« 緊急警報!危険な殺人食品が野放しに! | トップページ | 上小阿仁村問題 週プレが村民取材を敢行 »

2013年1月 6日 (日)

今日のぐり:「餃子の王将 東岡山店」&「餃子の王将 下中野店」

先日の大晦日に放送された紅白歌合戦はなかなか好評だったようですが、とある国の人から見るとこのような感じであったそうです。

日本の病理は多様性がないこと(2013年1月2日ワイアレスワイアニュース)

現在家人(イギリス人)と日本の実家に滞在中です。
実家は神奈川県の某ブルーカラータウンにあります。家人はここを「日本のニュージャージー」「日本のエセックス」と呼んでおります。この村町にぴったりなのはブルース•スプリングスティーンが延々「アメリカで生まれた、アメリカで生まれた、アメリカで生まれた、おーいいぇー」と歌う例の歌だそうであります。地元駅前で一番栄えているのはパチンコ屋、周囲に広がるのは田んぼです。
この地元において、ワタクシの同級生は一家夜逃げしたとか、30過ぎて未だに一度も定職に就いたことが無いとか、未だに改造車に乗ってるとか、子供は一歳児なのに頭髪ブリーチ済みとか、葬式の香典が盗まれるとか、そういう感じです。この地元において、「良い」と言われている仕事は、某社の飲料水製造ライン、自動車製造ライン、田んぼの中で密かにネギトロを作っている工場(ここでは日本語は通じない)であります。

そのような町にある我が実家(床が抜けており雨戸落下)にて、家人、母、ワタクシでまったりと紅白歌合戦を見ておりました。
家人はこの番組を「ジエンドオブイヤーソングショー」と呼んでおりとても楽しみにしております。
なぜなら、このショーには、ヨコハマシスターズなる歌手がでて、謎のモールス信号の様な鼻歌を「ララッラらりほーアーホヤーアギいいいいい。こけー」と歌ってくれるからだそうです。(誰やそれ)「あきょー、ごげごげ、ぴんぴんぴん、おーーーー love you happy life ぎょへーあいーSayonaraほげー」と歌ってくれるラブラブボーイズなるアイドルの登場も心待ちにしています。(誰やそれ)ちなみに、このソングショーは高須クリニックの宣伝の次にお気に入りです。家人は高須医院長を「ジャパニーズドナルドトランプ」と呼んでおります。

さて、例年の様に家人はこのソングショーのことを批評し始めました。イギリス人の生き甲斐は悪口ですから悪口を言っていないと死んでしまうのです。
「うー、このソングショーは多様性を欠いている。出演者は尻をハックされたボーイバンド(歌も踊りも酷い男のアイドルグループ)、ガールバンド(歌も踊りも酷い女のアイドルグループ)、賞味期限切れの老いぼれ歌手、マンインドラーグ(女装したオカマ)しかない。外国人歌手はいない。ロックやレゲーやオペラや伝統音楽はいない。本当に流行っている歌手はでない。つまり、多様性が無いということだ。これが国民的ショーというのは大変日本的だ。日本の病理って多様性が無いことだからね。誰もこれが変だとかつまらないと言わないんだろう。つまり、そこだ、問題は」
プラズマを発生するコピー機を上に作れと言われても誰も反撃しない、必要の無い業務まで英語で遂行されることを命令されて業務が滞っても反撃しない、大間違いなことばかり言っている経済評論家がテレビから駆逐されない、自称多国籍企業なのに外国人が全然いないばかりか中途採用すらいない、税金がバンバン浪費されても誰も怒らない。

つまり、日本の病理というのは、意見は多様でも良い、違っても良い、ということが許容されないということなのかもしれません。「ジエンドオブイヤーソングショー」にはそういう病理が凝縮されていて、その病理に誰しも気がついているのに、誰も文句を言わないのです。
つまり、言わないという所が問題なのです。

なるほど、ブリ住人の目から見ますと紅白歌合戦という番組はこのように見えているということですか(しかし一体誰のことを言っているのやら)。
今日はありふれた歌番組にも画期的な視点の転換をもたらしたブリ的精神に敬意を表して、正直その発想はなかったという思いがけない考え方を世界中から取り上げてみましょう。

彼氏のケータイに登録されてる私の名前が「納豆(遺伝子組み換えではない)」だったショック!(2012年12月27日ロケットニュース24)

あなたの恋人が、あなたの名前をケータイの電話帳にどんな名前で登録しているか知っていますか? 「そんなの本名とかニックネームに決まってるでしょ?」と思った人は平和すぎます。

とある女性インターネットユーザーは、彼氏のケータイ電話帳に登録されていた自分の名前を見てビックリ! なんと「納豆(遺伝子組み換えではない)」になっていたそうです。仮に悪ふざけだったとしても、「納豆(遺伝子組み換えではない)」はヒドイ。彼女は、以下のような状況で彼氏のケータイを見てしまったそうです。

・女性質問者の投稿
「彼氏のケータイが家のテーブルの上においてあったので、なんとなーく電話をかけてみたら、着信の表示の名前が「納豆(遺伝子組み換えではない)」となっていました」(引用ここまで)

どうやら弾みでケータイを見てしまったそうなのですが、女性はこれにショックを受けています。そして少々ご立腹で、仕返しとして彼氏を食品名でケータイ登録する決意をしています。

余談ですが、記者(私)は後輩のケータイに「カメムシ」と登録されていたことがあります。この女性は食品なのでカメムシよりはマシだと思うのですが……。皆さんは、大切な人のケータイにどんな名前で登録されていますか?

なあに心配はいらない、ナンバーワンでなくてもオンリーワンになればいいんだからHAHAHA!と言う問題ではないんでしょうねえ…
たいていの人は嫌いではないだろうなと思う食べ物はあるにせよ、ここまで逝ってしまうと好きの嫌いのと言う事件では語れそうにないのがこちらの奇想天外な新製品です。

高級品の“首に巻くベーコン”、ベーコンに包まれて幸せな気分に?/スイス(2012年12月18日ナリナリドットコム)

米国人のベーコン好きは、とても熱狂的。なにしろベーコンを食べることだけに限らず、ベーコンを模したグッズ(絆創膏、クリスマスの飾り、コスチュームなど)や、ベーコンの香りがする香水、さらにはベーコン味のお菓子(キャンディー、ガム、ジェリービーンズなど)と、不思議なアイテムがたくさん存在しています。

しかし、そんな“ベーコン愛”から生まれた妙なアイテムは、米国だけの専売特許ではありませんでした。あるスイス人のデザイナーが制作したスカーフは、なんと色も形もベーコンそっくりという驚きの品。発案者の女性デザイナー・Natalie Luderさんの公式サイトなどによると、彼女は以前から「食べ物にインスピレーションを受けて生まれた作品」を発表し続けており、今回のベーコン・スカーフもそうした作品群のひとつというわけです。

「Fou Lard」と名付けられているこのこのベーコン型スカーフ、実はそのネーミングには言葉遊びも絡んでいます。フランス語でスカーフのことを「foulard」と言いますが、この単語を途中で区切って「fou lard」にすると、「狂ったベーコン」という意味になるのです。なるほど、こんなところからもLuderさんはインスピレーションを受けたのかもしれませんね。

ちなみにこの「Fou Lard」はLuderさんの公式ページで購入も可能。商品説明によると、「クレープデシン(フランスちりめん)」という折り方で作られており、使用している素材は100%シルクの高級品です。しかも160スイス・フラン(約14,600円)と、ジョーク・グッズとしてはなかなか手を出しにくい価格。でも、ベーコンを愛してやまない人々にとっては、決して高い買い物ではないのかもしれませんね。

リンク先の見るからにご満悦と言いたげな写真の数々を見てみればいったいどこまでベーコン好きなのか?と思ってしまいますけれども、いくら何でも肉を首に巻こうとはなかなか思いつかないですね。
意外にもこの方面でたがが外れてしまっている様子なのがこちらの国ですが、先日以来論争中のあの事件に対してこんな対抗策を講じようとしているようです。

「ガンマン教師」誕生?=相次ぐ法整備の動き-米(2012年12月28日時事ドットコム)

 【ロサンゼルスAFP=時事】米北東部コネティカット州の小学校乱射事件を受け、米国で銃規制を求める声が高まる半面、教師の武装化に向けた動きも活発化している。複数の州で「武装教師」の認可に向けた法整備の動きがあるほか、射撃講習に教師が殺到する州もある。
 西部アリゾナ州では、教師に学校への武器携行を認める法案が準備されている。司法当局幹部は、全学校への武装警官配置が理想だが予算上実現は難しく、「次善の策」は教師が銃を扱えるよう訓練することだと提言する。このほか、南部フロリダ州や中西部ミネソタ州など5州で、銃支持派議員が数カ月以内に教師の武装化を認める法案を議会に提出する方針だ。

なるほどその手があったか!と思わず小膝叩いてにっこり笑…うというわけにもいきませんが、こういう考え方もまたお国柄ということなんでしょうかね。
同じくこちらもお国柄というものですが、世界最大の自販機大国日本ですらここまではやらなかったというびっくり自販機の登場です。

キャビア自動販売機が話題に、1台の中に総額400万円分をストック。/米(2012年12月5日ナリナリドットコム)

米ロサンゼルスのショッピングモールに、高級食材キャビアが購入できる自動販売機が登場し、話題を呼んでいます。

公式サイトや米放送局NBCなどによると、このキャビア自動販売機を考案したのは、カルフォルニア州にある、グルメ系食材を取り扱うビバリーヒルズ・キャビア社。米国でクリスマス商戦が始まる11月終わりに、ロサンゼルスの3か所のショッピングモールに登場し、これといった宣伝はしていないものの、口コミでどんどん注目を集めているそうです。

気になるのはそのお値段ですが、“ひとさじ”5ドル(約410円)から、大粒で知られるベルーガ種キャビア1オンス(約28グラム)500ドル(約4万1000円)と、品質や種類、量によってさまざま。自動販売機1台の中には、総額5万ドル(約410万円)のキャビアがストックされているそうです。

このビバリーヒルズ・キャビアの経営者のひとり、ケリー・スターンさんによると、キャビア自動販売機は「若い世代にもっとキャビアを知ってもらおう」との思いから設置に至ったとのこと。しかし奇抜なアイデアに、周囲の家族や知人からは「この1年半、ずっとクレイジーすぎる」と言われてきたそうです。それだけに、実際に自動販売機を世に出し、良き反応が返ってきたことに「本当に夢が叶った」と、喜びをかみしめています。

元記事の写真を見てみますと確かに高級感漂う豪華な自販機ではあるのですが、何しろキャビア自体の需要もさることながら自販機に何万円も突っ込む気になるかどうかが勝負の分かれ目でしょうかね?
過ぎたるは及ばざるがごとしと言いますが、いくら何でもそれはやり過ぎというこちらのニュースを紹介してみましょう。

【やりすぎ注意!】空港で荷物が重量オーバー! 超過料金を払いたくないので服を60枚以上着こんでみる →怪しすぎて速攻でバレる/中国(2012年12月22日ロケットニュース24)

楽しい旅の後、頭を悩ませるのがお土産がたくさん詰まった荷物。特に飛行機の場合は、重量オーバーすると超過料金を取られるので気をつかうところだ。外箱を捨てたり、手荷物に入れたりと工夫する人も多いのではないだろうか。

先日、超過料金を払いたくないがために、とんでもない方法をとった男性がいるそうだ。彼がとった方法は衣類を全て着こんでしまうということ。3~4着くらいなら可愛いものだが、彼が着込んだ衣類は60着以上! 明らかに怪しく、これには空港職員も目をつぶれなかったようだ。

場所は中国・広東省広州市の白雲国際空港。そこに、アフリカ系の巨漢が現れたそうだ。男性は手荷物検査へ。すると金属探知機ゲートのブザーが激しく鳴り、職員が手動で検査することになった。

職員が男性のもとに駆け寄ると、とてつもない違和感が! ふっくらとした体はどう見ても男性の肉体ではない。かなりの枚数を着込んでいるようなのだ。男性は別室で検査を受けることになった。

そして、男性の服を脱がせていく。1枚1枚、また1枚。はぎとってもはぎとっても服はなくならない。全てを脱がせると、そこに現れたのは先ほどの巨漢とは似ても似つかぬガリガリの男だった。なんと男性はトップスを61着、下もジーパン9本も履いていたのである。

なお、ズボンのポケットには、乾電池やUSBメモリなどが大量に入っており、ブザーはこれらに反応したものと見られている。

動機について男性は「荷物が重量オーバーしていたが、超過料金を払いたくなかった」と話しているそうだ。気持ちはわかるが、61着はいくら何でもやりすぎだ。それにしても、その61着をどうやって着込んだのかとても気になるのだが……。もし重量オーバーしてしまったら、郵送するか、超過料金を素直に払った方が良さそうだ。

それにしても金属探知機に反応しなければこのまま通過してしまっていた可能性もあるのでしょうか、こういう状態の人間を透視装置で見るとどのようなことになるのかも興味が湧きますね。
本日最後の話題として、ゴルフ場の設計というのもなかなかに難しいものなんだそうですが、ここまでやってしまうともはや一つの新境地だろうというのがこちらのケースです。

中国の奇想天外なゴルフ場 コース内にマヤ遺跡や万里の長城も/中国(2012年12月31日CNN)

(CNN) 中国に奇想天外なゴルフ場が誕生する。巨大な「丼」に浮かぶグリーン、万里の長城のハザード、マヤ遺跡を縫うように進むフェアウエー、パンダをかたどったホールなど、これはまさにありえないスケールでプレーするミニゴルフの要素を含んだゴルフだ。

2016年のリオデジャネイロ五輪でゴルフが再び正式種目として採用されるのを前に、中国がゴルフ熱に沸いている。
「従来のゴルフが好きな人たちは気に入らないかもしれない」と語るのは、シュミット・カーリー・デザイン社の主要パートナー、ブライアン・カーリー氏だ。同社は、中国海南島で開発中の世界最大のゴルフリゾート、ミッションヒルズ・ゴルフクラブの22コースの設計を担当している。
「しかし、これは本物のフェアウエーの上で本物のクラブを使ってプレーする本物のゴルフだ」(カーリー氏)

ミニゴルフはいわばゴルフの縮小版で、ミニゴルフ用コースは通常、海辺のリゾートなどに設置されている。誰でも一度は腕試しをした経験があるだろう。規模は小さいが、面白さは普通のゴルフに引けを取らない。
好スコアを出すには、ボールを真っすぐ転がしたり、障害物に当たらないように難しい角度で打ったりするなど、通常のゴルフの技術も多少必要で、さらに運も重要な要素だ。
オバマ米大統領は、休暇中はチャンスさえあればコースに出るほどゴルフ好きで知られ、2010年の休暇にフロリダで家族とミニゴルフを楽しんだ。
大統領は最初のホールをパーで終えたが、大統領の9歳の娘のサーシャさんが見事ホールインワンを決め、世界各国の報道陣の前で父親を破った。

恐らくオバマ大統領は、カーリー氏のゴルフリゾート、ミッションヒルズ・ハイコウで開発されている斬新な新コースで自分のハンデキャップを賭けてプレーしたいことだろう。
このコースは、ミニゴルフの奇抜な要素と「大人らしい」普通のゴルフを組み合わせた全18ホールのコースで、9歳の子どもが好スコアを叩き出すことはまずないが、平均的実力のあるいわゆる「アベレージゴルファー」も何度も屈辱を味わうことになるだろう。

空想的なゴルフコース

今や中国は世界で最も急速に拡大しているゴルフ市場であり、次々と新たなゴルフコースが建設されている。しかし、どのコースもどこか「似ている」印象があることから、カーリー氏のチームは、中国の幅広い層の人々やリゾートを訪れる人々の興味をそそるようなコースを作りたいと考えた。
そこでまず、400メートルのパー4のホールでバンカー、ラフ、木の代わりに、万里の長城のレプリカを採用した。
またこのコースには、米フロリダ州のゴルフコース、TPCソーグラスにある悪名高い「アイランド・グリーン」に匹敵する難ホールがある。TPCソーグラスは、アメリカPGAツアーゴルフトーナメントの1つ、ザ・プレーヤーズ・チャンピオンシップの開催地として知られ、アイランド・グリーンはその17番ホールにある周りが池に囲まれた浮き島のグリーンだ。
2014年にオープン予定のミッションヒルズの新コースでは、池の代わりに幅80メートルの丼が設置され、丼の上には長さ50メートルの巨大な「はし」も乗っている。

強風が吹くゴルフコース

またカーリー氏は、各ティーグラウンドに「人為的に」強風を吹かせる機能を追加すると公約している。この強風はプレーヤーの基準に応じて調整が可能で、赤いボタンを押すと風が吹く仕組みだ。
この他にも、マヤ遺跡を縫うように進むパー5のホールや、北京オリンピックのメーンスタジアム「鳥の巣」をイメージして作られたグリーン、さらに中国でも人気のパンダをかたどったホールなどがある。
従来のゴルフコースでは、ホールの難易度はどのティーグランドから第1打を打つかで決まる。一流のプロたちはホールから最も遠いティーグラウンドから打つが、高ハンデプレーヤーはホールにはるかに近いティーグランドから打てる。
しかし、ミッションヒルズコースのあるパー3のホールでは、溶岩に囲まれた非常に小さなグリーンを狙うことができる。
また溶岩をテーマにしたこのホールには小さな山があり、その山に向かってボールを打つと、まるで本物のミニゴルフのように、ボールがパイプを伝ってホールの近くまで転がってくる。

カーリー氏のチームは、費用のかかるプロジェクトに着手する前に同リゾートのオーナーたちの許可を得る必要があったが、ミッションヒルズ・グループのケン・チュー会長は、カーリー氏らの熱心な支援者だ。
カーリー氏らのプロジェクトへのチュー氏の信頼が根拠に基づくものであるか否かは時間がたたないと分からないが、ミッションヒルズ・グループはすでに世界の一流プロトーナメントの開催地としての地位を確立している。
1995年には、深センにあるミッションヒルズのコースでワールドカップが開催され、さらに昨年は海南島のコースで開催された。また深センのコースでは今年、男子ゴルフの世界選手権シリーズ、HSBCチャンピオンズが開催され、イアン・ポールター(英国)が優勝した。

実際にどのようなものであるかはこちらこちらの画像を参照いただければと思いますが、いつもながら中国ですよねえ…
しかし大統領がプレイするかどうかはともかく、案外こういうところから新規のプレイ人口が増えていくこともあるのかも知れませんね。

今日のぐり:「餃子の王将 東岡山店」「餃子の王将 下中野店」

何故か同じ系列のチェーン店に立て続けに行くことになりましたが、こちら「王将」さんでは全店舗共通のレギュラーメニューさえ用意しておけば後は何を作っても自由という、チェーン店らしからぬ経営戦略を取っていることでも有名ですよね。
そのおかげでこのご時世にも関わらず順調に業績を伸ばしているということなんですが、今回訪問した二店舗もそれぞれの持ち味があるようです。

まずは東岡山店ではオリジナルメニューの回鍋肉定食を頼んで見ましたが、おかずとしてみると甘口こってり味で油もたっぷりというこの回鍋肉、野菜は少し火が通り過ぎかなという気もするのですが飯のおかずは十分務まる味と言うのでしょうか、むしろここまでこてこてですと飯抜きではちょっとつらいかなとも思えるくらいでした。
その主食である白飯なんですが、米自体の味はともかくとしてこういう店には珍しくわりあい硬めで粒もしっかりしており、案外よかったかなと思いますね。
つけあわせの中華スープなどはいかにも王将らしいと言った感じの味で、今の時代に合わせてもう少しリファインした方がいいんじゃないかとも思うのですが、こういう昭和の時代から続いている味はそうそう変えるわけにもいかないのでしょうね。
同行者の取ったサービスランチなどを見てみますと結構なボリュームとカロリーがありそうで、全般に昼時のランチメニューとしてはそれなりに安く腹一杯食べられるという構成になっているようですが、よく見てみるとセットメニューも定番料理の順列組み合わせばかりであまり新味がないとも言え、日替わりなどでオリジナルメニューにどんどんチャレンジする店ではないらしいですね。

接遇面ではおばちゃんのチェーン店らしからぬほどまったりした接客ぶりが相応に古い店舗とあいまっていい味を出しているのですが、厨房内も全般的に年齢層高めな感じですし、そう言えば一昔以上も前に大阪あたりの下町で入った王将ってこんなだったかな…とそこはかとないノスタルジーすら感じさせました。

さて、今度はところ変わって下中野店では日替わりランチを頼んで見ましたが、あんかけラーメンに五目やきめし、野菜炒めと見るからにボリュームとカロリーてんこ盛りという点はさておき、主食系の二品ともどちらもレギュラーメニューにない品ということでその味に注目してみました。
このあんかけラーメンなるもの、あんかけになっているのは一口目までなのがとろとろ好きにはちょっと微妙にも思えますし、五目やきめしはあくまで王将レギュラーメニューのチャーハンを基準にしての五目であって、世間の水準からすると全く普通のやきめしでしかなかったりと、いささか肩すかしを食った気にならないでもありませんでした。
ただ名前との乖離はともかく割合に店頭見本通りに仕上がっているのは好印象ですし、全般的に化調控えめになった分食べやすくなったと言うのでしょうか、昔の記憶にある味と比べると無害な味だなと言う印象を受けますね。
副菜の野菜炒めは大部分を占めているもやしが一応の食感を保っているのはいいんですが、いくらランチメニューとは言ってもこういう炒め物が最初から熱くないのはどうかと思います。

この下中野店の方も相応に古くから営業されているはずですが、こちら近年の店舗改装で今風のファミリー中華っぽくイメージチェンジを図られているようで、全般の雰囲気やメニュー、味の組み立てにしても古式ゆかしい町の飯屋といった風情のある東岡山店とはずいぶんと印象が違いますよね。
しかし何も知らずに味だけを比べて見ると到底同じチェーン店とも思えないほど味も見た目も違うあたり、これだけの規模で全国展開されている割にはおもしろいものだなと感じました。

|

« 緊急警報!危険な殺人食品が野放しに! | トップページ | 上小阿仁村問題 週プレが村民取材を敢行 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

「納豆(遺伝子組み換え大豆使用)」に比べると、愛情を感じるような気が…。

投稿: JSJ | 2013年1月 6日 (日) 17時17分

これ一人だけこんな名前にしてたら目立って仕方がないけど他の人達も独創的な名前で登録してたのかな?

投稿: いくお | 2013年1月 6日 (日) 20時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519753/56475796

この記事へのトラックバック一覧です: 今日のぐり:「餃子の王将 東岡山店」&「餃子の王将 下中野店」:

« 緊急警報!危険な殺人食品が野放しに! | トップページ | 上小阿仁村問題 週プレが村民取材を敢行 »