« 壮大なセルフネガキャン…もとい、単なる誤解だった? | トップページ | 国策によるジェネリック推進 「安いから」だけでいいんですか? »

2013年6月 2日 (日)

今日のぐり:「ステーキガスト 岡山下中野店」

先日はこういう記事が出ていたのですが、似ていると言えば似ている…のですかねえ…?

【雰囲気】えっ?やかんがヒトラーにそっくり(2013年5月29日日刊テラフォー)

アメリカ・ロサンゼルスで新しく発売されたやかんが、ナチス指導者のヒトラーに似ていると論争を巻き起こしている。

「やかんがヒトラーに似ている」とは一体どういうことか?
話題になっているJ.C.Penney社が新しく発売したやかん『Michael Graves Design Bells』と『Whistles Stainless Steel Tea Kettle』を見てみると、確かに均一なカーブを保っていない少し特徴的なやかんの取手部分がヒトラーの七三の髪型、上を向いた注ぎ口が「ハイルヒトラー!」とナチス式敬礼をしているように、見えなくもない。
だがもちろん、発売元がそんなことを意図しているはずもなく、どちらのやかんも価格40ドルで普通に売られていたのだが、一人がやかんの写真をTwitterにアップして、つぶやいたことがきっかけで、大論争へと発展した。

『J.C.Penney社のやかんを見るたびに、ヒトラーを連想させられる。マジで、このやかんはヒトラーそっくり!』
『J.C.Penney社のやかんは、お断り。ヒトラーのやかんなんて、絶対欲しいと思わない。』
『私は昨日、このやかんを見たけど、ボーイフレンドに頭がおかしいって言われた。でも、このやかんがヒトラーに見えるのは私だけじゃないって分かって、今はホッとしています。』

など、Twitterや様々なSNSに“ヒトラーのやかん”について投稿されている。
もちろん、

『私は毎日このやかんの看板広告を見ているが、ヒトラーになんかまったく見えないし、そんなこと考えたこともない。』

という意見も見られる。
やかんにまで影響力を及ぼすとは、ヒトラーの征服欲は半端ない。

リンク先の画像を見ていただきますと、言われてみればまあそう言う風に見えないこともないかな…とは思いますけれどもね。
本日は今や絶讚売り切れ中の大人気という問題のやかんに敬意を表して、世界中から似ていると言えば似ている?と言う類似性を感じさせるニュースを紹介してみましょう。

もうやだこの国・・・電車内にリアルのび太が登場し話題に(2013年4月15日秒刊サンデー)

以前も話題になりましたが、あらたな「リアルのび太」が登場し話題になっております。こちらののび太は服装はもちろん、メガネやランドセルといったアクセサリーに至るまであらゆるパーツにおいてアニメののび太を再現している。周囲にドラえもんはいないようだが、果たしてこれはどのような意図でコスプレをしているのだろうか。

写真を見ていただけると分かる通り服装、メガネ、ランドセルといったあらゆるーパーツにおいてのび太というキャラクターの再現性を高めているだけでなく、タケコプターまで装備するという徹底ぶり。ただ、タケコプターを装着しているにもかかわらず、電車にのるというのはいかがなものかという意見もあるが、それにしても以前ネットで話題になった「地下鉄ののび太」に比べ飛躍的に再現性が高くクオリティも高い。

山手線に『リアルのび太が現れた』と話題に

それにしてもこののび太のコスプレに周囲は全くお咎め無しのようで、まったくもって自然に溶け込んでいるのは素晴らしい。お咎め無しと言うよりもむしろ関わりたくはないという可能性も高いが、ネットではこののび太に多くのユーザが評価をしている。

ーTwitterの反応

・嘘だろ?!((((;゚Д゚)))))))
・うおー
・タケコプターあるなら電車に乗る必要性が・・・
・日本て素敵♡
・タケコプターつけとるがな
・もうやだこの国
・うわぁぁぁぁl
・この人加瀬亮ににてるんだよなあ
・タケコプター装備済
・かわいくて悶える

いつかドラえもん・ジャイアンなどのキャラクターとも共演し平成を装いながら地下鉄を利用していただきたいものだ。

元記事の写真に現れているように狙いすぎと言う声もありますけれども、しかし周囲の人々もリアクションに困ったのでしょうか、あえて視線をそらせているようにも思えますね。
同じく日本初の超有名キャラと言えばあのゲームのあれですけれども、それがなんと実在していたという驚くべきニュースが飛び込んできました。

リアルピカチュウは猫だった?とりあえずゲットだぜ!(2013年5月30日カラパイア)

 ポケモンマスターを名乗るからには、長年のセンター的立ち位置をキープしていたピカチュウをゲットしないことにははじまらない。というわけで2人のおにいさんが向かった先はトキワの森、じゃなくって近所の空き地だった。

 そしてとうとうリアルピカチュウをゲットすることになるのだが・・・

The Hunt for Pikachu

 リアルピカチュウはどうやら猫だったらしい。とりあえず技が出せるようなので本物には間違いがないみたいだ?

いやまあね…確かに必殺技はすごいですけど、ピカチュウってネズミじゃないの?などと野暮なツッコミをしてしまうのもいけないことなのでしょうか…
本来似せる意図もないものが思いの外似てしまうということはままあることですが、こちらどうやら観光名所にまでなってしまったという話題のものを紹介しましょう。

ニワトリの顔そっくり…フロリダの教会が「かわいらしい」とファンクラブまで作られる(2013年4月13日らばQ)

アメリカ・フロリダ州タンパベイの海辺にある教会は、ある特徴によって観光客が多く訪れるスポットとなっているそうです。

そのある特徴とは……ニワトリの顔に似ていること。

そのかわいらしさからネット上にファンクラブまで作られたと言う、ユニークな建物をご覧ください。
(略)
このかわいらしいチキンフェイス(アングリーバードに似ているとの意見もあり)がインターネット上で広まり、予想外の人気観光スポットとなっているようですが、教会の牧師さんは観光目的の写真撮影を推奨しているとのことです。

陽気なフロリダの海辺でこんなかわいらしい建物を見かけたら、余計に気分が明るくなりそうですね。

ニワトリと言うのか不思議な生物というのかは何とも言いかねますけれども、妙に愛嬌があるのは確かなようです。
こちら似てしまってはいけないものが似てしまい大変なことになったというニュースを紹介してみましょう。

靴から放屁似の音、デート失敗…販売店に慰謝料請求=中国(2013年5月21日サーチナ)

  中国の武漢市江夏区に住む男性が、買ったばかりの靴から放屁のような音がしてデートが台無しになったとして、靴の販売店に対して返品と慰謝料を請求した。行政当局が仲裁して、店は靴の中敷きの交換と見舞金を支払うことで結着した。中国新聞社が報じた。

  男性の名は楊さん。29歳になるが、これまで恋人ができなかった。そこで職場の同僚に女性を紹介してもらった。「結婚も視野」として初デートに臨むことになったという。

  中国では「男は足元、女は容貌」と、男性は靴などのおしゃれに気を使うべきとの言い方がある。楊さんは相手女性によいイメージを持ってもらおうと、デートに備えて新品の靴を買うことにした。訪れた靴屋で、店員が「通気性があり健康にもよい」と勧める革靴を購入したという。

  デートは順調だった。武漢市内でも有名な行楽スポットである譚〓培公園に行き、遊んだ。楊さんだけでなく、女性も十分に楽んだ。(〓は「品」の「口」を「金」に変える)

  ところが帰りのバスの中で思わぬ事態が発生した。靴から時おり「プー、パー」という音が響いてきた。まるで放屁のような音で、周囲の乗客はふたりを避けて移動した。楊さんに「公共の場所での礼儀を知らないのかね」と注意する乗客もいたという。

  楊さんは女性に「屁ではありません。靴から出てくる音です」と説明しようとしたが、しどろもどろになってしまった。女性は顔を赤らめ、最後には逃げて行ってしまった。

  楊さんは、「人前で濡れ衣を着せられた。結婚にも失敗した」と激怒して、靴を販売した店に怒鳴り込んだ。楊さんは返品と慰謝料を請求したが、店側は「靴の履き方が悪い」として拒絶した。

  おさまらない楊さんは、消費者のクレームを処理する行政の商工部門に訴えた。商工部門の担当者が靴販売店に足を運んだ。店側は、靴が製造品規格に合格しているとの証明書を示した。

  「異音の発生」について尋ねたところ、店側は通気機能を持たせるために中敷きに小さな穴を開けており、化学繊維の靴下を履いていた場合、静電気の関係で靴下が中敷きにへばりつき、空気の流れにともない異音が発生する場合があると説明。木綿の靴下なら、異音が発生することはないと付け加えた。

  商工部門の担当者は「店側には、販売時に使用上の注意を詳細に説明しなかった落ち度がある」と判断。店側が楊さんに謝罪するとともに見舞金を支払い、靴の中敷きを交換することを提案した。楊さんと店は、商工部門担当者の意見に従うことにした。
(略)

まあしかしお気の毒としか言いようがないトラブルですが、大事なときにははき慣れた靴を履いていくのがよろしいですな。
似ていると言えば似ているし、似て異なると言えば異なっているという、いささか強引なこちらのニュースを紹介してみましょう。

そこらへんにあるものでとりあえず間に合わせてみました画像40選(2013年4月8日Pouch)

人生において、ふいにやってくるピンチ。そんなとき必要なものがすべて手元に揃っている、なんてことはまずあり得ないと思ってよいでしょう。

海外サイト『AcidCow』には、そんな緊急事態に陥ってしまった人々がおこなった応急処置アイデアがてんこもり。人間、なきゃないでどうにかしてしまうものなのだな……としみじみ感じずにはいられない、大胆不敵な対処法が満載です。

「今この瞬間だけ役に立ってくれればよい」という程度の処置や、「もうこのまま貫き通してしまえ!」という上級者レベルの処置。しかし皆それぞれに共通しているのは、「振りきった思い切り」。ホントね、もうこのひと言に尽きます、ハイ。

身近にあるものが、いざというときあなたのピンチを救ってくれる。いつか来るその日のために、ご紹介するアイデアの数々を記憶の片隅に留めておいていただければ幸いです。
(略)

リンク先の画像から判断する限り、肯定的に考えるとよく思いついたというアイデアが多いのですけれども、なんでしょうねこの猛烈なやっつけぶりは。
最後に取り上げますのは思いがけないところで現実となった他人のそら似というものなんですが、まずは記事から紹介しましょう。

絵に描いた“理想の夫”と結婚、そっくりの男性が人生の伴侶に。(2013年5月28日ナリナリドットコム)

あるアマチュアの女性画家が独身の頃、“理想の夫”を思い描いて一枚の油絵を制作しました。そして数年後、彼女の人生の伴侶となったのは、まさにその絵にそっくりの男性だったそうです。

英紙デイリー・メールなどによると、英国出身のクロエ・マーヨさん(31歳)は、2009年のある日、「引っ越してきたばかりの家の中を、ちょっと明るくデコレーションしようと思って」と、油絵を制作することにしました。そして、マーヨさんは「夜空の下で寄り添うカップルの絵」というアイデアで絵を完成させます。そこには赤いドレスを着た女性と、ひげを生やしたダークヘアの男性が寄り添っている様子が描かれていました。

しかし、マーヨさん。完成させた絵を飾ることはせずリビングルームの一角に置いたまま、しばらくはその存在を忘れていたそう。そしてその後、オンラインの出会いサイトで知り合ったという、マイケル・ゴーマンさん(30歳)とお付き合いを始めたときも、最初は絵を意識することはなかったそうです。

ところが、何回かのデートを重ねるうち、マーヨさんは突然「あら? 彼ってあのときの絵の中の男性とそっくりじゃない!?」と気が付きました。

家に帰って絵の中の男性をまじまじと見つめたマーヨさん。本当にそっくりで、最初はとても奇妙に感じたそうです。そのため、この絵をゴーマンさんに見せたら彼も奇妙に思うのではないか……と心配し、しばらくは絵がゴーマンさんの目に触れないように、隠していました。「ストーカーと思われたら嫌だったので……」。

それからしばらくして、意を決してゴードンさんに絵のことを告白。そんな彼女に彼は変わらぬ愛情を示し、出会いから数年後、フランスでのバケーション中にプローポーズを受けた彼女は、本当に“理想の夫の絵”そっくりの男性とゴールインすることになりました。

ちなみに当の油絵は、今では隠されることも無く、彼らの家の壁に飾られているそうです。

どのくらい似ているかは元記事の画像を参照していただきたいと思いますけれども、それにしてもさすがにブリと言うべきでしょうか、男性の好みもなかなかに渋いですね。
潜在意識下での願望が実生活での恋愛行動に反映された、などと理屈付けはいくらでも出来るのでしょうけれども、ロマンチックな絵にふさわしい偶然がハッピーエンドに結びついたのだと解釈しておくべきなのでしょう。

今日のぐり:「ステーキガスト 岡山下中野店」

ファミレスの類にはあまり行かないので詳しくなかったのですが、多種多様な店舗展開をしている「すかいらーく」グループの中でもこちら「ステーキガスと」は普及価格帯のステーキ店ということになるのでしょうか。
特にランチはバイキングを中心に売り出しているようですがすぐ隣のミスターバーグも含めて近隣には似たような業態の飲食店も多いようで、周囲にはオフィス等も多いだけにこうした安価なバイキングスタイルというのは需要が堅いのでしょうね。
今回はステーキ肉切り落としの焼肉ランチにサラダバイキングをつけましたが、メインの料理を決めてサラダバー等(食べ放題または一回きり)をセットするという形で、サラダバー以外にもカレーなども用意されているようです。

とりあえずお皿を受け取ってサラダバーに行ってみたのですがなかなかラインナップが独特で、全体にコストはかけていないのはまあ仕方ないとしても、切り干し大根はまだ判らないでもないんですが豆腐ってどうなのか?と思いつつ思わず全種類少しずつとってしまいました。
ちなみにこの豆腐、木綿豆腐なのは珍しいんですがあまりうまいわけでもなく、野菜に引かれて手を出した少し酸味の強すぎるミネストローネなどを始め他のメニューも味の点では全くどうこうと言うべきものではないんですけれども、サラダバーのワンプレートだけでも結構満腹になってしまってパンやカレーなどは手が出なかったくらいですから食べ放題にしなくとも十分という気がします。
そうこうしている間に少し遅れて出てきたメインの料理はどんなものなのかと思っていましたら見るからに焼肉ランチ風の仕立てで、味の方も焼き肉屋というよりは一昔前の大衆食堂の焼肉ランチレベルなのが残念ですけれども、それでも同じ肉ならステーキよりもこちらの方が多少なりとも野菜も入るだけヘルシーでしょうか?

肉をがっつりというのには向かないにしろサイドメニュー中心に食べればそれなりのコストパフォーマンスとも言える一方、冷静になれば野菜主体のバイキングならもっと充実している店もあるわけなんですが、しかし牛肉=高級品という自由化以前の世代はともかくとして、今の若年層にこういうスタイルはどの程度魅力的に映るものなのでしょう?
ともかくも相応に需要はあることを示してか昼食時にはしっかり繁盛はしているようですが、営業時間は通常店並みなのは少し意外ですけれどもあくまでもランチ主体で低コスト運営をしているということなんでしょうか、もちろんディナーにわざわざ食べに来るような店でもないでしょうから正しい戦略だと思います。
さして広くない店内ですがきちんとテーブルに呼び出しボタンを備えているのはよいですし、接遇面は基本的には放置だとは言え特にマニュアル対応という風でもなく、特に年齢層の高い店員さんは尋ねればあけすけな本音トークで詳しくおすすめを教えてくれるのがファミレスらしくなくて面白かったですね。

|

« 壮大なセルフネガキャン…もとい、単なる誤解だった? | トップページ | 国策によるジェネリック推進 「安いから」だけでいいんですか? »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

>アメリカ・ロサンゼルスで新しく発売されたやかんが、ナチス指導者のヒトラーに似ている

嘘かと思ったらかなりそっくりw

http://zoom.jcpenney.com/is/image/DP0207201317031313M.tif?hei=350&wid=350
http://stat.ameba.jp/user_images/20120727/11/halu7100/75/02/j/t02190230_0219023012101033131.jpg

投稿: konta | 2013年6月 2日 (日) 18時40分

>http://stat.ameba.jp/user_images/20120727/11/halu7100/75/02/j/t02190230_0219023012101033131.jpg

まちこ!それヒトラーやない!コメディアンや!

投稿: aaa | 2013年6月 3日 (月) 08時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519753/57500726

この記事へのトラックバック一覧です: 今日のぐり:「ステーキガスト 岡山下中野店」:

« 壮大なセルフネガキャン…もとい、単なる誤解だった? | トップページ | 国策によるジェネリック推進 「安いから」だけでいいんですか? »