« 高齢者社会保障問題 結局は本人達の行動が一番重要では | トップページ | 週刊朝日と病院ランキング本問題 »

2012年12月21日 (金)

MJKY~?!テロ組織シーシェパードに活動禁止の仮処分下る!

さかなクンが魚の食べ過ぎで入院?!などというとんでもないニュースを聞くと思わずMJKY?!と叫んでしまった人も多いのではないかと思いますが、何事にもほどほどが重要だということですかね?
さてそれはさておき本日のお題ですけれども、こちらご存知テキサス親父の動画でほとんど全て終わってしまいます。

【参考】字幕【テキサス親父】親父爆笑!シー・シェパードに米国の高裁から命令(2012年12月18日youtube)

【参考】字幕【テキサス親父】テキサス親父の別れの挨拶SAYONARA (2012年12月18日youtube)

しかし寝起きでテンション高いこともあるんでしょうが、親父笑いすぎ…(苦笑)
ま、これだけではさすがにどうなのかということで一般報道からも引用してみることにしますが、シーシェパード(SS)自体の活動が先のワトソン被告逃亡によって一気に下火になってきているという話もある中で、あるいはこれが最後のとどめということにもなるのでしょうか。

シー・シェパードの捕鯨妨害を禁止、米裁判所が仮処分(2012年12月19日AFP)

【12月19日 AFP=時事】日本鯨類研究所(Institute of Cetacean Research)と共同船舶(Kyodo Senpaku)が反捕鯨団体のシー・シェパード(Sea Shepherd Conservation Society)が行う妨害をやめさせるよう米国の連邦地裁に求めていた裁判で、第9巡回控訴裁判所は17日、同団体に日本の調査船の500ヤード(約460メートル)以内に近づくことを禁ずる仮処分命令を出した。

 裁判所はこのほか、シー・シェーパードと反捕鯨活動家で国際刑事警察機構(ICPO、インターポール、Interpol)の指名手配を受けている同団体の創設者ポール・ワトソン(Paul Watson)容疑者に対し、日本鯨類研究所の調査船などへの「物理的な攻撃」、さらには「安全な航行に支障をきたすような方法での航海」についても禁じた。この仮処分命令は、正式な判決が出るまでのあいだ有効となる。

 日本鯨類研究所と共同船舶は、仮処分命令を「歓迎する」との共同声明を発表。一方、シー・シェパード側の代理人は18日、AFPへの電子メールでこの仮処分命令について「非常に残念」であるとし、今後も戦いを続けると表明した。

 ワトソン容疑者は数年にわたり日本の調査船の妨害を続けてきたが、コスタリカのサメ漁をめぐる容疑で今年5月、ドイツで逮捕された。自身にかけられた容疑についてワトソン容疑者は、日本政府の政治的動機に基づいたものであると主張している。

 9回目となるシー・シェパードの今季の妨害活動は「ゼロ容認作戦(Operation Zero Tolerance)」と名付けられ、4隻の船とヘリコプター1機、無人機3機と乗組員100人以上が参加する過去最大規模となっている。船3隻は既に出港しているが、残る1隻についてはその所在について公表されていない。

アメリカの司法制度は日本とは結構違っているのですが、この第9巡回裁判所というのは控訴審を扱っている高裁レベルの法廷だということで、未だ仮処分とは言え今年の春に出された日本側の主張を棄却した第一審の結果をひっくり返した形です。
特に親父も言及していますように第9巡回控訴裁判所というところは「合衆国中で最もリベラル」な判決を出すと言うことですから、当然今回の判決でもそうしたシンパシー?を期待していたのだろうSSにとってはすっかり当てが外れたという形でしょうが、世界各地で相次いできたSS相手の法廷戦術がようやく効果を発揮し始めたというところでしょうか。
もちろん今後の判決次第でさらに二転三転する可能性も残されてはいるとは言え、すでに逃亡中のワトソン容疑者は今シーズンもバリバリテロ活動に励むぜ!と公言してしまったわけですから、今さら罪の上塗りを恐れて裁判所命令に唯々諾々と従うような腰抜けな振る舞いには及ばないことを期待しましょう(苦笑)。
このあたりの予想される展開についていつものように産経の佐々木記者がまとめてくださっていますので引用させていただこうと思います。

シー・シェパード崩壊のシナリオ 米裁判所で日本側の主張認める (2012年12月19日佐々木記者ブログ)より抜粋

(略)
 私が考えるシー・シェパード崩壊のシナリオは以下の通りです。

① 仮処分命令に反して、ワトソン集団は捕鯨船への過激な妨害を強行

② その結果、上級審の本訴訟でシー・シェパード敗訴。米国の法律の縛りで、捕鯨船への妨害が禁止される(ただし、ワトソン集団は米国の司法判断などお構い無しに、日本の捕鯨やイルカ漁は標的にし続けるだろう)

③ 裁判結果が加味され、シー・シェパードの団体成長の大きな利点となっている米国の税控除特権を剥奪される(これは、日本側の外交要請や米担当省庁、米議会への働きかけが必要。安倍新政権の課題)

④ 団体の収入が減り、右肩上がりの成長がストップ。これまでのような過激な活動はできなくなる。

⑤ ワトソンへの求心力、カリスマ性が失われ、団体が衰退する。

 ①から⑤の間に、ワトソンはどこかの国で拘束され、逮捕状が出ているコスタリカや日本に強制送還、裁判を受け、長期間、リーダーなしの活動を余儀なくさせられる可能性も高いでしょう。
 シー・シェパードはワトソン抜きでは「烏合の衆」とも言われてきましたが、最近では、右腕の若手活動家が育って来ており、そうとも言えなくなってきました。
 彼らは、ワトソン不在の間も団体をしきって、なんらかのアクションを起こすでしょうが、ワトソンとは役者が違い、パンチ不足は否めない。つまりは、このやり方も、衰退していくシナリオと見ます。
(略)

ゴキブリでも何でもそうですがおよそ世の中で嫌われているものというのはそのしぶとい生存性もまた嫌われる一因となっている側面がありますから、今回の仮処分一つでキレイさっぱり駆除完了!とは言いませんけれども、そうであればあったで有益な結果が期待出来るというのが今回の仮処分のポイントであるということです。
当然ながらSS側としては南極海での非米国船籍間のことにアメリカの裁判所が口を出す話ではない云々と主張し判決には従う意志がないと言っているようなので、従うなら当然妨害活動が行えない、そして従わなければアメリカでの特権取り消しによって活動のよりどころ消滅と、日本にとってはどちらに転んでも一向に悪い話ではないかなとも思える状況ですよね。
仮に判決を無視してNPO資格も取り消されれば税の特権の消失のみならず財産差し押さえの可能性も出てくるということで物理的な打撃も当然ながら大きい、そして団体という庇護が外れ個人が直接責任を問われるようになれば犯罪者として裁かれることになるわけですから、親父の言うように今までサークル活動のようなノリで気楽に参加していたメンバーの心境にどの程度の変化があるのかも注目でしょう。
それにしても一連の対SS闘争もいろいろと行われてはきたもののどれもさほどに著効した印象がなかった中で、結局一番効果的だったのは粛々と正攻法に訴えるということだったというオチなんでしょうかね?

|

« 高齢者社会保障問題 結局は本人達の行動が一番重要では | トップページ | 週刊朝日と病院ランキング本問題 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

ザマーミロ!
それ以外の言葉はないな

投稿: | 2012年12月21日 (金) 07時58分

>さかなクンが魚の食べ過ぎで入院

商売柄今後も食わないってわけにもいかないと思われw

投稿: aaa | 2012年12月21日 (金) 08時56分

さかなクンの件は本当に残念でしたね。
しかし総合的に見れば肉よりも魚の方が優れている点も多いですから、料理法等色々と工夫しながら続けていけばいいことではないでしょうか。

投稿: 管理人nobu | 2012年12月21日 (金) 11時07分

どうでもいいが鯨肉もっと安く売ってくれないかな
このままじゃ鯨食文化がすたれちゃうよ

投稿: 鯨スキー | 2012年12月21日 (金) 19時20分

http://www.47news.jp/CN/201212/CN2012122101001148.html

投稿: | 2012年12月22日 (土) 06時48分

BB=SS支援者の奇天烈な主張

 ただ、熱心な動物愛護活動家でもあるバルドーの理由は税金とは全く別。共同電によると、国内で結核になったゾウの安楽死処分に反対するためで「こんな動物の墓場のような国からは逃げ出す」としている。
http://www.sponichi.co.jp/society/news/2013/01/06/kiji/K20130106004918880.html

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

ロシアの動物愛護団体、動物虐待に対する規制強化、厳重処罰かを要求~モスクワで凶悪な動物虐待犯人の裁判が展開中~「動物愛護法がないのはヨーロッパ中でロシアだけ」
http://plaza.rakuten.co.jp/mamakuncafe/diary/200910160000/

どうみてもただの税金逃れです本当にr

投稿: | 2013年1月 7日 (月) 10時12分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130108-00000028-jij-asia

どうみても形だけじゃねえかw

投稿: 代表辞任 | 2013年1月 8日 (火) 19時09分

先日出たのは仮処分ですが、それに対してこういう態度に出てもらえると確実に裁判所の心証に影響するでしょうね。
悪くないニュースだと思います。

投稿: 管理人nobu | 2013年1月 9日 (水) 11時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519753/56356379

この記事へのトラックバック一覧です: MJKY~?!テロ組織シーシェパードに活動禁止の仮処分下る!:

« 高齢者社会保障問題 結局は本人達の行動が一番重要では | トップページ | 週刊朝日と病院ランキング本問題 »