« 聖地三重 また新たな伝説が1ページ | トップページ | 今日のぐり:「うなぎ なか勝」 »

2012年9月22日 (土)

また警察権力による不当な市民への横暴が?!

マスコミ報道の悪いところは肝心な背景を往々にして飛ばしてしまうところにあると思っているのですが、こちらの記事などもタイトルだけ見ていると何の事やら?と思うような話ですよね。

給食の献立表を破った生徒を学校が通報、逮捕/沖縄(2012年9月20日沖縄タイムス)

 教室内に張られた給食献立表を破ったとして18日に宜野湾署が本島中部の中学校に通う男子生徒(15)を逮捕した事件で、同中学校の校長が19日取材に応じ、「ほかの生徒の安全確保のためには(逮捕は)やむを得ない判断だった」と述べた。宜野湾署は同日午後、那覇地検沖縄支部に男子生徒を送検した。

 校長によると、男子生徒は日ごろから教諭の指導に従わないことが多かったといい、18日も朝から教室内で担任の注意に反発して机を蹴るなどしていた。周囲の生徒にも危害が及ぶ恐れがあったため、警察へ連絡したという。

 校長は「警察の介入は最後の選択肢。逮捕は苦渋の選択で残念」とした上で、「戻ってきたときにはしっかりと向き合い関わっていきたい」と述べた。同校は近く保護者説明会を開く予定だという。県教育庁義務教育課は、「教育的配慮から警察と連携したことは適切な判断だった」とコメントした。

 一方、宜野湾署は19日、逮捕に至った理由について、生徒の行為がエスカレートすると、傷害事件などに発展する恐れがあったと説明。学校に着いた時には、破れた献立表しか証拠がなかったため、器物損壊容疑で逮捕したとしている。同署の糸数昌宏副署長は「被害申告を受け、適切な捜査をし、法と証拠に基づいて厳正に対処した」とした。

 日弁連子どもの権利委員会委員の横江崇弁護士(沖縄弁護士会)は、成人でも逃亡や罪証隠滅の恐れがなければ逮捕、勾留はできないと前置きした上で、少年法の趣旨や警察の犯罪捜査規範などから、精神的に未熟な少年の身柄拘束は抑制されるべきだと指摘。「仮に過去に少年の行動で問題があったとしても、今回、献立表1枚を破るという微罪で逮捕、勾留するというのは法の趣旨などからも極めて問題だ」と批判し、逮捕の目的にも疑問を呈した。警察の逮捕、勾留の請求を認めた裁判所の判断も問題だと指摘した。

要するに日頃からどうにも手に負えない暴力行為が続いている生徒がいた、それがいよいよ対応不能になったためやむにやまれず警察に連絡したということで、事情を知ってみれば昨今ごく当たり前になってきているモンスター対策の一連の流れで理解出来る話なんですが、これが何故「献立表を破って逮捕」と言う要約になってしまうのかです。
後段はその理由を説明すべく一生懸命印象操作を図っていて、なるほどこれが沖縄タイムス流かと一読理解出来るような記事に仕上がっているのですが、現に暴れ回り学校側に対応出来ないから警察に連絡していることを無視して問題だ問題だと叫び立てるというのは、あるいは自傷他害の恐れ有りということで保護入院にでもしてしまえばよかったと言いたいのでしょうか?
昨今では様々な方面で顧客のモンスター化が話題になっていて、これを放置し深刻化させることは結局周囲にとっても本人にとっても何ら益がないことだと言う理解が広がった結果、まだしも厳重注意程度の微罪で済む段階で警察を介入させた方が結局はいいのではという早期対処の考え方も次第に台頭してきています。
警察の方でもひと頃から続く「警察はいったい何をやっていたんだ!?」式のバッシングがよほどに堪えてきているのでしょうか、最近は何かと早めに動く傾向になってきているようですが、先日奈良で起こった一見すると不思議な逮捕劇などもそうした流れの一貫なのでしょうか。

軽犯罪法違反で男を逮捕《田原本署》./奈良(2012年9月19日奈良県警 Weekly News)

6月下旬ころから9月16日深夜までの間、田原本町内において、働く能力がありながら収入もないのに仕事もせず一定の住居を持たないでうろついていた男(54歳)を、軽犯罪法違反で現行犯逮捕しました。

この田原本町というところは地図で見ますといかにも田舎らしい古い町並みという印象を受けるのですが、何気なく読んでいると「定職も持たずにぶらぶらしていると罪なのか?!」と世のニートが戦々恐々としそうな話ですよね。
軽犯罪法という中のは各種微罪に対する取り決めがあって、その中にはまさしくこうしたケースに対する罰則規定もあるのですが、今回罪状となったのはこちら第一条四号がそれに相当しているようです。

軽犯罪法
第一条  左の各号の一に該当する者は、これを拘留又は科料に処する

四 生計の途がないのに、働く能力がありながら職業に就く意思を有せず、且つ、一定の住居を持たない者で諸方をうろついたもの

実際に条文を見てみますとさすがに細かすぎるのでは?と思えるようなものもあるのですが、こちら第一条四号も実際には極めて例外的にしか用いられていないようで、現実的にほとんどこうした記事が出てくることも目にしませんよね。
今回のポイントとしては特に「一定の住居を持たないでうろついていた」という点、そして逮捕が深夜であったという点からして、あるいは想像するに地方でよく見かける流れ者のおじさんで、連日深夜に及ぶ徘徊に何らかの脅威を感じた住民が通報したといったところなのでしょうか?
地方では時折道を尋ねるような体であちこちの家々に顔を出しては「ところで…」と物乞いめいた行為に及ぶ方々も時に見かけることがありますが、元々同法第一条にも「二十二  こじきをし、又はこじきをさせた者」と拘留対象として挙げられていますし、物騒な昨今の世相では見慣れない怪しい風体の人間が夜ごとに町内を徘徊しているというのも気味が悪いのも事実ではあったのでしょう。

ネット上では「俺達もひとたび家を失えば逮捕か」「今どき住所不定の54歳無職に仕事なんてあるかよ」と結構な騒ぎになっている一件ではあるのですが、実際にはもちろん警察としても事情を聞いて場合によっては相談にも乗るだろうし、あるいは何らかの疾患等があってやむなくうろついていた者を保護しただけなのでは?と言う推測もあるようです。
こうしたケースにおいても「また警察が微罪で善良な市民を犯罪者に!」などとバッシングすることは簡単ですけれども、前述のように昨今何かと警察に相談すべきかどうか迷う境界症例が増えてきている世の中にあっては、もう少し警察側にも自由に動けるよう世論等の環境を整えておくことが結局は市民のためになるんじゃないかと思いますね。
かつては「やたらとオイコラ!と言う」などと官の権力の象徴のように言われ、最近では身内に甘いなどと正直さほどに印象のよくもない警察という組織ですが、近年災害派遣などで自衛隊のイメージが劇的に好転していることを見ても、一見どうでもいいような本業以外の仕事の中に案外イメージアップの大きな鍵が隠されているのかも知れませんね。

|

« 聖地三重 また新たな伝説が1ページ | トップページ | 今日のぐり:「うなぎ なか勝」 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

50台半ば過ぎて、倒産やリストラで失職して、家賃や国民年金や健康保険や公共料金が払えなくて、飢え死にするか否かの状況でピンクチラシのポスティングのバイトで食い繋いでるオヤジは絶対に許さないけど、留学先で知り合った♂に言いくるめられて日本国内に麻薬を持ち込んだ女子大生は『立件しない』のが『日本の警察』です。

投稿: | 2014年10月20日 (月) 11時08分

50台半ば過ぎて、倒産やリストラで失職して、家賃や国民年金や健康保険や公共料金が払えなくて、飢え死にするか否かの状況でピンクチラシのポスティングのバイトで食い繋いでるオヤジは絶対に許さない。

その一方で、

留学先で知り合ったオトコに言いくるめられて日本国内に麻薬を持ち込んだ『女子大生』は『立件しない』のが『日本の警察』です。

投稿: | 2014年10月21日 (火) 17時36分

運転免許の事ですが・ゴールドで長年すごしたのですが歩行者妨害で検挙されましたが自分は妨害していないので警察署長に抗議して
認めない書類を出しましたが。運転免許センターでは妨害として点数を加算しています。一般的にみれば灰色の状態です・これは警察権力の過剰行使としか思えません。どう思いますか?ご意見をお伺いいたします。

投稿: 萩原俊雄 | 2016年10月18日 (火) 19時08分

投稿: | 2016年10月18日 (火) 19時09分

投稿: | 2016年10月18日 (火) 19時09分

行政処分と刑事処分の違い、っていうことみたいですね。詳しくはグクってみて下さい。

ちなみに当方はシートベルト非着用の行政処分を撤回させた事があります。腹痛による例外規定と言い張ってサインしなかったのですが更新の時しっかり差っ引かれていて、電話で抗議したところ、
「腹痛って、医師の診断は受けたんですか?」
「ウチに帰って薬飲んだら治りました。ウチ医院なんでw。ちなみに私も、当時は学生でしたが今は医師ですww」
「…現場の判断で例外規定には当たらない、って事みたいですね」
「そんな事が許されるなら、なんで現場の判断でオ○ムの連中とか射殺してしまわないんだ!?」(地下鉄サリン事件当時だった)
「それとこれとは…、それに同乗者の方も非着用だっちょうですし…」
「それは嘘だ。同乗者ってのはお袋だけどお袋はちゃんとしていたその証拠にお袋の調書はない筈だ。ちゃんと調べろ回答によってはマスコミにタレこむぞ!!!」

直後にお袋に電話、「警察から問い合わせが来ると思うんでよろしくw」

結局こっちの言い分が全部通りました。「…他に何かご要望は…」と、泣きそうな声で行ってきたので、「佐○修巡査(取締りの担当者)の懲戒免職を要求します!」とまでは言いませんでしたがw。

このネタは交通違反で検挙される度に蒸し返して何度か起訴猶予処分を頂きましたw。最後は起訴されちゃって正式な刑事裁判受ける羽目になり、もちろん負けて前科者になってしまいましたがwwww

投稿: 10年前にドロッポしました。 | 2016年10月19日 (水) 12時26分

×マスコミにタレこむぞ!!!
○公文書偽造で告訴するぞ!!!

20年以上も昔の話なんで…、すいません。

投稿: 10年前にドロッポしました。 | 2016年10月21日 (金) 15時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519753/55709552

この記事へのトラックバック一覧です: また警察権力による不当な市民への横暴が?!:

« 聖地三重 また新たな伝説が1ページ | トップページ | 今日のぐり:「うなぎ なか勝」 »