« 個人情報保護が意外なところに影響を及ぼす | トップページ | 行動における感情の役割 »

2014年1月19日 (日)

今日のぐり:「セルフうどん さざなみ 藤田店」

サルと言えばあの黄色い果物だろう…と言う固定観念をひっくり返す驚くべきニュースが先日流れたのをご存知でしょうか?

英動物園、サルの餌にバナナ禁止(2014年1月16日CNN)

ロンドン(CNN) 英イングランド南西部デボン州のペイントン動物園が、サルの餌にバナナを与えるのをやめ、野菜中心の餌に切り替えた。バナナはサルの健康に良くないと判断したという。

同動物園によると、人間の食用に甘さを強めたバナナは野生のバナナに比べて高カロリーで糖分が多い。そのため糖尿病になる恐れがあるほか虫歯の原因にもなるという。またサルの胃は消化しにくい繊維質の餌を食べるようにできているため、糖分の多いバナナを食べれば胃腸の具合が悪くなることもあるという。

「甘くてジューシーなバナナは人間には良くても、サルには良くない」「サルといえばバナナと思われがちだが、この2つは良い組み合わせではない」と広報は説明する。

野生に近いバナナを供給してくれる業者は見つからなかったため、バナナの餌は中止することに決め、徐々に量を減らしていった。

その結果、サルたちには目に見えて変化が現れた。毛皮が厚くなって状態も良くなったほか、タマリンやマーモセットといった小型のサルは攻撃性が薄れて群れが落ち着いたという。バナナを恋しがる様子は見られないと広報は話している。

各地の動物園では動物たちに運動させようと、刻んで食べやすくした餌を与えるのではなく、餌をあちこちに置いて探させるなどの工夫を凝らすところが増えている。

動物の世界でもメタボということなのでしょうが、しかし正直たかがバナナ一つでそこまでの変化が現れるとは驚きですよね。
今日は心身ともに健全さを取り戻しつつある猿たちに敬意を表して、世界中から動物たちのちょっと意外な生態を示すニュースを取り上げてみることにしましょう。

【萌え】アニマル界で掃除機プレイがアツイと話題に / ネコの表情が可愛すぎてヤバイ!(2014年1月13日ロケットニュース24)

「見てください! うちのワンちゃんがすごくカワイイの!」とか、「うちのカワイイ子猫ちゃんにこんなイタズラされちゃいました」などのペット自慢動画。もう飽きたという人もいるのではないだろうか?

そんな人たちにオススメしたいブッとび動画がある。ペットの毛づくろい動画をまとめたものが「衝撃的だけどかわいすぎてヤバイ!!」と話題になっているのだ。

な……なんと! 愛して止まないワンちゃんやニャンちゃんの無防備なお腹に「スコーズコー!! スコーズコー!!」と掃除機を容赦なくあてるのだ! マジかよ! 大丈夫なの?

最初にこの動画を見たときは、飼い主の血も涙もない行動に驚きを隠せなかった。「いたいけで無垢なお腹になにしとんじゃ!!」と殺気だっていた。しかし! ワンニャンたちは掃除機をかけられ恍惚顔を浮かべていたのだ! え? 気持ちイイの? カワイイ!

動物たちは轟音を立てている掃除機に対してまったく恐れをなさない。むしろ、掃除機中毒かのように「気持ちいいワン~」「気持ちいいニャン~」「吸って吸って!」「もっと吸って欲しい!!」と、赤ら顔でお腹を突き出しているのである。じ、じ、実にけしからん!

フクロウ、アヒル、ウサギにはじまり、なんと子鹿までも登場して赤ら顔をさらしている。どんな動物でも、掃除機で吸われる気持ちよさは格別なのか「吸ってニャンモード」に突入する。掃除機の威力オソロシヤ! ※良い子は使用上の注意を守った上で正しい掃除機がけを行ってください。

参照元:YouTube

毛の生え替わりの時期にはよさそうな動画なのですが、しかしああいうものは嫌がりそうに思っていましたが何やら待ち受けているかにも見えるのは意外ですよね。
個人的にアヒルと言えば何となく水場にいるようなイメージがあるのですが、いくら何でもそんなところに住むのかと思ってしまう場所に安住するアヒルがいるそうです。

あごひげの下でアヒル育てる、モッサモサ“定位置”に隠れると安心。(2014年1月8日ナリナリドットコム)

生まれたてのアヒルを育てることになった、ある男性が話題を呼んでいます。この男性、「普通なら親の羽の下で暖められているだろうけど、それも出来ないから」と、その赤ちゃんアヒルを自分の“ひげ”で守ってきたそうです。

米ソーシャルメディア・redditユーザーのSpongiさんは、ある日、親のニワトリが全滅してしまい、卵だけが残されるという場面に直面しました。このままでは卵の中で育っているヒナたちも死んでしまう――そう考えたSpongiさんは、卵を拾い集めると孵卵器に入れて孵化することに挑戦。「孵卵器にスペースが余っていたので」(Spongiさん)、隣人の庭に落ちていた卵も、ついでに拾って暖めることにしたそうです。

残念ながら、ニワトリの卵はほとんど孵ることがありませんでしたが、その中に偶然、アヒルの卵も混ざっていたようで、それだけは無事に孵化。Peepと名付けられたアヒルは、その後もSpongiさんに育てることになったのでした。

アヒルはとても社交的な動物で、親や兄弟との交流がないと弱って死んでしまうこともあるそう。そこでSpoingiさんは親代わりとして、寝る間も惜しんで世話を始めましたが、それに役立ったのが彼のモッサモサに伸びたひげでした。Peepは、そのひげの下に隠れると安心するのか、すぐにSpongiさんの首回りが定位置となったのです。

「ものすごくフンをするんだ」。そのため、首もとにタオルを巻きつけ、その上にPeepを乗せ、さらにその上からヒゲで暖める。そのように大切に、大切に育てられたPeepは、すくすくと大きくなり、今では生後40日を過ぎました。もうひげの下に隠れることは出来ないほど大きな体になりましたが、それでもSpongiさんの肩でリラックスするのがお気に入りで、一緒にテレビを見たりするそうです。

Spongiさんは現在、またアヒルの卵の孵化に挑戦中。それらが孵れば「Peepの友だちが出来るから、喜ぶんじゃないかな」と、期待を寄せています。

その状況は元記事の画像を参照いただくとして、しかしアヒルの群れを育てるとなるといささか人口過密になりそうな気配ですけれどもね。
馬と言えばロデオのイメージもあって割と人を乗せるにも気むずかしいところがあるのかなと思っていたのですが、こちらひどく親切な馬もいるらしいというニュースが出ています。

【海外:ドイツ】酔っ払い、馬の背中で眠っているところを発見される(2013年11月4日日刊テラフォー)

グンテル・シュローダーさん(26)は、パーティの後一晩眠るところを探し求め、最終的に馬の背中で眠りに落ちた。

その夜、パーティを楽しんだグンテルさんは、最終バスを逃してしまった。バスを逃したら、家に帰るには寒くて長い道のりを歩かなくてはならない。
さらにこの日、グンテルさんはコートを友人の車に置き忘れてしまったため、感じる寒さは半端なかった。

そんな時、暖かいベッドを探すには最高のスポットに遭遇した―馬小屋だ。寒さはしのげるし、タダだし、今夜一晩だけを過ごすには最適な場所だ。
だが、問題が一つあった。その馬小屋に住む8歳の馬サンディは、突然の訪問客を泊める部屋を持っていなかったのだ。

グンテルさんが馬小屋に入ると、そこには暖かそうな藁がたくさん積まれていたが、その上にはブランケットを掛けた馬たちが立って眠っていた。
「馬たちの上に掛けられたブランケットを見た時、とても平和そうに見えたんだ。だから、藁の上に眠る場所がないなら、馬の背中の上で眠ろうと決めたんだ。実際、馬の背中は本当に温かくて気持ちが良かったよ。
で、次に目覚めた時には、目の前に警察がいたんだ。」

心が広いサンディは、どうしようもない酔っ払いのグンテルさんの眠りを妨げないように過ごし、それに甘えて、グンテルさんはぐっすりと眠り込んでしまったのだ。

翌朝、サンディの飼い主が馬小屋にやって来ると、見知らぬ男がサンディの背で寝入っていたので、警察に通報した。
「私は彼を起こそうとしたんです。でもいびきをかきつづけるばかりで、全然起きようとしませんでした。だから、警察を呼んだんです。きっと、酷い二日酔いだったんだと思うわ。」

警察に起こされたグンテルさんは事情聴取を受けた後、自宅まで警察に送ってもらった。
それから2日後、馬小屋の持主の家に謝罪に訪れた。

「謎なのは、なぜ馬が、男が背に乗っていることを気に掛けず眠らせておいたかです。」
と警察は今回の珍事件に頭をひねっている。

その不思議な状況は証拠写真にも残っているくらいで、いろいろと突っ込みどころの多い記事なのですけれども、やはりこうした行動は馬の中でもいささか特殊ではあるのでしょうね。
イヌと言えば様々な芸を覚える生き物でもありますが、こちらは仕込んでもいないにも関わらずナチュラルに芸をこなすイヌが見つかったという驚くべきニュースです。

ドッグフードに夢中で食べながら逆立ちしてしまう幼犬(2014年1月6日おたくま経済新聞)

ボストン・テリアの幼犬を映した動画が海外サイトで話題になっていました。再生回数は200万を突破。

動画には離乳食らしきドッグフードを一心不乱で食べ続ける一匹のワンちゃんが映し出されています。フリップ君という名前らしいです。

このフリップ君。とにかく食べ続けます。「むしゃむしゃ」「ぺちゃぺちゃ」……。

食べ続けるうち、前足に力を入れすぎたのか、次第に後ろ足が浮いてきます……そして逆立ちの様な格好に!それでも更に食べようとします!

もちろん逆立ちは一瞬で、飼い主さんの爆笑とともにフリップ君は一回転。
でも一回転してもすぐに体勢を戻して、更に食べ続けます。「むしゃむしゃ」「ぺちゃぺちゃ」……。

それにしても、このフリップ君。そんなにこのドッグフードが美味しかったんでしょうかね?動画を見る限り食べるのに一生懸命で、格好が変になってることに全くきづいてなさそうです。

Dog Flip

言われてみると確かに前足を起点にしてむしろ前半部の方が重そうにも見えるのですが、どこまでイヌまっしぐらなのかという話ですよね。
こうした視野の狭いイヌに比べると周囲に対する監視力がずいぶんと違う様子なのが、こちらネコのニュースです。

「お前に食わせる餌はニャーだっ!!」餌を食べようとする猫をひたすらブロックする猫(2014年1月7日カラパイア)

ここのお宅では3匹の猫がいるようで、お食事は3つのお皿に分けてそれぞれに与えられるわけだが、このうちの1匹、茶色の猫がどうやら餌番長のようである。

 白と茶色のブチ猫が餌を食べようとすると頭からズコっとつっこんで阻止。しょうがないから他のお皿の餌を食べようとするも、それも阻止。とにかく片っ端からブロックしまくっている。

악마를 보았냥
(略)

先ほどのイヌと違ってこの冷静な状況把握ぶりは大変なものですけれども、それにしてもいささか意地悪そうに見えてしまいますね。
最後に取り上げますのも同じくネコの話題なのですが、これまた何もそこまで…と思ってしまうほど冷静な「ツッコミ」が光るニュースです。

猫が激しくジャンプ!でもそこには別の猫がいて…(2013年12月26日らばQ)

棚の上まで猫が跳び乗るのはありふれた光景ですが、そこに先客がいた場合はどうなるのでしょうか。

気になる結末をご覧ください。

Cat fail - YouTube
(略)

ネタかよ!と思うような強烈ツッコミが炸裂していますが、いささかそれは厳しすぎるのではないかと…
ネコと言うとネコ集会の様子から何か他ネコに無関心な振る舞いをしているイメージを持っていたのですが、こうしてみると実は非常に他ネコを気にしているのかなという気もします。

今日のぐり:「セルフうどん さざなみ 藤田店」

岡山市街地から南に下った田園地帯の中に位置するこちらのお店、先日閉店した国道二号線沿いにあった店と同系列のセルフうどん店です。
いつも閑古鳥が鳴いていた(失礼)あちらと比べますと、こんなへんぴな場所にも関わらずかなりの客入りがあるようですが、やはりこちらでもゲソ天が名物なんだそうですね。

今回は例によって冷たいぶっかけを頼んでみましたが、こちらの特徴としてうどん玉をそのまま使うのではなく氷水でキンキンに冷やした上に、さらに冷たい甘辛つゆをかけるという点が徹底しています。
以前夏の盛りににぶっかけうどんの本家とも言う倉敷市内の某店にお邪魔した時にうどんとつゆの温度差が気になったものですが、やはり熱い冷たいもメリハリがいるのかなという気もしますね。
それはともかくこちらのうどん、見た目もなかなかきれいですし肌合い滑らかで喉越しも良好、やや柔らかめだが噛みしめるとしっかりした腰があるという岡山に多いタイプで、なかなかいいうどんだと思います。
これに合わせるうどんつゆも甘辛の具合、濃さともになかなかマッチングはいいと思うのですが、一つ気になったのがこの種のセルフにしてはかなり念入りに一通りのトッピングをした状態で出してくれるということです。
トッピングコーナーに置いてあるものと重複しているものも多いようですし、そもそもどうせセルフなんだからトッピングも好きにやらせればいいのに…とも思うんですが、確かに岡山ではセルフでもぶっかけに関してはこうしたスタイルが多い印象ですよね。
ともあれ全体のバランスもよく、ぶっかけとしてもなかなかうまいうどんだなという印象を持ったのですが、これだけ繁盛しているのですから他のうどんも決して悪くないのでしょうし、久しぶりに何やらセルフの王道を行く感じの店で好感を持ちました。

接遇面では店の規模の割にカウンター内に店員が多いなという印象を持っていて、なおかつ皆さん若いんですが意外にシャイなのか?正直ちょっとやりとりが聞き取りにくいこともあったのですが、後で食器を返しに行きましたところ返却コーナーに障害者雇用を促進している旨の掲示が出ていました(しかしこれを「出口」側に貼ってあるというのも社会学的テーマとしてなかなか興味深いところではありますよね)。
設備面ではあまり凝ったものはなく、むしろ昔の百円うどん(そう言えばああいうものもすっかり無くなりましたね)を思わせる簡素(かついささかくたびれた感のある)店構えなんですが、まあ最近時折見かけるファーストフードショップのような気取った店構えでなくても早い、安い、うまいがそろっていればこの種の店は問題ないと思います。

|

« 個人情報保護が意外なところに影響を及ぼす | トップページ | 行動における感情の役割 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519753/58967327

この記事へのトラックバック一覧です: 今日のぐり:「セルフうどん さざなみ 藤田店」:

« 個人情報保護が意外なところに影響を及ぼす | トップページ | 行動における感情の役割 »