« 日本では超過勤務が当たり前? | トップページ | マクドナルド騒動 顔が見えない相手を信用する難しさ »

2014年7月23日 (水)

ペナルティの妥当性が議論に

理研・小保方氏に関わる一連の騒動に関連して、そもそも小保方氏の学位論文も盗用なのではないかと言う指摘があり早大で調査が進められていたわけですが、これに対して結局「学位取り消しはしない」と言う結論が出たことが注目されています。

博士号剥奪は「生活破壊」=小保方氏論文で回避理由説明―報告書の全文公開・早大(2014年7月19日時事通信)

 理化学研究所の小保方晴子研究ユニットリーダーが2011年に早稲田大大学院から博士号を取得した論文に疑義が指摘された問題で、早大は19日、調査委員会の報告書全文をホームページで公開した。博士号の取り消し要件に該当しないと判断した理由について「(博士号を前提とする就職など)生活および社会的関係の多くを基礎から破壊することになる」と指摘。要件に該当するかどうかは、この点に配慮し「厳格に行われなければならない」と説明している。
 また報告書は、小保方氏を指導した常田聡教授について、指導教員としても博士論文の主任審査員としても義務違反があると認定。「非常に重い責任がある」と指摘しながら、「一般論として述べれば、解任を伴う懲戒処分をもたらすほどのものではない」と評価していた。
 調査委員長の小林英明弁護士は17日に報告書を鎌田薫総長に提出したが、記者会見では概要しか公表していなかった。

 報告書は、博士論文には文章や実験画像の盗用や、意味不明な記載など多くの問題箇所があると認定。「合格に値せず、小保方氏は博士学位を授与されるべき人物に値しない。早大の博士学位の価値を大きく毀損(きそん)する」と厳しく批判したが、「学位授与に重大な影響を与えたとは言えない」として、早大規則の学位取り消し要件に該当しないと判断した。
 鎌田総長は17日の記者会見で、報告書は大学としての結論ではなく、小保方氏の博士論文の扱いや関係者の処分は今後検討すると説明した。小保方氏以外の博士号取得者の論文も調査しているが、結果の扱いは小保方氏の場合と整合性が取れるよう配慮すると述べた。

すでに各方面で指摘されている通り、そもそも早大の学位審査があまりに杜撰であったことが問題の根本にあったと言われればその通りで、その意味でそもそも学位認定に値しないレベルであった、学位授与そのものが間違いであったと言う点を認めたことはもっともなんですが、それでも学位を取り消さないのは現在の生活が学位の存在を前提に成立しているからと言う、ある意味非常に現実的な理由を挙げています。
この「そもそも学位に値しなかったが、今さら取り消しはしない」と言う結論部分には各方面から「学問の府としての早稲田の自殺」だと非難囂々なのはある程度予想されたところなんですが、敢えて早稲田の側に立つなら与えるべきでない学位を与えてしまったのは完全に早稲田側のミスであって、その大学側のミスについて学位取得者側に一方的な不利益変更をするのは筋が通らないと言う理屈は成り立つかと思います。
この辺りは例えば入試に採点ミスがあり本来不合格になるはずの学生を合格させてしまった、その学生は他大学の合格も蹴って入学し卒業もし就職もしてしまった後でこうした事情が判明した場合に「いや、あの合格は間違いだったのだから」と今さら取り消し出来るかと言えばまあ出来ないしするべきでもないと言うのが普通であって、一般論としては今さら学位取り消しは無理だと言う結論だけには整合性はあるかとも思えますね。

ただもちろん、各論として幾らでも突っ込みようがあるのも事実で、早稲田側がこの調査を一つの警鐘として学位審査を今後どのように改善していくかと言うことも社会的信用回復の方法論として問われるところですが、他方で振り返ってみるとこの学位審査と言うもの、全国的に見ても必ずしも厳密な審査が行われていると言うものではなく、特に医学部などでは以前から取る気になれば誰でも取れる程度だと言われていたわけです。
先輩のやってきた仕事の一部をちゃちゃっと簡単に追試だけして自分の仕事のように論文にまとめ、ろくな査読もないような学内雑誌に投稿して学位審査に臨むと言ったことでどれほど学位に相応しい能力が担保出来るものなのかですが、そもそも学位を取ったと言う名目だけが目的でその分野の研究を続けるわけでもない人間が多いのですからある意味害はないと言う考え方も出来るのかも知れません。
そういう意味で厳密に考えてみるとどうもおかしいぞ?と言うことでも長年の風習として続いていると言うことは、先日の広島大の学部試験追試で全員不合格となった経緯などを見ても判るところなのですが、医学部と言うところはどうも全般的に試験の類には緩いのではないか?とも感じさせる事件がまた起きたと話題になっています。

カンニングで6人停学 横浜市立大医学部の実技試験(2014年7月18日産経ニュース)

 横浜市立大医学部で、模擬診察をする実技試験の前夜、学生が試験会場に忍び込んで試験問題を携帯電話で撮影、予想問題として受験者にメールで送るカンニング行為があり、学生計6人が停学処分となっていたことが18日、大学への取材で分かった。

 大学によると「OSCE(客観的臨床能力試験)」と呼ばれる模擬診察などの実技試験。4年生2人の指示を受けた3年生2人が2月28日午後9時ごろ、「忘れ物をした」と警備員にうそをついて試験会場に入り、壁に貼られていた問題4問を携帯電話で撮影、メールで送信した。

 別の4年生2人が問題をメールに書き起こし、受験する4年生95人全員に予想問題として送信した。

 試験当日の3月1日、匿名の告発メールが教授に届き大学が調査。指示した4年生2人と撮影した3年生2人を停学3カ月、メールを送った4年生2人を停学1カ月とした。予想問題として送る前に相談した4年生11人も戒告とした。

ネットなどで見ますと「何故前日から問題を貼り出している?」と言う疑問の声が多いようなのですが、大学にもよるのでしょうが実習試験ですから学生を一室に集めそこから順番に各小部屋に入れ、ところてん式に順次先に進ませながら問題を解かせると言うスタイルが多いようで、本来口頭でああしろこうしろで足りるのでしょうが聞き取りの失敗に備えて壁にも問題を張り出している場合が多いようです。
もともとはこのOSCEと言うものは学科的知識を見るCBTと並んで、学生が臨床実習に進むに当たって求められる最低限の知識や技能を備えているかどうかを確認するもので、普通にやっていれば決して落ちるようなものでもないし、万一落第点を取っても追試験までしてくれるのですからカンニングするほどのことか?とも思うのですが、やはり試験というものにはそのレベルを問わず一定のプレッシャーがあるものなのでしょう。
それはともかくこの問題、すでに試験問題が張り出されている会場に簡単に入り込めてしまったと言う点も問題で、夜間に詰めていた警備員が院内で何が行われているかまで把握しているかと言えばなかなか全部は難しいのも事実でしょうが、少なくともこうした場合には何らかの手段によって立ち入り禁止措置を講じておくべきであったと言う点では、やはり大学側も「その程度の試験」と甘く見ていたと言うことでしょうか。
他方ここで注目したいのは世間的にこんなことをして当然退学だろう、停学処分(実質的な留年)などぬるすぎると言う声が非常に多い点で、中には「こんな小ずるいことをする人間を医師にさせてはならない」と言う声も少なくないようなのですが、医学部の中の人と外部の人との間にいささかの温度差があるようにも感じられますね。

もともとこのOSCEやCBTに関しては大学独自の試験ではなく文科省の指示によって全国一斉にやるもので、その意味では国家試験などと同様の厳密さが本来求められるだし実際各大学ともかなり運営はしっかりやっているはずですが、一方で古来医学部の試験などいい加減なもので、各講座の先輩などからそれなりの情報が事前流出すると言うこともまあ、必ずしも起こらないと言うものでもない話ではありますよね。
この辺りは試験を課す側の先生方にも色々な考え方があって、とにかくそんなところ誰が勉強してるんだよ!と突っ込みたくなるようなマイナーな領域の問題ばかり出してきて学生に不勉強ぶりを思い知らせると言う先生もいれば、大抵の学生は将来別領域に進むのだからこの科目で絶対覚えておくべきことだけ知っていればいいと事前に出題範囲を明示するタイプの先生もいらっしゃるようです。
どちらにせよ全く救済的措置を考慮しない講座の方が珍しいと思いますが、医師という職業の性質上どうせ一生勉強は続けなければならないのだからと言う大前提があるのだとは言え、いささか世間的感覚からすればだらしなくも見えるのだろうし、ましてやこうした明らかにアウトと言う話が公になってくると後輩から「あの学年が余計なことをしたばっかりに試験が何かと厳しくなって」と恨まれることになるのかも知れません。
ただ今回は大学側にも落ち度があったと言う点も考慮されての事後処理なのかも知れませんが、医療の世界も何かと世間並みと言うことが求められるようになってきている中で、あちらこちらで医学部独自の慣行と言うものが炙り出され是正されるようになってきている時代ではあるわけですから、今後は中の人も時代に応じた考え方の変化が必要になっては来るのでしょう。

|

« 日本では超過勤務が当たり前? | トップページ | マクドナルド騒動 顔が見えない相手を信用する難しさ »

心と体」カテゴリの記事

コメント

これは退学が妥当でしょ
こんなやつ医者にしちゃいかん

投稿: 太郎 | 2014年7月23日 (水) 08時36分

>学位を与えてしまったのは完全に早稲田側のミスであって、その大学側のミスについて学位取得者側に一方的な不利益変更をするのは筋が通らないと言う理屈

一理ある理屈だと思います。
逆の事例で、大分の県教委汚職事件は疑わしい採用者を一方的に採用取り消しにしてましたけれど、採用取り消しになった方が県に対して起こした裁判が4年以上続いているみたいですね。なぜこんなに長引くのか理解しにくいですが・・・

投稿: クマ | 2014年7月23日 (水) 09時08分

>学位を与えてしまったのは完全に早稲田側のミスであって、その大学側のミスについて学位取得者側に一方的な不利益変更をするのは筋が通らないと言う理屈

真摯に学位を申請したのにミスならまだしも、剽窃と改ざんですからね...。
下書きなら剽窃もOK!というのはあまりに学問としてどうなんでしょうか。
しかも、剽窃部分も「あとから自分の文章を張り込むために仮においといた」ではなく、剽窃した部分を自分の文章になじむように細かく変更している(このページ→この論文 的な)んですからねぇ。

単に、小保方はきりたいけど、そうすると数十人単位で同様の事例を抱え込む底なし沼なので大学側が取り繕うためだけに「悪意はなかった」理屈をこねくりだしているだけでしょう。

投稿: おちゃ | 2014年7月23日 (水) 09時27分

たぶん小保方さんレベルのコピペ学位論文が他にもたくさんあったりだとか…
てかそんなこと想像させてしまう時点で早稲田終わってるって言われちゃうでしょうに…
これってせめて大学側関係者だけでも処分しないとどうしようもないんじゃ?

投稿: ぽん太 | 2014年7月23日 (水) 09時32分

試験に落ちたら一年の留年だけどカンニングがうまくいけば進級
たとえバレても停学三ヶ月ならやった方が得じゃない?

投稿: | 2014年7月23日 (水) 09時49分

早稲田の件は一応はルールに則って処理したと言うことなのですが、そのルール自体明らかにそれは不備だろうと言う内容であったことが判明した点でもマイナス評価でしたね。
今回のことに関して言えば認めてしまったのは大学のミスだと言う原則論と、作為的に不正行為を行っていたのだからそもそも無効であると言うもう一つの原則論との対峙になった形でしょう。
ただ結論が出た後での大学側の発表の仕方はちょっとうまくなかった様子ですし、個人的にはやはり早稲田は理系は弱いのかな…とも感じてしまいました。

投稿: 管理人nobu | 2014年7月23日 (水) 10時27分

大学でカンニングして発覚した場合に受ける制裁
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1233238337

投稿: | 2014年7月23日 (水) 11時56分

>たぶん小保方さんレベルのコピペ学位論文が他にもたくさんあったりだとか…
想像ではなく、すでに判明しています(博士論文は公開のため)

http://stapcells.blogspot.jp/2014/03/blog-post_15.html

投稿: おちゃ | 2014年7月23日 (水) 12時23分

>個人的にはやはり早稲田は理系は弱いのかな…とも感じてしまいました。

今回のことで博士号とりけしを大規模にしないとなると、早稲田の博士号の価値は地に落ちますよね。採用でも早稲田は避けようとなるでしょう。

現在の上層部のための組織防衛をはかるか、過去から築いたもの・未来に引き継ぐものを守るのか、岐路に立たされていますよね。

投稿: おちゃ | 2014年7月23日 (水) 12時27分

↑どっちもパーにしちまったような…。

投稿: 10年前にドロッポしました。 | 2014年7月23日 (水) 13時11分

素朴な疑問ですが小保方さんのような場合でも博士号さえあればまだ仕事は見つかるんですか?
二度と研究に復帰できないんだったら取り上げない理由はなくなるような気がします。

投稿: てんてん | 2014年7月23日 (水) 14時37分

そもそも、博士号=足の裏の米粒(取っても、食えない、の意味)
採用の条件の1つにすることがある程度じゃないの

小保方氏については、これだけ行状が明るみに出て、いまさら博士号の有無などささいなこと
問題は、処分しないなら、早稲田で博士号を取得した他の研究者の学位の価値が地に落ちるってことだけでしょ

投稿: | 2014年7月23日 (水) 15時17分

まあ医学部の場合昔から学位なぞ足の裏の飯粒扱いですからな
そもそも医師免許取り消しor取得不能以外は実質的にどれも懲罰にはならんような

投稿: 元僻地勤務医 | 2014年7月23日 (水) 16時02分

早稲田の博士号持ってる人達や現役の学生達が表立って発言しないのは、所詮は同じ穴のムジナってことなんですかね。

ところで小保方氏て何博士なんです?工学博士?生物学博士?

投稿: JSJ | 2014年7月23日 (水) 18時57分

おぼちゃんは理学博士じゃないかな?
とりあえず早稲田理系は学術の分野ではもう死にましたね
こんな惨状で世界から優秀な留学生や研究者を集めると言ってるのが笑えるw
おぼちゃん以外にも下手したら3桁は同じようなのがいたんだと思われ

投稿: | 2014年7月23日 (水) 19時30分

国会図書館の情報では、博士(工学)ですね。
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000011257903-00

投稿: | 2014年7月23日 (水) 20時26分

これからどうやって食ってくつもりなのかね?

投稿: | 2014年7月23日 (水) 21時44分

おぼちゃんがどう食ってくか気になる人って、同じ穴のなんとかなのかね

投稿: | 2014年7月24日 (木) 10時26分

理系女子って家がそれなりにリッチなイメージあるけどおぼちゃんちはどうなんだろう

投稿: | 2014年7月24日 (木) 11時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519753/60024884

この記事へのトラックバック一覧です: ペナルティの妥当性が議論に:

« 日本では超過勤務が当たり前? | トップページ | マクドナルド騒動 顔が見えない相手を信用する難しさ »