものなのかどうか、ともかく大変なことになってしまっていると言うニュースを紹介しましょう。

湿度を支配するのはどっちだ? 加湿器と除湿機対決させてみた(2014年8月14日ねとらば)

 部屋の湿度を上げる加湿器と、湿度を下げる除湿機。全く逆の機能を持つこの2つを同時に動かすと湿度はどうなるのか、対決させてみた動画がニコニコ動画に投稿されています。

 対決するのは2005年製の加湿器と2011年製の除湿機。締め切った脱衣所でこの2つを同時に起動し、20分後に湿度が上がったか下がったかで勝敗を決定します。
 開始時の湿度は46%。製造年度の新しい除湿機がやや有利かと思われましたが、1分後には湿度が上がり始めて早くも加湿器がリード。そのままどんどん湿度は上がり続け、最終的に62%で加湿器の圧勝となりました。

 シュールな対決を真剣に実況するユニークさもありコメントも「加湿器の方がすごいのか。今度からは加湿器買おう」など妙な盛り上がり状態に。もともと湿度の高い真夏の対戦ということもあり、除湿機派からは真冬に再戦を望む声も出ていました。

まあエントロピー的にも湿気を撒き散らす方が片付けるよりも楽そうだなと思うのですが、しかし当事者にとっては何とも大変な対決だったことでしょう。
こちら大変なことになった!と誰もが緊張するシーンが…と言う、ちょっとびっくりなニュースです。

クマがおぼれたカラスを食べちゃうかと思いきや華麗に救出 一方で状況が飲み込めないカラス(2014年8月4日ねとらば)

 ある動物園でクマが、池の水面でもがいているカラスを発見しました。さっそくカラスをくわえにかかるクマ。このままカラスは食べられてしまうのではないかと心配になりますが、クマは意外な行動に出ました。手と口を使ってカラスを岸に上げたのです。その後クマはカラスに距離を置いてりんごを食べ始めました。華麗な救出劇にほっこり。

Crow rescue

 一方でおかしいのがカラスの反応。地面に降ろされたあと、まるで食されるのを覚悟していたと言わんばかりに、しばらく仰向けになって固まっています。クマが離れていることに気づくと、身を起こして様子をうかがい首をキョロキョロ。「なんでオレ生きているの? 食べられないの?」と状況に戸惑っているような仕草に愛着が持てます。

 YouTubeのコメント欄では、クマに対して「ベジタリアンなの?」とか、カラスに対して「……クワ?……自分生きてる?……生きてる!!!!!!!!!」など、動物たちのユニークな行動へのツッコミが並んでいます。動画は今年6月にハンガリー・ブダペストの動物園で撮影されたものでした。

カラスにとってはまさに生きるか死ぬかの瀬戸際でそれどころではないのでしょうが、ポーランドの伝説的なヴォイテクを始め東欧のクマは何かしらちょっと違うところがあるのでしょうかね。
大熊猫と言えばご存知ジャイアントパンダのことですが、こちらの場合まさかそれしきのことで一大事に…?と思わされるような事件が発生していたようです。

中国・江蘇省南京市、おばさんたちが動物園前で広場舞を踊り、パンダが不整脈(2014年7月30日新華ニュース)

「中国之声」の報道によると、南京市紅山森林動物園のパンダは不整脈になったと言われた。その原因は何か?おばさんたちが広場舞(広場などで思い思いに踊るダンス)を踊ったからである。

おばさんたちは動物園の前で広場舞を踊り、スピーカーの音は響いた。そこから遠くない山の上にパンダ館がある。麓のあずまやで、おじさんやおばさんたちは集まり、数十人は声を張り上げ歌を歌った。山の上にあるパンダ館に入ったとしても、甲高い歌声や音楽は耳に入る。内向的なパンダはそれに苛立ち、呼吸も加速した。

南京市紅山森林動物園で、パンダ以外では、サイチョウ館のサイチョウや中心広場の周辺にあるキリンなども広場舞や歌声により影響を受けている。沈志軍園長は「中心広場はキリン館のすぐ側にある。大勢の人は毎日、午前7時から9時過ぎまで広場舞を踊り、音楽は響いた。広場の側にあるキリンはそれに我慢できない。キリンは気が弱い動物で、小屋で退屈し外に出て、『気分転換』したが、これほどの大音声に我慢できず、しばらくすると、小屋に戻らなければならない」と語った。

確かにオバサンパワーの強烈さは万国共通でしょうが、それにしてもパンダが絶滅危惧種になってる理由が分かった気がします。
こちら大変なことになりかねない危機一髪の状況を、わずか4歳の女の子が切り抜けたと言う驚くべきニュースです。

シベリアの森で遭難の4歳女児、子犬に守られ11日後に生還(2014年8月14日AFP)

【AFP=時事】ロシア・シベリア(Siberia)のサハ共和国で先週末、一人で森に入ったきり11日間にわたり行方不明となっていた4歳の女児が、無事保護された。女児はクマが多数生息する森をさまよっていたが、連れていた子犬に守られ生還したとみられている。
 カリーナ・チキトワ(Karina Chikitova)ちゃんは、夜間は氷点下にまで気温が下がるシベリアの森で、野生のベリーのみを食べて生き延びた。発見時にはひどく痩せていたが、13日現在は病院で順調に回復しており、救助隊らは奇跡だと賞賛している。

 サハ共和国の小さな村で暮らすカリーナちゃんは、隣接する人口わずか8人の集落に住む父親と過ごすために、7月29日に犬を連れて自宅を出た。
 しかし、当時父親は近くの野火に対処するため、家を留守にしていた。カリーナちゃんは父親を探すために森に入ったとみられている。
 一帯は先住民のヤクート人が狩りやトナカイの放牧などをしながら暮らしている地域で、携帯電話の電波もなく、母親がカリーナちゃんが森に入ったことに気づいたときにはすでに4日が経過していた。
 大規模な捜索が行われたものの、手がかりがやっと得られたのは、カリーナちゃんの連れていた子犬がふらつきながら集落に帰ってきたときだった。救助隊は犬を使って子犬の道のりをたどり、カリーナちゃんの元へと急いだ。
 ロシアのテレビ局Zvezda TVの取材に応じた救助隊員は、「この子犬がずっと子どものそばにいて、夜は彼女を暖め、野生動物を追い払っていたと確信している」と語った。
 同テレビ局によると、現場にはクマが多数生息していることから、特殊部隊が到着するまでは小川や草地しか捜索活動ができなかったという。

 救助隊は活動開始から2日後にカリーナちゃんの足跡を発見。村から北に6キロの場所で、生い茂った草陰で横になり、身を震わせるカリーナちゃんを見つけるに至った。
 カリーナちゃんは発見時点ですでに靴をなくして裸足で、体重もかなり減っていた。最初にカリーナちゃんを発見したボランティアは日刊紙コムソモリスカヤ・プラウダ(Komsomolskaya Pravda)に対し、「彼女は一言も発さなかった。ただ静かに涙を流して、私に向かって両腕を上げた」と語った。
 テレビ報道では、Tシャツとレギンスを身につけたカリーナちゃんが、ヘリコプターに乗せられる前に水をごくごく飲んでいる様子の写真が公開された。
 カリーナちゃんは森でベリーを食べ、川の水を飲んで生き延びたと話している。サハ共和国当局によると、現在は共和国の首都ヤクーツク(Yakutsk)にある病院で手当を受けており、順調に回復しているという。

ともかくもよかったと言う話なんですが、しかしこういう状況はロシアではごく普通にあることなのでしょうか、ちょっと日本人の感覚からすると毎日がアドヴェンチャー過ぎるだろうと思うのですが…
最後に取り上げますのはご存知ブリからの話題なんですが、これは言うべき言葉も見当たらないほど何とも悲しむべきニュースです。

「大人のおもちゃ」が取れない…恥ずかしさで病院に行けず、5日間苦しんで亡くなった男性(2014年8月12日デイリーメール)

「大人のおもちゃ」が体内に入ったまま取れなくなった無職の50歳男性。彼は恥ずかしさのため病院に行かず、そのまま手遅れとなり死亡するという事故が起こりました。

ロンドンのナイジェル・ウィリスさんは自宅で振動する性的な玩具を利用していました。しかし何かの理由で異物が取れなくなったと考えられています。彼は痛みのためソファから動けなくなりました。
彼は高齢の母親と同居中であったにも関わらず、恥ずかしさのためか助けを求めることはしなかったそうです。
そして5日目。友人に助けを求めたことで男性は救急病院へ搬送されましたが、すでに敗血症により手遅れであり…その2ヶ月後に息を引き取りました。

検死官は性的玩具により腸が穿孔し、そのために起きた敗血症が死因ではないかと考えています。
「彼は直腸に入れた振動する異物を取り除くことが出来なかった。」
「これは悲しいケースです。」

何とも哀しいニュースとしか言い様がありませんが、ここまでブリ的紳士道を貫き通したのですからある意味本望であったのかも知れません。
彼の冥福を祈るためにも、全英国中の心ある人々は霊前に是非とも山盛りのジャガイモをお供えしてあげて欲しいものだと思いますね。

今日のぐり:「すし遊館 新倉敷店」

近年とにかくあちらでもこちらでも回転寿司の出店が続いていて、しかもその多くが結構流行っていると言うのは潜在需要がどれだけなのかと思うほどなのですが、確かに百円系などは安くて満腹にもなりますしね。
倉敷市西部の新倉敷駅近隣にあるこちらのお店は百円系よりも少し高価格帯を狙った店舗ですが、近隣に競合店が少ないのもあるでしょうが時間帯によっては駐車整理がいるほど大行列が出来るようです。

例によって本日のおすすめ中心に適当に頼んで見たのですが、タイほたてイカの生すだち三昧は何かタイが妙にうまく、さすがに100円とは違うかと思わずレギュラーメニューのタイだけ追加オーダーしたんですが、残念ながらこっちはそうでもありませんでした。
定番のえんがわもおすすめと言うことで取ってみましたが、ちゃんと食感だけでなく味もあるえんがわですし、まなかつおなども珍しいですがこれも季節のネタだけになかなか美味いですね。
レギュラーメニューの中ではこのグループでのお気に入りとなっているのが辛味噌ナスの握りですが、今回は妙にナスが大きくなった分皮の硬さが気になりました。
関西風のうなぎ押し寿司はまあ押し寿司としては確かにこってりうまいんですが、やはりうなぎは脂も強いだけに焼きたてがいいかなと再認識させられるものですね。
釜揚げしらすの軍艦は個人的に紫蘇風味がここまで強くなるとちょっと苦手なんですが、それでもやはり苦味が出たりで味が不安定になりやすい生よりは確実に美味いと思います。
岡山県で昔から郷土食的に愛されているママカリ(サッパ)は酢がちょっときついし味的には特に…と言うところ、珍しいものではすきみの握りがありましたが、恐らく隣を流れているトロでも同じ味なんじゃないかなと言う気もします。
こちらのオリジナルメニューのネギ焼きたまごは普通の卵握りよりも卵たっぷりでいいんですが、意外だったのが握りではなく単品の卵焼きで、何か入ってると思ったらサーモンを芯に巻いてあるんですが、ここは鮭の方がよかったように思いますね。

最近どんどん店舗を増やしているのが百円系ですが、それに比べればネタにもよるのでしょうがさすがに寿司らしい味にはなっていて、価格もいくらか高価格帯ではありますが昔ながらの町の寿司屋の代わりとして機能しているのだろうし、そちらと違ってこれなら老若男女と客層は広いですよね。
設備面ではトイレがバリアフリーなのはいいとしてこれだけ人も来るのに大きなものが一つだけなのは意見が分かれそうなのと、オープンキッチンで何しろ目の前ですからオーダーへのレスポンスもいいしカウンターのネタも途切れないんですが、逆に人手不足気味なのかフロアは弱いようで、ともすると何度もスルーされがちなのは悪印象ですよね。
この辺りは百円系に比べれば値段も高いのだからマンパワーにももう少しコストをと考える人もいるだろうし、大衆店は味がよければ十分と考える人もいるのでしょうが、熾烈な原価競争をしないと生き残れない百円系に比べるとグループ毎の経営戦略が分かれる余地はありそうでおもしろいところです。

|

« 久しぶりの医学部新設は東北薬科大に決定 | トップページ | 世界最大の製薬企業ノバルティス社、たびたび世間をにぎわす »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519753/60227805

この記事へのトラックバック一覧です: 今日のぐり:「すし遊館 新倉敷店」:

« 久しぶりの医学部新設は東北薬科大に決定 | トップページ | 世界最大の製薬企業ノバルティス社、たびたび世間をにぎわす »