« 今日のぐり:「こんぴら市場 海鮮丸」 | トップページ | バルサルタン臨床研究疑惑の小さからざる波紋 »

2013年7月15日 (月)

今日のぐり:「ごはんや 岡山西崎食堂」

時折どうしようもないというグッズが売りに出されていますけれども、こちらもどうしようもなさではかなりの高レベルという新商品が登場したというニュースです。

もむとシャンプーが出る「おっぱい型シャンプー入れ」(2013年7月11日ねとらば)

 また1つ、天才的な発想によるおっぱいグッズ「おっぱい型シャンプー容器」が誕生しました。ネット通販サイトeBayにて、29.99ドル(約3000円)で販売されています。

 中にシャンプーを入れて使うディスペンサーで、おっぱいをもむとシャンプーが出てきます。裏面が吸盤になっており、お風呂場の手に取りやすい位置におっぱいを設置することが可能。左右のおっぱいは別の容器になっており、右にシャンプー、左にリンスといった使い方ができます。

 毎日お風呂に入るのが楽しみになりそうなこのアイテム。夢中になってもみすぎるとシャンプーがすぐなくなってしまうのでご注意を。

その実態はリンク先の画像を是非参照いただきたいと思いますが、商品そのものよりも男性の手つきの方に目がいってしまうのは自分だけでしょうか。
今日はただ単にシャンプーを使っているだけの男性に敬意を表して、人間のそれはもうどうしようもないという欲望の数々を示すニュースを紹介してみましょう。

スカートめくりで“スマホを節電”する画期的アプリ 「魔法少女サクラ」に絶賛の声が殺到(2013年7月3日EXドロイド)

「スカートめくりでメモリー開放!」。そんな刺激的なキャッチコピーで話題になっているアンドロイドアプリが「魔法少女サクラ」だ。このアプリは画面の中の二次元美少女のスカートをめくることで、スマホのメモリーを開放してサクサク動作するようにしてくれるというものらしい。
一体どういうアプリなのか。さっそく使ってみた。

アプリを起動するとサクラちゃんが登場。
「ご主人様こんにちは!起動してくれてありがとうございます」
と、笑顔で出迎えてくれる。サクラちゃんは魔法少女とのことだが、見た目はフリフリの服を着た普通の女のコ。どうやってメモリを開放するのか気になりつつ、さっそくメイン機能である「メモリ開放」を選択してみた。すると、頬を赤く染めたサクラちゃんとともに「スカートをめくってください」の文字が!サクラちゃんは、
「ちょっと恥ずかしいけどご主人様ならいいですよ…どうぞ」
と言っている。なんだか申し訳ない気もするが、頼まれたからにはめくらざるを得ないだろう。ゆっくりと指を這わせ、紳士的にスカートをめくっていくと、いただきました! ピンクの縞パンが登場した。
達成感に浸っていると、画面には「421MBのメモリーを解放しました」と出ている。このアプリはスカートをめくることによって不思議な力を発動させ、不要なタスクをキルしたり、メモリを削除して、バッテリーの消費を抑えてくれるようだ。さすが魔法少女!

そんな具合に、非常に画期的な発想のアプリだが、細部までこだわりが感じられるのが人気の秘密。スカートをめくりかけて、すぐに下ろしたりすると、
「ええ~っ!?フェイントですか~!?」
などと反応してくるあたり、芸が細かい。つい何度かスカートを無意味に上げ下げしてしまう。
また、アプリを起動するたびにパンツの色が違っている点も、かなりポイントが高い。ある時はお子様パンツだったり、またある時は大人っぽい黒のひもパンだったりする点に、開発者の並々ならぬ情熱が感じられる。ユーザーレビューでは、
「スカートもめくれて節電もできる、いいことずくめだな」
「紳士のアプリ。電池長持ちどころか、電池つきるまでスカートをめくりたい」
「天才だろ。想像に反してボイスとパンツの種類が豊富(笑)」
と、絶賛のコメントが相次いでいる。このアプリにはメモリ開放の他にも「節電設定」や「不要アプリ削除」といった機能も実装。単なるエロアプリの枠を超えた実力派と言えるアンドロイドアプリが「魔法少女サクラ」だ。レビュー欄にもある通り、パンツが見たいという衝動を節電に変えてしまうという発想は、たしかにある意味天才的。今後の発展を大いに期待したい。(町田大士)

どこが魔法少女なのかよく判りませんが、しかし何と言うのでしょうか、日本人やっぱりおかしいぞとまたぞろ海外からの声が聞こえてきそうですけれども、まあ実用性という点では役に立っていると言えなくもないのですかね…
こちらも一見すると同種アプリ…もとい、同種のアイデアに見えて実はお子様にも安心しておすすめいただけますという健全仕様?になっているアイテムのご紹介です。

パンツがスケスケ丸見えになる悪魔の実の能力に目覚めたかと錯覚するスカート(2013年6月11日ITmedia)

 これはけしからん。透視能力を使って女の子のスカートを覗き見たようなスカートが、ネット通販サイトeBayで販売されています。

 「X-Ray Vision Skirt」は両面に足と下着をプリントし、まるでスカートが透けているかのように見えるデザイン。丸見えではなく薄くスカートの柄も見えているあたりに「透視してる」感があります。もちろんパンツじゃないから恥ずかしくありません(たぶん)。

 実際に街で見かけたらドキッとすること間違いなしのこのスカート。約22ドルで販売されています。

根本的な問題はこれを履いて街中を闊歩していただける女性を見いだすことが、生下着を見せてくれる女性を見いだすよりも下手するとハードルが高いということなのですが、その辺りがより一層の普及に立ちはだかる課題かと思われますね。
ドイツ人と言えば真面目で堅物というイメージがありますけれども、性に関してはいささかどうなのかと思わされるのがこちらのケシカラン新商品です。

男性&女性用ソーセージに抗議、ラベルに写る男女の写真が性差別的?(2013年7月11日ナリナリドットコム)

先日、ドイツで発売されたソーセージの新商品が物議を醸している。そのソーセージが“性差別的”として、ある女性ジャーナリストが問題視。これがメディアで取り上げられ、ちょっとした話題を呼んでいるようだ。

独ニュースサイトのザ・ローカルや英紙デイリー・メールによると、問題のソーセージを売り出したのは独大手スーパーのEDEKA。同社は先日、グループ食肉部門のRasting社がバーベキューシーズンに合わせて開発したという、ソーセージの新商品2種類を発売した。1つは太くて強いスパイスを効かせた1本100グラムのソーセージ、5本入りで2.99ユーロ(約390円)のパック。もう1つは、1本50グラムと細く、食べやすいサイズにした5本入り1.99ユーロ(約260円)のパックだ。

一見、ただのソーセージの新商品なのだが、問題は2つのコンセプトにある。大きいソーセージのパックには、魅惑的なドレスを着た女性が写るラベルが貼られ、“男性用”と銘打たれて販売されており、細い方には筋骨隆々な上半身裸の男性の写真をラベルに使って“女性用”として販売。EDEKAでは、食欲旺盛な男性には「心から楽しんで」大きなソーセージを食べてもらい、同時にスリムなスタイルを望みがちな女性も一緒に食べて「喜んで欲しい」と、それぞれの需要に合わせた“男性用”“女性用”を考え、発売したと説明している。

このソーセージに「耐えられない」と怒りを見せたのが、“フェミニストジャーナリスト”として活動しているスーザン・エンツさん。彼女は商品を見たとき、ほとんどの消費者が「冗談と捉えて反応する」のは理解したそうだが、商品名やラベルの表現方法などが、一般的な性差イメージを面白おかしく利用した“性差別的”なやり方だと、EDEKA社の姿勢に疑問を感じたという。

そこでEDEKA社幹部に直接疑問を訴える手紙を出し、「市民の認識に影響を及ぼす、男女平等概念の邪魔になるもの」と主張したというエンツさん。ザ・ローカルの取材に対し、彼女は同性である自分のパートナーとも考えを共にしたと明かし、自分たちのような意見があることも「伝えたかった」として見解を求める行動に出たと説明している。

エンツさんによれば、EDEKA幹部から返事は返ってきたものの、商品のコンセプトや素材の違いについて説明があっただけで、彼女が訴えた男女平等に関する見解については「言及を拒んでいた」そうだ。

今回「日常的に性差別について話すのは重要」として行動したと話すエンツさん。それに対し、例えばある政治学者は「マスタードにも男女、子ども用としたものがよくある」と話すなど、エンツさんの過敏とも取れる行動に疑問を呈す声はもちろんある。

とにもかくにも、今回はコンセプトばかりが注目されたこの新商品。今度は味のほうで話題になってもらいたいところだ。

日本人的な感覚ですとやや食欲をそそるに問題があるのかなと思わないでもないパッケージデザインは是非元記事で確認いただきたいと思いますが、これは日本で言うところの夜のお菓子的なナニということなのでしょうか。
先日は父の日商戦で登場したリアル親父体型のマネキンが話題になりましたけれども、こちらまた強烈なインパクトのあるマネキンが揃った国があるそうです。

「うわ、パナマのマネキン人形ってこんなことになってるのか…」他国とは何かが違うデザイン(2013年5月23日らばQ)

パナマ運河でおなじみの、北米と南米の境に位置するパナマ共和国。

その首都であるパナマ市では、マネキンのデザインが他国のものとは、少しばかり異なるそうです。

訪れる人が「こんなのパナマだけ…」と驚くと言う、マネキンの姿をご覧ください。
(略)
パナマ在住という方のこちらのブログによると、パナマ女性は実際にこんな風に着こなしている人が多いのだとか。

でもそれってつまり、こんなサイズの人が多いと言うことですよね。

ちなみにらばQでも、以前パナマ女性に関する以下の記事をご紹介したことがありました。

うーむ。パナマ女性、恐るべしです。

恐るべしと言うべきかケシカランと言うべきか何とも微妙なその実態は是非元記事の写真を参照いただきたいと思いますけれども、これがパナマ女性のリアルな実態を示しているのだとすれば何とも…ケシカランですな…
人間の欲望に率直に生きるということはある種の羨望を呼ぶ場合がありますけれども、率直すぎることもしばしば社会的波乱を呼ばずにはいられないというのがこちらのニュースです。

女子高生が困惑! 透ける制服を採用して下着が見える状態に / 高校コメント「透明度は常識の範囲内」(2013年5月22日ロケットニュース24)

5月~6月に行われる学校の衣替えはひとつの風物詩だが、ある高校の夏服が物議をかもしている。なんと布が薄すぎてまるで網戸のよう! 着ていても中が見えてしまう「透明制服」状態だというのだ。

制服について女子生徒が「下着が丸見えで恥ずかしい!」と困惑しているのに対し、学校側は「透明度は常識の範囲内だ」と主張しているのである。

・透ける制服
「透ける制服」が採用されたのは、中国・河北省の正定一中だ。先日、高1と高2の生徒に夏服としてシャツと紺色のジャージのズボンがを配布された。夏服は生徒が快適に過ごせるよう冬服よりも薄い素材で作られるのが一般的だ。

だが、配布された制服を見て生徒たちは驚いた。夏服の生地が「薄手の布」を通り越して、まるで網戸の網! これでは下着が丸見えになってしまう。

・女子生徒「パンツの色や輪郭が見えて恥ずかしい」「友達に笑われた」
ある高2女子は寮に帰って早速着てみたそうだ。すると予想通り! 新しい制服からは下着が透けて見えていた。ルームメイトからも「制服の上からパンツの色が見えてるよ」と笑われてしまったそうだ。

さらに別の2年生の女子は「パンツの輪郭までクッキリ見える。色も黒なら黒、赤なら赤とハッキリわかるし、模様も全部透けて見えるんです」と話している。ほかの生徒からも「男子に見られたら恥ずかしい」、「もう制服を着たくない」、「制服の下にもう一枚着るしか……」と困惑の声が出ているという。

・保護者の声「発育期の女の子に着せるのはどうかと思う」
この透明な制服に対してある保護者からは

「もし大人が着るのであれば、それほど問題にならなかったかもしれません。しかし、高校生の制服となると話は別です。高1や高2は発育段階です。制服のデザインが心に影響するなどあってはならないことだと思います」

「特に女子は体の変化も大きく、他人の反応に対してとても敏感です。透明すぎる制服は知らず知らずのうちに子どもの心に影響を与えると思います」

と、生徒の心理的な負担を危惧する声が上がっている。

・学校は「透明度は常識の範囲内」と認識
生徒や保護者からは困惑する声が上がっているものの、学校側は「透明度は常識の範囲内」とコメント。制服は保護者の意見も取り入れつつ、信頼できる工場に委託、公的な審査もパスしたものだと自負しているそうだ。

涼しさを追求した結果、網状の布が採用されたというが、生徒が透けないように厚着をして熱中症にでもなったら元も子もない。なお制服の返品はできないという。何か良い対策が講じられると良いのだが……あなたはこの「透明制服騒動」、どう思われるだろうか?

これまた元記事の写真を見る限りではいやまったくこれはケシカランですな中国人はというニュースなのですが、やはり地球温暖化も進んでいる折こうした実用的なアイデアを促進していくことも必要なのではないでしょうか。
この種の話題になりますと欲望の方向性そのものが斜め上方向に逸脱気味なのがご存知ブリというものですが、こちらは一体どういう需要を想定しているのかという新商品です。

【海外:珍商品】絶対食べたくない!リアルな○○○の形をしたチョコレート、高級感たっぷりで販売中(2013年6月6日日刊テラフォー)

チョコレートが大好きな人はたくさんいる。筆者もその一人で、ビターチョコレートから甘~いミルクチョコレートまで、色々な種類のチョコレートを食べてみたいと思う。
だが、それでも、絶対に食べてみたいとは思わないチョコレートがある。
それは、イギリスのチョコレート製造会社が販売している“肛門型チョコレート”だ。

その名も『食べられる肛門』は、リアルにお尻の穴の形をしたチョコレートだ。会社一押しの美しいお尻モデルのお尻から作った型にチョコレートを流し込んで製造しているのだから、肛門に見えない方がおかしいというものだ。

高級感たっぷりの『食べられる肛門』のホームページによると、チョコレートそのものは、手作り・無添加なので、安心して食べられるようだ。
また、ホームページには、「肛門チョコレートは、すべての家族に最適なギフトです」と綴られている。

お笑い好きの家族ならまだしも、厳格な家庭にこんなチョコレートを贈ったら、一発で軽蔑されてしまいそうだが…。
逆にプレゼントとしてこのチョコレートを受け取った場合も、最初こそ笑って盛り上がったとしても、最終的には複雑な気分になってしまうだろう。
「どうして私は、こんなチョコレートを贈られたのだろう…」
とても一人で食べる気にはならない。

そんな訳で、「肛門チョコレートはちょっと…」という方には、同じホームページで約4万円相当のシルバーの肛門型の置物も販売されているので、そちらをどうぞ。

写真を見る限りその部分だけを取り出されても困るかなとも感じる自分はブリ的価値観にはほど遠いのでしょうか、それにしても置物の方はどのような需要を想定しているのでしょうかね…
最後に取り上げますのも同じくブリからの話題ですが、これまた何ともそのものズバリな…としか言いようのないニュースです。

教壇にポルノ女優?英国で性教育授業(2013年6月18日ニッカンスポーツ)

 英国で、ポルノ女優が学校の教壇に立つ可能性が出てきた。地元各紙の報道によると、ケンブリッジの中等教育学校の名門校、レイズスクールのマーク・スレイター校長は、性教育の授業でポルノ女優をゲストスピーカーに招く意向を明かした。「生徒にとって価値があり、いい影響があるならば、先生として招くべきだ。過去の経歴だけで敬遠してはいけない」と話した。ポルノ動画がネット上にあふれている現状などを授業で教えることが目的。品行方正で適切な意見を言える女優を選ぶが、売春婦は対象にしない。

 レイズスクールは1875年創設。11~18歳の約550人が学ぶ全寮制の私立学校だ。公式ホームページによると、伝統の価値と未来の創造を融合した教育を行うという。

さすがに輝かしいブリ的歴史と伝統を誇る名門校だけに素晴らしくブリ的精神に満ちあふれたアイデアだと言えますが、しかしこの堂々たる主張にはさすがに誰一人反論は出来ないことでしょう。
ところで品行方正で適切な意見を言えるポルノ女優と言われればなかなかに人選も難航しそうではありますから、やはりそこはブリ的精神に満ちあふれた聖職者サマとジャガイモをお呼びすべきではなかったでしょうか?

今日のぐり:「ごはんや 岡山西崎食堂」

最近やたらにあちこちで見かけるのがこちらのセルフ食堂なのですが、こちらに限らずオフィス街や学生街の昔ながらの定食屋に変わって郊外に広い駐車場を備えた店舗が増えていますよね。
窓も広く小綺麗にしてあり当然明朗会計でもありますから、華美を求めない今の時代こうしたスタイルの方が入りやすいということなのでしょうか、どこもそれなりにお客さんが入っているようです。
やや食事時を外した時間帯にも関わらず意外に盛況で家族連れも多かったのですが、まあ小さい子がいるとこういうお店が便利ですし、幼少期からジャンクフードなどに走るよりはよほど健全だとは思いますね。

例によって同行者とシェアしながら適当につまんでみたのですが、飯屋の基本とも言える飯はやや硬めの炊き具合で味もまずまず、特記するほどうまくはないにしても大衆向けの店として十分許せる範囲でしょう。
これに合わせた豚汁は熱々なのはいいですが、もう少し実だくさんならもっといいかなと言うところで、この辺りは豚汁を汁と考えるかおかずの一つと考えるかによっても受け取り方が違いそうに思います。
定番おかずのひじきはまあ標準的で可もなく不可もなく、茄子煮浸しはごくあっさりとした薄味ですが茄子そのものの自然な甘さがいいですね。
ワカサギ南蛮漬けは漬かり具合も程よくなかなかいい案配、キュウリとワカメの酢の物は酢そのものの味が少し尖っているかなと思いますがこの辺りはコスト的制約もあるのでしょうか。
ゴボウきんぴらはよく言えばゴボウの味が濃厚とも言えますが、調理前に少し水にさらしてアクを抜いてもよかったかも…と感じる味でした。
見た目それなりにボリューム感のあるトンカツは揚がりすぎでサクサクと言うよりカリカリなせいか肉の味はイマイチですが、こういう具合に仕上げるのなら薄く伸ばしたチキンカツの方が合いそうですね。

全体的には思ったほど濃すぎない味で日常の用には十分許容範囲かなとも思うのですが、ただ一見安上がりなようでも調子に乗って好き放題に選ぶと必ずしも安くはないような気もしますね。
接遇面ではまったくのところ愛想はないんですがセルフとはこういうものでしょうし、狭いながらも男女別でトイレがまずまず綺麗なのも好印象でした。
しかし休日の客層として家族連れはまだしもカップルでこういう店に入っているというのは本当に時代を感じたのですが、案外こういうところで何を食べるかを見ていると人間の奥深いところが見えておもしろいのかも知れませんね。

|

« 今日のぐり:「こんぴら市場 海鮮丸」 | トップページ | バルサルタン臨床研究疑惑の小さからざる波紋 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

女性向けソーセージってもっとぶっといのでもいいよねw

投稿: | 2013年7月16日 (火) 23時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519753/57787493

この記事へのトラックバック一覧です: 今日のぐり:「ごはんや 岡山西崎食堂」:

« 今日のぐり:「こんぴら市場 海鮮丸」 | トップページ | バルサルタン臨床研究疑惑の小さからざる波紋 »