« 政界報道に見るマスコミの人権感覚 | トップページ | 今日のぐり:「六甲ビューパレス」 »

2012年9月29日 (土)

世界で最も自由のない国からきたアグネスが教える真実

日本がアジアでトップの22位に挙げられたという2011-2012年版「世界報道自由度ランキング」において、アメリカが韓国(44位)と同レベルの47位に留まったということには意外と感じるべきか、もっともだと感じるべきか意見が分かれるところなのかも知れません。
伝統的に二大政党制を敷いている彼の国において、特に政治と絡んでの偏向報道が歴史的に続いているということはご存知テキサス親父もかねて指摘しているところですが、すでに多くの国民がその実態に気付き始めているというニュースが先日出ていました。

米国民のメディア不信、最高の60%に 大手メディアの民主党支持で(2012年9月22日産経ニュース)

 【ワシントン=古森義久】米国民の新聞やテレビなどメディアに対する不信がこれまで最高の60%という水準に達したことを示す世論調査結果が21日、発表された。大統領選挙を中心とする国政ニュースの報道を不公正、不正確とみなす国民が増えており、特に共和党支持者が、大手メディアの民主党支持偏向を指摘する向きが多いという。

 米国の大手世論調査会社ギャラップが発表した調査結果によると、メディアの主に国政ニュースに関して、その報道を「完全、正確、公正」の基準からみて「ほとんど信用しない」「まったく信用しない」と答えた人が合わせて全体の60%に達した。「大いに信用する」と「かなり信用する」と答えた人が合計40%と、不信用・信用の差は20ポイントとなった。

 調査は大統領選で共和、民主両党がともに全国大会で候補を正式に決めて間もない9月上旬に全米規模で実施された。

 この60%というメディア不信は、ギャラップ社が同種の調査を始めた1970年代以来、最高の水準。前回大統領選の2008年では56%だったという。

 米国の政治報道ではニューヨーク・タイムズ、CBSといった大手メディアは年来、民主党寄りで、大統領選でも社説では民主党候補の支持を打ち出すうえ、報道記者たちも民主党支持が圧倒的に多いことは公然の事実となっている。

 このため、共和党側からは選挙のたびに「大手メディアの民主党支持偏向」を非難する声が出る。今回の調査でも「メディア信用」の答えが全体では40%だったのに対し、共和党支持者では26%、無党派が31%、民主党支持者が58%という数字が出ており、共和党側の大手メディア不信はさらに強まったことが判明した。

メディアが偏向しているというと日本ではとんでもないことだ、公正中立であるべきではないかという声も出そうですが、世界的に見ると基本的にメディアというものはそれぞれが自らの主義主張を持った偏向した存在であることの方が当たり前であって、ただそうした偏向をしているにも関わらず公正中立であるかのように偽っているのが問題だと言うことでしょうね。
そもそも偏向している、していないという判断をするためには偏向したメディアの報道だけを見ていても難しいものですが、昨今ではネットと言う新聞、テレビに続く第三のメディアの発達もあって、彼らが既存メディアが敢えて報道しない、あるいは事実の一部のみを取り上げて誘導しようとするといった手慣れた手法には即座にチェックが入るようになっています。
それだけ既存のメディアにとってはやりにくい時代になってきたということですが、偏向するならするで自らの立ち位置をきちんと表明した上で意見を述べることは何ら問題がないはずですから、そろそろ報道する側も自分達は全知全能、無知な民草を導く社会の木鐸であるといった妙な特権意識を変えていく必要があるということではないでしょうか。

さて、北朝鮮(178位)などと並んで報道自由度では世界最底辺グループに位置づけられているのが174位の中国(中華人民共和国)で、こちらは元々底辺グループに属していたものが年々その地位を深化させ今や最底辺王座を争っているというのもなかなか興味深い現象なんですが、他の最底辺諸国と違う特異な性質がこの国にはあります。
先だって吹き荒れた中東諸国の政変劇にも見られるように、現代社会においてはひたすら権力者側の主張だけを垂れ流す既存のマスコミに対して庶民の生の声を拾い上げるSNS等のネットワークという対立的な存在があるわけですが、中国という国の賢いところは国家がマスコミのみならずネットワークまでをも非常に強力に統制しているという点です。
その方法は検索語彙の削除など単なる情報遮断のみに留まらず、工作員による強力なネット世論誘導など多岐に渡ると言い、実生活では「共産党の言うことなど信用出来るか!」などと言っている人達が何故か官製デモに踊らされているという奇妙な現象が見られるということは周知の通りです。

もちろん中国においてもきちんとした知識階級はそうした事情に気づいていて、インテリが多く海外事情にも通じている富裕層を中心にどんどん海外流出が続いているのもそうした背景も関連していると思いますが、たとえ長年海外に出ていたとしても何らかの理由でネットと対立せざるを得なくなった方の場合は未だに官製情報だけをソースにして生活しているケースもあるようです。
先日のフジテレビ「なかよしテレビSP 緊急大激論!日中韓&いじめ問題!もう限界!怒りが収まらない」なる番組において、ご存知アグネスチャン氏がこんなことを発言していたということが話題になっていますが、動画と該当部分の抜粋をご紹介しましょう。

【参考】【動画】なかよしテレビSP 2/2 (緊急大激論!日中韓&いじめ問題!もう限界!怒りが収まらないSP) 2012.09.25

アグネス・チャン
「反日教育のこと、今日でもうはっきりしましょう。」
(中国は)反日教育はしてないんです。反日教育はしてない。歴史を教えてるだけです。」
中国が教えてる歴史も、韓国が教えてる歴史も、アメリカで私が学んだ中国とアジアの歴史も一緒なんです。
日本の歴史だけが違うんです。」
(日本人は)真実を教えてもらってないんです。」

ご興味のある方はちょいとググっていただければ中国韓国始め諸外国の教科書の内容はすぐに知れることですから参照いただければと思いますが、しかしこの種の「同じ歴史」妄想は例えば関係諸国間で朝鮮戦争に関する認識を再確認してみるだけでも幻想に過ぎないことは明らかだと思うのですがね…
中国では単に歴史の真実を教えているだけで他の国と同じなのだと言うのであれば、日本でも韓国でも米国でも同じように報道されている天安門事件に関して中国国内では話題にも出来ないという事実に対してアグネスはどう説明するのか、本当に真実を教えてもらっていないのが誰なのかということはすぐに判りそうなものです。
最近ではようやくこうした国々の教科書が実際どのようなものであるのかということが日本国内でも知られるようになってきて、多くの日本人も納得するやら呆れるやらでさすがにアグネスに同意するような人間も減ってきましたけれども、正直まだこういうことを言っている人がいるんだなとちょっとノスタルジーすら感じてしまいます。
ちなみに先頃の衝突に絡んで中国国内では日本の書籍を禁書にする指示が国から出され、当の中国人ですら「反日に名を借りた洗脳教育だ」と言う批判の声があるそうですが、世界で唯一正しい歴史を教えてもらっていない日本人の書いたものなどアグネスであれば即座に火の中に投じて悔いるところがないのでしょうかね。

|

« 政界報道に見るマスコミの人権感覚 | トップページ | 今日のぐり:「六甲ビューパレス」 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

チャンってなんで祖国をよくしようとか考えずに日本にまとわりついてんの?ねえなんで?

投稿: チャン帰国支援運動 | 2012年9月29日 (土) 08時43分

さすが中国すごい!デモと称して暴れまくった職無し連中ですらこの素晴らしい統率ぶり!
http://www.epochtimes.jp/jp/2012/09/img/m26195.jpg

投稿: チャン帰国支援運動 | 2012年9月29日 (土) 08時46分

反日教育っつう言葉の定義もはっきりしないのに議論にならんて
マスコミはこういう印象捜査好きだねホント

投稿: ひでお | 2012年9月29日 (土) 09時24分

「世界報道自由度ランキング」に関してコメント
報道の自由というのは非常に大事ですし,自由でなければ質も高くなりようがないのですが,
自由だからといって必ずしも質が高いというわけではない,ということなのでしょう。

私見ですが,野党の新しい総裁がカツカレー食っていただけでフルボッコにしてしまう我が国の報道姿勢は,ある意味自由すぎると思っておりますので,
日本よりも自由すぎる報道をしている国が地球上に21カ国も存在するとは正直驚きです。

投稿: mskw | 2012年9月29日 (土) 09時47分

ランキングを見てみますとちょっとしたイベントで数十くらいはすぐ上下するようですし、あくまでも大まかな参考というところでしょうかね。
全体的傾向を見てみましても西洋文化に基づいた価値観が評価基準となっていて、例えば昭和天皇御崩御に伴う自粛報道など文化的背景もあることであってもランキングを下げる要素になりそうですから。

投稿: 管理人nobu | 2012年9月29日 (土) 10時48分

アグネスさま、そんなに中国がよろしければ、祖国に戻って活動をしてください。
あなたが行っておられる活動は、日本よりよほど中国で必要とされていると思います。

あ、そうそう、日本の近代史教育も正しくないです。ただし、「日本が悪い」ではない方に正しくないだけです。
でも、明らかに事実を歪曲捏造している中韓の近代史教育よりも比較してまだましです。
少なくとも、反中・嫌韓教育はしておりません。

投稿: | 2012年9月29日 (土) 11時14分

この女の正体
http://blog-imgs-36.fc2.com/n/w/2/nw2/i0264084-1300288081.jpg

投稿: 一応貼っとくか | 2012年9月29日 (土) 11時32分

中国よりはましだっていう韓国でこのレベルだからね
日本はほんと自由な国でよかったよ

http://sankei.jp.msn.com/world/news/120908/kor12090803170001-n1.htm

投稿: トンペイ | 2012年9月29日 (土) 11時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519753/55763980

この記事へのトラックバック一覧です: 世界で最も自由のない国からきたアグネスが教える真実:

« 政界報道に見るマスコミの人権感覚 | トップページ | 今日のぐり:「六甲ビューパレス」 »