« 冬山事故の思いがけない顛末が問うもの | トップページ | 今日のぐり:「セルフうどん さざなみ 藤田店」 »

2014年1月18日 (土)

個人情報保護が意外なところに影響を及ぼす

世の中時代の移り変わりを象徴するニュースには事欠きませんが、先日出た一つのつぶやきが「いくら何でもこんなことが!」とちょっとした話題になっているようです。

最近の絵馬は「個人情報の保護」について真剣に取り組んでいると話題に!(2014年1月16日gori.me)

スマートフォンの普及と共にソーシャルネットワークやオンラインサービスの利用が活発化することによって、近年では個人情報の保護に対して注目と関心が高まっている
先日、最近のお賽銭箱はEdyに対応していると話題になっていたが、一方で最近の絵馬は個人情報保護について真剣に取り組んでいることがTwitterで話題になっていたので、紹介する!

絵馬に書いた内容さえも「個人情報保護」の対象に!

従来、絵馬には願い事を書いて奉納するのが一般的。僕が書いた時は合格祈願だったと記憶しているが、他にも子授かり、子育て、家庭円満などについて書く人が多いようだ。
当然ながら非常にプライベートな内容であるため、願い事を書きたいが他人には見られたくないというニーズが近年増えてきたのだろうか。奉納されていた絵馬には以下のように書かれている。

この絵馬は個人情報保護の為祈願主が自らシールを貼っています

    ナウい pic.twitter.com/rI233KmkF7
    — 米田餅彦 (@komedam) 2014, 1月 16

この祈願者は一体どのようなことを願ったのだろうか。個人情報を保護しなければならないほど、極めてプライベートな内容を書いたに違いない。

その状況は元記事の画像を参照いただければ一目瞭然なのですが、無論これ自体がネタ半分という可能性も高いのでしょうが、算額など人に見せるための絵馬というものの歴史があることを考えるとちょっと風情がないと言う感じでしょうか。
とは言え何をするにも昔ながらのやり方というものが変わっていく時代で、二昔ほど前には「お役所仕事」と言われれば杓子定規で面倒くさい、不親切と散々なものの代名詞のようになっていますけれども、昨今では役所に行ってみても結構親切丁寧に応対してくれるようになりましたよね。
郵便局などもなんだかんだと言われながらも民営化された結果窓口業務のサービス改善が為されたことは誰の目にも明らかなように、取りあえず公的組織による「お役所仕事」よりも民間に委ねた方が効率的かつ顧客満足度も高まるんじゃないかと思う局面は少なくありませんが、実際のところ人員削減、経費節約などと言った事情もあって各種公的サービスがどんどん民間委託されるようになってきています。
先日は東京で戸籍や住民異動届といった窓口業務を民間委託するというニュースがありましたけれども、郵政民営化の時にも言われたようにこうした話が出るとやはり誰しも気になるのが役人に課せられていた守秘義務は守られるのか、個人情報の取り扱いは大丈夫なのかと言った点のようで、実際に契約書にも守秘義務に関する規定がきちんと盛り込まれているということです。
ところがこの個人情報保護というもの、あまりに行きすぎると日常生活が何かと不便になるという点でも各方面で問題視されていて、例えば学校の緊急連絡網というものが機能しなくなったなどと言ったニュースが伝えられていますけれども、同様の文脈でひとたびは便利になったはずの公的サービスがまた不便な時代に逆戻りするかも知れないという話が出ているようです。

もう振込用紙を持って来ないで! コンビニが「収納代行」を止めたい理由(2014年1月16日ビシネスメディア誠)
より抜粋

 コンビニが扱うサービスは、どこまで広がっていくのだろうか。スタート時は、近所の酒屋さんが長時間営業を始めた程度だったが、しばらくすると、弁当やおにぎりを売るようになり、収納代行も扱うようになった。
 この「収納代行」という業務は、コンビニの価値を大きく変えることになった。コンビニが、買い物をするだけの場所ではなくなったからだ。それまで、電気・水道・ガス・電話代は銀行や郵便局といった金融機関で振り込まなければいけなかった。しかし多くの人が「お金を振り込むだけなのに長時間待たされる……」といった不満を感じていた
 それが、近くのコンビニでわずか数分、いや数十秒待つだけで処理できるようになった。しかしここ数年、「収納代行業務を止めよう」という動きがあるのだ。その理由として「もうからない」ことを挙げる人がいるが、意味は少し違う。収納代行業務は手数料商売で、1つの取り引きで数十円の収入がある。なので「もうからない」という表現は、少し誤解を生む。

 「もうからない」のではなく、「収入に対してリスクが高い」と言ったほうがしっくりくる。どんなリスクがあるかというと、「受付漏れ」による損失だ。受付のピークは毎月15日から25日かけて。その間、1人で数件の受付をこなしていくわけだが、年に数件受付漏れが発生するのだ。どういう事態になるかというと、領収書はお客さんに渡っているが、料金はもらっていないことになる。
 以前は、店の控えにお客さんの情報が印字されていたが、昨今の個人情報規制によって、店でお客さん情報を管理することができなくなっている。結果、「払った」「いや払わなかった」の水掛け論になってしまう。当然、領収書を出している側が不利になるので、店が立て替える形になるのだ。残念ながら、回収できる見込みはほぼゼロ。店側のミスなので、仕方がない部分もあるが、それでも収納代行業務をしている以上、ミスはなくならない。

収納代行を止めたい理由

 このほか、受付後に取引中止をしているのにもかかわらず、お客さん側から「払った」と主張するケースがある。またもや「払った」「払わない」という水掛け論になるのだが、コンビニに設置されているPOSレジは優秀で、受付後に「取り消し」をした場合、その記録が残る。つまり、お客さんが「払った」と主張しても、ウソがばれてしまうだ。

 もう1つ、収納代行を止めたい理由がある。それは、受付後の処理が大変なのだ。
 受付件数のピークは、1日に100件を超える。店側は膨大な伝票を処理する必要があるが、最終的には機械でなく、手作業で行わなければいけない。それが終わればやれやれ……というわけではなく、次に、本部がその書類を突き合わせなければいけないのだ。
 店と本部の膨大な作業量を人件費に換算すると、手数料収入が割に合わなくなってきている。水道代を支払うついでにジュースでも買うか……という人が多ければいいのだが、最近は水道代だけ支払って、店を後にする人が増えてきているのだ。
 収納代行業務が店だけの負担であれば、本部は見て見ないフリをするだろう。しかし本部での処理が必要なので、人件費が負担になってくる。昨今の「収納代行を止めたい」という流れは、店側というよりも本部側の意向が強いのだ。

コンビニの本音

 コンビニの本音は、ズバリこうだ。「収納代行はコンビニ以外のところがやってほしい」――。
 最近は「クレジット払いのみ」というサービスも出てきている。利用者側も「クレジットカードで支払ったほうがポイントが付くので、メリットが大きい」と感じているのではないだろうか。電気・水道・ガス・電話……もろもろの支払いはクレジットで、という流れが主流になると、コンビニでの「収納代行」業務は役目を終えるだろう。
 コンビニで扱うサービスは増えるばかり……と思っている人が多いかもしれないが、実は終了したサービスもある。例えば、写真印刷サービスだ。指摘されて「そーいえばあったなあ」と思い出した人も多いだろう。デジカメを利用する人が増えたので、写真現像の受付は終了したが、今ではコピー機でプリントできるようになっている。写真現像のように、収納代行も将来的には形を変えるのかもしれない。
(略)

コンビニのあの業務、さして儲からないのかと思っていましたら収入自体はそこそこにはなるということなんですが、一方でこうした余計な出費が増えるというのはこれまた困った問題で、それにしても時そばのようなネタのような本当の話というものが案外実社会で影響を及ぼすほどにはあるものなんですね。
基本的には決まった料金を所定の用紙で振り込むというだけなのですから、せっかくコンビニにATMも併設していることですしそちらで勝手にやらせるようにすれば済む話なんじゃないかと思いますけれども、そもそもコンビニで公的料金を払いたいと考える層は不肖管理人を始めとして銀行窓口で用紙を記入させられるのも面倒くさいと考えるような人間が多いでしょうから、利便性という点では店員にお任せしたいと言う希望が根強そうです。
要するに利便性向上というものは当然誰かのサービス業務を受けているということの裏返しですから、それに対して適正な代価を支払わなければ社会の全体的に利益率が下がっている今の時代、商売として容易に成立しなくなるということで、そうだとすれば一番妥当な対案はコンビニでの店員を介しての支払いにはいわゆる窓口手数料として適正なコストを転嫁するということになるのでしょうか。
この辺りは「コンビニでのお支払いにはこれこれの手数料をいただきます」などと書くとまた窓口でトラブることが目に見えていますから、請求書の方で例えば「ATMでのお振り込みですと○円お得になります」と言った表記にするべきだと思いますが、コンビニ側もそれだけ面倒くさいと思っているのであればそれくらいの協力のお願いはしてもいいんじゃないかと言う気はしますけれどもね。

|

« 冬山事故の思いがけない顛末が問うもの | トップページ | 今日のぐり:「セルフうどん さざなみ 藤田店」 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

どこまで保護を求めるか人によって違うのでやりにくいです。
自分についてはもう多少の漏洩はしかたないとあきらめて時に偽情報流したりもしてますけど。

投稿: ぽん太 | 2014年1月18日 (土) 11時08分

>この絵馬は個人情報保護の為祈願主が自らシールを貼っています

わざわざ専用シールつくって貼ってるってどんだけw

投稿: | 2014年1月18日 (土) 16時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519753/58960250

この記事へのトラックバック一覧です: 個人情報保護が意外なところに影響を及ぼす:

« 冬山事故の思いがけない顛末が問うもの | トップページ | 今日のぐり:「セルフうどん さざなみ 藤田店」 »