« 今日のぐり:「はま寿司 倉敷連島店」 | トップページ | 医学部新設 意外な方向から否定される?! »

2012年11月 4日 (日)

今日のぐり:「丸源ラーメン 福山神辺店」

先日は中国人作家の莫言氏がノーベル文学賞を受賞しましたが、にわか観光名所と化した同氏の旧宅では大変なことになっているようです。

ノーベル賞・莫言氏の旧居に観光客殺到、それはいいが中庭の大根などすべて持ち去る―中国(2012年10月31日レコードチャイナ)

2012年10月30日、ノーベル文学賞を受賞した中国人作家・莫言(モー・イエン)氏の山東省高密市にある旧居に観光客が殺到、莫氏の才能にあやかろうと、中庭の苗木や農作物が持ち去られ、荒地のように一変してしまったという。河南省のニュースサイト・河南―百度が伝えた。

莫氏がノーベル文学賞を受賞すると、その旧居がにわかに注目を集め、多くのメディアや観光客が訪れるようになった。週末には200~300人規模に膨れ上がることもあり、莫氏の2番目の兄・管謨欣(グワン・モーシン)氏が臨時のガイド役を買って出て、観光客の応対をしている。

管氏は「ここが、彼が生まれて、結婚するなど、20数年を過ごした場所です。チャン・イーモウ(張芸謀)監督が『紅いコーリャン』を撮影した当時、彼はこの中庭で、監督や主演俳優のチアン・ウェン(姜文)、コン・リー(鞏俐)と一緒に食事をしたこともあります」と紹介する。

人が大勢訪れるようになったことで、中庭の芝は荒れ、植えてあった大根や苗木も根こそぎ持ち去られてしまった。今では中庭の様子が一変し、荒地のように。こうした“お持ち帰り”は子どもを持つ親に多いようだ。莫氏の文才に少しでもあやかり、有名大学に合格させたいということらしい。

中には、大根や苗木の代金を渡そうとする律儀な人もいるが、管氏は「皆さんわざわざ遠くから出向いて来てくれているのだから」と頑として受け取らない。“お持ち帰り”についても、「親が子どもの大成を願う気持ちは十分理解できる」ととがめる様子もない。

莫氏もこうした状況を知っているそうだが、特に何のコメントも発表していない。旧居は依然として観光客に公開されており、今も多くの人で賑わっている。(翻訳・編集/HA)

日本でもかつて大阪花博で大規模な集団持ち帰り事件が発生したと話題になりましたが、まあどこの国にもこういう人々は少なからずいるものですかねえ…
今日は思わぬ被害にあった莫言氏旧宅に哀悼の意を表して、世界中からそれはちょっとトホホではないかと思われるニュースを紹介してみましょう。

「裏ビデオ購入、告訴取り消しに手数料」 82歳男性、振り込め詐欺1700万円被害「妻に知られたくなかった」(2012年10月31日産経ニュース)

 東京都北区の無職男性(82)が弁護士を装った男らから刑事告訴を取り消す名目で現金計約1700万円をだまし取られていたことが31日、警視庁王子署への取材で分かった。実際には刑事告訴されておらず、同署は振り込め詐欺事件として捜査している。

 同署によると、昨年12月下旬、男性方に「少年犯罪レポートセンター」という架空の団体を名乗る男から「裏ビデオを購入したため少年犯罪の告訴状が出ている。取り消すためには手数料が必要だ」などと電話があり、手数料約12万円を指定された口座に振り込んだ。

 その後も今年10月までに架空の女性団体の職員や弁護士を名乗る男から「告訴を取り下げるには手数料が必要」などと繰り返し電話があり、男性は9回にわたり口座に振り込んだり、自宅を訪れた関係者を名乗る男に手渡すなどし、計1700万円をだまし取られた。

 男らと連絡が取れなくなったのを不審に思い、同署に届け出た。男性は「20~30年前に裏ビデオを1回購入したことがあり、妻に知られたくなかった」と話しているという。

一度支払えば末永くカモ扱いされてしまうという典型的なケースですが、しかし大昔の過ちがここまで尾を引くとは何というべきでしょうかね…
こちらも高齢者が絡んだニュースですが、金儲けを図るにしてもいくら何でももう少し手段を選べよと言いたくなります。

盗んだ入れ歯に「名前」 介護士"御用" 熱海(2012年10月30日アットエス)

 熱海市の老人介護施設で金歯1本を含む入所者の入れ歯を盗み、質屋に持ち込んだとして熱海署は29日、窃盗の疑いで同市西熱海町、同施設職員の介護士の女(69)を逮捕した。入れ歯の裏側に持ち主の名が刻まれていたことが質屋での盗難品発見につながり、逮捕の決め手となった。
 逮捕容疑は8日ごろ、入所者の女性(90)が施設食堂に日用品と一緒に保管していた入れ歯1個を盗んだ疑い。同容疑者は女性の介護を担当していた。
 同署によると、逮捕に貢献した県東部の質屋は、換金を依頼しに来た容疑者と入れ歯に刻まれた氏名が違う点を不審に思い、「査定にかける」と説明してその場で現金化せずに入れ歯を預かり、同署に連絡した。
 同容疑者は「盗んだことは間違いない」と大筋で容疑を認めている。

しかし虫歯などオーダーメードで流用も出来ないでしょうに質入れできるということにびっくりしましたが、流れた場合にはちゃんと換金できるんですかね?
世の中には遅れては絶対ダメな局面というものがままありますが、そういう場合にこそ人は誘惑に駆られがちであるというのがこちらのニュースです。

駅の営業開始が遅れた原因「二度寝」 JRのプレスリリースが他人事とは思えない件(2012年10月31日ねとらば)

 いやー布団が恋しい季節になりました。記者も今朝はうっかり寝過ごしてしまいました。ん? なんでこんな話をするかって? まずはこちらをご覧ください。JR西日本のプレスリリースです。タイトルは「奈良線 六地蔵駅の営業開始が遅延した事象について」。下まで読んで行くと「原因 六地蔵駅の社員が起床後に二度寝したためです」……マジか!

 発表によると10月29日早朝、京都市にある奈良線六地蔵駅の係員さんが寝坊したため、営業開始の準備作業が遅れる――というトラブルが発生。本来は午前5時15分までに宇治駅に起床の報告をしなければならない決まりですが、起きたのがなんと午前5時15分ごろだったそうです……。これはやばい。冷や汗ものです。だって始発の時間が迫っているッ。

 自動改札機と券売機を使用開始したのは午前5時30分ごろ。奈良駅を午前4時50分に出発した始発電車は六地蔵駅に午前5時32分に到着しました。そして50人のお客さんが乗車。乗り遅れた人は……いませんでした!!!! うおおおおセーフ! 大きなトラブルにならずに済んだようです。ちなみに、きっぷを購入できなかった5人のお客さんには着駅で精算するよう案内したとのことなので、本当にギリギリだったのかもしれませんね。

 営業開始の遅延について詳しく報告しているこのプレスリリースはネットユーザーのあいだでも話題に。といっても問題視しているひとは少なく、どちらかと言うと「二度寝なら仕方ない」「にんげんだもの」「駅員さん乙」「この時期のおふとんの魅力は異常だからね」などと暖かいコメントが多く寄せられていました。

 今後同社では対策として「指導教育を徹底し、同様の事象を二度と発生させないよう努めてまいります」とのこと。果たして、二度寝の誘惑を断つという人類史上最も難解な課題を克服することはできるでしょうか……!

JRと言えば以前に「絶対に起きられる目覚まし」が話題になりましたが、さしもの秘密兵器も二度寝には負けましたか…仕方ないですむんでしょうかね?
料理番組と言えば時間短縮のためもあって完成品が用意されているのはお約束ですが、たった3分間の番組だけに起こった悲劇といえるのがこちらです。

「キューピー3分クッキング」の厚焼き卵があまりに焦げすぎだと話題に! ネットの声「放送事故だ」(2012年10月29日ロケットニュース24)

毎日のメニューを考える上で、そして料理の基礎を学ぶ上で非常に助かるテレビ番組「キューピー3分クッキング」。その人気番組の本日10月29日の放送が、通常よりはるかに大きな注目を集めている。なぜなら番組中の料理が「焦げすぎている!」と話題になっているからだ。
その話題となっている放送分のメニューは、ズバリみんな大好き「厚焼き卵」! それも甘くてしょっぱい関東風の厚焼き卵なのである。

まず最初に、料理の先生は厚焼き卵の卵液(らんえき)の準備からとりかかった。ボウルにだし汁大さじ4杯を入れ、そして砂糖を大さじ2杯……大さじ2杯!? 先生ちょっと、砂糖の量多くないですか? しかし先生は「ちょっと多めですよ」とニコニコしながら、砂糖を入れている。そうだ、そうだ。今日は甘くてしょっぱい関東風の厚焼き卵を作るんだった。
そして強火で熱したフライパンに油をひき、卵液を注ぎ込んだ。卵液の色がうっすら変わり始め、先生も「ちょっと甘辛い、いい香りがしてきました」とその香りのよさをアピール。これはおいしいに違いない! そしてフライパンの上の卵を先生がひっくり返す! んっ!? これは!?
黒い! 黒いぞ、これは! 先生、これっていわゆる「焦げている状態」じゃないんですか?

アシスタントをつとめるアナウンサーも同じような疑問を抱いたらしく、卵の色を見て、「これぐらいしっかり焼き色が……?」と先生に不思議そうに質問。すると先生は、「そうなんです!」と質問にかぶせ気味に即答した。
そっか、こういう焼き色の料理なんだ。先生も「どうしても今日しっかり砂糖が入って、醤油も入っている味付けなので、色はこういうふうにつくんですよ。でもね、これがまたおいしいんです!」と説明している。どうやら記者(私)のとりこし苦労のようである。そして料理は無事完成し、放送はいつも通り終了した。
しかしこの放送を見たネットユーザーたちからは、次のような声が上がっており、大きな盛り上がりを見せている。

「ワロタwwwwwwww ちょっと焦げすぎだろw」
「これたまたま見て超笑ってましたw」
「これかww砂糖とかいれすぎたんかねwwwww 」
「oh……3分クッキング放送事故」
「これ、映像がかなりジワジワくるな…」
「3分クッキング、笑いすぎて咳が止まらないwwwww」
「海苔入りかと見紛うほどの黒さ」
「生じゃないんだし、やり直しさせてあげたら良いのに」
「この3分クッキング、リアルで見てて『焦げてるやん…』って何回つっこんだかwwww」

しかしその一方で、次のような声も上がっている。

「あれくらいだったら何ら問題ないけどw」
「予想以上に焦げすぎワロタ。でもばあちゃんの卵焼きってこんな感じなの思い出して泣いた…」
「逆に美味しそう」
「厚焼き卵というか母の作る卵焼きてこんなんだったなあ。甘くて美味しいけど不格好なの」

どうやらネット上では、「あれは焦げすぎ!」という意見と「厚焼き卵では、これが普通!」という意見の2つに分かれているようだ。みなさんは今回の厚焼き卵、どう見る?

どれくらいの焼け具合であったかはリンク先の画像を元に判断いただきたいと思いますが、第一段階の焼き具合と仕上がりの焼け具合が大いに違う時点で…
海外からも様々なトホホニュースが飛び込んできていますが、再び中国からそれはちょっとどうなのよ?という窃盗犯をご紹介しましょう。

“気合い酒”飲み窃盗後に爆睡、犯行前に1リットルの酒で眠気に負ける。/中国(2012年10月28日ナリナリドットコム)

勝負ごとに臨んだり、勇気が必要な場合などに、お酒を飲んで“気合い”を入れることがあるが、中国のある窃盗犯は、自身を鼓舞するために犯行前に飲酒。強い眠気に襲われて犯行現場のそばで熟睡してしまい、逮捕されたという。

中国メディア青島新聞網などによると、窃盗事件が起きたのは10月16日、青島市の徳興路にある物流会社の社員寮でのこと。寮で暮らす社員の劉さんは15日の深夜、枕元に置いていたケータイと財布が盗まれていることに気が付いた。寮内にはほかの人もいたが、みんな熟睡していたため、窃盗犯の侵入には誰ひとり気付かなかったそうだ。

劉さんは警察に通報したが、これといった手掛かりは見つからない。そうこうしているうちに、翌日の夜、再び窃盗事件が起きてしまう。やはり劉さんと同様、就寝時に枕元に置いていた社員のケータイと財布が消失。同じ寮で、しかも2日連続で窃盗事件が起きたことから、警察も捜査に本腰を入れるようになり、現場検証が入念に行われることになった。

すると、警察がまだ現場検証をしている最中に、「酔っ払いの男が会社の倉庫で寝ている。まったく起きないので見て欲しい」との一報。警察が倉庫を訪れてみると、確かに男性が大いびきをかいて熟睡しており、従業員の話から、この男性はかつてこの会社で働いていて、解雇された元従業員だと判明した。

警察と従業員はひとまず男性を起こそうと、身体を担いで倉庫の外に出たが、その際に男性のズボンのポケットから1台のケータイが落下。それは先ほど「盗まれた」と通報があったばかりのケータイで、これを怪しんだ警察がポケットを探ると、中からは盗まれた財布も見つかった。

目を覚ました男性を警察が事情聴取したところ、しっかりと“物的証拠”を押さえられていることもあり、あっさりと犯行を自供。張という名のこの31歳の男性は、故郷から出稼ぎにきてこの会社で働いていたものの、無断欠勤などですぐに解雇され、その後、日雇い労働者として食いつないでいた。ところが、あるときに寮のカギがまだ自分の手元にあることに気が付き、窃盗を決意するに至ったそうだ。

ただ、いざ窃盗に入るとなると急に怖くなり、寮近くのレストランで1リットルの酒を飲んで“気合い”を注入。第一の犯行が思いのほかうまくいったことから、翌日も酒を飲んで犯行に及んだのだが、そのときは前日以上に酒を飲み、犯行後に強い眠気に襲われて敷地内にあった倉庫で眠りについてしまったという。

あまりに情けない仕事ぶりといえそうですけれども、半ば素人であったが故のお粗末さということなのでしょうか、これに懲りて改心することを願うのみです。
パチンコガンダム駅」などの出現で国内各方面でも話題になっているiPhone用地図の問題ですが、全世界的に話題になっていることを示すこんなニュースがあります。

iPhone5内蔵の地図がひどすぎてレイチェルを救出できないバットマンのパロディ動画が笑えてしょうがない!!(2012年10月28日Pouch)

先日、発売されたiPhone5。待望の新モデルですが、搭載されている地図機能については精度が低いとの声が上がっています。それは日本だけでなく海外でも同じ。今回は、そんな地図アプリへの不満を逆手に取ったバットマンのパロディ動画をご紹介します!

バットマンといえば、クリストファー・ノーラン監督の『バットマン・ビギンズ』から始まる映画3部作を思い浮かべる人も多いでしょう。中でも2作目の『ダークナイト』は秀逸! ヒース・レジャーが演じたジョーカーのピエロ姿、あまりに怖すぎて鳥肌モノでした。
動画はそんな『ダークナイト』からのパロディ。ゴッサム・シティを守るバットマン。ジョーカーを追い詰め、ガールフレンドのレイチェルの居場所を聞き出します。これ、映画でもありましたよね。彼女を無事救出できるかどうかは大きな見どころ。手に汗握る展開でした!
バットマン、自身のバイク「バットポッド」に乗り込み救出に向かうのですが、イマイチ道がわからない様子。行き方はiPhone頼み。うわー、何だか嫌~な予感がする……。
地図のナビゲートにしたがってバイクを飛ばしていくバットマン。しかし、「左に曲がれ」という音声に従うと、ドカーーーン!! いきなり車の群れに激突! 「お前、嘘つきやがったな!」とiPhoneに毒づく悲しきヒーロー。
再び音声の通りにバイクで疾走。今度こそレイチェルのもとにたどり着けるか!? モール(?)の中に突入しちゃったけど大丈夫でしょうか? 音声はそのまま飛ばせと言うておりますが……。
「レイチェーーーーーール!!」と叫びながらそのまま全力でバイクを飛ばすバットマン。「目的地到着です」の音声に従い、バイクを停めます。おお、よかった! 無事たどり着いた!! 最愛のガールフレンドの名を呼びながら建物の中に駆け込みます。ゼイゼイ息が切れているけど大丈夫か(もともとゼイゼイした声なんだけど)。
やっとの思いでドアを開けると、そこには一人のホームレスらしき男性が……!! これ、レイチェルやない! 愕然とするバットマンの後ろで、少し先にある建物がドガーーーンと爆発! レイチェルがいるのはそっちの建物だったかぁーーーー!!

というわけで、iPhone5の地図の性能が悪すぎてぜんぜんゴッサム・シティを守り切れないバットマンでしたとさ、ちゃんちゃん……ってひどすぎるよ!!
この動画、音楽がiPhoneのCMで流れているような曲でまた笑いを誘います。この他、YOU TUBEには「ハンガー・ゲーム」や「シャイニング」のパロディ版もありますので、興味がある人はぜひご覧になってみてくださいね。皆さんも、最愛の人を救出に行く際には不確かな地図アプリに頼り切らないようご注意あれ!

まあガジェットと言うものは本来それくらいの信頼性であると覚悟しておくべきだという意見もあるのでしょうが、当面は社外品の地図アプリを用意しておいた方がよさそうですよね。
最後に取り上げますのはこちらブリからの話題ですが、これまた健全なブリ的精神の発露と言ってしまってよいのでしょうか?

おかしなケータイの故障理由、英国の保険会社に寄せられた珍エピソード。/英(2012年10月19日ナリナリドットコム)

携帯電話はもはや現代の必需品となっているだけに、もしも壊れて使えなくなれば、すぐに新たな端末を手に入れたいと思うはず。日本では、携帯各社が用意している有料の補償サービスに入れば、安く次の端末を購入できるようになっているが、問題は故障した原因が適用に値すると認められるかどうかだ。英国では先日、携帯電話向け補償サービスを行っているインターネット保険会社が、この1年間に寄せられた「顧客からのおかしな故障理由」を発表。ズラリと並ぶ不思議な説明の数々が話題を呼んでいる。

英紙デイリー・テレグラフやサンなどによると、この発表を行ったのは携帯電話の補償サービスを専門に扱っている「MobileInsurance.co.uk」。同社では、機種やサービス内容に応じたさまざまな補償サービスを英国で展開しており、多くの顧客を抱えている。日々、「端末が壊れたので補償を受けたい」とする顧客からの問い合わせの対応に追われているが、その中には故障した原因について耳を疑う“怪しい弁解”も少なくないという。今回同社は、中でも特に「おかしい」と感じた説明のいくつかを公開した。

「トイレに落とし、流してから気が付いた」「彼に嘘をつかれて怒り、投げつけたら壁に当たって壊れた」と、いかにも有り得そうなパターンもあるが、普通では考えられないような話も少なくない。ある牧場主の男性は、牛の出産に際して照明代わりにiPhoneを活用。ところが使用していると「偶然にも」iPhoneが牛のお尻の中に入ってしまい、後で引き抜けたものの、端末は壊れていたと主張したという。

ある花火大会で、イベントを行った後に自分のiPhoneが無くなっていることに気が付いたのは花火職人の男性。彼は、自分の端末が花火筒の中に誤って入ってしまい、「空中に発射されて」壊れたと主張し、補償を求めた。また、大好きなミュージシャンのライブ会場へと足を運んだ男性は、チケットが売り切れていたために中へ入れず、近くの木に登ってライブを自分のiPhoneで撮影しようと挑戦。しかし、ステージ上にミュージシャンが現れた瞬間に「少し興奮した」彼はiPhoneを木の下に落としてしまい、肝心な場面を撮影する前に端末を壊してしまったそうだ。

ほかにも「船の上で“タイタニックポーズ”を試みる自分たちを撮影しようして、海に端末を落としたカップル」「浜辺を歩いていたらカモメにGALAXYを持ち去られた女性」「“大人のおもちゃ”として振動機能を使っていたら壊れてしまった女性」など、いろいろな原因を主張した人たちが紹介されている。ただし「MobileInsurance.co.uk」では、今回明かした全員が補償されたわけではないとも話し、すべてのケースにおいて「厳しい調査が行われる」との注意も忘れていない。今回紹介した中では、花火職人とライブ撮影失敗の男性、“大人のおもちゃ”の女性は補償を拒否され、ほかの人たちは調査の結果、それぞれの説明が認められたという。

「補償を受けるためのさまざまなシナリオ」が顧客から寄せられると話す関係者。どこまで嘘の申告をする人がいるのかは分からないが、せめて過失で壊すことがないように、日頃から自分の携帯電話を大切に扱う意識を利用者も持たなくてはいけない。ちなみに同社の関係者は、補償を要求するなら「電話は電話として使って欲しい」と話し、便利だからと無茶な使い方は控えるよう呼びかけている。

しかし「偶然にも」iPhoneが牛のお尻の中に入ってしまいなどと、まるで偶然ジャガイモが尻に入ってしまった牧師様を思わせるような奇妙なブリ的一致と言うべきでしょうかね。
それにしても厳しい調査が行われた結果、これら大多数では補償が認められたというのですからいやはや、さすが常識の斜め上をいくブリらしい話ではありました。

今日のぐり:「丸源ラーメン 福山神辺店」

先日は同じ系列の倉敷店にお邪魔しましたこちら「丸源ラーメン」さん、今回は立て続けに福山の店舗に入店する機会がありました。
さすがに倉敷店よりは一回りほど小さいですがラーメン店としては収容力は相当なもので、トイレや待合といった公共スペースも全般に小振りにはなっているものの同系統の作りで、チェーン全店で統一デザインなんでしょうかね。
ちなみにこの辺りは最近どんどん郊外型の店舗が増えてきているところで、近隣に競合店も数ある中客の入りはまずまずという感じでしょうか。

今回頼んでみましたのは野菜たんめんを麺は硬めで、野菜はしゃっきりとした仕上がり具合ですし麺の茹で加減もちょうどいい(デフォでは少し柔らかめ?)と、調理自体はちゃんと行われているようです。
スープの方では胡麻油の風味がかなり目立ったアクセントになっていて、この塩味も悪くないんですが前回食べた醤油ダレのキレも捨てがたいものを感じますね。
ちなみに店内の掲示等が結構目立っていて、各メニューの食べ方指南まで用意されているのがちょっとうるさい気がしないでもないんですが、見ていますと大多数のお客さんはごく当たり前に食べていらっしゃるようです。
全般的には最近のチェーン店のラーメンらしく特にどこといって悪くもないとは思うのですが、やはり前回も感じたようにセットの一品ならともかくメインメニューとして少し引きが弱い気はしますでしょうか。

倉敷店よりもこちらの方が先発なのでしょう、接遇は多少なりとも手慣れた感じで気配りもまずまず出来ている点は好印象なのですが、後はフル操業の状態でこの水準を維持出来るかどうかでしょうか。
この界隈にはラーメン屋だけでも何種類も出店していますし、その他外食産業各種が集積しつつあるのはいいのですが、位置的には市街地の間の移動を司る郊外幹線道路沿いですから、指名でやってくる常連よりは一見さんに近い顧客が多いんでしょうかね。
そう考えるとこの地域のラーメンの主流とは少し外れている気がするのがいいのか悪いのかですが、全国展開しているくらいですからその辺りの集客ノウハウはきっちりと用意しているのでしょうか。

|

« 今日のぐり:「はま寿司 倉敷連島店」 | トップページ | 医学部新設 意外な方向から否定される?! »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519753/56032604

この記事へのトラックバック一覧です: 今日のぐり:「丸源ラーメン 福山神辺店」:

« 今日のぐり:「はま寿司 倉敷連島店」 | トップページ | 医学部新設 意外な方向から否定される?! »