« 今日のぐり:「漁火大名」 | トップページ | 市販薬=安全な薬ではない »

2012年9月 3日 (月)

特定看護師 認定法を議論中

このところ厚労省内で特定看護師についての議論が進んでいるところなのですが、様子をみてみますとやはり実現に向けては相当な高さのハードルがありそうですよね。
まずはこちら22日の会合なんですが、こんな妙な事を言い出していたようです。

「特定看護師」制度、国は研修機関を指定- 能力認証を修正、厚労省(2012年8月24日CBニュース)

厚生労働省は22日、チーム医療推進会議(座長=永井良三・自治医科大学長)を開き、特定の医療行為(特定行為)を担う看護師、いわゆる「特定看護師」の制度の枠組みに関する試案を示した。これまでに提案している厚労相による能力認証を改め、国は研修機関を指定し、研修の修了者を看護師籍に登録するというもので、医師の臨床研修制度と同様の仕組み。この日の会合では、今後、試案を基に議論を進める方向性を確認したが、日本医師会(日医)は同案にも反対の立場を示した。

昨年秋の会合で厚労省が示した制度の骨子案では、特定行為に関する規定を、保健師助産師看護師法(保助看法)で位置付けた上で、5年以上の実務経験を持ち、国が指定したカリキュラムを修了した看護師が、国家試験に合格後、厚労相から能力認証を受けるという内容だった。

これに対し、今回の試案では、特定行為に関する規定を保助看法上で定める一方、国は研修機関を指定するだけにとどまり、能力認証のための国試も行わない。特定行為に応じた研修の教育内容や単位などについては、医師や看護師らによる審議会で話し合った上で、研修機関の指定基準として省令などで定める。同審議会では、特定行為に関する規定の追加・改廃のほか、厚労相の諮問を受け、指定研修機関の妥当性も検討。同省では、既存の医道審議会の活用を視野に入れている。

研修を受けない一般の看護師については、十分な安全管理体制を確保した上で、医師や歯科医師の「具体的な指示」の下、特定行為の実施が可能で、こちらは骨子案と同様となっている。
(略)

厚労省の元々の試案では一定の実務経験を持つ看護師に試験を課した上で特定看護師になるというものであったものが、今回は単に一定の研修を受ければ特定看護師になれる、そして研修を受けなくとも医師らの指示を受ければ特定医療行為が行えるという、実質的に資格職としての特定看護師を完全に骨抜きにしかねないような話になっています。
これに対する各方面の反応ですが、日医などは単に研修を受けて認証するだけであってもきちんと特定医療行為の範囲を法で定めておけば安全性は担保出来るという一方で、看護系大学協議会代表からは研修を受けていない看護師による特定行為には反対の声が、また看護協会からは国試も無しで安全性が担保出来るのかという疑問が提示されています。
特定看護師に求められる予定の能力とは以前にも紹介したことがありますが、座学的知識ももちろんですが動脈採血や褥創デブリードマンなど実戦的能力に類するものも多く、正直どのような研修を行ってそれらの能力を担保していくつもりであるのかも興味が湧くところですよね。
実際に引き続き30日に行われた討論でもそのあたりの教育課程に異論山積といった状況であったようで、こちらの記事から様子を紹介してみましょう。

「特定看護師」、2年課程で議論が紛糾- 厚労省が原案提示も平行線(2012年8月30日CBニュース)

 厚生労働省は30日の「チーム医療推進のための看護業務検討ワーキンググループ」(WG、座長=有賀徹・昭和大医学部教授)で、特定の医療行為(特定行為)を担う看護師、いわゆる「特定看護師」について、教育内容や単位数などに関する基準の原案を示した。しかし、幅広い特定行為の習得を目指す大学院の修士課程の是非をめぐって、この日も議論が紛糾。同省側は、特定行為の原案と併せて同基準案についても、関係団体や学会などに意見を求める予定だったが、一部で反対意見も出たため、対応は有賀座長に一任された。

 上部組織のチーム医療推進会議で厚労省が示している試案では、国は研修機関を指定し、その研修の修了者を看護師籍に登録することで、「特定看護師」の能力を認証。特定行為に応じた研修の教育内容や単位などについては、研修機関の指定基準として省令などで定めるとしている。

 この日のWGで厚労省が出した基準の原案では、能力認証のために最低限必要となる単位数や臨床実習の時間数が示された。大学院の修士課程を想定した「2年課程」は48単位、630時間とし、研修機関などでの「8か月課程」は23単位、270時間を必須と定め、幅広い特定行為を実施するための修業期間を「2年以上」、特定の領域では「8か月以上」と幅を持たせた

 研修を修了した時点の到達度は、特定行為の実施に必要な基礎的な知識や実践能力などを習得することを目標とし、修了時に一定の到達度に達しているかどうかを確認。その後、医療現場での修練を経て、対象となるすべての特定行為の実施を想定している。

 厚労省が示した基準の原案に対し、WGでは前回に引き続き、急性期と慢性期にわたる特定行為の習得を目指す2年課程の是非をめぐって、激しい意見の応酬となった。

 井上智子委員(東京医科歯科大大学院教授)は、「(48単位は)大学院教育では重過ぎる」と指摘。基盤となる部分は共通であるとし、それぞれの単位数に差があることを問題視した上で、「(基礎部分を)少なくして厳選し、専門領域の中で積み重ねていくという議論をしてほしい」と求めた。また、小松浩子委員(慶大教授)は、「看護籍に入れる能力認証を進めるのであれば、専門領域を無視できない」と、改めて2年課程に反対の立場を表明した。

 これに対し、英裕雄委員(医療法人社団三育会理事長)は、「医療と介護の両方の知識を持って生活者に寄り添う特定看護師は、ゼネラリストのイメージ。あくまで2年コースが中心になるべきだ」と発言。竹股喜代子委員(医療法人鉄蕉会・医療管理本部看護管理部長)は、両方の課程で必修となる「3P科目」(フィジカルアセスメント、病態生理学、臨床薬理学)に触れ、「コアプラス、専門の部分と、ゼネラルな部分が負荷されていると考えると理解しやすい」との認識を示した。

 一方、神野正博委員(社会医療法人財団董仙会理事長)は、「2年間なりの卒後教育、OJT(現場での訓練)を終えて、ここまでできたので、正式なお墨付きを与えるといった制度設計が必要ではないか」と問題提起。有賀座長は、「2年コースと8か月コースの考え方は、ディメンションが違うという視点も必要ではないか」と述べた。【敦賀陽平】

厚労省の目指すところとしては研修医の初期研修のようなものをイメージしているのでしょうが、これだけバラエティーに富んだ?研修形態でどうやって同じ能力を担保するつもりなのかは相変わらず理解しがたいと言うしかなく、そもそも2年コースと8ヶ月コースでディメンションが違うなどと言い出しては特定看護師の中に更に特定資格を設けるようなことになってしまいませんか。
個人的に非常に気になっているのですが、この場合臨床実習的な部分が重要視されるというのは当然として、おそらく指定研修機関になるのは大学病院や地域の公立基幹病院などではないかと予想しているのですが、そもそもこれらの施設では下手をすると留置針での点滴ルート確保すらままならないなんちゃって看護師の方々が闊歩している場所でもあるわけですよね。
特定看護師研修の受講希望者もこうした施設の出身者が多数を占めることになるのだろうと思うのですが、人並みの業務もこなせない方々が一足飛びに人並み以上を目指すというのもどうにも妙なことで、そうした方々が特定看護師資格を取ったところで元の施設に帰って今度は世間の看護師並み(以上とまでは言わないにせよ)の業務をちゃんとこなしていくという担保はあるのでしょうか?

これらのなんちゃって看護師がまともな業務がこなせないという理由として組織内での内規のようなものがしばしば取り上げられるのですが、そうであるならまず制度がどうこうと言う以前に内規の方を改め世間並みの水準に引き上げることを目指した方が話が早いはずですよね。
仮に特定看護師資格が何かしらステータスや名誉職のようなものになり、例えば病棟に一人いれば何かしら診療報酬上の加算が得られるので誰か取ってこいと言われるような資格で終わるのであれば、そんなものは医療の実質的な向上には何の役にも立たないんじゃないかなと言う危惧を抱かざるを得ません。

|

« 今日のぐり:「漁火大名」 | トップページ | 市販薬=安全な薬ではない »

心と体」カテゴリの記事

コメント

特定看護師じゃなくても特定行為が出来るなら特定看護師いらないんじゃ?

投稿: 貫太郎 | 2012年9月 3日 (月) 08時44分

なんとなく議論の方向性を見ているとそういう気がしてきます。
まずはどこの病院でもきちんとやるべき仕事をしてもらう、そこが最低限のスタートラインではないかと。

投稿: 管理人nobu | 2012年9月 3日 (月) 10時20分

つかルートもとれない茄子はもう准看護師扱いでいんじゃね?

投稿: | 2012年9月 3日 (月) 11時08分

ちょっとよく判らないんですが研修終了後に看護師籍に登録というのは、看護師でなくとも研修を受ければ特定看護師になれるということなんでしょうか?

投稿: ぽん太 | 2012年9月 3日 (月) 11時33分

>つかルートもとれない茄子はもう准看護師扱いでいんじゃね?

准看護師に謝れw!

投稿: 10年前にドロッポしました。 | 2012年9月 4日 (火) 09時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519753/55563604

この記事へのトラックバック一覧です: 特定看護師 認定法を議論中:

« 今日のぐり:「漁火大名」 | トップページ | 市販薬=安全な薬ではない »