« 老人の在宅移行に向けて いざと言うときに慌てない | トップページ | ネット上の誹謗中傷は収まる気配もないようです »

2013年8月30日 (金)

医療現場の性善説

先日取り上げました高齢者の往診で医者丸儲けという話に関して佐久総合病院の色平哲郎先生が日経メディカルに記事を書いていまして、当然ながら厚労省も問題を把握しており規制も視野に情報収集をしているというのですが、厚労省の担当者はこの紹介ビジネス問題に対して「医師がそんなことをするはずがないと思っていた」と言います。
厚労省としては長年診療報酬で医療を政策誘導するということを行ってきたわけですから、今さら医師が高い診療報酬を求めて診療行動を変えるということを知らなかったとは言えない立場ですけれども、とかく医療現場というものは性善説で成り立っているものであって、一応は査定があるものの出来高払いという「手をかければかけるだけ儲かる」という売り手優位な保険診療システムが続いているのも現場の自制あってこそですよね。
麻薬など危険な薬品が当たり前に使えるということにしても、そもそも唯一他人の体を傷つけることが許されている職業であると言う点からしてもこの性善説の前提なくしては成り立たないことですが、中には明らかに「やって悪いこと」をやってしまうと言うケースもあって、性善説の前提が揺るぐということにもなりかねません。

「異常なし」偽の診断書で免許取得した歯科医師(2013年8月21日読売新聞)

 てんかん発作の恐れがないとする偽の診断書を自分で書いて運転免許証を不正取得したとして、大阪府警西淀川署は20日、大阪市西淀川区野里、歯科医師和田義章容疑者(52)を道交法違反(運転免許証不正取得)容疑などで逮捕した。

 「自分で書いたが、内容はうそではない」などと容疑を一部否認しているという。

 発表では、和田容疑者は6月13日、門真運転免許試験場(門真市)で、失効した運転免許証を再取得する「特別新規申請」の際、以前に持病と申告していたてんかんについて自ら「異常なし」などと書いた診断書を提出し、免許証を取得した疑い。診断書に記載された病院が閉院しており、不正が発覚した。

てんかんと歯科医と言えば四日市で踏切待ちをしていた車列に歯科医の車がぶつかり2人が亡くなるという事故がありましたが、あの裁判で歯科医側は「確かに持病はあったがいつ意識を失うかは予見出来ない」と主張していたことにも見られるように、このてんかんと運転免許の問題が近年非常にデリケートな話題となっている中で予見可能性というものが大きな焦点となってきたところですよね。
栃木のクレーン車事故では過去に何度も事故を繰り返していた運転手が発作が増えて医師からも運転禁止を指示されていた中で病歴を隠し、夜遅くまでチャットに講じ睡眠不足のまま薬も飲まずに運転をして事故を起こすというかなり同情の余地がない状況であっただけに、患者擁護的な団体であるてんかん協会も「社会的責任が欠如している」とまで遺憾声明を出さざるを得なかったわけです。
逆に言えばこうしたケースは特殊例で一般のてんかん患者は真面目に治療を受けきちんとした生活を送っていますよという性善説を前提に厳罰化だ、規制強化だと言う世論に対抗してきた経緯があるのですから、医療専門職の一端に連なる歯科医までもがこうした自儘なことをやっているという話は非常に困ったものだと感じている人々が多いでしょうね。
医療現場の性善説ということで言えばかねて何度も話題になってきた偽医者騒動などもそうですが、基本的に資格を偽る者などいるはずがないという前提で行われてきたことがその前提条件が崩れた結果大きな影響が出ていると言え、そんな中で以前から改善の必要が論じられていた例の医師検索システムもついに一新を余儀なくされたというニュースが出ていました。

なりすまし医採用、新検索システムで防止-運用開始、改修で確認厳格化(2013年8月27日CBニュース)

 「なりすまし医師」の採用を防ぐため、厚生労働省は「医師等資格確認検索システム」を改修し、27日から新システムの運用を始めた。これまでのシステムでは、氏名と医籍登録年しか確認できなかったが、新システムでは、登録番号や登録年月日などがそろわないと照合できないように厳格化した。

 この検索システムは、医師と歯科医師が資格を取得しているかどうかを判別するもので、改修前は、偽造した医師免許証のコピーが医療機関に提出された場合、検索結果とコピーに記載された氏名や登録年が合致していれば、コピーが本物の免許証だと誤認してしまう可能性があった。

 新システムで検索するためには、▽職種▽性別▽氏名▽生年月日▽登録番号▽登録年月日-の6項目を入力する必要があり、該当する場合は「検索条件の者は名簿に登録されています」と表示される仕組みだ。

 同日行われた閣議後の記者会見で、田村憲久厚労相は「新たに医療機関向けの画面を作り、より厳格に確認できるようにした。医師を採用する際は利用し、確認してもらえれば」と述べ、医療機関などに対し、新システムの積極的な利用を呼び掛けた。

 厚労省は今後、都道府県や関係団体に通知を出し、管轄内や会員の医療機関への周知を依頼する予定。ただ、2年に1回行われる医師調査で調査票を提出した医師が検索対象のため、医師名簿に登録されていても、調査票を提出しない場合は表示されない。このため、最終的には免許証原本や戸籍の写し、運転免許証などでの確認が必要としている。【新井哉】

もともとこのシステム、ネットに接続しさえすれば誰でも医師の氏名から医籍登録年を検索出来るというものですからそれは悪用し放題で、医師免許証などネットでちょいと検索すれば幾らでも写真が出てくるのですからプロの手を煩わせずともちょっと気の利いた素人でもそれらしいものをでっち上げることは簡単なのですが、驚くことにこの検索システムによる確認すら怠っていた医療機関も結構あると言うのですね。
最近の成りすまし医騒動では以前のように適当にでっち上げたものではなく、実在する本物の医師の免許証をコピーして使うというケースが増えていますからこうした改修である程度対応出来るようになるかと期待されるところですが、個人的に思うところでは別に検索に緊急性を要するものではないのですから、誰が検索しているのかという検索者側の確認でもゲートキーパー機能を厳格化させてもいいように思います。
そもそも免許証が今時紙切れ一枚であるからコピーされてしまうというもので、ちゃんとした写真と電子チップ付きのカードなりに切り替えてもいいんじゃないかと思いますが、そうなったらそうなったで紛失しやすくなったと騒ぎ出す人もいるのでしょうか?

そもそも論で言えば医局による人事システムが崩壊しフリー医師が増えているという状況だからこそ偽医者が問題になっているとも言え、そう考えるとあれはあれできちんとした身元保証システムとして機能してはいたのだなと改めて感じますけれども、今や腕一本で病院間を渡り歩くフリー医師が拘束が少なく稼ぎもいいともてはやされる時代に、今さら不自由の多い医局支配下に戻りたがる人間も多くはないでしょう。
ただ穿った見方をすれば例の新専門医システムなどは更新を厳格化し基幹病院できちんと奉公を続けなければ維持できなくなると言うことですが、そうなりますと今流行りの渡りの麻酔科医などは将来的には続々と専門医資格を失っていくということになりかねず、一方で今後ますます専門医加算などで資格の有無が重視されていくことになれば今のようには我が世の春を謳歌できないと言うことになるかも知れません。
この辺りは厚労省の思惑と医師を囲い込みたい経営者目線の偉い先生方や医療系団体の思惑が見事に合致している以上とんとん拍子で話が進んでいきそうですが、かつて医局全盛の時代に「苦労していればいつかは見返りを用意してくれる」と期待しながら僻地病院に島流しにされ埋もれていった多くの医師達と同様、ここでも性善説ばかりを信じ込んでいると結局いいように利用されるだけということもあり得るのでしょうかね。

|

« 老人の在宅移行に向けて いざと言うときに慌てない | トップページ | ネット上の誹謗中傷は収まる気配もないようです »

心と体」カテゴリの記事

コメント

免許更新時の診断書って歯科医じゃダメですよね?閉院した病院の医師名を騙ったってことでしょうか。
こういう末端業務でどう偽物を見分けるかも難しいんでしょうけど担当者もよく調べたもんですね。

投稿: ぽん太 | 2013年8月30日 (金) 10時02分

たまたま近所の病院で知っていたとかいう可能性もあるかと。
ただてんかんも最近話題なので、チェックは厳しいのかも知れませんが。

投稿: 管理人nobu | 2013年8月30日 (金) 11時15分

新専門医システムでは、基幹病院勤務からとうの昔に卒業してしまった開業医とかは病院に奉公できないので続々と資格を失ってしまうのでしょうか?ある意味勤務医が開業するのをブロックする効果でもあるのかと。
一生、逃げられないように基幹病院に専門医どもを縛り付けておけというのはいかにもお上の考えそうな事ですが、定年間近になって60前で開業する基幹病院の診療科部長さん達も少なくないようですので、今後医者も高齢化していく事を考えれば、定年制を改める事も考える必要がありそうですね。
高齢医が病院にふき溜まるのもそれはそれで病院の機能不全を起こし世代交代を阻害するので問題ではないかと。まあ臨床現場の事を何も知らない人達が決めるシステム?って先見性がなくてロクでもないのばかりですが

投稿: 逃散前科者 | 2013年8月30日 (金) 15時27分

定年退職で開業した大家の先生が続々と専門医を失っていく構図ですな
学会の司会にも事欠くようなことにならねばと思いますが

投稿: 元僻地勤務医 | 2013年8月30日 (金) 16時30分

新専門医は医局との関係はどうする予定なんでしょうか?
医局制自体が消え去りそうな気がします
しかし地方基幹病院と云えば激務で給料そこそこの場所ですよね。
そこに医者を縛り付けるって鬼畜だな

投稿: | 2013年8月30日 (金) 23時35分

専門医取らせてやるんだから働けってことでしょ
ババ抜きのババにならなきゃいいけどね

投稿: | 2013年8月31日 (土) 06時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519753/58086366

この記事へのトラックバック一覧です: 医療現場の性善説:

« 老人の在宅移行に向けて いざと言うときに慌てない | トップページ | ネット上の誹謗中傷は収まる気配もないようです »