« 親子関係、突然の激震に見舞われる? | トップページ | 医師の自律のためには強制性を持つ全員加入の組織が必要? »

2013年12月29日 (日)

今日のぐり:「韓国家庭料理 草家(ちょが)」

先日は全世界的にクリスマスでしたが、世界で唯一のびっくりするような国があるというニュースが駆け巡ったことをご存知でしょうか?

どうした日本人!クリスマスにアダルトサイトのアクセス数が上昇し話題に(2013年12月25日秒刊サンデー)

昨日は聖なる夜を過ごした方々もいるかと思いますが、海外でも家族団らんの日々を過ごしている模様です。そんな中、気になる統計結果が出ております。なんと日本における「クリスマス」のアダルトサイトの閲覧率は他国に比べ+8%も上昇しているとのことです。他国はー22%と減少傾向にあるようですがやはり日本人のアダルトサイト好きは顕著に出てしまったのでしょうか。

参考
http://www.mirror.co.uk/news/weird-news/pornhub-research-less-porn-watched-2953183

mirror newsによるとインターネット上で最大の無料サイト「Pornhub.com」が発表したデータでは英国からのアクセスが例年に比べー32%になったのに対し、日本は+8%に上昇したのだという。この分析結果から日本人はクリスマスに休息をとらないのではないかと考察している。
「Pornhub.com」における2013年のPVは147億PVとなっており、アメリカのユーザーは10分39秒の平均滞在時間を記録。2012年に比べ5.5%増、英国では9分34秒と僅差だった。

―なぜ日本人のアクセスが増えたのか。

これは様々な説があるが、一つはスマートフォンなどの普及により簡単にサイトへアクセスすることができるようになったことではなかろうか。待ち時間に気分を高めるために閲覧したり、別の目的で閲覧するなども考えられる。スマートフォンという小さなPCが、相手にバレないようにアダルトサイトを見る機会を与えている可能性もある。
一人だからアダルトサイトを・・・なんて言う寂しい考え方はしたくないものだが、8%というデータはあまりに顕著なので、例年に比べ一人率が上昇したという可能性は少ないだろう。

―ネットの反応

    ・日本だけクリスマスの日にアダルトサイトへのアクセス数が上がったらしい
    ・日本って本当に外国とちがうね
    ・お前ら・・・
    ・アクセス数ワロタ
    ・しっかりしろ。
    ・日本だけ増えてる‥
    ・ハイレベルな奴がいる
    ・哀しい‥
    ・日本だけクリスマスにトラフィック増加!
    ・カップルで観てるんだってことにしてやって欲しい
    ・日本人www
    ・ははは。
    ・その増加分ってファッションなんじゃないの?
    ・クリスマスでもアダルトサイトの閲覧率が低下せず、むしろ上昇している国は唯一日本だけですよ
    ・おまえらwwwww
    ・そりゃ、誰かと一緒にいるのが決まり事のクリスマスに誰ともいないっていう事実は寂しいよ。

どちらかといえば、婚活や出会い系サイトの閲覧率が上がりそうな気も致します。

その状況はソースのグラフを参照していただければ一目瞭然と言うものなんですが…まあ、「新島ですらクリスマスには合体したと言うのにお前らときたら」などと揶揄されるのも仕方ないのでしょうかね…
今日は孤独な日本人の心を慰めるために世界各地からなんとも寂しく、少しばかりもの悲しくなるようなニュースを取り上げてみることにしましょう。

泡で作った彼氏がクオリティー高すぎて話題に(2013年11月28日トゥキャッチ)

    彼氏と泡風呂なう(*´▽`*) めっちゃ狭いー!笑 http://t.co/gywdNYQ4Xo
    — 街子 (@Salmon_machiko) 2013年11月27日

 彼氏と泡風呂に入った…というツイート、がTwitter上で拡散されている。
 彼氏とは、お風呂の中で作られた人型の泡。たしかに人のように見え、かなりクオリティが高い。

    @kagato1030 割と簡単なのでおためしくださいー(⊃∀⊂)
    — 街子 (@Salmon_machiko) 2013年11月27日

    @momo_motherland 作った泡を少し放置すると少し固まるので、内側は作りたての泡、外側は固まった泡で形作りましたー!
    — 街子 (@Salmon_machiko) 2013年11月27日

 一見すると難しそうだが、放置して硬くなった泡で形を作れば、カンタンにできるという。
 だが、泡で作った彼氏には致命的な欠点もあり…。

    @haku893 彼氏すっごい繊細なんだぁ・・・(´・ω・`)
    — 街子 (@Salmon_machiko) 2013年11月27日

    @eika_sun 抱く度にパチパチ音がします(*'▽'*)
    — 街子 (@Salmon_machiko) 2013年11月27日

 繊細過ぎて、抱きしめられるのは苦手な様子。

    @eika_sun また作ります・・・会いたいから・・・。
    — 街子 (@Salmon_machiko) 2013年11月27日

 あなたも泡の彼氏を作って、お風呂を楽しんでみては?

その彼氏画像はこちらから参照いただきたいと思いますが、おもしろうてやがて悲しき…と言うものでしょうかね…
これまた大変な力作なのかも知れませんけれども、冷静になって考えると何とも悲しいというニュースをお伝えしましょう。

「俺の名前はブラ男。好きなインクはマゼンタ」 brotherがプリンタと恋する恋愛ゲームをリリース 何やってるんですか……(2013年12月13日ねとらば)

 年賀状シーズンを前に、「これが、あしたの年賀ジョー」のCMでおなじみのbrotherが、よく分からないブラウザゲームをリリースして話題になっています。ゲームのタイトルは「恋するBrotherくん」。タイトル画面からしてアレな雰囲気が漂ってますけど、これはもしかして……。

    「はじめまして。俺の名前はブラ ブラ男です。趣味はフットサル。好きなインクはマゼンタ」

 ――で、出オチだあああああああ!!!!!!
 ある日転校してきた男の子は、brotherの最新式プリンタでした……。どうやって高校生活を送るんだこれで! 最近こんなゲームばっかりだよ!
 そんな心のツッコミをよそに、なぜかブラ男くんの魅力にどんどん惹かれていく主人公(女の子)。やがてようやく思いを打ち明けるのですが、その直後、ブラ男くんの口から衝撃の告白が!!!
(略)

その詳細はリンク先の元記事を参照していただくとして、しかしまあ…価値観の多様化が言われる時代だけにこれで萌えられるという人も世の中には相応にいるものなんですかね…
年の瀬と言えば何かと懐も寂しいという時期ですが、こちら何とももの悲しいと言うしかないニュースを紹介してみましょう。

空腹で「あめ玉に見えた」男が盗んだストラップ(2013年12月17日読売新聞)

 山形県警山形署は16日、住所不定、無職高瀬利志夫容疑者(63)を窃盗容疑で現行犯逮捕した。

 高瀬容疑者は所持金が十数円しかなく、しばらく何も食べていないと供述しており、盗んだストラップのだだちゃ豆が、「あめ玉に見えた」と話しているという。

 発表によると、高瀬容疑者は同日午前9時頃、山形市香澄町のJR山形駅待合室内のみやげ物店で、だだちゃ豆をかたどったストラップ3点とようかん1本(計2366円相当)を盗んだ疑い。

 高瀬容疑者は待合室のイスに座り、売り物のようかんなどを盗んで食べようとした。店の男性従業員が「何をやっているんだ」と声をかけたところ、高瀬容疑者が犯行を認めたため、駅前交番に届け出た。

 男性従業員によると、高瀬容疑者は約2週間前から待合室に出入りしていたが、最近は、営業時間中の午前6時から午後8時半まで、じっとイスに座っていることが多かったという。

それがどのようなものなのかは元記事の画像を参照いただきたいと思いますが、そうですかこれがあめ玉に見えましたか…
時事風俗を読み込んだ川柳などもシャレが効いて楽しいものですが、こちらあまりにシャレが効きすぎてつらいと話題になっているそうです。

オールスター★シルバー川柳が「神がかっている」とネットで大反響(2013年12月19日秒刊サンデー)

お婆ちゃんが忘れた「シニア川柳」があまりに神がかっていていると話題になっている。ほとんどが老人ならではの「自虐ネタ」であり、判りやすく言うと「綾小路きみまろ」に通じるようなブラックがあるが思わず笑ってしまうようなそんなネタである。いったい誰が作ったのかは定かではないが、ユニークな年配の方の川柳におもわずほっこりしてしまいそうだ。

こちらがシニア川柳のようだ。お婆ちゃんが忘れていったということなので老人会か何かで作られたアマチュア川柳ではないかと思われるが、どれも「なるほどな」と思うようなものばかりである。もちろんいずれかは我々も老人となりこのような経験をするはずではあるが、このお婆ちゃんのように「笑って」済まされるようなそんな生活を送りたいものだ。

またこの川柳は「シルバー川柳」に掲載されたものではないかという声もある。つまりそれら川柳を寄せ集めたある意味「オールスター★シルバー川柳」をこのおばあちゃんは所持していたようだ。
(略)
最後のブラックジョークが男性にとって胸に刺さるものがあるが、籍が抜けない理由はもちろん「愛」であると願いたいものだが、年配の方々いかがだろうか。お婆ちゃんはこのようなジョークを語っても許される唯一のゆるキャラと感じる。
(略)

詳細は元記事の方を参照いただくとして、まあこれもなんと言うのでしょうか、自虐ネタだからギリセーフと言うところなんでしょうかね…
日本でも最近はすっかり定着したあの道具ですが、これは何とも悲しい結末に至ったと言うニュースです。

【訃報】ルンバ君が焼身自殺!? 雇い主によるブラック企業並みの劣悪条件に耐えかねた可能性(2013年11月20日Pouch)

熱いホットプレートの上に溶ける足跡を残し、ただの炭になってしまった彼はいったい何を訴えたかったのでしょうか。
辞めたい、でも辞められない……ブラック企業で使い潰され、心身を病んでゆく人が後を絶ちません。なかには、自ら人生に終止符を打ってしまうという、悲しい事件も数多く起きています。
そんなブラック現象、人間界だけではなくロボット界にまで及んでいるのかもしれません。
人が見ていようがいまいが慎ましく誠実に働き、ときにはニャンコの遊び相手にもなってくれた、人気者のお掃除ロボットルンバ君。そのルンバ君が突然の自殺。我々は衝撃を受けています。

海外サイト「GEEKOLOGIE」が伝えたその悲しい事件は、オーストリアのとある家で起こりました。
事件の前、雇い主は、キッチンカウンターの上にこぼしたシリアルを掃除するようルンバ君に言いつけたそうです。普段は床を掃除していたルンバ君、土足でキッチンに上ることをためらったことでしょう。それでもシリアルをきれいに片付け、彼はそのままキッチンカウンターの片隅に座り込みました。キッチンの上に置かれた靴のような、その居心地の悪さを想像すると胸が痛みます。
雇い主はホットプレートに鍋をかけ、そのまま外出してしまいました。事件はその後起こります。
ルンバ君は突然自分のスイッチを入れて、ホットプレートの上に身を投げてしまったのです! 
火にかけられたまま焦げ付きそうになった鍋を押し出そうとしたのでしょうか? それとも、もうこの家にはいられないと思うほど、連日追いつめられる何かがあったのでしょうか?

雇い主は、「ルンバが勝手に動き出して煙と臭いで家の中がメチャクチャだ!」と立腹し、危険な機器を販売しているとしてメーカーを訴えようとしています。
ルンバ君がこの家でどんな扱いを受けていたのか、どんな思いで過ごしていたのか。そしてこの、ルンバ君だったものを今度は誰が掃除するのか。真実は闇のなか。
ロボットにだって心がある。ご自宅のルンバ君、あんまり手荒に扱わないであげてくださいね!

その状況は元記事の画像を参照いただきたいと思いますが、まさに文字通りブラックになってしまっていますよねえ…
誰しも格好いい車に乗りたいという願望は持っているものなのでしょうが、こちらあまりに欲望にストレートすぎて何とももの悲しいという記事を紹介してみましょう。

力技すぎる“自作フェラーリ”、ボール紙の車体を乗用車にかぶせ走行。(2013年11月28日ナリナリドットコム)

フェラーリといえば、誰もが知るイタリアの高級スポーツカー。普通の人はなかなか買えない存在だからこそ、憧れを抱く多くの熱烈なファンが世界にいるのだが、フランスではそんなファンなら笑ってしまいそうな、力技過ぎる“フェラーリ”を自作して街中を走らせたアーティストがいる。その様子を紹介した動画を一部欧米メディアが紹介し、ちょっとした注目を集めているようだ。

英紙メトロや米紙ニューヨーク・デイリーニュースなどによると、自分でフェラーリを作ったのは、フランス人アーティストのベネデット・ブファリーノさん。これまでに日除けパラソルのような大きな帽子や電話ボックスの水槽など、パッと見で人目をひきそうなコミカルな作品を多く手がけて来た彼は、作品の素材に自動車をよく使っている。今年だけでも、鳥小屋や植木鉢といった不思議な一品に利用されている中、最近評判となったのが、目の前に現れたら間違いなく目を奪われるであろう“自作フェラーリ・テスタロッサ”だ。

その自作フェラーリを紹介したのが、11月3日付でYouTubeに投稿された「LA FERRARI SUR VOITURE SANS PERMIS」(http://www.youtube.com/watch?v=r_Y_X9wNHZo)という動画。見ればすぐ分かるように、彼のフェラーリは、普通の乗用車にフェラーリの赤い車体を描いたボール紙の作り物を被せた作品だ。フェラーリに対するどれほどのこだわりを彼が持っていたかわからないが、アーティストの作品と呼ぶにはあまりにシュールな出来栄え。ボール紙感が失われるほどの仕上がりでもなく、右側の前輪辺りやサイドミラーなどは斜めに向いているほど緻密さが感じられないのは、もはやユニークの一言だ。

しかも、自作フェラーリを本物の自動車に被せてリヨンの街中を走り回ってしまったブファリーノさん。その様子は、まるでバラエティー番組のような面白さも感じられるが、中には乗用車のブレーキランプなどが見えないとして、作品を被せての公道走行に違法性を指摘する声も上がっているという。現時点では動画投稿後も特に問題は起きていないようだが、パフォーマンスをする際には、彼にももう少し配慮が求められそうだ。
(略)

その状況はリンク先の動画を参照いただきたいと思いますが、そう言えば昔こういうものを作る番組があったなあとどこか懐かしい思いがしないでもないですかね。
最後に取り上げますのはお隣中国からの話題なんですが、一見平和なニュースに見えて実は…というその状況をまずは記事から紹介してみましょう。

SNS顔写真見て整形広告殺到? 掲載していた男性は気分ふさぎ傷心。(2013年11月19日ナリナリドットコム)

日本でもSNSのプロフィールに自分の写真を使う人は少なくないが、それこそ海外では自分の顔写真掲載は珍しいことではない。中国も事情は同じで、容姿に少しでも自信があると思われる女性は、派手に着飾った自撮り写真を掲載している。それはそれで見知らぬ男性から頻繁にメッセージが来たりする弊害はあるものの、「きれい」「魅力的」などと褒められるならばイヤな気はしないのかもしれない。しかし、このたび中国メディアに報じられたのは、自分の顔写真を掲載していたところ、整形の勧誘メッセージが殺到した男性の話だ。

錢報網などによると、この一件を告白したのは“孤独的小白羊”と名乗るネットユーザー。今年大学を卒業したばかりというこの男性は、自身のスマホ向けSNSアプリ「微信」(中国版LINE)のプロフィール画像に自身の顔を掲載していた。すると最近、整形外科医や整形外科医院からの友人申請が増加するとともに、場合によってはあからさまに整形を勧める広告が送られて来るようになったのだという。

男性はネットの整形外科フォーラムに登録していたことも影響しているが、これには傷心。気分が塞ぎ、自身の顔写真の掲載を取りやめ、アニメキャラクターの画像に差し替えることにしたと告白している。ただ、そうした男性の気持ちをよそに、ネットユーザーは「笑える」「どれだけ変な顔なんだ? もう一度掲載してみてくれ」などと言いたい放題。慰めるどころかさらに追い打ちをかけるような雰囲気だ。

今回の一件に湖北長久弁護士事務所の弁護士は「微信ユーザーはセキュリティに特に注意しなければなりません。本当の名前や住所、顔写真などは見知らぬ人に公開しないほうが良い」と注意を促している。

「困窮した時に助けてくれるのが真実の友」だと言いますから、男性にとって彼らこそ真実の友なのかも知れませんけれども、一般的には大きなお世話というものではないでしょうか?
しかし中国でも日本同様SNS絡みのトラブルは多いのでしょうが、こんな予想外のトラブルまで起こってくるというのは何とも困ったものですよね。

今日のぐり:「韓国家庭料理 草家(ちょが)」

岡山市街地の一画、清輝橋の電停からほど近い場所にあるこちらのお店、なんでも韓国料理サムギョプサル(豚バラ肉の焼き肉)の専門店なんだそうです。
韓国古民家風と言うのでしょうか、ちょっと不思議な内装と共にスタッフの接遇も何かネイティブっぽいなあと言う感じですが、肉を焼く円形の台もこれは何と言うのでしょう、耐熱ガラスだかで出来た透明のプレートなんですが全体を傾けて端の切り欠きから脂を流し出すようになってるんですね(一般的にはもちろん焼き肉用のプレートを使うらしいですが)。
器の方は金属製ではないようですが箸は金属製で雰囲気を盛り上げますが、ただ正直少しばかり重いこともあって操作性という点では今ひとつかなという気もしますがどうでしょう?

さてメインに取り上げられるべきなのが黒豚サムギョプサルですが、まずは真っ先にサーブされた生野菜の盛り合わせに圧倒されるところですが日本の焼き鳥の生キャベツなどとは違って焼いた肉をこれに包んで食べるということのようですね。
焼き自体は店員がやってくれるのですが、まずは豚バラの厚切りと言うよりも角切りをキムチと一緒に焼くのがおもしろいですが、やはりこの局面ではハサミを活用するようですね。
肉が焼けたところで焼きキムチと野菜で巻いて食べるんですが、用意されたタレが味噌や辛味噌は判るんですがきな粉って?と思って食べて見ましたら正直想像通りに微妙なと言いますか、とにかく乳酸発酵強めのキムチの味が余計に主張してきてきな粉の存在意義がよくわからず、これだったら味の力強さで拮抗できる味噌系のタレの方がバランスはいいかなと思います。
ところでこのキムチ、単独で食べたら酸っぱすぎるだろうなと言うくらい発酵しているのはいいとして、キムチにしろ肉にしろどんどん焦げても気にしないのは元々料理としてこういうものなのか、横で見ている側としては勝手に手を出すのも焼いている店員さんの権限を侵害しそうでどうなのかな…とちょっとドキドキしてしまいますね。

その他の料理もそれなりに豊富なのですが、綺麗に仕立てられた茹でイカはちょっと何とも言い難い味なんですが、とにかく唐辛子の辛さばかりが目立って肝腎のイカの味も茹でたせいかまるで抜けてしまったかのように淡白ですし、このソースも辛味噌+マヨネーズ系なのか?と思ったんですがこれまた居酒屋風の強めの味付けというわけでもなく、刺激的な辛さ以外は全体に何となくぼんやりした感じになってますよね。
おぼろ豆腐チゲはガラス?の器で出てくるのですが、こちらは一転して意外に辛くないというかまさしく塩ラーメン系のあっさりスープそのもので、同行者共々これでラーメン食いてえ!と思ってしまいました。
定番のチヂミは香ばしいというより焦げ臭いという感じで、そのわりには別にクリスピーでもないのが残念ですが、海鮮系の味はちゃんと生きているだけに焼きがなあ…と感じてしまいます。
同じく焼き物の卵巻きは見た目は普通の厚焼き卵ですがごま油風味が濃厚なのが特徴で、しかし卵焼きとして見ると卵の攪拌が甘いので見た目&食感がよろしくないのが難点ですかね。
これまた定番の石焼ビビンバは見た目はまさしく典型的、ナムルが硬いのとやはり辛さメインで発酵調味料系の旨みは少ないのが惜しいところですし、ネギサラダもこれまた唐辛子全開という味でしたが、最後に飲んだ梨ジュースは一転して「梨ってこんな味だったっけ?」と思うほど強烈に甘かったですね。

個人的に韓国家庭料理と言われると辛いと言うよりも発酵食品系のコクと旨み、そして甘さが特徴なのかなと思っていたのでかなりイメージが違ったのですが、こちらの場合はひたすら唐辛子の辛さばかりが先に立つという日本でよく言うところの韓国料理のイメージに近いもので、そういうものを期待している向きには合うのかなと言う気がします。
接遇面では前述の通りで少し隔靴掻痒なところがあるのが気になるのと、これは伝統文化に基づいているのか建物自体が何とも不思議な作りで、トイレなども設備自体は今風に新しいものなのに使うに当たってはなんとも戸惑ってしまうところが難点でしょうか。
ちなみに料理の種類にもよるのでしょうが巻いて食べたりという工程上割合に手が汚れやすいので、こうした小さなペーパータオルよりもしっかりしたタイプのものか、あるいは布おしぼりが欲しいなと思いました。

|

« 親子関係、突然の激震に見舞われる? | トップページ | 医師の自律のためには強制性を持つ全員加入の組織が必要? »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519753/58834670

この記事へのトラックバック一覧です: 今日のぐり:「韓国家庭料理 草家(ちょが)」:

« 親子関係、突然の激震に見舞われる? | トップページ | 医師の自律のためには強制性を持つ全員加入の組織が必要? »