« 家族のために最後まで温存すべきものは | トップページ | 盲導犬、刺されても声を上げず »

2014年8月28日 (木)

橋本氏の失態、妙なところで受けをとる

今日は軽い話題を取り上げて見ますが、まあいい歳をしてと言うべきなんでしょうが、先日こんな記事が出て話題になっていることを御覧になったでしょうか。

橋本聖子がフィギュア高橋に執拗キス セクハラ・パワハラになる可能性がある(2014年8月20日J-CASTニュース)

   日本スケート連盟会長で現役参議院議員の橋本聖子氏(49)の衝撃的な「無理チュー」写真が2014年8月20日発売の「週刊文春」に掲載された。お相手は「フィギュアスケート界のプリンス」こと高橋大輔選手(28)だ。
   橋本氏はキスの強制性を否定しているが、高橋選手が心の内で何を思っていたのかは実のところわからない。仮に心から同意していたわけでなければ、セクハラやパワハラに当たる可能性がある。

収集つかないキスの嵐に周囲もドン引き?

   週刊文春8月28日号では、唇を重ねる2人の姿がグラビアページを飾っている。左手を高橋選手の手としっかりと絡め、右手は肩に回す。目を閉じている高橋選手と対照的に、橋本氏はうっすらと目を開けて相手の顔を直視しているように見える。
   撮影されたのは、ソチ五輪が閉幕した今年2月23日の深夜のことだ。文春の記事によると、選手村では打ち上げが行われ、酒が入った橋本氏は次から次へと選手たちに抱きついていき、嫌がる高橋選手にキスをしたという。
   とある参加者は、高橋選手の番になった時のことを記事の中でこう振り返っている。
    「抱擁だけで収まらず、執拗にキスを迫り、首筋に唇を這わせていました。『上司』である団長には逆らえなかったのでしょう。とうとう観念し、キスを受け入れました」
   グラビアページには、橋本氏が顔をそむける高橋選手に一方的にキスを迫っているような写真も掲載されている。どうやらこれが「観念」する前ということのようだ。
   さらに参加者は
    「突然バッと抱きついて、いいじゃない、みたいな感じでキスをし始めたんです。(中略)周りからする突然のことで、本当に意味不明でしたよ」
    「一回、二回とかそういうレベルじゃないですから。何分ぐらいだっただろう。一度始まったら収集がつかなかった。みんなが見ている前で、もう何回も何回も、何のために?って引くぐらい繰り返し……」
などとも証言している。これがどこまで真実なのかは定かではないが、行為の異様さとともに周囲との温度差を感じさせる内容だ。
   また記事によれば、橋本氏はキスについて「頑張った息子に、ママのところに来なさい、という思い。最初は嫌がっていたが、その後はそんなことはなかった」と周囲に釈明していたという。

酔った席での醜態と言うところなのでしょうが、世間で多くの方々が指摘するようにこれが協会幹部のいい歳をしたおっさんが若い女子選手に同じ振る舞いをしていたと言えばずっと大きな騒動になっていたでしょうし、国会議員でスケート連盟会長、さらにJOC選手強化部長と言う地位も名もある方の為さることとしてはいささかと言う以上に軽率であったと言う批判はどのようにしても免れ得ないものでしょう。
この件に関しては一方の当事者である高橋選手自身が「はしゃぎすぎてああなった」「セクハラ、パワハラとは一切思っていない」と言い、しかもお騒がせしましたと被害者?自ら頭まで下げて見せたものですから、当の橋本氏ばかりかなんらのお咎め無しと早々に結論付けて幕引きを図ったJOC側の対応にも批判の声にまで上がったのもやむをえないと言うもので、形ばかりでもきちんと相応の責任を取っていただくだけでもずいぶんとイメージが違っていたのでは、とも思います。
当の橋本氏の方は「キスを強要した事実はない」と言いながら現在は過労のため入院中となにやらテンプレ通りの対応といったところで、これも往年の国民的英雄としてはもう少しうまくさばけないものなのかなと残念に思うのですが、ともかくここまでは男女の逆転現象に目をつぶれば「よくあること」で済んでいた話なのですけれども、今回なかなか面白いなと思ったのがこういう話が出ているところです。

橋本聖子HP「アクセス集中で表示不可」に偽装疑惑 指摘相次いだ後こっそり変更、批判が相次ぐ(2014年8月22日J-CASTニュース)

   フィギュアスケートの高橋大輔選手(28)にキスを強要したと報じられた日本スケート連盟会長、橋本聖子氏(49)の事務所公式サイトに「2度」の異変が起きた。
   サイトには2014年8月22日までに、アクセスの集中によってページを表示できないというメッセージが出るようになった。ところがネット上では「サーバーダウンはなく、それを偽装しているのでは」との指摘が続出。そのせいか、表示はその後「メンテナンスを行っています」に変わった。

Facebookには批判コメント続々

   橋本事務所の公式サイトには、22日11時時点でアクセスした際、
    「只今アクセスが集中しており、ページを表示することができません。しばらくたってから、アクセスいただきますようお願いいたします
と表示されていた。サーバーがダウンした際などによくみるようなメッセージだ。

   橋本氏は8月20日発売の「週刊文春」に高橋選手とのキス写真の現場を報じられたばかりだ。ソチ五輪の打ち上げで嫌がる高橋選手にキスを迫り、高橋選手も観念してキスを受け入れたと伝えられているが、橋本氏は「キスを強制した事実はない」として強制性を否定した。その後も橋本氏のFacebookページには、現在も批判的なコメントが続々と書き込まれている
   事務所サイトにも報道によってアクセスが集中したのかもしれない。デイリースポーツは事務所に取材した上で、21日未明にサイトがダウンしたと報じている

   ところがインターネット上では、この表示に疑問の声が相次いだ。サイトはアクセスの集中によってエラーページにリダイレクトされているのではなく、意図的に表示しているもので、事務所側は何らかの理由でサイトにアクセスできないよう、サーバーダウンを装っているのではないかというのだ。
   きっかけはこのページのソースコードに初歩的なミスがあったことだったが、根拠とされたのはサイトのHTTPステータスコードだ。

ステータスコードは正常示す「200 OK」

   HTTPステータスコードとはWebサーバーからのレスポンスの意味を表現する3桁の数字からなるコードで、たとえば、ドキュメントが見つからない場合は「404 Not Found」、サーバー内にエラーが発生している場合は「500 Internal Server Error」等の表示になるのが一般的である。
   ところが、あるツイッターユーザーが橋本事務所サイトのステータスコードを確認したところ、正常にアクセスできていることを意味する「200 OK」。記者が確認しても同じ結果だった。また、画像フォルダや画像にも問題なくアクセスできていた
   これらを細かく検証して「全然サーバーは混雑していなく、正常に転送できていました」などと指摘するブログも登場し、「HP偽装疑惑」はネット上で瞬く間に広がった。

   インターネット上には、
    「苦情メールが殺到したから居留守かな かっこわりー」
    「恥の上塗りだけど、どうするの?」
    「只今アクセスが集中しており、ページを表示させたくありません。ほとぼりが冷めて皆さんが例の件に興味を失った頃に、アクセスいただきますようお願いいたします。これなら正しいんだけどな」
などという批判的なコメントが相次ぎ投稿された。

   なぜ自前で表示不可のページを用意したのか、理由は定かではない。橋本事務所に事情を問い合わせたが、返答はなかった。その一方、返答を待っている間にサイトの表示メッセージが下記のように変わった。
    「現在、メンテナンスを行っています。公開に向けての準備を行っております。ご迷惑をおかけしております」

   (22日16時40分追記)橋本聖子事務所はサイトの表示について
    「21日未明、アクセス多重のため、サーバーがダウンしました。その後、一度復旧させましたが、急激なアクセス集中が続き、再発を防ぐため、負荷を軽減する表示に切り替えております
と説明した。なおサイト復旧の予定については「サーバーへのアクセスが安定次第」としている。

これも例によってネットで指摘されたことではあるのですが、エラーでなく単純に「只今アクセスが集中しており、ページを表示することができません。」「しばらくたってから、アクセスいただきますようお願いいたします。」と表示するようにしているだけだと言うことがバレバレになってしまい、ソースコード自体の稚拙さもあって幾らなんでも偽装の手段が素朴すぎると妙に受けてしまったようです。
この件に関してはもちろん橋本氏本人がhtmlを書いたなどと言うことはちょっと考えにくいことで、追記にもあるように事務所側が勝手に「配慮」を働かせたと言うことではあるのでしょうが、ともかく本来であれば事務所主の失態を取り繕いフォローしなければならないはずの立場であるのに、余計に足を引っ張るようなことをするのでは橋本氏本人も泣くに泣けないと言うものでしょうね。
しかし時折見られる電波芸者の炎上騒動などもそうですが、人間ですから何かしらのはずみでついうっかりすると言うことはままあるもので、さらっと軽く頭を下げていればそれで済んでいただろうに余計なことをするばかりに大騒ぎになってしまうと言うケースがまま見られると言うのは、昔と違ってネットによって情報の掘り出しや保存、共有が非常に簡単になったと言うこともあるのだと思います。
昔であれば個別の失言、失態でその場で収まっていたものが順次発掘され相互に関連付けられてくると、それは悪い情報ばかりが並べ立てられれば誰だって「こいつは何ととんでもない奴だ!許せない!」と思ってしまうでしょうが、要するにぐずぐずと長引かせずその場できっちり収束させるためにもさっさと侘びを入れた後は余計なことはしない言わないのがいいのでしょうか。

|

« 家族のために最後まで温存すべきものは | トップページ | 盲導犬、刺されても声を上げず »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

なんかこの件でいろいろ言うのも妙に腰が引けたところがあるように思える。
これが谷亮子だったらネット上では袋叩きだったろうな。

投稿: 名無子 | 2014年8月28日 (木) 07時06分

女性アスリートは性欲が強い? 橋本聖子議員“キス騒動“!
http://news.infoseek.co.jp/article/tocana_34977
「橋本議員に当てはまるかはわかりませんが、女性のアスリートというのは闘争本能が強いので、
性欲も強い人物が多い。過去にはバレーボール日本代表も務めた大友愛が風呂場で開脚をしている
写真が流出しました。元恋人が流出させたとも言われています。
さらにはオリンピックのモーグル代表であった里谷多英も、六本木のクラブで暴行事件を起こしたとして書類送検されています。
その場ではみだらな行為も行っていたと伝えられています」(週刊誌記者)

投稿: | 2014年8月28日 (木) 07時33分

>過去にはバレーボール日本代表も務めた大友愛が風呂場で開脚をしている
写真が流出しました。

忘れたい黒歴史なんだから名前くらい伏せてやれよw

投稿: aaa | 2014年8月28日 (木) 10時18分

一般論として若くて人並みはずれてエネルギーの有り余っている人たちなのですから、性欲に限らず各種煩悩にさらされていて全く不思議はないですし、その暴走を防ぐ対策もまた為されて当然だとは思います。
ただまあ、世間的には十分いい歳をして後進のために対策を講じてやる立場であるはずの方が率先してこんな不祥事を起こしてどうするんだと言うことで、今回は関係者にとってはずいぶんと高い授業料についたでしょうね。

投稿: 管理人nobu | 2014年8月28日 (木) 11時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519753/60213048

この記事へのトラックバック一覧です: 橋本氏の失態、妙なところで受けをとる:

« 家族のために最後まで温存すべきものは | トップページ | 盲導犬、刺されても声を上げず »