« 医師偏在解消へ新専門医制度の役割 | トップページ | 今日のぐり:「活魚廻転寿司 いわ栄」 »

2012年9月15日 (土)

マスコミの言う取捨選択 それは世に言う偏向か、それとも洗脳か?

そんなことを書いてしまえば突っ込まれるに決まっているのに、敢えて書いてしまうという人々がネット時代になりますと速攻でさらし上げられるようになりましたけれども、先日某新聞社の掲載したこの記事にも案の定様々な意見が噴出したということです。

憂楽帳:石の上にも30年(2012年07月31日毎日新聞)

 「石の上にも30年ですか」。と言ったら怒られるだろうか。福岡の専業出版社「石風社」が創業30年を迎えた。同社代表の福元満治さんが今月上梓(じょうし)した「出版屋(ほんや)の考え休むににたり」を読み、頭を垂れた。「やはりただの焼酎喰(ぐ)らいではないな」と。

 行きつけの居酒屋でたまに一緒になることがあって、焼酎を飲みながら話が夜ふけに及ぶ。新聞の世界しか知らない私には、痛烈で目が覚めるように刺激的な言葉が次々に飛び出す。自分が乱読の質なので、その読書指南は特に参考とさせていただいている。

 石風社の30年は、活版からデジタルへという出版界の激動期と重なる。難局を打開し、ペシャワール会関連書をはじめ、さまざまなテーマでキラリと光る良書を世に問うてきた「出版屋」の知恵と情熱が新著にあふれている。

 福元さんは書く。デジタル化とネット通信で大量の情報の収集と蓄積が可能になっても、「取捨選択して統一的な意味を与える『編集』という身体的でアナログな力が必要になる。逆説的だが、それがなければ思考が深まり定着することもない」と。新聞屋の端くれもそう思いたい。【下薗和仁】

無論のこと、マスコミという業界において何より編集という立場が非常に重きを置かれているということは周知の通りなんですが、今の時代彼らが何をどう取捨選択しているのかということにこそ世間の厳しい目が向いているのだということをそろそろ理解いただかなければならないはずですよね。
一見して中立をタテマエにしているかに見えるマスコミが実は自らの主張に沿うように事実を取捨選択していることはネットと言う新たな媒体の台頭によって明らかになってきましたが、芸能人の開いた店をアピールするなどという露骨なやり方はむしろ可愛げのある方で、宅配水業者の経営者一族に一般人のような顔をして「水道水は放射能が不安なので宅配水を使っている」などと言わせるのは癒着以外の何物でもありませんよね。
あるいは今夏は鰻が高い高いと盛んに報道されていましたけれども(おかげで鰻屋さんは商売あがったりだったそうですが)、実際に鰻屋に取材したところ「もうほとんど去年並みですよ?」と言われたテレビ局が「それでは番組の趣旨と違うから別な店に行きます」と立ち去ったなどという話を聞けば、彼らの行っている行為は事実の取材などではなく単なる創作活動であると理解せざるを得ないでしょう。
こうした彼らの行動そのものがネタとして騒がれるようになってきているのが昨今の特徴ですけれども、最近大きな話題になったことと言えば先日タクシー運転手と通行人とが女児をバッグ詰めした犯人逮捕に活躍したというあの事件についての報道ぶりです。

女児バッグ監禁犯「成城大でプリキュア好き」に声優・池澤春菜「私、成城大。プリキュアも出てた」(2012年9月6日J-CASTニュース)

   広島県の小6女児を連れ去った疑いで成城大学2年の小玉智裕容疑者(20)が逮捕された事件で、日刊スポーツの9月6日(2012年)の記事にツイッター批判が噴出している。「小6女児監禁男はプリキュア好き」という見出しの記事には、小玉が居合同好会の幹事だったことや、女児向けアニメ「プリキュア」や秋葉原のメイド喫茶が好きだったことが証言されている。これにツイッターでは「悪意のある見出し」「『オタクは犯罪起こしやすい』みたいな事言いたそう」などの声が上がった。

   「プリキュア」シリーズに出演したことがある声優の池澤春菜も9月6日(2012年)のツイッターで、「……私、成城大。で、プリキュア出てた。でも、だから私も犯罪を犯す可能性が高いかと言うと、そうではない。何が言いたいかというと、そこ、全く関係ないよね?(出てたと、好きだが、違うのは承知の上で)」と意見し、「わかりやすい目印をつけたい、という思いが、わかりやすいものだけあればいいや、になっちゃう気がする」とツイートした。

プリキュア好きで何が悪い!新聞見出しに大きなお友達大激怒(2012年9月6日秒刊サンデー)

小6女児かばん監禁容疑で小玉智裕容疑者(20)が逮捕された事件で、小玉智裕容疑者が人気アニメプリキュアをこよなく愛していた事がメディアで大きく取りざたされていることにネットユーザは怒りを隠せない。なぜなら解釈の仕方では「プリキュア=犯罪の温床」だと勘違いされてしまう恐れがあるからだ。ネットでは「納得いかない」「恣意的だ」などと怒りをぶつけている。

Twitterにアップされている新聞の切り抜きを見ると「小6カバン監禁男はプリキュア好き」との記載がある。本来ならば多くの趣味のうちの一つとして片づければよいものの、何故プリキュアだけが大きく取りざたされているのかと、多くのネットユーザが疑問をぶつけている。また、小玉智裕容疑者は秋葉原のメイド喫茶にも通い詰めていることを告白していることも記載されているようだ。

これら掲載方法について、客観的に見ても「小6少女」とアニメ・オタクを結び付けようとしているという印象をうけかねないし、ここまで大きな見出しにする必要はあったのだろうかと言う声も見受けられる。万が一、趣味が『切手集め』だったら大きな文字で『切手集め好き』と書いてもらえるのだろうか

ネットでは本件に関し様々な意見が交わされている

―Twitterの反応

・犯人が韓流やK-POP大好きだったら完全スルーしてたよな
・大きなお友達は、プリキュアみんな大好きです(笑)
・ これに、真っ先に反応した妹w
・なんでそんなどうでもいい情報が見出し?
・プリキュア製作陣、訴えてもいいんじゃない?明らかに悪意があるよ
・ プリキュアは悪くない
・プリキュアは二十歳過ぎが観るアニメじゃない。ただのロリ。
・マスゴミ様の程度が覗えるなぁ。
・これプリキュア関係の人営業妨害で訴えられるのでは
・またメディアの魔女狩りがはしまる
・ 『プリキュア』ってよりこの手の事件はいつもアニメ、ゲームを強調し過ぎ
・おいプリキュア好きを何だと思ってやがる
偏向報道甚だしいね!好きな対象の種類によって犯罪と結びつけようとするのは幼稚極まりない。
・警視総監あたりが「私は娘と一緒にプリキュアを見るのが好きでね」とか男前な発言はまだですかね。
・こういう風に書くからオタク非難されるんだよね前な発言はまだですかね。

メディアにとって、アニメ・ゲーム・オタク=犯罪という図式は食いつきが良く、しかもリスクの少ない材料の一つなのかもしれない。もちろんそのネタに興味を持ちやすい、視聴者側の立場も忘れてはならない。

女児アニメと性犯罪との因果関係巡りネット上で大激論(2012年9月8日J-CASTニュース)

  女児をバックに詰め込んでいたずらしようとしたとされる成城大男子学生(20)が女児アニメ好きと報じられたことを巡り、ネット上で激論になっている。犯行との因果関係は果たしてあるのか、といったことだ。

   論議の導火線になったのは、日刊スポーツの2012年9月6日付記事だ。「小6カバン監禁男はプリキュア好き」などと大見出しを打ったことで、アニメ愛好者らからの強い反発の声がネット上に渦巻いた。

40年で強姦被害は10分の1に?

   確かに、容疑者の男子学生は、ツイッターやブログなどでそうした嗜好を示していたようだ。しかし、だからと言って、それが犯罪に結びつくわけではないと言いたいらしい。

   アニメ好きなどと結びつけようとした夕刊フジの6日付記事にも、激しい反発が起きている。「幼児性愛をテーマにしたゲームや漫画に刺激されて現実世界と混同し、犯行に及ぶケースがある」とする精神科医のコメントを紹介したからだ。

   そんな中で、元国会議員政策担当秘書の中迎聡さんが6日、性犯罪増加はデータ的には見られないとツイートし、ネット上で注目を浴びた。

   中迎さんは、「少年犯罪データベース」のサイトを運営している男性が集めたデータを紹介し、女児の強姦被害件数はむしろ減ってきているとした。それは、警察庁の犯罪統計書によるものだといい、1960年代中ごろに比べ、小学生以下の被害は、40年ほど経った2006年現在で10分の1ほどに減っているというのだ。06年は、小学生が46件、未就学児が3件としている。アニメなどの愛好者が増えたからといって、女児への性犯罪は増えているわけではないと言いたいようだ。

   警察庁の広報課に取材すると、60年代中ごろの数値は確認できなかったが、06年の件数はその通りだった。2011年は、小学生が41件、未就学児が1件で、強姦だけ見れば、性犯罪は最近減っている。強制わいせつやわいせつ目的略取誘拐についても、ここ10年ほどは小学生以下の被害が減少傾向にはある

「犯罪に走る必要条件になっている」

   とはいえ、一方で、少子化も進んでおり、こうした要素を考えると、犯罪割合は激減しているとまでは言えないようだ。

   また、女児への性犯罪で、アニメなどの愛好者がどれだけの割合でいるのか分からず、愛好者が多くないとは断定できないのも事実だ。最近は、事件も相次いでおり、名古屋市内で2012年9月3日、若い男が自分の父親を殺してまで女児を監禁するケースがあり、神奈川県内では5日、大学院生が女子中学生に痴漢したとして逮捕された。大学院生の場合は、アニメ好きとも報じられている。

   アニメ好きについて、IT会社社長の生島勘富さんはツイッターで6日、犯罪に走る必要条件になっているとまで主張した。「少なくとも私はプリキュアとか見ないし、見ない成人男性は多いはず。 統計をとったわけでも、統計を見たわけでもないけれど、そういう犯罪を犯す人は、相当高い確率で、そういうアニメが好きなんじゃないかな?」というのだ。もちろん、アニメ愛好者らからは反論も相次いでいるが、生島さんは「是非、アニメを守りたいと思う人達は、アニメを見る見ないで、幼女に対する犯罪の割合は変わらない。って証拠を出して欲しい」とさえ言っている。

   この問題を巡っては、ネット上は、なかなか決着がつかずに激論が交わされている。「ロリコン漫画は過激な描写が増えすぎてロリコンの範囲を超えてるよな」「さっさと規制しろよ!」といった声もある一方、「風俗と一緒、必要悪もあるよ」「規制しすぎて ガス抜き出来ないから問題になってると思う」との見方もあるようだ。

ちなみに問題の番組の内容については残念ながら存じ上げないので何ともコメントのしようがないのですが、以前にも少女向け番組のような体を取っていながら実際のターゲット層は実は大人のアニメファンらしいという記事が出ていたことがあって、その意味で今回の件はまさにスズメバチの巣に自ら望んで喧嘩を売ったような状況とも言えますよね。
すでに一昔前からこうしたマスコミお得意のレッテル張りは揶揄の対象になっていて、かつて幼女殺害犯が怪しげなビデオ数千本を所有していた!と大々的に報道された際にも「ボクもレコード数千枚持ってるから判るけれども」と得々と語る評論家を揶揄した風刺漫画が登場したのを見たことがあります。
そもそも事実そんなに危険な衝動を喚起する番組であるならそれを堂々と放送している当のテレビ局が一番の悪の根源だろうという話なんですが、では何故彼らマスコミがこんな自爆めいたことを盛んに言い立てるのかということを考えれば、結局は彼らの望む特定の方向に世論を誘導したいという気持ちの現れであるということなんでしょう。

記事中にも警視庁の統計が示されていますが、客観的な事実として過去にこうしたアニメが性犯罪を増加させるというデータが示されたことはなく、むしろそういう事実はないというデータが次々と蓄積されつつあることを大前提としておかなければ「統計をとったわけでも、統計を見たわけでもない」人々が根拠もない想像をまき散らす状況に歯止めがかかりません。
先日も紹介しましたように海外でも児童を扱ったアニメ等が実際に児童犯罪に結びつく根拠はないと言う見解が公になってきていて、少なくとも現状でエビデンスに基づいて危険性を云々できるような状況にはないはずなのですが、事実はどうあれ彼らお得意の「識者によれば…」「…という声もあり」式の情報操作にはそもそも客観的な根拠など必要とされていないわけです。
こうした誘導の最も成功した典型例の一つとしてしばしば取り上げられるのが日本人の大好きな?血液型診断というものですが、何ら科学的根拠のないことが繰り返し示されているにも関わらずこうまで巷間に定着しているように見えるというのは、偶然の一側面だけをしつこく取り上げ強調すればどんなものでも真実であるかのように見せかける事が出来るという人間心理を示しているのでしょうね。
彼らマスコミが総力を挙げて掘り下げ続けているそうした陥穽に嵌らないようにするためには、見る側も平素からよほどに意識してかからなければならないということでしょうか。

|

« 医師偏在解消へ新専門医制度の役割 | トップページ | 今日のぐり:「活魚廻転寿司 いわ栄」 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

犯罪者が更年期障害で精神科に通院していたら「精神科通院歴があり云々」と書かれるのに更年期障害で産婦人科に通院していても「産婦人科通院歴があり云々」とは書かれないのと似たようなものでしょうか。
どちらにしても、今の日本のマスコミは犯罪の加害者や被害者の個人情報を出し過ぎです。卒業アルバムを出すことは人権侵害だと日弁連とかが騒いでくれないのでしょうか?

投稿: クマ | 2012年9月15日 (土) 08時34分

容疑者がマスコミ関係者なら名前を出すことすらためらう実名主義のマスコミw

投稿: aaa | 2012年9月15日 (土) 09時58分

それなら、朝日放送はプリキュアを放送しているから犯罪予備集団なわけだな。

投稿: | 2012年9月15日 (土) 11時22分

「この犯人は日常パンを朝食として摂取していた」などと同次元の記事だと思う

投稿: | 2012年9月17日 (月) 09時00分

でもそこそこいい年の我が息子がプリキュアに傾倒してる、ってことになったらどう思いますかね。

そんなこと言ってる私はイカちゃん大好き♪ですが(ぇ
あと自分は独身です・・・って一番危ないがなorz

投稿: 名無子 | 2012年9月18日 (火) 09時48分

あれいつも酷暑の環境にありながら何故干上がってスルメにならずに済んでるんでしょうね?

投稿: 管理人nobu | 2012年9月18日 (火) 10時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519753/55655186

この記事へのトラックバック一覧です: マスコミの言う取捨選択 それは世に言う偏向か、それとも洗脳か?:

« 医師偏在解消へ新専門医制度の役割 | トップページ | 今日のぐり:「活魚廻転寿司 いわ栄」 »