« 国立病院 人件費削減方針見直し? | トップページ | 本当の価値が厳しく問われる時代? »

2012年10月10日 (水)

怖いウィルス流行中

新型インフルエンザやエボラ出血熱など近頃話題になった怖いウイルスには事欠きませんけれども、最近日本国内で非常に怖いウイルスが蔓延しつつあると大きく報道されています。

「無差別殺人」書き込みはなりすまし 起訴の男性を釈放 外部からPCを完全乗っ取り(2012年10月8日産経ニュース)

 大阪市のホームページに7月、無差別殺人を予告する書き込みをしたとして偽計業務妨害罪でアニメ演出家の北村真咲(まさき)被告(42)が起訴された事件で、書き込みに使われたパソコン(PC)が新種のウイルスに感染し、別人がなりすまして遠隔操作できる状態だったことが7日、大阪府警への取材で分かった。北村さんは事件と無関係の可能性があり、大阪地検は勾留取り消しを請求、9月21日に釈放した。

 府警によると、外部からPCを完全に乗っ取ることができる不正プログラムが仕込まれていた。北村さんになりすました第三者が書き込んだ疑いがあり、府警は実際になりすましが可能か再現するとともにウイルスの感染経路を調べる。

 また、ネットの掲示板に伊勢神宮の破壊予告を書き込んだとして三重県警が9月、威力業務妨害の疑いで逮捕した無職男性(28)のPCからも同じウイルスを検出、逮捕から1週間後に処分保留で釈放されていたことも判明した。

 県警が男性のPCを解析する過程で不正プログラムを発見。北村さんの起訴後に情報提供を受けた府警が再捜査した結果、同じファイル名のプログラムがあることを確認した。

 両府県警によると、北村さんと男性は当初から一貫して「身に覚えがない」と容疑を否認していた。

 北村さんは7月29日に、自宅PCから大阪市のHPに「(大阪・日本橋の)ヲタロードで大量殺人する」と書き込みし、市職員らの業務を妨害したとして8月26日に逮捕、9月14日に起訴された。警視庁が捜査している日本航空の航空機爆破予告メールでも北村さんが発信源とされた。

 新種ウイルスの発覚を受け、警察庁は都道府県警にサイバー捜査でなりすましに注意するよう指示した。

 北村さんはアニメ「機動戦士ガンダム00」の助監督や「ケロロ軍曹」の演出を担当した。

別ソフト通じ取り込みか 不正プログラム(2012年10月9日日刊スポーツ)

 インターネット上で犯行予告をした疑いで逮捕された男性2人が事件と無関係の可能性があるとして釈放された問題で、2人がネット上のサイトなど別の経路で異なる無料ソフトをダウンロードしていたことが9日、大阪、三重両府県警への取材で分かった。

 両府県警によると、この際に遠隔操作が可能なコンピューターウイルスの疑いがあるプログラムがパソコンに取り込まれたとみられる。プログラムは容量などが同一ではないものの酷似しているという。

 両府県警は、ソフトの作成者や配布元を特定し、さらに別の何者かが不正プログラムをソフトに組み込んだ可能性について調べている。

 これまでの調べで、津市の男性(28=威力業務妨害容疑で逮捕、釈放)のパソコンは、無料の画像編集ソフトをダウンロードして不正プログラムを取り込んだとみられることが判明している。

 アニメ演出家北村真咲被告(43=業務妨害罪で起訴、釈放)は、タイマー機能を備えたものなど複数のソフトをダウンロードしていたが、男性と同じソフトはなかった。男性はダウンロード時にパソコンの異常動作に気付いていたが、北村さんはプログラムを取り込んだきっかけに心当たりがないという。

 府警はプログラムを警察庁に送り、既に解析。実際に第三者がパソコンを遠隔操作できるかどうか再現実験を行う。(共同)

ウイルスはウイルスでもコンピューターウイルスということなんですが、今回は特に有名アニメ制作スタッフが掲示板に殺人予告を書き込んだとして逮捕されたこともあって大いに話題になったわけですね(現在は釈放済み)。
前述の記事を見てもお判りいただけるように特定系路に留まらず複数ルートでの感染が疑われるくらいで、誰にとっても人ごとではない大問題なのですが、実際のところこのウイルスに感染することで何が起こるかと言えば自分のPCを他人によって遠隔操作されてしまうということです。
基本的にユーザーが目の前のPCを操作して行えることは何であれ全て出来るということですから、むしろ今回のようなちょっとしたいたずら書き込み程度のことで済んでよかったというものですけれども、実際にはこういうウイルスの危険性は以前から指摘されていて、しかもおそらく水面下ではずっと多くの被害が出ているにも関わらず乗っ取られたユーザーにも知られていないだけではないかとも言われています。

「冤罪ではないか」ネット上では逮捕直後から指摘(2012年10月7日産経ニュース)

 大阪の事件で北村真咲さんが逮捕された直後から、インターネット上では冤罪(えんざい)の可能性を指摘するかき込みが相次いでいた

 「ウイルスに感染して勝手に書き込みをされたのではないか」「冤罪の可能性が高い」

 北村さんが「身に覚えがない」と関与を否定していることなどから、ネットでは当初から冤罪説が浮上。別人が北村さんになりすまして犯行に及んだ可能性が指摘され、逮捕を疑問視する書き込みが並び、「完全にハメられた」と同情する声もあった。

 こうした背景にはウイルス感染したパソコンが遠隔操作されて“踏み台”になり、不正アクセスなどに使われるケースが後を絶たないことがある。

 昨年3月に韓国の大統領府などに対して行われたサイバーテロでは、日本国内の一般家庭のパソコンも踏み台になっていたとされる。また近年では踏み台に悪用したパソコンから遠隔操作した“痕跡”を消去するなど手口が周到になっており、警察の追跡が困難になっているという。

 北村さんの釈放が明らかになった今月7日、ネット上では「誰にでも起きる可能性がある。怖い」と不安の声が寄せられていた。

2人のPC乗っ取り犯罪予告か…類似ウイルス(2012年10月8日読売新聞)

 犯罪予告メールを送信したなどとして、大阪府警と三重県警にそれぞれ威力業務妨害容疑で逮捕された男性2人のパソコンが、「遠隔操作型ウイルス」とみられるウイルスに感染していたことがわかった。

 第三者が2人になりすまして犯行に及んだ疑いもあり、大阪、津両地検は先月21日、2人を釈放した。誤認逮捕の可能性が高く、警察庁は全国の警察に対し、サイバー事件の捜査はパソコンが第三者に遠隔操作されている可能性も想定し、慎重に行うよう異例の注意を行った

 男性2人は面識はなかったが、捜査の結果、両事件で使われたパソコンが類似のウイルスに感染していたことが判明。第三者が遠隔操作してメールを送ったり、掲示板に書き込んだりできることがわかった。警察庁によると、サイバー攻撃などでは発信元を特定されないよう、セキュリティーの甘いパソコンをウイルス感染させて中継点にする手口はあるが、パソコンを完全に乗っ取って他人になりすます事例は珍しいという。

ご存知のように日本でも近年ネットワーク上での書き込みというものに非常に厳しくなってきていて、某巨大掲示板などでも殺人予告など馬鹿げたことを書き込んで逮捕されたという事例が相次いでいますが、そのうちの何割かはこうした乗っ取りによるものであった可能性があるということです。
当然ながら自分のPCから書き込みをするよりも他人のPCを介して書き込んだ方が追跡されがたいはずですが、ウソの書き込みなどで世間を賑わす愉快犯めいた段階に留まっているならまだしも、例えばこれまた以前から話題になっていたキーロガーなど他のアプリと組み合わされることでさらに大規模な犯罪が幾らでも仕掛けられる理屈ですよね。
何しろ友人知人同士でも今時実際に会って話すよりメール等でやりとりする方がよほど多い時代で、ましてや遠く離れた相手との取引などでは当然PCを介して行うわけですから、早急に対策を講じないことには大変な騒ぎがいつ起こっても不思議ではありませんね。

企業や官公庁などはきちんとコストを割いて対策を講じるのはもちろんですが(日本はこの面でも遅れていると言います)、往々にしてこれらのセキュリティに穴を開ける最初の一穴は従業員など個人レベルでの情報流出であると言いますから、少なくとも無防備な状態でネット利用をしない、怪しいサイトに近づいたり妙なメールを開いたりしないといった当然の防疫対策は各個人が十分に承知しておくべきでしょう。
自動車などでも当然行うべき防犯対策を講じないまま盗まれた車が犯罪等に関わってしまった場合、所有者に損害賠償請求が行われる可能性がありますけれども、PCのように不特定多数に一斉に関与出来る道具で同様の解釈が行われた場合、当たり前のウィルス対策すら講じていなければ持ち主に巨額の賠償が行く可能性もあるかも知れません。
もちろん各人のPCの中を覗いてみれば人に見られたくないような秘密の一つや二つくらいは含まれているでしょうから、より直接的な犯罪に巻き込まれないためにもまずは最低限の知識を身につけ、面倒くさがらずに実行するという基本を徹底することでしょうか。

|

« 国立病院 人件費削減方針見直し? | トップページ | 本当の価値が厳しく問われる時代? »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

ノートン先生じゃダメなの?

投稿: | 2012年10月10日 (水) 09時00分

先生は頑張り過ぎてよく周りと衝突しちゃうからなあ

投稿: 元僻地勤務医 | 2012年10月10日 (水) 11時53分

うちは回り回って今はMSEになってますね。
あとは危ないサイトは避けるのと仕事用と趣味用でPC分けるくらいですか。

投稿: 管理人nobu | 2012年10月10日 (水) 13時06分

twitter で法律関係の方が
「読売新聞の逮捕の時は実名で名誉回復の時は匿名というのはおかしい!」
という内容のメンションがありましたよ。
産経新聞は実名ですね。
逮捕=実名報道は怖いです。

投稿: DH98 | 2012年10月10日 (水) 14時37分

怖いのはウイルスよりも犯人の細工にころっとだまされて無実の人間を逮捕起訴してしまう警察なんですけどね。

投稿: クマ | 2012年10月10日 (水) 15時19分

そこはウイルスが巧妙になるほどどうしても避けがたいリスクと思われ
てか自動車泥棒がひき逃げ事故起こしても持ち主が誤認逮捕されるリスクありますわな
今回気をつけろって通達出てんのもリスクに気がついてるからでしょ

投稿: あらちゃん | 2012年10月10日 (水) 16時25分

あらちゃんさまへ
確かに避けがたいリスクだとは思いますが、そのリスクを一般市民が負わなければならないのはどうかと思います。
誤認逮捕には十二分な休業補償+名誉回復に必要な費用+慰謝料の提供があってしかるべきところ、今の法律では雀の涙ほどしかもらえないのも問題だと私は考えます。

投稿: クマ | 2012年10月10日 (水) 17時31分

「痛いニュース」で話題になってたけど、更に迷走するのかしらん。
朝日の見出し 「2ちゃんねる」にウイルス感染源 PC乗っ取り
読売の見出し 「2ちゃん」経由でウイルス感染か…遠隔操作
産経の見出し 【なりすましウイルス】遠隔操作ウイルス名が判明「iesys.exe」

朝日の見出しは救い難いですな。

投稿: JSJ | 2012年10月10日 (水) 18時39分

あさひならこういうのもありますよ
もう怨念すら感じます


アラン・ドロンの出世作「太陽がいっぱい」は、裕福な友になりすまして財産を狙う話だった。別人を装う点は振り込め詐欺も同じだ。
こうした「世俗の悪事」に比べ、ネット空間の闇は底が知れない
▼「歩行者天国にトラックで突っ込む」「伊勢神宮を爆破」。この手の書き込みは、業務を妨害した罪に問われる。
警察は発信元のパソコンを割り出し、大阪と三重の男性をそれぞれ逮捕した
▼ところが、2人のパソコンは同じウイルスに感染していて、何者かに遠隔操作で乗っ取られた疑いが濃くなる。
真犯人は持ち主になりすまし、犯罪予告に及んだらしい。否認で通した2人は慌ただしく釈放された
▼個人情報の流出ばかりか、愛機を不正アクセスやサイバー攻撃の踏み台にされ、濡(ぬ)れ衣(ぎぬ)を着るなど御免だ。
大阪の件は起訴され、裁判になるところだった。捜査側がよほど心しないと、不運な被害者は冤罪(えんざい)の責め苦まで負うことになる
▼ネット上には日々20万種ものウイルスが放たれ、対策が追いつかないそうだ。
生活感の乏しい部屋で、陰々と悪意を「培養」している輩(やから)に言いたい。人生は短い。他を陥れる暇と知恵があるなら、「自分の今」を楽しまないか
▼ツイッターでは、時の人、山中伸弥教授の名をかたる者が「ノーベル賞キター」などとやっている。
これはご愛敬としても、ネットに巣くう悪はドライなようで、じめっと嫌らしい。
ホラー映画で人に取りつく悪霊やエイリアンのごとく、迷いなき狡知(こうち)にあふれている。

asahi.com 2012年10月10日(水)付
http://www.asahi.com/paper/column.html

投稿: kame | 2012年10月10日 (水) 18時47分

遠隔操作 伊勢神宮で プログ検索中です。
伊勢神宮 恐ろしい書き込みされたんですね。脅迫状 恐喝~
なぜ 宗教のそういうところに そんな 脅迫文を 送ったのだろうか?
遠隔操作で 他人のパソコンから 発信したように 見せかける  手口
そういうことも できるんですね。恐ろしいですね
ネット メールなどの 簡単な操作の中のルール 大切な問題ですね。
ハンドルネームにしても 他人が なりすます事も ありますね。
たわいのない イタズラ ぐらいなら? ゆるせる?許せる範囲~
ネットという たくさんの情報 誤情報から 人生を変えてしまうくらいの 良い大事な情報
いろいろ ありますね。
宗教研究会(名前検討中 事件研究会(名前検討中

投稿: 村石太@&警察庁 長官 | 2012年10月10日 (水) 20時16分

報道が明後日なだけで、以前から蔓延していますが何か。
http://ja.wikipedia.org/wiki/Outbound_Port_25_Blocking
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9C%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%8D%E3%83%83%E3%83%88
愉快犯的に使われたのは初めてかもしれません。

投稿: Ikegami | 2012年10月12日 (金) 18時11分

フジテレビ 強豪フランスに惨敗とテロップ

http://live2.ch/jlab-fat/s/fat1350075714021.jpg

投稿: | 2012年10月13日 (土) 06時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519753/55852095

この記事へのトラックバック一覧です: 怖いウィルス流行中:

« 国立病院 人件費削減方針見直し? | トップページ | 本当の価値が厳しく問われる時代? »