« 凋落する日医が全医師強制加入化の野望を加速 | トップページ | 今日のぐり:「台湾料理 あじ仙 倉敷店」 »

2013年7月20日 (土)

相次ぐ炎上事件 馬鹿発見器の怖さ

参院選の投票も間近いというこの時期、野党党首のSNSでの発言が絶讚炎上中だと話題になっています。

海江田氏のFBが大炎上! 「今やネットが政治を劣化させる」と反論…(2013年7月18日zakzak)

 民主党の海江田万里代表のフェイスブック(FB)が炎上している。とりわけ、元代表の菅直人元首相が、安倍晋三首相に名誉を傷つけられたとして訴えてからは、「菅直人、安倍首相を名誉棄損で提訴! この人に名誉なんてあるの?」など“場外乱闘”の様相も見せている。海江田氏は自身のFBに次々とキツイ言葉が書き込またことに17日夜、「ネットが政治をさらに劣化させる」などと反論した。

 海江田氏がFBを始めたのは今年5月3日、今回の参院選からネット選挙が解禁となるため、情報発信の手段として開設した。支持者からの激励を期待したかもしれないが、最初に書き込まれたのは「そんなヒマがあるなら、安愚楽牧場の問題解決に向かいなよ!」というコメントだった。

 当時、安愚楽牧場事件をめぐり、海江田氏が経済評論家時代に書いた記事を読んで出資し、損害を受けたとして、出資者30人が賠償を求める訴えを東京地裁に起こしたことが注目されていた。

 その後も、罵詈雑言は続いた。

 漢詩に造詣が深い海江田氏が今月10日、「今週の四字熟語」として、「どんな難しい事業でも、志をもって努力し続ければ、必ず成し遂げられる」という意味の、列子の「愚公移山(=ぐこうやまをうつす)」という文字を毛筆で書いてアップすれば、以下のコメントが書き込まれた。

 「安愚楽の字を使った! すごい神経だ!」

 「与党でなぜしなかったのかな。もう手遅れ」

 「屁理屈をこねられても通用しない」

 厳しい言葉が並ぶ海江田氏のFBに対し、安倍首相のFBには「菅直人が騒いでいますが。お気になさらず頑張って下さい」といった書き込みがほとんどだ。

 

選挙にマイナスになりそうな海江田氏のFBだが、今後どうするつもりなのか。海江田事務所に問い合わせると、17日夜になって「代表がFBに書き込んだので読んでほしい」と連絡があった。

 海江田氏のFBには「私は新聞記者であった父から、文章を書くには作法があると教えられてきた。しかし、最近のネット上の諍(いさか)いを見ていると、そうした作法とはまったく関係なく、他人を誹謗中傷する文章が溢れている。かつて『テレビが政治を悪くした』と言われたことがあったが、今や『ネットが政治をさらに劣化させる』と断じなければならない状況だ(抜粋)」とあった。 (安積明子)

先日は確か海江田氏のフォロアーが少なすぎて話題になっていたと記憶しますから、こうして沢山の方々に注目されるようになったのもいいことなのかも知れませんが、今回の弁解?についても様々なコメントが殺到しているようで、宣伝になっているのかセルフネガキャンになっているのか微妙なところでしょうか。
ご存知のように今回の選挙はネット選挙解禁だと言うことでも話題になったのですが、どうも情報発信の手段を誤ると今までにない「炎上」という事態に発展しかねないリスクがあるせいでしょうか、全般的には従来型選挙の延長という形で繰り広げられているという評価のようですね。
とはいえ選挙に限らず最近はネット絡みの話題が豊富で、特にいわゆる「馬鹿発見器」的な機能?は完全に定着し実社会でも取り締まりが進んでいますけれども、先日はこれまた参院選挙に絡んでこんな事件もあったと言います。

「韓国批判」候補の選挙ポスター次々破られる 「しばき隊」メンバーは関与否定(2013年7月17日J-CASTニュース)

選挙ポスターが次々に

 日韓国交断絶などを訴える政党候補者の選挙ポスターが次々に破られていると、ネット上で騒ぎになっている。疑われた「レイシストをしばき隊」メンバーは、関与を全否定しており、今のところ真相は不明だ。

 参院選公示から5日目となる2013年7月8日、維新政党・新風代表の鈴木信行候補はブログで、選挙ポスターをビリビリに破られるケースが数件あったと明かした。

■「本日もレイシストポスターびりびり破き」

 もちろん、ポスターを破れば、公選法違反(自由妨害)になる。鈴木候補は、「これは犯罪なのにね」と漏らし、警察に被害届を出したと報告した。翌9日のブログでは、政党ホームページまでも何者かに壊されたと明かしている。

 一方、何らかのポスターを破ったと頻繁につぶやくツイッターユーザーがネット上で話題になった。嫌韓ヘイトスピーチへの抗議活動をしている「レイシストをしばき隊」のメンバーとみられる男性だ。

 「レイシストのポスターびりびり破きなう」。この男性は11日にこんなツイートをすると、連日のようにポスター破りの報告を繰り返した

 「俺のレイシストポスターびりびり破きは、スーパーパーフェクトテクニック」「本日もレイシストポスターびりびり破き、皆さまお疲れさまでした」…

 そのツイートは、20件ほどもあり、複数が関わっているようにも読める

 そして、鈴木候補が14日、コリアタウンとも言われる東京・新大久保で街頭演説に立つと、翌日には、ツイートの男性を含めたしばき隊のメンバーが集まったと2ちゃんねるのスレッドに写真つきで書き込まれた。スレでは、鈴木候補のポスターが実際に破られている写真が数点アップされ、この男性らによるものではないかと次々に非難の声が上がった。

 実際、鈴木候補のポスターはどのくらい被害に遭っているのか。

「家でびりびり破いてただけ」

 維新政党・新風の広報担当者は、取材に対し、公示日の翌日から被害が出て、これまでに都内全域で200枚近くが破られたことを明らかにした。1日平均十数枚が破られているといい、ホームページ被害も含めて、所轄の警察署にその都度届けているとした。

 犯人像については、こう答えた。

  「うちのポスターだけが狙われているようですので、政策に反対している人が犯人ではないかと思っています。男性のツイートについては、『不愉快なので、通報した方がいい』と支持者からよく電話がかかってきます。しかし、犯人については、憶測で申し上げることはできません」

 ヘイトスピーチで批判されている在特会については、「組織が違いますので関係ないです」と言う。街頭演説などでしばき隊から非難されたことには、「韓国批判が気に入らないのでは。日の丸を持っていれば一緒に見えるのでしょうが、どこが差別になるのか聞きたいぐらいです」と話した。

 一方、ツイートの男性は2013年7月17日、自らのブログで「僕は断じて選挙ポスターを破いたりしていない」と関与を明確に否定した。在特会会長やヒトラーなどを含め、レイシストとするポスターを「家でびりびり破いてただけ」だとした。警察などにもそう説明したといい、ネット上の非難については、「その気になれば、名誉毀損で法的対処できる」とも言っている。

もちろん該当するつぶやきが直接事件と関係があるのかどうかは今後の捜査の進展を待たなければなりませんけれども、仮に事件と関連するものであったとすればこれまた馬鹿発見器が奏功した一例ということになるのでしょうか。
ネットの怖さということが様々に言われていて、例えばひとたび流出した情報は本人が死んだ後も流れ続けるといったことが最近一部で問題視されるようになっていますが、家族からの開示・削除要求なども本人同意が得られていないということを盾に求めに応じない業者が大多数だということですから、利用する側もそうしたリスクを承知の上で利用法を考えていくということは必要でしょう。
一方で二昔ほど前までならそんな事件が起こる可能性すら考えられなかったということは新たなビジネスチャンスでもあるということで、例えばネット上でのトラブルに対して専門的に対処する弁護士なども登場しているようですが、これも決して少なくない金額がかかることですからそうそう気軽に利用できるというものではなさそうです。
時折身近なものの写真などをネット上に公開したところ思わぬ好評を得たといったニュースが美談めいて報道されますが、馬鹿発見器的な犯罪自慢も考えて見ればこうした行為の延長線上に位置するわけで、世間受けするからと個人情報を特定されるようなものを気楽に流しているといずれ思わぬしっぺ返しを食らう可能性があるということですね。

馬鹿発見器とは言い得て妙である、馬鹿がどんどん発見され相応の処罰を受けるのは良いことじゃないかという意見もありますが、現代法治国家において罰とは罪に相応しいものであるべきだということが大原則であって、そのバランスが崩れてしまうと単に罪が放置されるよりもかえって社会的不正義が拡大しかねないことが問題なのです。
例えば先日ネット上で好き放題に馬鹿発見器を活用していた県議のブログが炎上し、その後当の本人が自殺の可能性がある状況で亡くなるという事件が話題になり、話題を取り上げたマスコミ各社も報道被害だ、いやネットによる被害だと議論がなされたようですが、当初問題になった県議の行動が何かしらのレベルでの批判に値するものであったことは紛れもない事実ではあるでしょう。
それに対してどの程度の批判が妥当であったのか、あるいは県議としてどういった責任の取り方が適当であったのかという点で周囲にも本人にも予想と異なる不本意な結果となった、その一番の理由は報道であれネットであれ今の時代ひとたびことが動き始めると瞬時に情報が拡散し多方面から集中的に追求されるという、リアルタイム情報化時代ならではの怖さがあったということですね。
ただネットに関してはある程度対処法は出来て来ていて、例えば個人情報は徹底的に流出を避けるだとか、炎上しかけた段階で不用意な反論をしないだとかいったことはもっと徹底されるべきですし、そうしたネット利用の基礎的知識は「赤信号は渡らない」といった基礎的社会ルールと同様、スマホなどでネットデビューする前の児童期から徹底的に叩き込んでおかなければならないと思います。

|

« 凋落する日医が全医師強制加入化の野望を加速 | トップページ | 今日のぐり:「台湾料理 あじ仙 倉敷店」 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

>例えばネット上でのトラブルに対して専門的に対処する弁護士
弁護士が標的になり炎上?してる例もあるみたいですね。
ネット関連は人のうわさも45日どころか何年も残るのが恐ろしい

投稿: | 2013年7月20日 (土) 07時41分

ワープア弁護士も新たな市場を開拓できてよかったじゃないかw
こういう仕事は年寄りよりも若手弁護士向きだしなww

投稿: aaa | 2013年7月20日 (土) 08時33分

なるほどたしかに若い人向けの仕事ですね。>ネットのトラブル
雇用が増えてみんな食べていけるようになればいいですね。

投稿: てんてん | 2013年7月20日 (土) 09時56分

Twitterで「私のバイト先に香川真司がご来店しました」とコンビニの防犯カメラの写真をアップして騒動に

7月19日、大学生とみられるツイッターユーザーが

「7/15(月)、朝9時40分頃、私のバイト先に香川真司がご来店しました。 しかし、その時に私はのんきに 授業なんて受けていました。
こんないい機会を私は逃しました。 とゆー訳で、香川真司選手 またのご来店お待ちしておりまーす!w 」

とツイートした。
それと一緒に、防犯カメラに映った香川選手を写メで撮影したと思われる画像をアップしている。
香川選手以外にも店員一人と客が2人写っており、7月15日の9時40分という日付も表示されているようだ。

知人と思われる他のユーザーからは「すごい」「ついてないね」といったツイートが寄せられたようだ。
また、「どこのコンビニ?」と聞かれて箱根のファミリーマートと答え、その後店名もツイートしているようである。

プロフィールには本名と思しき名前と出身の中学校と高校名、そして現在在籍していると思われる大学名と学部、
クラスまで記載してあり、「元サッカー部 よろしくお願いしまーす!」とのコメントもある。

ネット掲示板などでは、「ツイートだけでも問題なのに、防犯カメラの映像までアップするとか完全にアウトだろ」といったコメントが書き込まれて騒動になっている最中のようである。

サッカーが大好きなだけに、スターの香川選手が自分のバイト先に来店したということで嬉しくなってツイートしてしまったのであろうが、
かつては、2011年にサッカー元日本代表の稲本潤一選手がモデルの田中美保さんとお忍びデートをしているところをホテルの従業員が

「稲本潤一と田中美保がご来店 田中美保まじ顔ちっちゃくて可愛かった…今夜は2人で泊まるらしいよ お、これは…(どきどき笑)」

とツイートして大問題になったことがあった。
また、コンビニといえば、つい先日ローソンの店員がアイスケースの中に入っている写真をFacebookにアップして店舗のFC契約が解約になるなどして騒動になったばかりである。
防犯カメラの映像までアップしてしまった今回のツイートも、かなり問題になるのではないかと思われる。

http://px1img.getnews.jp/img/archives/2013/07/kagawa.jpg
http://getnews.jp/archives/382964

投稿: | 2013年7月20日 (土) 10時04分

私も馬鹿です
なのでフェイスブックもツイッターもミクシィもやりません
ブログもやりません

無知の知?

投稿: Med_Law | 2013年7月20日 (土) 18時07分

自分でコントロール出来る範囲でしか手を広げないというのも正しい振る舞いかと思います。

投稿: 管理人nobu | 2013年7月22日 (月) 14時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519753/57821576

この記事へのトラックバック一覧です: 相次ぐ炎上事件 馬鹿発見器の怖さ:

« 凋落する日医が全医師強制加入化の野望を加速 | トップページ | 今日のぐり:「台湾料理 あじ仙 倉敷店」 »