« なんでもかんでも炎上させればいいというものではないので | トップページ | 拡大を続ける掲示板個人情報流出事件 »

2013年9月 6日 (金)

日医強制加入化 具体的に動き始める

この夏に日医の会長が「全医師強制加入も選択枝の一つ」と発言したというトンデモニュースが流れていましたが、どうも会長の個人的放言と言うに留まらず日医という組織として強制加入化を進め始めている様子です。

日医、加入促す仕組みを検討- 組織強化作業グループを設置(2013年9月5日CBニュース)

日本医師会(日医)は、日医への加入を促進し、組織力を強化する仕組みを検 討する作業グループを立ち上げた。日医を改組して、強制加入の法的根拠を持つ 組織にする方法や新規会員獲得策などを議論する。日医は作業グループが報告書 をまとめた後、正式な委員会を発足させ、来年6月までに具体的な提案を打ち出す

 同作業グループは今年6月の日医の代議員会で、すべての医師が加入する方策 を検討するよう要望があったことから設置された。作業グループは検討項目とし て、強制加入の仕組みのほか、保険医指定に医師会加入を条件にするような強制 力の強いものをはじめ、加入メリットを強調した勧誘活動や、研修医会員の会費 無料化などの8つを挙げている。今後、項目ごとの議論を本格化させる。

 4日の記者会見で、作業グループについて説明した今村聡副会長は、「8項目に は、日医内の組織の機能を変更することで対応可能なものもあるが、医療界で相 当、議論が必要になってくるものもあると考えている」と述べた。【君塚靖】

日医、組織力アップに向けた具体策の検討を開始(2013年9月5日日経メディカル)

 日本医師会は9月4日に開かれた定例会見で、組織強化に向けた検討を進めると発表した。検討事項の中には、保険医の指定に際して医師会の加入を義務付けたり、法的根拠に基づいて強制加入する組織に改組するなど、踏み込んだ項目も列挙した。

 今年4月に公益社団法人として認められた日医は現在、約16万5000人の会員を抱える。国内の医師数が年々増えているにも関わらず、日医の会員数は一定で、公益法人化初の開催となった今年6月の定例代議員会では、「全ての医師が加入できる方策を検討すべき」といった意見も出た。

 これまでにも日医は勤務医の加入を促進する方策の検討などを行ってきたが、代議員会で日本医師会綱領が採択されたことを契機に、勤務医に限らず全体の組織を強化する方針を決定。役員室や勤務医委員会などで、組織強化に向けて具体的に検討すべき事項を議論してきた。

 会見では「組織強化に向けた検討事項」を発表。発表された事項は、(1)新規会員獲得に向けた勧誘活動の実施、(2)郡市区等医師会員への都道府県医師会、日本医師会への入会の徹底、(3)日本医師会認証カードの更なる普及、(4)研修医会員の会費無料化、(5)会員情報システムの再構築(入会・異動手続きの簡素化、新たな会員種別の創設の是非)、(6)理事の勤務医・女性医師等の役員枠の創設、(7)保険医の指定、(8)法的根拠をもつ強制加入組織への改組――。任意度が高いものばかりでなく、強制度が高い事項についても、踏み込んで議論する考えだ。

 副会長の今村聡氏は「認証カードの更なる普及を目指す活動は既に実施している。研修医の会費無料化や理事に勤務医や女性医師の枠を設けることも、比較的簡単にできるだろう。ただし、保険医の指定や強制加入は非常に難しい」と印象を述べた。

 日医は、役員会や勤務医委員会での議論を基に、来年1月までに報告を取りまとめる予定。来年6月の総会までには具体的な提案事項を決定し、都道府県医師会や郡市区医師会の会員に加え、必要に応じて外部の有識者を含む正式な委員会を立ち上げて、提案事項の実現に向けて検討する方針だ。

いやまあ、「医療界で相当、議論が必要になってくる」と言うよりは「論外」の一言で済む話なんですが、そもそも日医という組織は(一応表向き別組織を立ち上げているとは言え)特定政党に肩入れするなど実質的に政治団体としても機能しているのですから、加入強制化は憲法19条に言うところの思想・信条の自由を侵犯している可能性もありますよね。
この業界団体による強制加入問題は各業種で色々と言われているもので、その一つが独占化によって好き放題会費を徴収できるという特権化・既得権益化の問題がありますけれども、例えば強制加入を拒否すれば弁護士活動が出来ないことになっている弁護士会の場合あまりに会費が高すぎて司法試験に合格したはいいが会費が払えず弁護士活動が出来ないといったケースも出ています。
不動産業などはうまく出来ていて、単独で開業しようとすると宅建業法で定められた1000万円!の営業保証金を供託しなければならないのですが宅地建物取引業保証協会に加入して「弁済業務保証金分担金」を保証協会に納めると供託が免除される、ところが保証協会に加入するには業界団体への加入が義務となっていて、しかもそれにはほぼ強制の政治連盟加入がセットになっています。
近いところでは歯科医会とその政治団体である歯科連盟とがセット加入になっていることに対して訴訟が起こり連盟が敗訴するという「日歯連盟訴訟」などもありますが、医師会などもそうですが会に未加入の医師が開業しようともすれば近隣で寄ってたかっていじめや営業妨害をされるという話もあって、こういった団体に権力を与えるということがどういうことかよく判る話だと思いますね。

全加入推進派の言い分として一つには全員加入による政治力強化ということがしばしば挙げられますが、そもそも何十万という医師それぞれが一つの政治的意志の元に統一されているなどという今時どこの全体主義国家よ?とも思われるような考えを抱くということが民主主義の世の中にあるまじき事で、そもそも日医が日医連を介して政治活動を行うことの是非も問われるべきかと思います。
もう一つ、近年盛んに言われていることに全員参加によって強制力を伴った業界内の自治能力を持たなければ、国家による業界内への介入の口実にされてしまうという声もあって、特に例の事故調議論なども絡めて医師に対する処罰をどのように為すべきかと言った議論が公に交わされるような時代にあって、とりわけ司法の介入を回避するための方便として便利使いされているロジックですよね。
しかし考えて見れば医師が外部から処罰を受けないように内部で正さなければならない、それが故に処罰能力も持つ強い医師会が必要なのだと言うのであれば、処罰する側の医師会幹部の皆様方は衆に優れて人格識見に秀でた素晴らしい医師ばかりである必要があるんじゃないかと思いますけれども、今の日医幹部の名簿を眺めながらそのような感想を抱く医師が当の日医内部にあってもどれほどいるものでしょうね?
学部教育の現場においても学生に医師のモラルの必要性を説いている教授こそ一番モラルに欠けてるじゃないかなどと言う笑えない話があるようですが、日医がこうしたロジックの元に医師全員強制加入化を正当化しようと考えているのだとしたら、人前で妄想を公言してしまってから正気を疑われる前にまず一人黙って鏡を見つめてみてはどうか?とおすすめしたいですね。

|

« なんでもかんでも炎上させればいいというものではないので | トップページ | 拡大を続ける掲示板個人情報流出事件 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

>>研修医会員の会費無料化

安く取り込んであとでしっかり搾り取るんですね

投稿: くまもん | 2013年9月 6日 (金) 08時07分

組織としては会員数が増えるほど権力が増すのはたしかですからね。
日医としては加入強制化を検討するのは理解出来ます。
国や厚労省にとっても今の牙の抜けた日医なら御しやすいんじゃないかな?

投稿: ぽん太 | 2013年9月 6日 (金) 08時43分

日医の会費って献金にまわされてるの?

投稿: | 2013年9月 6日 (金) 09時26分

勤務医にとってメリット無いだろ

投稿: | 2013年9月 6日 (金) 10時20分

全員強制加入になったら、会長さんは直接選挙で選ばれるのを、医師会は分かっているのかな?

中国共産党のような訳の分からない集団指導体制を崩壊させるには、強制加入はアリかもしれません

勤務医が多数をしめた医師会の執行部がどうでるかは、想像するだけで楽しみではあります

投稿: Med_Law | 2013年9月 6日 (金) 10時41分

日医に対してはまず会員や地方の医師会からどう思われているのか、それに対してどういう回答を用意しているのかということを問いたいところですね。
日医の趣旨に賛同して高い会費も負担し会員になっている人々からも支持を得られないのであれば、何故その他多くの医師から理解と協力が得られると考えるのかと言うことです。
反対だろうが何だろうが強制加入にしてしまえばこっちのものと考えているなら、いったいどんな時代錯誤の組織かと改めて日医には驚嘆するしかありませんが。

投稿: 管理人nobu | 2013年9月 6日 (金) 11時03分

勤務医10万人から年会費10万盗れば100億の収入増w
もうかってもうかって仕方がないとはこのことw

投稿: aaa | 2013年9月 6日 (金) 15時03分

憲法違反。基本的人権侵害。自由民主主義の根底からの否定。超封建主義への回帰。時代錯誤。
こんなことが民主主義国家で許されるというのはあり得ない話。日本の医師は完全に奴隷化決定。
資金繰りに苦しい上に、糞団体への高額献金強要となれば、廃業する開業医、爺医が続出するのは必至。
ひいては医療崩壊を促進する誘因となりうる!

投稿: 逃散前科者 | 2013年9月 6日 (金) 15時59分

今村氏「保険医指定や強制加入は非常に難しい」
戦前の帝国主義や北朝鮮のような全体主義国家でない以上当たり前ですね。言うまでもなく。
ただの親睦団体にすぎない医師会にそこまでの絶対的権力が与えられるようなら、未加入医師を村八分扱いするのであれば、日本の医療はTHE END

投稿: 逃散前科者 | 2013年9月 6日 (金) 17時36分

新専門医制度と絡めて日医へ強制加入させる気みたいですよ。
厚労省も割と乗り気だし実現しそう

投稿: | 2013年9月 6日 (金) 21時25分

とりあえず今のところ、医師会の加入と日本医師連盟(政治団体)の加入は、勧められはするもののセットにはなってません。また、開業して医師会に加入しないからといって、いじめる、なんてことも(少なくともうちの周りの医師会では)ありません。
さすがにそんな時代ではないでしょう。

でも日医を強制加入にしてしまうと、政治活動は基本的に禁止されますから(弁護士会などと同様)、逆に診療報酬改訂などでロビー活動ができなくなります。それを避けるために戦後全入をやめたはずなんですが、いいのかなぁ。

投稿: | 2013年9月 7日 (土) 09時27分

いじめるとか邪魔するとかいうのはほんとに地区内の医師会メンツによると思う。

投稿: 天満 | 2013年9月 7日 (土) 09時53分

医師を束ねる職能団体は必要ですが。
医学生、病院研修医、病院専門医、家庭医、それぞれ独立した委員会があり、公平に扱われ、病院勤務医の労働時間や給与の問題、医学部授業料問題(医学生の学費ローン)、僻地勤務医の待遇と奨学金問題、など幅引く議論して、行政や議会と交渉する英国、カナダ、オーストラリアの医師会のようなタイプに変換していかないと、いまの日本医師会への支持は得られないでしょう。

投稿: とある内科医 | 2013年9月 7日 (土) 10時15分

これ中止させるにはどうしたらいいんだろう?
日医に抗議メール送ったらいいのかしら?

投稿: けん | 2013年9月 7日 (土) 11時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519753/58131830

この記事へのトラックバック一覧です: 日医強制加入化 具体的に動き始める:

« なんでもかんでも炎上させればいいというものではないので | トップページ | 拡大を続ける掲示板個人情報流出事件 »