« 今日のぐり:「楽丸」 | トップページ | パワハラが成立する愛媛大医学部 »

2012年9月18日 (火)

忙しいなら他人を使うことも考えるべきでは

以前から言われてきたことですが、救命救急士による医療行為がモデル事業として各地で始まることになっていて、本日まずはこちらのニュースを紹介してみましょう。

湖北地域消防本部:救命率UPへ、処置拡大 国のモデル事業、11月から /滋賀(2012年9月17日毎日新聞)

 湖北地域消防本部は、救急救命士が現場や救急車内で医療行為の一部を行う国のモデル事業を11月から試験実施する。急患の糖尿病患者へのブドウ糖溶液の投与や肺機能停止前の点滴など、医師ら医療資格者しかできない医療行為に当たる処置で、同本部は「救急救命士の急ぎの処置により助かるケースも出てくるはず」という。【桑田潔】
 厚労省などが進める「救急救命士の処置範囲拡大」事業の一環で、全国では39地域129消防本部が指定され、県内では7局・本部のうち唯一、長浜・米原両市の広域エリアを担当する湖北地域消防本部で実施する。同本部の救急救命士37人が研修を受けて認定された。
 救急現場や救急車内で処置を行う医療行為は、▽意識障害のある低血糖性の患者にブドウ糖溶液を投与▽重症のぜんそく患者に吸入薬を投与▽心臓停止の危険性がある患者に点滴を行う--の3行為で、いずれも搬送中などに、電話や無線で病院の医師から指導を受けて行い、付き添う家族らの同意も取る。
 同本部は11月から来年1月までの3カ月間、このモデル事業を実施して厚労省に報告する。同本部は「救急救命士の処置拡大で、救命率が上がり、後遺症を防げるケースが出てきそう。山奥に暮らす住民など、病院までの搬送に時間がかかるケースなどに有効なのでは」と話している。

先日も山梨や千葉でも同事業が行われることを紹介しましたが、当面11月から3ヶ月全国各地で行ってみてどのような問題があるのか、効果がどの程度あるかを見極めていくという、今も異論数多あるこの種の行為としてはまずまず妥当なスタートではないかと思います。
実際のところ今回行われる行為がどの程度有効なものなのかははっきりしていませんし、救急隊は余計なことをせずに最速で病院に送ることだけを考えていればいいのだという身も蓋もない意見も根強くありますけれども、そもそも賛否両論で議論になるという点である程度はやらないよりはやった方が良いというケースがあるんだろうなという事を示唆しているのでしょうね。
リスクに比べてベネフィットが大きい場合に医師に制限されてきた行為を他業種に開放していくということは、特に医療資源の限界がよく知られるようになってきた現代日本では必ず議論が必要になってくるところでしょうが、それはこうした時間的制約がある場合のみならず、能力や人員的な制約がある場合においても言えることでしょう。
例えば久しく議論されている特定看護師なども結局は医師が足りないというなら他のスタッフが代用すればいいじゃないか、という考え方の延長であると要約できるものですが、そもそも医師でなければ絶対に駄目な医療行為とは何なのかということをきちんと定義してこなかったことも医療現場の抱える諸問題の根源の一つでもあるんでしょうね。
そうした中で先日何気なく出ていたこちらの記事ですけれども、妙なところから規制緩和?の要望が出てきているらしいということが注目されます。

経団連、規制改革180項目を要望 週明けにも政府に(2012年9月14日日本経済新聞)

 経団連は14日、2012年度の規制改革要望を公表した。東日本大震災の復興や政府の日本再生戦略に沿った規制緩和策など180項目で週明けにも政府に申し入れる。東北地方に滞在する中国人観光客への査証(ビザ)の発給要件の緩和、医師が不足している地域での医療業務に医師以外の労働者を派遣することなどを要望した。天然ガス自動車や燃料電池自動車の普及策も盛り込んだ。

注目していただきたいのは経団連が代用医師を求めているとも受け取れるような妙に畑違いのことを言い出しているところなのですが、例えば看護師単独で行える業務というのは本来であれば相応に限りがありますけれども、後方に控える医師と連携を保ちつつある程度の裁量を持って主体的に医療業務を行うということは日常診療の中でもよく行われることですよね。
一般に医療行為とは患者がいて、医師がそれに対して判断を行い看護師らに指示を出して行うという過程を経ていますけれども、例えば当直業務などで簡単なガーゼ交換作業や継続的に行われている点滴なども全てこの手順を厳密に求められるとなると、交代制の看護師と違って翌日も通常勤務を控えているのに医師は寝る暇もなくなってしまいます。
僻地などで行われているような在宅医療ではもっとややこしい話で、今までは看護師らスタッフが巡回して何か問題があった時に医師の指示を仰ぐというスタイルでやっているものを、まず医師が全患者を診察してから必要に応じて指示を出すということになればとても時間が足りませんよね。
そうした現場で当たり前に行われてきた慣行をさらに推し進め、さらに場合によっては特定看護師制度などとも組み合わせていけば、日常的な医療業務のかなりの部分を医師抜きで行えるようになるのでは?と考えるようになるのもごく当たり前のことだと思います。

しばしばこうした「規制緩和」的な話になると一部の先生方が「誰が責任を取るんだ!」と反対論を主張するケースが後を絶たないのですが、結局何かあればその責任は医師にかかってくるということがその最大要因であることは、世にトンデモと言われる「カリスマ助産院」が数多くあるにも関わらず何故か訴えられるのは最後に引き受けた産科医であるというケースがままあることからも推察されるところです。
ただ一方では業務過多による医師の過労が医療ミスの原因になるということも知られていますから、他人に委任することによるリスクと過労によるリスクとをきちんと比較検討した上で、リスクが最小化する妥協点を探っていくのが筋なのかなと思いますね。
こういう業務委託、分業の推進のような話になりますとよく「そんな医師ならぬ医介補紛いの連中に対応されて患者が満足出来るはずがない」という意見も必ず出てくるのですが、先日ちょうどこんな調査結果が出ていたことを紹介しておきましょう。

病院に満足している患者は外来で50%、入院で64%(2012年9月13日日経メディカル)より抜粋

 厚生労働省は9月11日、2011年の受療行動調査の概況を公表した。これは全国の医療施設を利用する患者に対し、受療の状況や受けた医療に対する満足度を調査したもの。

 それによると、外来を受診した患者のうち、病院に「非常に満足」あるいは「やや満足」(以下、「満足」)しているとの回答は49.7%。「やや不満」あるいは「非常に不満」(以下、「不満」)は4.4%だった。病院の種類別にみると、「満足」との回答は特定機能病院が57.1%と最も多く、小病院(52.2%)、大病院(51.1%)と続いた。「不満」との回答は、中病院が5.2%と最も多く、次いで大病院(5.1%)、特定機能病院(4.6%)だった。

 外来患者の項目別の満足度をみると、「満足」の割合が最も多いのは「医師以外の病院スタッフの対応」で49.3%。以下、「医師との対話」(48.8%)、「医師による診療・治療内容」(46.7%)と続く。一方、「不満」の割合が最も多いのは「診察までの待ち時間」(25.3%)で、「診察時間」(7.8%)、「精神的なケア」(6.0%)と続いた

 入院患者では、「満足」が64.1%、「不満」は4.5%。病院の種類別では「満足」との回答は、特定機能病院が72.6%と最も多く、大病院が69.1%、小病院が65.4%。「不満」との回答は、療養病床を有する病院が4.9%と最も多く、小病院が4.6%、中病院が4.5%だった。

 入院患者の項目別の満足度では、「満足」の割合は「医師による診療・治療内容」(68.1%)、「医師以外の病院スタッフの対応」(67.1%)、「医師との対話」(63.0%)の順で多かった。一方、「不満」の割合が最も多いのは「食事の内容」で14.5%。「病室・浴室・トイレ」(11.2%)、「病室でのプライバシー保護の対応」(7.5%)と続く。
(略)

特に外来患者の回答に注目いただきたいのですが、実は外来患者の満足度を左右する大きな部分に肝心の治療内容以外の接遇面での問題があって、しかもそのほとんどは医師そのものと言うよりコメディカルも含めた施設全体の対応が問われているということです。
入院患者においてはさすがにより重症化した患者が中心になるだけに医師が直接関わってくる要因が主体になってきますけれども、この調査結果から推察されることは医師の技量などがほとんど問われない、あるいはぶっちゃけ誰がやってもさして結果に変わりがないような軽微な症例においては、医師(あるいは、治療を行う主体と言うべきでしょうか?)の技量そのものはさして患者側が重視する評価項目とはならないということではないでしょうか?
こうして見てみると経団連がどのようなことを考えて前述の要望を出してきているのか詳細はまだ判りませんけれども、この分野においても冒頭の救急隊の業務拡大の事例と同様、まずは限定的に試してみるというくらいの価値は十分にあるかなと思いますね。
無論、その場合いわば知らない間に勝手にババを引かされていたということにならないよう、誰か不運な個人ではなく国なりがきちんと公的に責任を取るところからスタートしていくのが望ましいはずです。

|

« 今日のぐり:「楽丸」 | トップページ | パワハラが成立する愛媛大医学部 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

ところで訴訟対策の行きすぎなんでしょうか?一番やってなきゃいけないはずの中堅が仕事を任せてもらえないってこともあるみたいで。
この前会った知り合いの消化器の先生が30代後半にもなってキャリアも十分なのにまだERCPはやらせてもらえないって嘆いていましたね。

投稿: ぽん太 | 2012年9月18日 (火) 09時03分

真夜中に茄子から電話「○○さんがすっきり寝たいって言ってて」→黙って眠剤処方
朝回診で寝たきり爺ちゃんが「すっきり出したい」と希望あり少し強めに下剤処方→外来中に茄子から電話「でも△△さん二日に一度は便出てるんですよ?いらないでしょ?」

お前ら態度露骨過ぎだろ

投稿: | 2012年9月18日 (火) 09時51分

夜中に起きててうるさくされるよりはさっさと寝かした方が楽。
下剤でびち○○の世話をさせられるよりは自然に任せた方が楽。
態度として首尾一貫はしてると思います。

>30代後半にもなってキャリアも十分なのにまだERCPはやらせてもらえない
技術の継承という点で若い頃から上がリスクを背負ってやらせていくというのも大事なことだと思いますけど。
でも今の時代は一番うまい先生がやるのがローリスクだって考え方なんでしょうか。
そうやって平均医療水準を無闇に引き上げていくと今は良くても後になって困るんじゃないでしょうか。

投稿: 管理人nobu | 2012年9月18日 (火) 11時01分

田舎病院じゃ看護師が働いてくれないと仕事にならないんで。
あれ見てると何もしないでいい大学病院の看護師と同じ職とも思えませんね。

投稿: 元僻地勤務医 | 2012年9月18日 (火) 11時41分

横から失礼します。
>何もしないでいい大学病院の看護師と同じ職とも思えませんね

これ、すごくよく聞く話ではありますが、実際どのくらい違うものなんでしょうか。
当方は田舎病院ばっかりで働いて何年にもなりますが、大学病院には親しい友人はいません。
割りと公的な場で勇気を持って尋ねてみたこともありますが、大学病院の人たちからは一様に「違うわけがない」と否定されます。
でも「じゃあ人材交流しましょう」と提案すると、やんわりと拒否されます。
社会学の人とか入り込んだ調査研究もあるのかなあ。
研修医の存在が看護師の仕事の有無を分けるみたいな状況もあるんでしょうか???

投稿: 田舎側の看護師 | 2012年9月19日 (水) 22時11分

こゆとこ見たらなんとなく判るよ
http://mimizun.com/log/2ch/hosp/1204366670/
http://logsoku.com/thread/kamome.2ch.net/hosp/1231577083/
大学茄子歴あり=捨てるしかない腐敗ゴミってこと

投稿: | 2012年9月20日 (木) 08時04分

大学の実情など何も知らないとは看護師としても人間としても極めて幸せなことだと思われます
どうぞこの先も変わらず真っ当な看護師人生を歩んでいてください

投稿: 元僻地勤務医 | 2012年9月20日 (木) 11時20分

田舎の病院で働いてて大学病院の事情を把握しかねることが「真っ当な看護師人生」ってのは皮肉でしょうかね。
黙って現場に埋もれてろってことか。
医師と看護師の関係は複雑で整理が難しいなあ。

田舎者の立場からすると、科学と民主主義の関係を理解するという意味で、
医療者は医師も看護師もみんな20世紀で止まっているように見えます。

田舎住民は自分の健康問題すら自分の頭で考えるよりは専門家に答えまで出して欲しい人が多い。
専門家が全部問題解決しろって、よほど民主主義のリテラシーに欠ける考えだと思います。
でも現場のカシラってことになってる医師もそんな考えの人しかいないように見えます。
都会は知らないけど。

看護師以外の医療職は、リハも栄養士も全部センセイです。看護師もそう呼んでます。
看護師には全体をつなぐ使い走りとしての腕に磨きをかけて欲しいと本気で考える医療者が、看護師自身を含めて多いです。
昔の看護師手足論みたいな。

ほんとに現場の全体をつなぐことができたら、それこそものすごい専門性じゃねえのって思うけど。
でも立場は使いっ走りなんだよね。

投稿: 田舎側の看護師 | 2012年9月23日 (日) 17時06分

なにカリカリしてんの?
大学経験者の看護師なんてネットでこんなに優しく相手してもらえないよ?
自分の幸せに気付かないで隣の芝生が青く見えるタイプ?

投稿: あめんぼう | 2012年9月23日 (日) 20時43分

>大学経験者の看護師なんてネットでこんなに優しく相手してもらえないよ?

そういえばネット上に数多存在する大学ナースこき下ろしコメントへの反論だの大学ナース正当化コメントだのって見たことないですねえ…。もしかして自覚はあるんだw?

>自分の幸せに気付かないで隣の芝生が青く見えるタイプ?

私が看護師なら、市中病院よか大学病院に勤めたいでつよw?理由は謂わずもながww
…あ、でも明後日方向に無暗に空しく忙しいそうではあるなあww

投稿: 10年前にドロッポしました。 | 2012年9月24日 (月) 11時38分

すいません、飲み屋で聞かされる愚痴のようで 結局何が仰りたいのかよく判りません。
大学茄子の皆様を羨ましがってらっしゃるのか
それともナース以外の医療従事者との扱いの差に義憤を感じてらっしゃるのか
あるいは御自身の職場環境について不満を持ってらっしゃるのか
論点なり疑問点を明確にして頂けると有り難いです。

投稿: 田舎側の看護師さまへ | 2012年9月24日 (月) 12時13分

おっしゃる通り仕事は楽で安定雇用、知らない人間にはちょっとステータスも高そうに見えるいい職場ではあるんですよね。
でもそれによって当の本人達が勘違いしてしまうとどうしようもないんですが…

投稿: 管理人nobu | 2012年9月24日 (月) 12時18分

大学看護師の実態を知って馬鹿げていると思うかうらやましいと思うかが人としての分かれ目

投稿: tot | 2012年9月24日 (月) 15時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519753/55681591

この記事へのトラックバック一覧です: 忙しいなら他人を使うことも考えるべきでは:

« 今日のぐり:「楽丸」 | トップページ | パワハラが成立する愛媛大医学部 »