« 分娩時の脳性麻痺防止に求められる再発防止策 | トップページ | ネット時代に求められるバランス感覚 »

2014年4月18日 (金)

高齢者社会保障問題 敬老の精神は大事ですが

最近は何でも炎上騒動に発展しがちですが、先日こんなことがあったとニュースになっています。

池上彰の特番で炎上騒動、高齢者の医療費問題でグラドルの発言が物議(2014年4月10日メンズサイゾー)

 グラビアアイドルの小柳歩(22)が9日、討論番組『テレビ未来遺産 緊急!池上彰と考える“借金大国ニッポン”消費税8%激論SP』(TBS系)に出演。高齢者の医療費問題について議論した際の発言が物議を醸し、Twitterが炎上・謝罪する事態が起こった。
 番組では、俳優の小澤雅貴が「元気なおじいちゃん、おばあちゃんが話をしたいがために来院する時ってあると思うんですよ。そういうところの無駄は削減できないのかなと思う。井戸端会議は違いところでやればいい」と発言。増大する医療費・保険料は国民の大きな負担になっているが、病院が「井戸端会議の場」になっているためにムダが生まれているのではないかと疑問を呈した。これに対し、イギリス人俳優のイアン・ムーアが「じいちゃん、ばあちゃんが毎日病院行ってもいいじゃない。そこで友達に会って楽しければ、それでいいじゃない」と反論。若者の参加者から「それが負担になっているんです!」などという声が飛び交い、これをきっかけに議論がヒートアップした。
 その中で小柳は「全然、見ず知らずのじいちゃん、ばあちゃんに払うのヤダ」と声を上げた。ムーアから「性格悪いっていわれるよ」と忠告された小柳だが、続けて「自分のお爺ちゃんやお婆ちゃんならお金払ってもいいなと思うけど、全然見ず知らずのじいちゃん、ばあちゃんが井戸端会議とかするために何で私たちがお金を払わなきゃならないの」と発言の真意を説明した。
 この発言で議論が紛糾し、ウズベキスタン人の女性は「戦争の後、ボロボロの日本からこの素晴らしい国にしてきたのは今のおばあちゃんとおじいちゃんですよ! もっと尊敬してくださいよ!」と小柳を非難。さらにフィンランド人の女性は「福祉負担は何らかの形で自分に返ってくる」と諭した。
 これらの批判について小柳は「本当に体調が悪くて病院に行ってるならいいんですよ。井戸端会議とかをしに行ってるおじいちゃんやおばあちゃんのために出したくないって言ってるだけ」と興奮気味に反論。司会の池上彰は「高齢者が気軽に医者にかかって医療を受けられるのは大事なことだけれども、井戸端会議をするための来院なら無駄だろう。高齢者の居場所というのを別に作るべきだよね」とまとめ、この議論は終了した。

 放送後、Twitterなどネット上では小柳に対する以下のような批判が殺到した。
敬老の意識が全く感じられない
自分さえよければいいってタイプ、痛すぎ」
年寄りはさっさと死ねってことか」
「本当に体調が悪いかどうか、誰が判断するんだよ」
「性格悪すぎる。こういう女のせいで日本の印象が悪くなる」
「テレビ観てて嫌な気持ちになった。おじいちゃんおばあちゃんは大切にしないと
 その一方、「井戸端会議は確かにムダだろ」「言いたいことはすごく分かる」「すげえ叩かれてるけど、みんな思ってることだよ」「年寄りを敬うのと医療費の問題は切り分けて考えないと」などといった擁護の声も少なからず上がっている

 批判を察知した小柳は自身のTwitterで「お話をしにきているだけのご老人が病院にいって、体調が悪くないのに憩いの場として国の医療費を使われるのはおかしいのではないか?ということを伝えたかったのです。不快な気持ちにさせてしまった方々、本当に申し訳ありませんでした」と謝罪。寄せられた一つ一つのコメントにも返信し、さらには直接コメントを送らずに小柳の批判を書き込んでいるユーザーに対してまで謝罪のリプライを送っている。
(略)

ちなみに件の番組動画はこちらから参照できるようですが、個人的にネットで見た範囲では話題にはなっているものの賛否両論と言いますか、普通に言って「本当のことを言っただけ」と言う意見の方がかなり多い印象で、もちろんこうしたテレビ番組を見ている人と言うのは相対的に高齢視聴者が多いでしょうからバイアスもかかっているのでしょうけれども、いわゆる批判一色で炎上騒動と言うものとは少し違う気もします。
病院が老人サロン化しているという批判は以前からありますが、実際のところ用もないのに病院に来ている老人というのは認知症等ででもなければほとんどいないもので、大多数は慢性疾患で定期的に検査や投薬を受けている方々であるわけですから、確かに風邪をひいてやむなく仕事を休んで病院に来たと言った人々には「元気なくせに病院待合を占拠しやがって」とも見えるのでしょうね。
もちろん正しい、間違っているは別にして人気商売ですから発言にはそれなりに気を遣うべきは遣うべきでしょうが、逆に言えばグラビアアイドルの主要顧客層であるだろう若年世代にとっては当然の反応を代弁しただけと言う考え方もあるのかも知れずで、今や社会保障問題は世代間対立の火種にもなっていると言う現実をこうした面からも垣間見た気がします。

ともかくも今年2014年は団塊世代が全て65歳以上になる記念すべき?年なのだそうで、前後合わせて1000万人を超える高齢者が一斉に被扶養層として社会保障の給付を受ける側に回るとなるとこれは大変な問題ですが、一方で日本の労働人口は減り続けていることが連年報道されている通りで、永続的な社会保障体制をどうするかと言うことは極めて重要な課題ですよね。
考え方としては一つには生産年齢人口をもっと増やし社会の活性化に結びつけるべきだと言うことで少子化対策であるとか、あるいは最近では移民なんてことも言われるようになってきている、またもう一つにはそもそも高齢者と言っても最近は元気なんだから働いてもらえと言うことで65歳までの定年延長が義務づけられたりだとか、シルバー世代の人材を活用する試みが各方面で行われていると言えます。
基本的に高度成長世代は労働意欲が高く、定年後もまだまだ働きたいと言う声が大いにあるわけですから活用すればいいのですが、この年代層にしばしば指摘される問題として人生成功体験で生きてきたせいかイケイケであり社会的地位が高かったこともあってか他人の意見を聞くと言った協調性が乏しい、その結果再就職先で若者とトラブルを起こしたりいわゆるクレーマー化したりと言ったことが目立つようで、「団塊モンスター」などと言う言葉まであります。
若年世代のワープア化著しいとされる今の時代、何の根拠もなく歳を食っていると言うだけで偉そうにしている連中に贅沢させるためにどうして安月給から社会保障費を払わせられなければいけないのか?と考えると誰しも腹も立つでしょうが、給付抑制がようやく言われ始めた医療のみならず年金等においても必ずしも潤沢な社会保障が用意されているわけではないと言うことも言われてはいるようです。

日本の年金制度は中国以下?支給水準と持続性は先進国内で最下位クラス(2014年4月13日ビジネスジャーナル)
より抜粋

 日本の公的年金制度がほとんど崩壊しているという指摘が、多くの識者よりなされている。そして、日本の年金制度が多くの問題を抱えているということは、海外の先進諸国と比べると一層際立ってくる。今回は、組織・人事分野専門のコンサルティング会社、マーサージャパンが発表している「2013年度グローバル年金指数ランキング」を紹介する。
 このランキングは世界各国の年金制度を比較したもので、日本の年金制度は20カ国中17位と、メキシコや中国よりも下である。ちなみに12年度版だと韓国よりも下だ。マーサージャパン・年金コンサルティング部門代表の北野信太郎氏は、次のように説明する。
「ランク付けの基となる年金指数自体が、日本の抱える問題すべてを表しているわけではありません。ランキングはあくまで収入(入ってくるお金)について指数化したもので、支出については考慮されていません。例えば、社会保障としての医療について日本は手厚いので、老後はお金がかからないかたちになっています」
 年金指数は「十分性」「持続性」「健全性」の3つのポイントで算出される。十分性はもらえる年金額は十分かどうか、持続性は人口推移や平均寿命のバランスはよいか、健全性は年金制度に運営報告の義務はあるか、という物差しだ。
(略)
 十分性を判断する指標のひとつは、所得代替率だ。この指標とは、現役世代の年収と比べて年金支給額はどのくらいかというのを示すもので、日本の国民年金の場合は、普通に暮らしていけるだけの十分な年金はもらえない。国家破たんしたギリシャの所得代替率が95%以上であったのは有名だ。ちなみに、OECDの平均は54.4%であるのに対し、日本はわずか35.6%と突出して低い(2013年OECD調べ/ともに平均所得者の数字)
 さらに日本の国民年金の持続性は、前出のランキングで20カ国中最下位目前だ。日本の年金制度は、年金支給額が十分じゃないうえに、持続性もままならないという、とんでもない代物なのである。

●年金支給開始年齢引き上げの議論

 では、崩壊しつつある年金制度をどうしたらよいのか。北野氏は年金制度だけ手直ししてもダメだという。
「自分が支払った分がどれだけ戻ってくるのかということを考えるのではなく、社会保障制度のそもそもの意義に立ち返るべきです。年金は老後のリスク、長生きしすぎるリスクに備えるという性質でなければなりません。老後は働けなくなるというリスクですね。そう考えると、65歳というのは働けなくなる年齢ですか、と問い直さなければならない。60歳まで働いて老後は年金でゆったり暮らすというのは、すでに幻想の話です。そもそも、サラリーマン以外の自営の方は、平均で70歳まで働いているんです。サラリーマンだけなぜ65歳なのか、ということになる。ですから、年金の支給開始年齢をもっと上げて、雇用のあり方まで含めて見直す必要があるのです」
(略)

日本の公的年金が控えめに言っても必ずしも手厚いものではないということは今さらの話ですが、持続性だとか健全性だとか言った制度運営上の問題はそれとして、年金だけで食っていけないから悪いことなのか、そもそも年金だけで食っていけるようにすべきなのかと言うことはまた別問題であるように思います。
日本の場合は年金の支給水準が低い一方で貯蓄率が高いことが知られているわけですから、収入からより多くを公的に集めて再配布するのがいいか、それとも各人が勝手に貯蓄するのがいいかと言う問題に過ぎないとも言え、現役時代毎日宵越しの金を持たないその日暮らしをしていても悠々自適な老後が送れるような年金制度のためにもっと大金を支払えと言われて納得する国民は少ないでしょう。
実際問題年齢が高くなるほど多くの資産を持っているという事実は統計的にも明らかで、しかもどうやらその資産をほとんど使い減りさせないまま多くのご老人達が亡くなっていっているということですから、「お年寄りは貧乏でかわいそうなんだからもっとお金を出してあげなくちゃ」と言われてもとりわけ若い世代が納得出来るのかどうかはいささか疑問符が付きますよね。
もちろん貯蓄だけでは長生きした時に不安だと言う人は終身タイプの個人年金等で十分対応できることですし、年金をもらいながら働いて食い扶持を稼いでいるご老人も沢山いて、大企業の役員などになれば年金などあってもなくても同じと言うくらいに大金を得ている場合もあるわけで、社会保障とは万人に十分な現金の給付があるかどうかよりも、万人に最後まで生存権を担保出来るものかどうかの方が重要であるわけです。
誰もが年金だけで何不自由なく生活を送れるようにするのは非常に無駄が多くなるので、ずっと重要なこととして老後に生活費を入手する手段もなくなった状況で資産もなく食べていけないと言うケースがどれだけあるのか、そしてその場合に救済手段が用意されているかどうかだと思いますけれども、実はこの方面で見れば日本は必ずしも悪い環境にはありません。

記事にもあるように医療と言うものに金のかからないシステムがすでに存在していると言うことも非常に大きなアドバンテージの一つで、食べるものもなく行き倒れになっても病院に担ぎ込まれれば当座食ってもいけるし生保認定も受けられると言うのは、生保制度そのものの悪用が大いに問題になっていることはともかくとしても最後の救済手段として非常に心強いことですよね。
特にお年寄りで寝たきり状態、身よりも資産もないと言う最悪の場合でも各種社会保障制度を活用し何年でも暮らしていけると言うのは強みでもあり、そして日本で寝たきり高齢者が際限なく増えてきた原因でもあるとも言われるところですけれども、そう考えると一番対策を取るべきなのは仕事は辞めたがまだ体力的には働けると言う早期高齢者世代にどう対処するかと言うことになりそうです。
記事にもあるように一つには働けるうちは働いてもらうと言う考え方があって、実際シルバー人材と言うものは若年者が忌避しがちな領域で非常に強みを発揮している部分も少なからずあるのですが、一方で定年の延長と言う形でこれを推進していく場合、ただでさえ就労環境厳しい若年世代から仕事や給料を奪うことになると言う指摘はかねてありますよね。
もう一つには金を持っている高齢者が資産を再配分しないことが消費活動を阻害していると言う考えがあり、その理由として老後の先行きがはっきりせず何となく不安だからと言う声があるわけですが、この面から考えると現役世代からより多くのお金を集めて高齢者の年金をより手厚くすると言うやり方は状況をさらに悪化させるものと言うことになってしまい、むしろ年金は安く維持してでも貯蓄を吐き出させるべきと言う考えもあるでしょう。
近年は自宅を担保に老後の生活資金を提供すると言ったことも行われていて、相続人がいる場合いささかややこしい問題にもなりかねないとは言え高齢者も年金以外に生きる道を探していくべきでしょうし、何よりもお年寄りばかりがどんどんお金を得る方向での制度改革はもはや現役世代の理解は得がたいように思いますね。

|

« 分娩時の脳性麻痺防止に求められる再発防止策 | トップページ | ネット時代に求められるバランス感覚 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

井戸端目的の人ってそんなにいるんですかね?
普段の外来は定期通院の人か具合が悪くて来る人しかいないような。
リハビリの人はそんな感じなんでしょうか?

投稿: ぽん太 | 2014年4月18日 (金) 09時11分

>国家破たんしたギリシャの所得代替率が95%以上であったのは有名だ。

日本もこうなりたいのかどうかだね

投稿: | 2014年4月18日 (金) 10時04分

 「年金暮らしで、貯金はほとんどない。これから先が不安で仕方ない」(68歳・男性)「公的年金に期待できないので、私的年金に加入して老後に備えたつもりだったが、予想以上に厳しい現実に直面している」(69歳・男性)など、年金だけで生活している人は、一様に今後の不安を訴える。さらに、「若い頃から貯金していれば……75歳までのローンは重すぎる」(72歳・男性)など、定年までにローンを完済できなかった人たちは、より切実だ。

 それでは、定年までにどれくらい貯金があれば、余裕のある老後を送れるのか。ファイナンシャルプランナーの北見久美子さんに聞いてみた。

 「目安としては、夫婦2人で3000万円と言われています。1カ月の生活費が27万円として、厚生年金の受給額が約23万円。不足の4万円×25年で約1000万円。それに家のリフォーム費用や子供の結婚資金援助などの2000万円をプラスすると、だいたい3000万円になるということです」
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140417-00012333-president-bus_all

投稿: | 2014年4月18日 (金) 10時31分

井戸端会議で話をする程度で帰る通院って、実際あったとしてどのぐらい無駄なんですか
検査も薬もなきゃ1回の医療費総額は数百円とかで
週3日程度なら月額1万円ぐらい?
そんなお年寄りが仮に1000万人いれば月額1000億円?
勤労者が5000万人いれば月額200円ぐらい負担になるのかな
素人だからよくわからんわ

投稿: | 2014年4月18日 (金) 11時26分

井戸端受診の問題は財政的なこともさることながら、現役世代にとっては「仕事を休んで来ているのに暇そうな年寄りのせいで待ち時間が長いのは困る」と言うことの方が大きいと思います。
そしてそれは井戸端受診ではなく単なる定期受診による正当な受診者であっても全く同じで、要するに急患と不要不急の定期受診者を区別しない外来システムの問題が大きいのかなと言う気がしますね。
この辺りはいわゆる完全予約制等で待ち時間が短い施設と三時間待ち三分診療の施設とで顧客の声がどう変わるか、一度調べて見ても面白いかも知れません。

ちなみにコスパ的な側面から考えると、全員に担保する給付としては食費など最低限のランニングコスト程度にとどめ、生活が立ちゆかなくなっか人に限って生保等の支援でサポートする方法が効率がよさそうです。
この点で若年者で問題になる生保受給者増加や不正受給の問題と、物理的に就労能力を喪失した人々に対する受給とは区別して考えておく必要はあると思いますね。
ただ今の年金体制に関する多くの国民の不満は給付額が現役世代と比べて低いことではなく、支払った分の元が取れるかどうか、自分達の生きている間制度が存続するかどうかに主眼があるように感じています。
年金額不足には個人年金や貯蓄、資産運用などで補うことは可能であるわけで、使い切れないほどの年金を全国民に支払うために給料の大半を持って行かれるのでは現役世代は困るでしょう。

投稿: 管理人nobu | 2014年4月18日 (金) 11時31分

風邪シーズンになるとお年寄りは一般患者と隔離したくなりますな

投稿: 元僻地勤務医 | 2014年4月18日 (金) 16時39分

団塊世代反論「年金制度崩壊は次世代が子供を生まないから」
http://www.news-postseven.com/archives/20140418_251608.html

 人口が多い世代である団塊世代(1947~1949年生まれ)は、
何かと他の世代から非難されることが多い。そのなかに年金制度崩壊を招いた
というお決まりの批判がある。団塊世代の大量退職で、
現役世代には「1人約1000万円」の年金債務が残されたからだ。
長い間、日本社会の中核を担ってきたと自負する団塊世代は、
リタイアした途端に「不良債権」と呼ばれていることが到底納得できないようだ。
「年金制度の破綻は少子化が原因。私たちの世代はみんな子供を生んで
第2次ベビーブームを起こしたではないか。日本社会の人口構造を変えたのは私たちではなく、
次の世代が子供を生まないからこうなった。批判されるべきは、
少子化を招くような制度や社会をつくった政治や行政でしょう」(1949年生まれ・元会社員)
 1948年生まれのファイナンシャルプランナー・熊本秀樹氏もこう指摘する。
「年金積立金は現在約120兆円あるが、これは団塊世代が中心になって
積み立ててきたカネです。私たちは後の世代には迷惑をかけたくないと考えているが、
自分たちが一生懸命払ってきた分を返してもらいたいと考える人は多い」
 団塊世代のサラリーマンの出世競争を描いた人気漫画『課長 島耕作』シリーズ
の作者・弘兼憲史氏(1947年生まれ)は、「年金をもらわない覚悟がある」と語る。
「年金制度を支えてきた団塊世代が支えられる側に回ったことで負の遺産とか呼ばれていますが
、だったら資産を持っている高齢者にお金を払わなきゃいいんです。
僕たちの世代は上の世代より年金額が減らされ、支給開始年齢も引き上げられてきた。
損な役回りですが、僕自身は今も収入があるから年金はもらわない。
 高齢化社会のコストをまかなうために所得のない人間からも徴収する消費税が上がるけど、
たとえ25%になっても自分たちの分は負担する心づもりがあります
。団塊世代で、今も現役で収入がある人は僕と同じように年金はもらうべきではない
という考え方の人が多い。自分たちのことは自分で面倒見る。それが団塊世代なんです」
※週刊ポスト2014年4月25日号

投稿: | 2014年4月19日 (土) 08時32分

全国の健保3割が保険料上げ 14年度、高齢者拠出響く 
http://www.47news.jp/CN/201404/CN2014041801001790.html

 健康保険組合連合会(健保連)は18日、全国に1410ある健康保険組合
全体で、14年度は経常赤字が3689億円に上り、7年連続の大幅赤字とな
る見通しだと発表した。高齢者医療制度を支えるための拠出金の負担が響いた。
保険料率(労使で分担)を引き上げたのは約3割の399組合に達し、加入す
る大企業の社員にとっては消費税増税と合わせての負担増になった格好だ。

 平均保険料率は前年度比0・23ポイント増の8・86%で過去最高を更新。
赤字となったのは1114組合で8割近い。ただ、賞与の上昇や保険料率引き
上げで収入が増えるため、経常赤字は前年度比908億円減る見込みだ。
2014/04/18 18:10 【共同通信】

投稿: | 2014年4月19日 (土) 09時19分

団塊世代は平均4人兄弟だそうですね
自分らの産んでる子供の数はせいぜい、2~3人じゃなかろうか

団塊世代は、親世代ほど子育てに労力をかけずに済み、
親世代の生活を支える負担は、親世代が大勢産んでくれた兄弟のおかげで少なくて済んでたのでは

親世代よりも少ない数しか産まないから人口構造が変わるわけで、
現在の少子化は団塊世代が作った流れに従ってるだけのような気がするけど

投稿: | 2014年4月20日 (日) 18時13分

アメリカの自治体で今、異変が起きている。
「州」の下の行政区分である「郡」から“独立”するCITY=「市」が相次いでいるのだ。
独立運動の中心は高級住宅地に住む富裕層。その動機は「所得の再分配」に対する不満と
「効率の悪い政府」への反発だ。彼らは、自分たちで「市」の境界線を決め、州議会を動かし、
住民投票を実施。法にのっとり独立を成し遂げている。誕生した「市」では、
ほとんどの業務を民間企業に委託。運営コストを半分以下に抑え、減税に向けて動き出している。

一方、税収が少なくなった「郡」では、福祉サービスの予算を削減。貧困層が打撃を受けている。
「税」や「公共サービス」のあり方を巡り分断が進むアメリカ社会。その行方を展望する。
http://www.nhk.or.jp/gendai/kiroku/detail_3488.html

投稿: | 2014年4月23日 (水) 08時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519753/59478400

この記事へのトラックバック一覧です: 高齢者社会保障問題 敬老の精神は大事ですが:

« 分娩時の脳性麻痺防止に求められる再発防止策 | トップページ | ネット時代に求められるバランス感覚 »