« マクドナルド騒動 顔が見えない相手を信用する難しさ | トップページ | 国民感情を反映したはずの裁判員裁判制度が司法のプロにより否定される? »

2014年7月25日 (金)

児童誘拐監禁事件に絡んだ余波

先日岡山県で小学生女児が誘拐監禁されると言う騒ぎがあり、その後無事に保護されたものの全国的大々的に報道され改めて児童の安全確保と言うことについて議論を呼んだのは記憶に新しいところですよね。
この件に関しては当然ながら各方面から各人が様々な意見を出しているのですが、それに対して一部方面から少なからぬ反発の声が上がっていると言います。

女児監禁事件、部屋に美少女アニメポスターと報道 「事件と関係ないだろ」とネットで反発の声(2014年7月21日J-CASTニュース)

  岡山県倉敷市で小学5年生の女児(11)が監禁され保護された事件で、逮捕された自称イラストレーターの男(49)の素性がわかってきた。
   容疑者の自宅には美少女アニメのポスターが貼ってあったという証言も報じられたが、ネットでは監禁との関係あるのかと反発する声がでている。

イラスト仕事のためと、部屋を防音仕様に
(略)
   女児が発見されたのは容疑者の二階建ての一軒家の自宅。テレビアニメを見ているところを保護された。そこは2013年12月に防音のための改装工事を行った四畳半の部屋だった。外側から鍵をかけると内側からは開けられないようになっている。8月にリフォームの相談に乗った業者はフジテレビ系「とくダネ」の取材に対し、
    「防音のリフォームをしたいというお話で、イラストの細かい仕事をしていて神経を使うから、音に気を取られたくない」
という要望だったと明かした。
   また、二階にある部屋の一室にはアニメのポスターが貼られていたという。
    「少女アニメのポスターを床と天井と壁にそれぞれまんべんなく貼っていました。普通に服を着たかわいらしい女の子という印象でした。これが私の描いた絵ですよと少女アニメの絵を見せてくれました。かなりうまいなという印象でした」

「アニメ見る奴は犯罪者っていうのを 定着させようとするな」

   アニメポスターが貼られていたこと取り上げる報道に対して、ネットではアニメファンが多いだけに不満の声があがっている。
    「監禁とアニメは関係ないだろ アニメ見る奴は犯罪者っていうのを 定着させようとするな
   「アニメのポスターとかアニメ雑誌とか監禁とは全然関係ないよね。怖いのは監禁部屋を防音工事、外鍵にしてたってこと」
    「だから何!? アニメファンは全員が全員、犯人みたいな人間なのか。アニメファンを敵に回すやうなやり方で大変心外」
   また、山陽新聞が、容疑者は「少女に興味があった。自分の好きな女の子のイメージ通りに育て、将来は結婚したかった」と動機を供述していると報道していることを受けて、
    「アニメというより源氏物語の影響だな」「これって光源氏の源氏物語そのまんまじゃねぇか。もし、アニメなどを規制って話しになったら、まず源氏物語を規制しろって話だよな」
などの書き込みもされている。

岡山女児行方不明事件 アニメファンが窮状訴える(2014年7月21日アメーバニュース)

 岡山県倉敷市で小学5年生の女児が行方不明になり49歳無職の男の家で発見されたが、この際に「アニメのポスターが家に貼られていた」ことが報じられた

 これを受け、ネット上では「アニメファン=変態」のレッテル貼りである! といった批判がされているが、当のアニメファンはどう思っているのか。40代のアニメファン・A氏はこう語る。

「私達は純粋に作品だけを楽しんでいるのですが、メディアが『アニメのポスターがあった』といちいち報じる理由が分かりません。『ガンダム』や『エヴァンゲリオン』や『ルパン』『ジブリ』『アナと雪の女王』のポスターがあっても、『アニメのポスターがあった』と報じるのでしょうか?」

岡山女児行方不明事件 犯人趣味の報道の仕方に「オタクを犯罪者に結びつけようとしている」(2014年7月22日ネタりか)

(略)
 女子児童発見当時の状況として、女子児童は布団の上に寝そべりアニメを見ていたという情報や、その後の取材として男の家の一室にはアニメのポスターが天井、壁に貼られていたという情報、そして男を知る人物からの話として「アニメ好きだった」という声などが伝えられている。
 なお、犯行の動機については、22日報道によると、捜査関係者への取材で分かった情報として、逮捕された男は「好み通りに育て、結婚するつもりだった」と供述していると伝えられている。
(略)
 今回の事件に限った話ではないが、何か事件が起きた際に、犯人の趣味にアニメ、ゲーム、漫画などがある場合、特徴として大きく報じられてしまうことがある。
対し、犯人の趣味が例えばゴルフ、麻雀、好きなテレビがバラエティなどの場合には、ほとんど触れられない、もしくは触れられても軽くしか扱われない傾向が強い。
 こうした報道の傾向について、ネットでは批判の声が高まっている。
中でも「偏向報道」「オタクを犯罪者に結びつけようとしている」という声が最も多く見られた

確かに今回の女の子を囲い込んで自分好みに育てて結婚しようと思った云々と言う犯人の証言を聞いて源氏物語を思い浮かべた人は少なくなかったと思いますが、これに対して古典文学は現代の価値観に照らし合わせて極めて不道徳だから全面的に禁止すべきだ!なんてことを言い出す人はまあ、あまり見たことがないですよね。
以前に猟奇的殺人事件が頻発していると話題になったことがあって、あれに対して「最近残虐なアニメやゲームが増えているのが問題だ!」と主張している人々がわりあい少なくありませんでしたが、「毎週ゴールデンタイムに大量惨殺事件を扱う時代劇は放送禁止にしろ!」と言う意見もこれまたあまり見たことがないと言うのは不自然に感じたものでした。
この辺りはスポンサーとの絡みなどもあってマスコミ各社としても何を叩いていいか、叩いてはいけないかに関して細かい事情があるとも言いますし、特に朝や昼のニュース番組やワイドショーなどはいわゆるアニヲタの方々が見るようなこともまずないでしょうから主要顧客層に受けるような番組作りをするはずで、間違っても「犯人の自宅には韓流スターのポスターが」などと言えるはずもないのは理解出来ます。
ただ見ていますと幾ら好き放題言うにしてもそれはさすがにちょっとおかしいんじゃないの?と思わされる発言もあちらこちらから飛び出しているようで、こういう発想がテレビの中の人たちにとっての常識なのだとすればヲタクどころではなく怖い気がしますね。

漫画家・倉田真由美氏、倉敷の女児誘拐事件で「小さい女の子と成人男性の組み合わせには注視した方がいい」と発言(2014年7月21日トピックニュース)

漫画家の倉田真由美氏が20日放送の情報番組「真相報道バンキシャ!」(日本テレビ系)に出演し、小さい女の子と成人男性の組み合わせを見かけたら「注視し、時には声かけをするべき」と発言した。
(略)
倉田氏は、女児の誘拐事件が最近、続いていることについてコメントを求められると、街中に防犯ビデオの数を増やしたり、大人が「生きたカメラ」となって不審者に目を光らせるべきではないかと指摘した。
さらに、小さい女の子と成人男性の組み合わせを路上で見かけた時には、通り過ぎるのではなく、2人がどういう関係なのか、何が起こっているのか注視した方が良いと発言。
倉田氏は「時には声かけをする、『もしもしどうかしましたか?』って。お父さんだということだったら、『失礼しました』っていうだけの話ですから」とし、「私たちは機械とは違って選別できるじゃないですか。小さい女の子と成人男性という組み合わせは、ちょっと通り過ぎるだけじゃ済まないようにしましょう」と視聴者に呼びかけた。
「小さい女の子と成人男性という組み合わせには注視、時には声かけをする」という倉田氏の発想だと、親や親戚も警戒の対象となってしまうが、司会の福澤朗氏は「それはいい考えだ」と、倉田氏の提案に共感していた。

テリー伊藤「現実とビデオの中の世界を混同」(2014年7月22日トピックニュース)

22日放送の「スッキリ!!」(日本テレビ)でテリー伊藤が、岡山 女児監禁事件についてアニメやビデオと事件を関連付けるコメントをした。
(略)
これを報じたVTRの後、テリー伊藤は「ここ(防音部屋)にポスターが貼ってあったって話があるんですよ、少女アニメの」と、この日の放送では報じられていない情報を口にした。また、「少女監禁ビデオみたいなのがあるから。それを見ていってどんどんどんどん妄想が膨らんでいって、現実とビデオの中の世界とか、自分の中で分からなくなってきた。そういうのも藤原容疑者は当然あるんでしょうね」と、アニメやビデオと今回の事件を関連付けるような発言をしている。
(略)

まあしかしこういう話を聞くと大抵の人間には何かしら趣味があると思いますが、趣味別で犯罪発生率の統計でも取ってみたらいいんじゃないかと思いますし、特に毎日のようにテレビを見る人なんて犯罪発生率が極めて高いんじゃないかと思いますけれども、ああいうものは社会安全上どうなんだろうなと思いますね。
いずれにしても街角の防犯カメラ増設といった話などもそうですが、今の時代安全のために社会のあちこちで対策を講じることが物理的には可能になっている、そしてそれに対して色々な立場から賛成の声もあれば反対の声もあると言う状況で、ただこうした事件が起きるたびにやはり賛成派の意見が次第に増えていくのは仕方がないのかなと言う気がします。
今の時代なら防犯カメラ等の機械的手段による対応の方がいわゆる人の目よりもいいんじゃないかと思うのですが、その理由としてやはり現代で人と人とがあまり不用意に関わり過ぎると余計な軋轢も起こるし、どうしても「あの人はヲ○クっぽいぞ」なんて予断も入る、それだったら最初から機械任せにしておいた方がトラブルが少ないんじゃないかと言う点が挙げられますね。

最近では画像から個人識別をするようなアプリもあって、カメラ映像なども人間が目でチェックするのではなく自動でチェックするようにしておけば見るべきではないものをたまたま見てしまうと言った類の事故もずいぶんと減らせるんじゃないかと思いますけれども、興味深いのは調査をしてみると大多数の方々が防犯カメラ設置には賛成、あるいは設置も仕方がないと言う肯定的な意見であると言うことです。
最近ではさすがに当事者のこうした声を背景に単純なプライバシー侵害論に基づく反対意見というのも旗色が悪いようで、アクティブな方々は権力者のいいように利用されるのが問題なのだ!と言った主張に切り替えつつあるようですけれども、まあカメラに限らず箸や棒であれ何であれ大抵のものは権力者に利用される可能性は否定出来ないわけで、結局日常的なメリットとの損得勘定をどう評価するかと言うことなんだと思います。
いわゆる自動速度取り締まり装置の類なども昨今老朽化が進んで機能していないものも多いそうですが、それでも装置の前では大抵の人が減速して通り過ぎると言った効果があるようですから、別に全部が全部本当のカメラでなくてもカメラっぽいものを設置するだけでもそれなりに抑制効果は発揮出来るものなのかも知れないですね。

|

« マクドナルド騒動 顔が見えない相手を信用する難しさ | トップページ | 国民感情を反映したはずの裁判員裁判制度が司法のプロにより否定される? »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

これ前科がないから執行猶予付き判決になるかも知れないそうです。
裁判員裁判だとまた違う結論になるんでしょうけど。

投稿: ぽん太 | 2014年7月25日 (金) 08時53分

男性の未婚率って、いま20%ぐらいですか?
増えたりするのかなこの手の事件

投稿: | 2014年7月25日 (金) 09時07分

>小さい女の子と成人男性の組み合わせを見かけたら「注視し、時には声かけをするべき」

これって、せっかくの休みに子守を押しつけられている男性には朗報じゃないですか?

投稿: hisa | 2014年7月25日 (金) 09時07分

妄想と現実を区別出来ないテリーにだけは言われたくなかった

投稿: | 2014年7月25日 (金) 09時32分

倉田真由美って実体験からダメンズウォーカーはやらした人でしょ。
要するに人を見る目がない人ってことじゃないですか。

投稿: 嫌われくん | 2014年7月25日 (金) 10時07分

子供連れの成人にはどんどん声かけ推奨だとして、誰に声をかけるべきかと言う時点で必ずバイアスが入りますから、当然年中声かけばかりされる取り合わせが出てくると思います。
パパと一緒に外出するたびに不審者扱いされて周囲から問い詰められるのでは、子供にとってはまああまり愉快な思い出にはならないでしょうし、家庭内の雰囲気もずいぶんと悪化しそうな気はします。
まあ要するに見た目ヲタクなパパさんにとってはなかなかに生きづらい世の中になりそうだと言うことでしょうか。


投稿: 管理人nobu | 2014年7月25日 (金) 10時12分

当の本人が駄目っぽい人の考えた傾向と対策ってたいていが駄目っぽくて役に立ちそうにないもんですよ。
自分基準に世の中見てるからどうしたってまともな方向には考えがいかないんだろうなと。

投稿: 神田 | 2014年7月25日 (金) 10時15分

誘拐監禁犯が、誘拐した子をのこのこ外に連れ歩く?

投稿: | 2014年7月25日 (金) 10時41分

うち漫画本が何千冊かあって(他の本も多いけど)来た客みんな驚くんだけど、なにかあったらやばいのかな

投稿: tama | 2014年7月25日 (金) 12時44分

個人的に一番疑問なのは「なぜ目撃者のいる日中に連れ去られたのか?」ということなのです。

この議論がメディアでほとんど取り上げられないのは、単につまらないからでしょうか。

投稿: 岡山県民 | 2014年7月25日 (金) 17時33分

以前から二人はSNSを介して交流があったとも
つまりは合意の上での同行であったと
そう考えると妙に緊張感のない踏み込み時の光景も理解はできる
でもそういう話にしちゃうとマスコミも世間も困るんだよね
だから悪いおたくが拉致監禁したってのが今のとこのシナリオ

投稿: 噂では | 2014年7月25日 (金) 17時57分

犯人がたまたまナイフ突きつけた子が同じ趣味だったってなんて偶然w
裁判が始まったら今までに出てる証言全部ひっくり返るのかもね

 また、知人らによると、監禁された女児は絵を描くのが好きでアニメなどにも
詳しかったという。藤原容疑者は、イラストレーターを自称しており、県警はこうしたことも
踏まえながら、女児に誘いをかけた経緯を調べている。
http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/140720/waf14072021240028-n2.htm

投稿: | 2014年7月25日 (金) 18時42分

 ケースレポートを「報道する」必要を感じません。
 当事者になる(巻き込まれる)覚悟のある人たちだけが知ればよいこと。訓練中の人のためには匿名化して詳細な記録を作っておくことが大切。

三部けい「ぼくだけがいないまち」おすすめ。

投稿: 感情的な医者 | 2014年7月27日 (日) 14時38分

オ○ムの麻○なんて典型だけど、被告の考え方が解明できてないってやたらと裁判引き延ばそうとする連中いるよね。
基地外がなに考えてるかなんてわかりっこないんだから、事実関係だけでさっさと判決だしたらいいんだよ。
なんでもわかりあえるって思いたがりな輩は精神科の隔離病棟にしばらく入院してみればいんじゃない?

投稿: koma | 2014年7月27日 (日) 16時32分

>被告の考え方が解明できてないってやたらと裁判引き延ばそうとする連中
 刑罰を強制する(人権を奪う)からには矯正できるもんなら矯正、でしょう。道筋が判るまでは、いつまでかかろうがw 切れないだろう。パターナリズムの極致に思えるが、そういう法の在り方もありだろう。被害者の感情を満足させるための刑罰、よりは はるかに まし と個人的には 思うよ。

医療パターナリズムは消えつつあり、見ものになってますが、国(法)も放棄したら(全部、民事で係争してください?)それはそれで見ものだ。法律を守る契約を破ったやつはスパッと切って処理施設送りw。

 裁判員の量刑を上級審で削った話にも関連しますね。
 負け試合を続けている、という感覚は
 小野不由美 落照の獄 (丕緒の鳥に収録)

 

投稿: 感情的な医者 | 2014年7月29日 (火) 10時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519753/60035011

この記事へのトラックバック一覧です: 児童誘拐監禁事件に絡んだ余波:

« マクドナルド騒動 顔が見えない相手を信用する難しさ | トップページ | 国民感情を反映したはずの裁判員裁判制度が司法のプロにより否定される? »