« 利己的行動と利他的行動 | トップページ | 今日のぐり:「カレーハウスCoCo壱番屋 岡山岡南店」 »

2014年7月 5日 (土)

技術的には完全に一般化した盗撮行為

ブロードバンドネット時代の比較的早い時期からネット上でいわゆる流出動画と言うものは重要なコンテンツとなっていて、例えば封切られたばかりでまだ一般販売されていないような新作映画が公開直後からネットに流出していると言うことがごく普通にあったわけです。
お隣中国などでは昔からこうしたものが海賊版として二束三文で売られていて、一体どうやったのかと言えば映画館にカメラと三脚を持ち込んで撮影していたと言うのですが、当然ながら本来映画の売り上げにつながったはずの需要が食われてしまっているのだとすれば、関連諸方面にとっては面白い話ではないですよね。
さすがに今どき映画館に三脚を構えて撮影していれば一声あってしかるべきでしょうが、対策の進歩以上に技術的進歩も進んでいると言うことでしょうか、最近あちらこちらで注目されているあのガジェットに関しても禁止通達が出たと話題になっています。

イギリスの全映画館でグーグルグラス禁止令(2014年7月1日GIZMODO)

米国で発売されて2年。
運転中の着用や、装着時のレストラン入店拒否など、使用場面の線引きが何度も話題になっているグーグルグラス。米国外で初めて販売が開始されたイギリスでも同じような問題があがってきました。

イギリスの映画館は、グーグルグラスで映画を撮影し海賊版を制作する者が出るかもしれないという懸念から、劇場内でのグラス着用禁止を発表しました。ただ、どのタイミングでグラスを外さなければならないかは、映画館によってまちまちのようです。全面着用禁止の映画館もあれば、照明が落ちたら外してくれと呼びかける場所もあります。
グラスは連続撮影すると45分程度しかバッテリーがもたず、1台で映画全てを撮影するのは不可能です。ただ近年、海賊版を作る際は、複数端末での撮影や画と音を合成編集する手法をとっているため、バッテリーの消耗は弊害となりえなくなってきました。加えて、海賊版の90%は映画館での録画がベースになっていると言われており、油断も隙も与えられない状態なのです。グーグル側は

    映画館は携帯電話などの同じジャンルの端末と同じようにグラス扱うほうがいいでしょう。映画館で携帯電話の電源を切る、つまりグラスも切るよう指導すべきだと思います。先手だってルールを決めてしまうよりは、まずグラスを体験して対応してほしいと思います。そもそも、グラスは撮影中に光るため、盗撮にはむかない端末だとは思いますけれどね

とコメントしています。

その他にもさまざまな施設で独自のルール作りが急がれているようです。例えば、患者のプライヴァシーを守るため、病院ではグラス着用を全面的に禁止。一方Virgin Activeスポーツジムでは、着用はOKですが撮影は禁止しています。
まだまだ、アーリーアダプターが使っているグーグルグラス。今後、市民権を得ていくためには、多くの問題をクリアにしていく必要があるようです。

しかし撮影中には光るのであれば光らないように改造すればいいだけの話ですし、別にグーグルグラスに限らず眼鏡型カメラなど今どき幾らでも用意出来ると思うのですけれどもね。
何であれ用心のし過ぎかと言えば必ずしもそうとも言い切れないのが今の時代なんですが、ちょうど先日は病院内でもこれからは携帯使用が可能になると言う国の新指針案が公表されたばかりで、もともと日本の病院と言うところは患者のプライバシーなど様々な問題があるとは言われていますから、その気になれば幾らでもマニアックな映像なりを取得する機会もあることでしょうね。
もちろん利便性の方がはるかに大きい以上一部不心得者の不正利用の可能性を言い出せばきりがないことですし、院内で携帯が使えると言うことはいつでもリアルタイムで情報が検索可能だと言うことでもあって、例えば患者説明の理解の基礎知識を正しく解説するサイトなどを医療関係者自らが立ち上げてもいいくらいだと思います。
ただ市販品の中にはどう見てもこれはそういう目的にしか使いようがないなと思われるあからさまなものも存在していて、新聞広告欄の女性用マッサージ棒くらいならまだしもこれは幾ら何でもアウトだろう?と思われるガジェットが先日とうとう摘発されたと言うニュースが出ていました。

ほかに使い道あるの? 「盗撮禁止」とうたって盗撮用運動靴をネット上で売る…(2014年7月1日産経ニュース)

京都府警 府迷惑行為防止条例違反の幇助(ほうじょ)容疑で逮捕へ

 カメラを仕込んだ盗撮用の運動靴をインターネットで販売したとして、京都府警中京署などは1日、府迷惑行為防止条例違反の幇助(ほうじょ)容疑で、神奈川県大和市の会社代表、内藤孝彦容疑者(25)ら2人の逮捕状を取った。午後にも逮捕する方針。

 内藤容疑者はネットで、隠しカメラ専門店「カモフラージュカメラ.com」を運営し、サイト内に「盗撮禁止!」と表示。ただ、靴のつま先にカメラをセットしていることや、リモコン操作で撮影した動画を一瞬で消去できることなどから、府警は盗撮目的の商品と判断した。

 捜査関係者によると、内藤容疑者らは昨年から今年にかけ、京都市左京区の会社員(29)=府迷惑行為防止条例違反容疑で逮捕=ら数人に、隠しカメラを仕込んだ運動靴を数万円で販売し、盗撮行為を手助けした疑いが持たれている。

 警察庁によると、盗撮に関わる迷惑行為防止条例違反の検挙件数は、平成21年からの5年間で、約1480件から約2720件に急増している。

元記事には画像も添えられていて確かにこれは判らないと納得の出来映えなのですが、試みに大手通販サイトなどで検索してみるとまあ出るわ出るわ、人間の創造力や探求心とはこれほどのものなのかと感動すら覚える多種多様な商品が並んでいて、世の中にはこれほど何かを密かに撮影することへの需要があるのだなと再認識させられますね。
まだアナログ全盛期だった昔からこの手の品の広告には「決して悪用しないでください」と言う注意書きが添えられているのがお約束で、画像を撮影すること自体はもちろん直ちに犯罪行為とまでは言えないのはもちろんなのですが、見ていますとどう考えても盗撮以外の需要が思いつかないような機材ばかりと言うのは非常に気になりますよね。
肖像権等々それが明らかになって捕まえられればそれなりに対処も出来るのでしょうが、社会的にも増えてきている監視カメラなどの利用もありますから法的にどういう対応が必要なのかで、例えば撮影される側の同意を得ないでカメラを向ける場合には撮影していることを物的あるいは告示等で明らかにしなければならないと言った規制に関しても検討が必要なのかも知れません。

日本ではこうした盗撮と言えば大抵は何らかの性犯罪や商業的行為と絡めてのものだと思いますが、需要そのものは個人あるいは少数のマニア向けのニッチな市場に留まっている印象がある一方、お隣中国などではこの盗撮ものと言うジャンルが大変にメジャーなのだそうで、一般人レベルにおいても公衆トイレを利用する際には盗撮を前提に顔を隠すなどの対策を取るのが当たり前になってきていると言いますから大変です。
彼の国の場合いわゆるアダルトものを撮影すると言うこと自体が犯罪であると言う法の網をかいくぐる方便でもあると言いますから困ったものなんですが、怖いのはこうした盗撮行為が公的機関等によっても行われいわゆるハニートラップの類としても利用されていると言うことで、政治的あるいは経済活動の一環としてこうした手段が常用されると言うのでは関連諸外国にとっても全くもって他人事ではありません。
これだけ機材が進歩していることを考えるとそちらへの対策も現実問題難しいでしょうし、そうなりますと中国式に盗撮前提で行動せよと言うことになるのかも知れませんが、せっかく雰囲気もいい感じで盛り上がっている時にお互いお面でもかぶって事に及ぼうと言うのではまあ、なかなかに対処が難しい別種の問題が続発しそうではありますよね。

|

« 利己的行動と利他的行動 | トップページ | 今日のぐり:「カレーハウスCoCo壱番屋 岡山岡南店」 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

やましい気持ちが無くてもビデオカメラを使うという行動自体が憚られるご時世なのでしょうかね・・・
我が子を堂々と撮影していたときにちらっと写ってしまった人に盗撮を主張されたら非常に面倒そうです。

投稿: クマ | 2014年7月 5日 (土) 08時41分

運動会でカメラ並べてるのはいいのかしら?
スマホでなんでも撮りまくってる人もいるし難しいね

投稿: こだま | 2014年7月 5日 (土) 09時16分

グーグルグラスっていろんな機能があるんですね。
でも目線にあわせて撮影してくれるのって便利そうな気が。
病院内で記録用に使ってる先生もいるのでは?

投稿: ぽん太 | 2014年7月 5日 (土) 10時01分

 東北防衛局は4日、列車の中で盗撮行為をしたとして、同局の40代の男性防衛事務官を
停職20日の懲戒処分にしたと発表した。男性は当初、「防犯カメラの性能を試していた」と否定していたが、
後に一転して盗撮を認めたという。
 防衛局によると、男性は昨年10月1日夜、JR仙山線の車内で、靴のひもの部分に小型カメラを装着。
乗客の通報で駆けつけた仙台北署員に事情を聴かれた際、
「自宅で使う防犯対策用カメラの性能を試していた」と盗撮を否定した。
 だが、押収されたカメラには、列車の天井や乗客の足元のほか、女性の下着のような画像も写っていた。
このため、再び聴取されると、一転して盗撮行為を認めたという。
同局に対し、「公務員でありながらこのような行為をして反省している」と話しているという。

http://www.asahi.com/articles/ASG745PXSG74UNHB013.html

投稿: | 2014年7月 6日 (日) 07時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519753/59925659

この記事へのトラックバック一覧です: 技術的には完全に一般化した盗撮行為:

« 利己的行動と利他的行動 | トップページ | 今日のぐり:「カレーハウスCoCo壱番屋 岡山岡南店」 »