« 報道の自由は敢えて行使しない基本方針を中の人が告白? | トップページ | 安らかな最後のためには医療は崩壊した方がいい? »

2014年3月 9日 (日)

今日のぐり:「じゅうじゅうカルビ 妹尾バイパス店」

先日ブリから届いたニュースですが、何やら妙に話題になっているようです。

日照不足と悪天候でペンギンが次々と「うつ」を発症、抗うつ剤を投与される。(英)(2014年2月10日Techinsight)

イングランドのスカーブラで、日照不足と悪天候によりペンギンが体調を崩していることが発覚。人間にも用いられる抗うつ剤を適量エサに混ぜて投与し、改善を図っているとして話題になっている。

北海に面する英ノース・ヨークシャーのスカーブラにある水族館「Sea Life Centre」で、フンボルトペンギンたちに抗うつ剤を処方したことが発表された。天候不順が続いたと同時にペンギンたちの元気や食欲が落ちていったことから、日照不足が関係しているのではないかと推測。エサに適量の抗うつ剤を混ぜ与えて改善を図っているという。

ヒトにおいては精神の安定や満足感などに関与し、“幸せホルモン”とも呼ばれている神経伝達物質の「セロトニン」。これが低下する一大原因に日照不足が挙げられ、「冬季うつ病」という病名は日本の雪国や北国でもかなりの認知度となっている。同水族館の学芸員であるリンジー・クロフォードさんは英紙『Guardian』に、「悪天候が続いた最初の1週間でペンギンたちは少しずつ元気をなくしていきました。1か月もすると彼らは完全にダウン状態で、ヒトと同様、動物も日照不足や悪天候でうつに陥るということを初めて知りました」と話している。

その名の通り、フンボルト海流が流れ込む南米チリやペルーの沿岸部で繁殖するフンボルトペンギン。日本でも各地の水族館で多数飼われており、暑さに強く厳しい寒さに弱いため、北国の動物園では暖房のある室内で飼育されているとのこと。ただでさえ日照不足といわれるイングランドだが、このところ激しい雨や風に見舞われる日が続いていたことでダブルパンチとなってしまったようだ。

動物園側では抗うつ剤が効かなければ「最後の手段に出る」と語ったとも伝えられたことから、各方面から「最後の手段とは何なんだ!?」と大いに注目されているところですけれども、まあいきなりブリくんだりまで連れてこられてブリ食三昧を強いられるペンギンとすれば大いなる災難ですよね。
今日はペンギン達が少しでもまともな食事を得られるように祈念する気持ちも込めて、世界中から割と手がかかって面倒くさいという生き物達の話題を紹介してみましょう。

キャットフードだけがお目当てさ! かわいすぎる万引き常習犯が話題に(2014年3月6日トゥキャッチ)

 万引きはいかなる理由があっても許せないもの。もし、それがかわいすぎる犯人であってもだ。

 投稿者の地元のコンビニに上記の張り紙が貼られていたという。

 そこには「猫に餌を与えないでください。店内に入りキャットフードを万引きをします」とのこと。再三、注意はしているがもはや常習犯のようだ。監視カメラにもバッチリ写っている。

 いくらねこがかわいくても、安易にエサを与えないように注意が必要かも。

しかし一昔前にはネコは軽すぎて自動扉は通れないと言う説がありましたけれども、昨今は光学センサー方式のものが主流ですからこういう事件も起こってしまうということなのでしょうね。
イヌと言えば先日は忠犬ハチ公の命日でしたけれども、こちら忠犬どころかとんだ迷惑イヌだったと言うニュースを紹介してみましょう。

【海外:動物】イケナイワンちゃん、飼い主が買い物している隙に車を運転し事故る(2014年1月11日日刊テラフォー)

アメリカ・ワシントン州で、チワワが飼い主をおいて車で出発し、事故ってしまった。

車を運転していたタビサ・オーマエチェアさんは、仕事のことを考えながら、交差点で信号待ちをしていた。
すると、突然他の車から追突されてしまった―しかも、犬が運転している車に!
追突事故自体は大したものではなく、最小限の被害で済んだが、タビサさは「犬が運転していた車に追突された」というシチュエーションに、ただただ驚いてしまった。
「私は家に帰ろうと、真っ直ぐ運転をしていて、西に向かって曲がろうとしていたところでした。周りにはライトも車も、まったくありませんでした。(信号待ちで停まった時に)リップクリームを取り出そうとしていた時に、事故が起こったのです。」
追突されたタビサさんが相手の車内を見ると、そこには誰も乗っていなかった。ただ小さな犬がハンドルの上に覆いかぶさって、タビサさんを見つめていた。

事故を起こしたのはチワワのトビーで、事故が起こった時、トビーの飼い主ジョーソン・マルティネスさんは、近くのお店にちょっと寄っている最中だった。
「どう考えていいのか分かりませんでした。誰かがお店に走って入って来て、ゴールドの車の持主は居ないかと言うんです。私は『その車は私のですが、何か?』と言いました。
そしたら、
『犬はギアから遠ざけておくべきでしたね。車が走り出してしまいましたよ。』
と言われました。」
ジョーソンさんが店でちょっと買い物をしている間、車の中で待たされていたトビーはどうやら、ハンドルを握るとギアを解除して走り出してしまったようだ。

トビーとジョーソンさんに何らかの罰金が科せられるか否かは、まだ分かっていない。

しかし車のような大きなものがチワワに操作されると言うのもいささかどうなのよですが、アメリカですから下手すると自動車メーカーを訴えれば巨額賠償でも取れる可能性はあるのでしょうか?
式典などで鳩を放つと言うのは割合によくある光景ですけれども、まさかこんな予想外の結果に終わるとは誰も考えていなかったというニュースです。

法王が放ったハトを襲った悲劇(2014年1月28日Techinsight)

バチカン宮殿(Apostolic Palace)で26日、ローマ法王フランシスコはウクライナの平和を祈った。信者や観光客らが広場から見守る中、選ばれた少年少女が法王の両脇から白いハトを1羽ずつ空に向かって放ったのだが…。

「平和の象徴」と呼ばれるハト。少し前まではオリンピックの開会式というと、ハトを一斉に飛び立たせるという演出があったものである。特に白いハトは聖なる生き物と称えられ、このほどカトリックの総本山であるバチカン市国では、ローマ法王フランシスコが少年少女、そして白いハトと共に政情不安が拡大しつつあるウクライナの平和を祈った。しかし…。

こちらの画像は英メディア『theguardian.com』が報じた記事のスクリーンショット。サン・ピエトロ大聖堂に隣接するバチカン宮殿の最上階の窓を開け、広場に集う数万人の信者や観光客に向かいお言葉を放った法王の姿である。その後、選ばれた少年少女が空に向けて白いハトを解き放ったが、大歓声と拍手はほどなくして悲鳴に変わってしまった。どこからともなく大きなカモメとカラスが現れ、ハトたちを猛攻撃。共に羽を痛めて地面に叩きつけられ、保護されたがその後どうなったかは発表されていない。

ウクライナの首都キエフでは今月22日、治安部隊との衝突を続ける野党勢力の男性2名が死亡。治安部隊の発砲によるものであった可能性がかなり高いと報じられている。これにより欧州連合のフューレ欧州委員がキエフ入りし、ヤヌコビッチ政権と野党に話し合いによる平和的解決を促していた。

鳩嫌いを公言する管理人としては鳩ザマアと言う話なのですが、しかし鳩という生き物は何かと他の動物からも攻撃されることが多いようですが、やはりあの空気を読まない風情が嫌われるのですかね。
最近のカメラはずいぶんと性能も良くなっている上に何やら丈夫でもあるのでしょうか、こんなニュースが出ていました。

【マジかよ】カメラが猿に盗まれる → カメラを取り戻すことに成功 → 猿の自分撮りが残っていた!(2014年2月28日ロケットニュース24)

「GoPro」は、頑丈なボディを持つアクションカメラだ。サイズが小さい上に、動いているシーンでも問題なく撮影できるため、バラエティ番組やスポーツの撮影など、さまざまなシーンで使われている。
以前、ロケットニュースでは、飛行機から落ちたGoProに残されていた驚きの映像を紹介したが、またしても、偶発的な事故からとんでもない映像が記録されていた。なんと、猿の自分撮り映像である!!

バリ島のウルワツ寺院は、島の西端に位置しており、美しい夕日が見られることで有名。同時に、周囲に猿が多く生息していることでも知られている。
ある日、この寺院を訪れた1人の男性が、猿にフルーツをあげていた。その間、男性は小型カメラGoProで、エサやりの様子を撮影していたのだ。すると、突然大量の猿が近寄ってきたらしい。
その瞬間! 1匹の猿がGoProを奪取!! そのまま茂みの中に逃げ込んだのである。しかも、男性が猿を追うと、猿はGoProのケースを開けようとしていたという。男性は「マジかよ! 勘弁してくれ〜」という気分になったに違いない。
だが、最終的に寺院で働いている女性が、フルーツで猿を手なずけてGoProを取り戻し、カメラは男性の元に戻ってきた。

男性がGoProを確認すると、なんとバッテリーが抜き取られていたらしい。 ただし、データは無事! 男性が記録されていた映像を見ると……猿の自分撮りが残されていたのだ。 

その証拠の動画は元記事を参照いただくとして、しかしカメラからバッテリーを抜き取っていく猿…一体何に使うつもりなんでしょうかね?
小動物は思いがけぬところに潜り込みたがるものですが、こちらいくら何でもそれはないだろうと話題のニュースです。

「フェレットがトイレットペーパーの芯で遊ぶと…えらいことになった!」思ってたのと違う写真(2014年3月6日らばQ)

猫や犬がトイレットペーパーにイタズラして大変なことになるのはよくある話ですが、フェレットとトイレットペーの芯という組み合わせも、ある結果を引き起こすことがわかりました。
「フェレット + トイレットペーパーの芯」という方程式の解をご覧ください。

きゃぁ~~!
なんだかえらいことになってるような!?
いったい何をどうやれば、こんな風になってしまうのでしょう。
どうやらフェレットという生き物は、想像していたよりかなり細いようです。
海外掲示板のコメントをご紹介します。

●(投稿者)これはうちで飼ってるヨウコという名前のフェレット。とりあえず詰まってしまったけれど、怖がったり傷ついたりしたりはしていないよ。
単におバカなフェレットというだけ。赤ちゃんのときに母親に捨てられたために、栄養不足で小さい。とてもふさふさで、助けられて我が家に来た。とても甘やかされているけれど、まだ家のいろんなものに慣れていなくて、時々こんな風に詰まっている。
↑ヨウコ・オー・ノー!
●とてもかわいらしいね。前からフェレットが欲しいと思っているのだけど、かなりにおいがきついと聞いて、自分はきっと耐えられる気がしない。
↑(投稿者)においは寝床をしっかり清潔にしてやるとそこまでひどくはならない。ただしお風呂に入れてはいけない。お風呂に入れるとにおいだす。うちのはそれほどにおうと思えない。家に遊びに来た人でにおうと言った人もいない。
↑においのする家に行ったことがあるが、相手ににおうとは言えない。
↑(投稿者)うちの義母ならまちがいなく言う。
↑オレが行ってあげるから訪ねてもいい?
●フェレットを失って2年になるけど、恋しい。今でも夢を見るよ。
●フェレットの体で一番大きい部分は頭で、頭が通り抜けられたらその他の部分も通り抜けられるんだ。
●助けてあげる前に、はたきとして使いたいと思ったのは自分だけだろうか。
●連想した。

見た目のインパクトは強烈ですが、小さな穴を潜る動物なので、頭さえ通り抜けられれば問題ないのでしょうね。
フェレットの新たな魅力(?)が、またひとつ増えたようです。

どれほど強烈なのかは元記事の画像を参照いただくとして、しかし事実この状態から脱出出来るものなのでしょうかね?
最後に取り上げますのも同じく小動物のちょっとしたいたずらの話題ですが、まずは記事から紹介してみましょう。

おじさん「今からラジコン飛行機飛ばすよー」→ 目を離したスキにリス乗り込む 大空へテイク・オフしてしまう事案が発生(2014年3月1日ねとらば)

 飛行機のラジコンを本物のリスが盗んで操縦したぞー!! という童話のような動画がYouTubeに投稿されています。いやいやいくらなんでもフェイクだよね……?

 おじさんが作ったラジコン飛行機を外に置いておいたら、リスが乗り込んでそのまま飛び立ってしまうという内容。いやいやいやいやありえないだろ! リスを乗せた飛行機は途中、宙返りなどのアクロバット飛行も交えつつ最後は見事に着陸。おじさんが慌てて追いかけますが、リスはすぐにどこかへ逃げていってしまいました。一体あのリスは何者だったのか……あまりにできすぎた映像ではありますが、リスが本当にいたずらで飛行機を動かしていた考えるとキュンと来ますね。

その状況は元記事の動画を参照いただくとして、ちゃんと操縦機能を持っているだけでなくコクピットを写すカメラまで用意されているとは、一体どんなパイロットを想定した機体なんでしょうね。
いずれにしても無事に着陸までこなしてよかったというものなんですが、リスもどんな気持ちで大空の旅に出かけたものなんでしょうか。

今日のぐり:「じゅうじゅうカルビ 妹尾バイパス店」

岡山市西部の新道沿いに出来ているこちらのお店、焼き肉メインのオーダーバイキングの店なのですが、サイドメニューも豊富で間口の広さが利点ということなのでしょうか。
三種類のコースによって選べるメニューが変わる仕組みですが、中レベルの大感激コースで頼んでおけば上肉以外はほとんどいけるようで、今回これを頼んで見ました。
しかしこういうタブレットのタッチパネルでのオーダーもすっかり一般化しましたが、人件費削減には有効だしレスポンス上も有利だしこういうメニューが違う際にも簡単に対応できると、この種の店には向いたシステムですよね。

とりあえず例によって適当に頼んで見たのですが、定番の石焼ビビンバはプロの技?で混ぜてくれるのですが味には何ら特徴がなく、せめて唐辛子味噌系を混ぜたくなる味だなと思い試しに焼き肉用の味噌ダレをかけたら結構合いそうなんですね。
韓国風唐揚げなるものは唐揚げ自体はクリスピーでいいんですが辛味タレをかければ韓国式か?と言う疑問があるのと、コリアン奴なるものも充填豆腐にコチュジャン系タレをかけ回したものでこれも合ってるかと言うと微妙かなと正直思います。
石焼味噌クッパは石鍋で火にかけたクッパでまあ悪くないんですが、ゼンマイナムルの風味が少し強いのが個人的には苦手な感じでしょうか、そして付け合わせに頼んだキムチは純日本式にしても漬け具合が浅すぎる気がしますね。
生野菜類ではじゅうじゅうサラダは何がじゅうじゅうなのかという疑問だけが唯一記憶に残る(店名なんだろうとは思いますが)あまりに無個性なサラダで、これでしたらシーザーサラダの方が普通かつ印象の薄い味ですが黒胡椒の使い方がいいアクセントになっているだけおすすめな気がします。
一応はメイン食材となるだろう肉なんですが、出だしの塩タンも妙に獣肉くささが強いのはどうかですし、あまり外れのない印象のあるハラミも妙に柔らかいだけで味はあまりないですし、割合といろいろ珍しい部位もそろっているのはいいとして味の方は値段相応と言う感じで、こういう店では高そうな肉よりも豚トロなどを食べていた方がいいのかなと言う気がします。
全般的には味はともかくオーダーバイキングとしてはレスポンスもいいですし、メニュー自体も色々と取りそろっていますから、とりあえず誰と来てもそう食べるものに困るということはない店という感じでしょうか。

トイレなど設備面は今どきの店らしく一通り整っているのはいいのですが、まだそれほど古くもないでしょうに畳や壁など案外くたびれているところも目立つのは気になったところで、店の方向性として子供連れのお客も多いでしょうが設備面の保守コストは多めに見繕っておく必要がありそうですよね。
特筆すべきは接遇面ですが、個々の店員にも依存するようですが意外に丁寧でマニュアル感が薄い個人店風なところがあるのと、網交換や皿の下げも早いし顧客への目配り、ヘルプも適切と正直この種チェーン店の店員としては非常に高い評価を与えられると思うのですが、まあそれだけ丁寧な仕事ができる客の入りではあるのですよね。

|

« 報道の自由は敢えて行使しない基本方針を中の人が告白? | トップページ | 安らかな最後のためには医療は崩壊した方がいい? »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519753/59257213

この記事へのトラックバック一覧です: 今日のぐり:「じゅうじゅうカルビ 妹尾バイパス店」:

« 報道の自由は敢えて行使しない基本方針を中の人が告白? | トップページ | 安らかな最後のためには医療は崩壊した方がいい? »