« およそ病には二種類あります | トップページ | 救命救急士実証研究、中間報告出る »

2013年1月18日 (金)

防衛相発言を巡る奇妙な展開 中国紙が「朝日がアサヒった」と報道

尖閣諸島などを巡って日中間の緊張が高まっているという報道が続いている中で、先日朝日新聞がまたアサヒったのか?と思われる話が出てきたのですが、おもしろいのがその指摘をしたのが何故か中国の報道機関だということなんですね。

防衛相「信号弾で警告」 発言の事実なし(2013年1月16日日本報道検証機構)

《注意報1》 2013/1/15 21:15

朝日新聞は、1月15日、ニュースサイトの無料版記事で、「防衛相『領空侵犯、信号弾で警告』中国メディア質問に」の見出しをつけ、小野寺五典防衛大臣が「無線での警告などに従わずに侵犯を続ければ、警告として信号弾を射撃する方針を明らかにした」と報じました。朝日の中国語版サイトでも、小野寺大臣がそのように表明した(中国語では「表示」)と報じています。

しかし、防衛省の会見録によると、小野寺大臣は「信号弾」や「警告射撃」という表現を一切使っておらず、特定の国や事案を想定した発言も行っていません。小野寺大臣の発言は、領空侵犯に対する従来の方針が変わっていないことを一般論として述べたものです。朝日の記事は、見出しにカギ括弧をつけていることから、小野寺大臣が中国側の領空侵犯事案に対し信号弾で警告射撃をする方針を明言したと誤解されるおそれがあります。

朝日新聞中国語版でもこの記事は配信されており、中国では日本の防衛大臣が尖閣問題で警告射撃に初めて言及したと大きく伝えられ、非常に大きな波紋を呼んでいます

■防衛相「領空侵犯、信号弾で警告」 中国メディア質問に(朝日新聞デジタル2013/1/15 12:57) ※2013/1/15午後10時掲載確認済

■防卫相:将发信号弹警告入侵飞机(朝日新聞中文版2013/1/15)

■防衛大臣会見概要より一部抜粋(防衛省2013/1/15)

    Q:日本側が、安倍総理が防衛大臣に対して、中国の飛行機がもしまた来た場合、警告射撃をするように検討して欲しいという報道がありました。この警告射撃というのは、具体的にどのようなことを防衛省の中で検討されているのでしょうか。

    A:これは、具体的に内部で検討するというよりは、従前からどの国であっても、我が国の領空を侵犯するという場合には、防衛省内でしっかりこれに対処すると内容が定まっておりますので、特に今回の、例えば12月13日にあった中国の政府機による領空侵犯事案を特定するわけではなくて、今まで様々な事例であった領空侵犯事案、これにしっかり対応することは、従前から方針は変わっていないと思っています。

    Q:つまり、中国の飛行機が日本のいわゆる領空に入ってきた場合、この警告射撃ということは、ありうるということでしょうか。

    A:どこの国も、それぞれ自国の領空に他国の航空機が入って来て、さまざまな警告をした中でも退去しない、領空侵犯を行った場合、これはそれぞれの国がそれぞれの対応を取っておりますし、我が国としても、国際的な基準に合わせて間違いのない対応を備えていると思っています。

《注意報2》 2013/1/16 09:20

朝日新聞は1月16日付朝刊4面で、「『領空侵犯続くなら信号射撃』 手順示し中国牽制」という見出しをつけ、小野寺五典防衛大臣が記者会見で、「尖閣諸島周辺の領空で中国機が無線などによる警告を無視して領空侵犯を続けた場合、警告のため曳光弾で信号射撃をする方針を表明した」と報じました。しかし、小野寺大臣は「警告」「曳光弾」「信号射撃」といった言葉を一切使っていません

朝日新聞2013年1月16日付朝刊4面

朝日の記事は1月15日午後から中国の主要サイトでトップ扱いで報じられています。たとえば、『環球時報』は、朝日の記事を引用する形で、小野寺大臣が香港メディアの記者の質問に対し「もし中国機が釣魚島の”日本領空”に侵入した場合は、警告に従わなければ、日本が中国機に対し曳光弾を発射して”警告射撃”を実施する」と回答したと報じています。

これに対し、小野寺大臣に質問した香港メディアの記者は、中国版ツイッター(微博)で「日本の防衛大臣は『曳光弾を発射して警告射撃する』とは答えてないし、『信号弾』や『警告射撃』といった言葉も使っていない」と指摘し、「環球の情報源は朝日であり、朝日の報道が間違っている」と書きこんでいます。

《注意報3》 2013/1/16 19:30

中国の主要メディアは、1月15日午後、朝日新聞の報道を引用する形で、日本の防衛相が中国機への警告射撃を初めて表明したと相次いで大きく報じました。しかし、16日午後になって、大手ニュースサイトの「人民網」(人民网)が「日本の防衛相は中国機への警告射撃を表明せず 日本のメディア報道に誤り」と題する詳細な検証記事を掲載。この中で、朝日の記事と防衛大臣会見録を比較検証し、朝日の記事は誤りであったと指摘しています。(*)

■日本防卫相从未表态将对中国飞机警告射击 日媒相关报道系误传(人民网2013/1/16 17:00)

ところで、朝日新聞以外にも、産経新聞が16日付朝刊で、小野寺防衛大臣が「必要に応じて曳光弾での警告射撃を行う方針を明らかにした」と報じていたほか、毎日新聞も、「警告の一環として射撃を行う可能性に言及した」と報じていました。しかし、小野寺大臣は「曳光弾」や「警告射撃」には具体的に一切言及していません。産経と毎日の記事は、いずれも16日付朝刊の雑報(いわゆるベタ記事)として掲載されていたものです。

元々をたどればこの問題、相次ぐ中国からの領海・領空侵犯を受けて安倍総理が1月5日に防衛相や海上保安庁の幹部らを招集、現場からの報告を受けると共に「航空自衛隊の戦闘機や海上保安庁の巡視船の運用の見直しを指示」したという報道に端を発しています。
さらに1月9日には産経がやや詳しい記事を掲載していますが、こちらでは先の安倍総理の指示を下敷きにした上で「具体的な措置としては、領空侵犯機が無線での警告に従わない場合、曳光(えいこう)弾を使った警告射撃を行うことや、海軍艦艇が領海付近に進出してくれば海上自衛隊の艦艇を一定の範囲内に展開させることが柱となる。」と独自の「注釈」を加えています。
これら一連の報道を受けて中国国内の報道で「日本が中国機に警告射撃を検討」といった報道が現れ始め同国世論が沸騰したわけですが、さらに15日になって冒頭にあるように朝日による「防衛相が警告射撃を表明」といった記事が登場したということですね。

しかしよく見ると防衛相の発言の引用としては従来からの基準に従って対処云々と言っているだけでどこの国と名指しすらもしていないようですし、警告射撃云々に関しても全く言及していないなど慎重に言葉を選んでいることが判りますが、おもしろいのは同じ記事を朝日が途中で書き換えたらしい形跡があることです。
当初報道では冒頭のコピーのようにごく簡単なものであったのですが、現在同じリンクでたどれるのはこちらの改変された記事となっていて、タイトルのカギ括弧が外れるなど微妙に言い訳がましい書き方になっているように思えるのは気のせいでしょうか。

領空侵犯に信号射撃 対中国で防衛相方針(2013年1月15日朝日新聞)

 小野寺五典防衛相は15日の記者会見で、尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺の領空で中国機が無線などによる警告を無視して領空侵犯を続けた場合、警告のため曳光(えいこう)弾で信号射撃をする方針を表明した。領空侵犯への対処手順を示し、中国側を牽制(けんせい)する狙いだ。

 小野寺氏は会見で香港メディアから「中国機が領空に入れば警告射撃はありえるか」と問われ、「国際的な基準に合わせ間違いない対応を備えている」と語った。自衛隊は1987年に旧ソ連のTu16電子偵察機が沖縄上空を領空侵犯した際、信号射撃をしている。

 自衛隊法では、外国機が領空侵犯した場合、防衛相は自衛隊に対し、着陸か領空外に退去させるよう命令できる。自衛隊は(1)領空外に出るよう無線警告(2)機体を振り視覚信号を送る(3)曳光弾による信号射撃で警告という手順を内部で定めている。

 外国機が一連の警告に従わない場合、防衛省幹部は7日の自民党国防部会で「必ずしも撃ち落とすことにならない」と説明。出席議員から「対応には交戦ルール策定が喫緊の課題だ」との意見も出た。

繰り返しになりますが防衛相自身は警告射撃がどうこうとは一切発言しておらず、従来から中国機に限らず領空侵犯に対しては国際的なルールもあり、日本も決まり切った手順に従った対応を行ってきているということにはいささかも変わりがないのだと確認しただけに過ぎません。
それを脳内発言で補い「中国機の領空侵犯には警告射撃と防衛相が表明!」などと報道したのは朝日らマスコミの空想と言うしかありませんが、おかげで中国では元軍幹部までが「反撃だ!戦争だ!」などといささか冷静さを欠いた発言をしているというのはいただけませんね。
朝日と言えば戦前戦中には国民軍部を煽り日本を戦争に駆り立てたメディアとしても有名ですが、同時に戦後になっても文革時代に報道各社が次々と中国政府から国外退去処分になる中で唯一追放を免れ独占取材を続けられたほど、日本を代表する「良心的」報道機関として彼の地では知られてきたはずです。
その朝日が今また日中対立を煽るような報道を繰り返しているというのも同社のDNAとしか言えないことですが、その結果せっかく良好な関係を築いてきた中国からも切り捨てられたような扱いをされたのでは同社としても立つ瀬がなさ過ぎると言うものではないでしょうか。

|

« およそ病には二種類あります | トップページ | 救命救急士実証研究、中間報告出る »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

>朝日新聞社は尖閣上空で空中戦になれば、「日本側が先に撃った!」などと平気で嘘を書いて、共産支那・中国を擁護することでしょう。
http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/52933900.html

アカヒの反日にブレなし!

投稿: | 2013年1月18日 (金) 08時45分

国民に対して消費税上げを主張する一方で新聞には軽減税率を求めるダブスタ朝日w

投稿: aaa | 2013年1月18日 (金) 09時24分

他人の発言を勝手に記者の想像で改変してしまうマスコミの悪癖が出た事例だったと思います。
まだしもスポーツ新聞の方が改変が判りやすいだけいいですかね。

投稿: 管理人nobu | 2013年1月18日 (金) 11時33分

小野寺防衛相「中国機が日本の領空に入った場合?(曳光弾で警告射撃を行なうなど)間違いのない対応をする」

スポーツ紙だとこんな感じ?

投稿: たまちゃん | 2013年1月18日 (金) 12時46分

わざわざこんな記事を書くくらいだから向こうにも緊張緩和を望んでる人がいるってこと。
大臣の発言を捏造してでも日中対立を煽りたい朝日新聞よりはずっと大人だね。

投稿: 亀田 | 2013年1月18日 (金) 14時32分

小野寺五典防衛相が中国機の領空侵犯が続けば警告射撃する方針を表明したと朝日新聞が報じたことに対し、ネット上で、「誤報ではないか」との指摘が相次いでいる。
中国でもこの内容の報道が波紋を広げており、防衛相はテレビで「記事の内容は違う」として抗議したことを明らかにした。

ソース J-CASTニュース
http://www.j-cast.com/2013/01/18161867.html?p=all

投稿: 抗議来ました | 2013年1月18日 (金) 20時24分

> サイト上の記事では、見出しが防衛相のカギカッコ付き発言だったのを、カギカッコを取って「防衛相方針」と後に変えている。これは、異論が寄せられるなどしたため、急きょ訂正したのか。この点については、広報部では、何も説明しなかった。

これが通用するなら好きに発言を捏造できることになる
朝日は説明責任を果たすべき

投稿: 徹 | 2013年1月19日 (土) 08時01分

http://japanese.china.org.cn/jp/txt/2013-01/23/content_27772778.htm

中国からも戦争を煽っていると認定された朝日乙

投稿: | 2013年1月24日 (木) 07時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519753/56559379

この記事へのトラックバック一覧です: 防衛相発言を巡る奇妙な展開 中国紙が「朝日がアサヒった」と報道:

« およそ病には二種類あります | トップページ | 救命救急士実証研究、中間報告出る »