« 厚労省、金曜日に健康寿命延長論を唱える | トップページ | 練馬区光が丘病院問題 区長「やはり無理でした(・ω<) 」 »

2012年6月 5日 (火)

生保問題 単なる個人の資質の問題で終わらせないために

吉本芸人の親族による不正受給疑惑から一気に世間の関心を集めるようになった生活保護問題ですが、全国で「うちも住宅ローンで大変だから生保を受けたい」という声が殺到しているともいい、厚労相も野党自民党も給付水準の見直しや支給の厳格化などを主張し始めるなど、マスコミにとっても売れるネタと認識されたせいか報道が急増しています。
その結果多くの一般の方々にとっては明らかでなかったその受給の実態も各方面から報じられるようになったのですが、とりわけ一説には年収400万レベルと言うその生活水準から「働くよりも生保を受けた方が楽」と自ら職を手放してしまうケースが少なからずあるということも報道されているわけですから、これはやはり制度設計上の問題が少なからずあるのではないかと思わざるを得ません。
もともと日本の生保とは最低限これだけはという水準を担保するために作られているところがあって、それが社会保障として妥当なシステムなのかどうかは議論が分かれているところですが、デフレやワープア化によって生保受給者はむしろ恵まれている階層になってきたという点は否定出来ません。
特に以前から生保受給者に現金を渡すことは「パチンコと酒に使ってしまうだけ」という声も根強く、自民党なども主張し始めているように現物支給に変更すべきなのではないかという声もある一方で、一部には熱心な反対意見もあるようなんですが、現物支給を現に行っているアメリカではこんな問題も出ているようです。

米でも横行“生活保護詐欺” 受給者急増で財政圧迫(2012年5月31日産経ニュース)

 米国には「フードスタンプ」と呼ばれる低所得者向けの食料品購入補助制度があるのだが、換金、売買などの詐欺が横行し、問題になっている。オークションサイトで売りに出し、なくしたといって再発行してもらう。受給者はこの不況で急増。米人口の15%に相当する4600万人に達し、大きな財政負担となっている。きょうのテーマは「悪用される生活保護」とした。(内畠嗣雅 SANKEI EXPRESS)

フードスタンプ詐欺

 フードスタンプは農務省の事業で、費用は連邦政府が負担する。正式名称は2008年に補助的栄養支援プログラム(Supplemental Nutrition Assistance Program=SNAP)に改められたが、いまも「フードスタンプ」で通っている。クーポン券を配布する方式だったが、現在はカードが交付され、スーパーや食料品店のレジでデビットカードと同じように使うことができる。

 1世帯4人家族で月額総所得が2389ドル(約19万1120円)=2011年、法定貧困レベルから算定=を超えないこと、などが受給の条件だ。AP通信によると、フードスタンプの受給者4600万人の半数は子供。一人当たりの平均受給額(月額)は132ドル(約1万560円)。カードは全国23万1000店舗で利用できる。

 フードスタンプへの年間の政府支出は750億ドル(約6兆円)超。このうちの1%、7億5000万ドル(約600億円)が詐欺による損失であるという。

ネットで売却、再発行

 小売店と共謀し、換金する手口は昔からあった。食料品を買ったことにして、“手数料”を差し引いた現金を手にし、遊興などに使うものだ。いま、農務省をいらだたせているのは、カードを売却し、紛失したことにして再発行してもらう手口だ。しかも、オークションサイトのイーベイや案内広告サイトのクレイグズリスト、フェイスブックやツイッターで堂々と買い手を募っている。カードは紛失や盗難の届けがあると無効になるが、それまでは本人確認なしで誰でも使える

 農務省は先ごろ、年4回目以降のカードの再発行申請に際しては、申請者に詳しい事情説明を求めるとする新たな規則を提案した。現行では詐欺の疑いが濃厚でないと、立ち入ったことは聞けない。担当幹部は「繰り返しての申請は認知症のためということもある。弱者には十分配慮したい」と語った。農務省は昨年、イーベイとクレイグズリストにフードスタンプのカードの売買は非合法であることを明記するよう指示した。だが、相変わらずこれらのサイトでカードが売り出されているという。

受給者急増で懸案に

 農務省のデータでは、フードスタンプの受給者は2008会計年度(07年10月~08年9月)は2800万人だったが、金融危機をきっかけに不況で急増し、10年度には4000万人を突破した。08年の政府支出は376億ドル(約3兆円)だった。

 厳しい経営環境を背景に雇用者が、従業員のフードスタンプ受給を当て込んで賃金を不当に抑えるケースも指摘される。共和党の大統領候補指名レースを戦ったニュート・ギングリッチ元下院議長(68)は、フードスタンプの受給者が過去最大になったとして、バラク・オバマ大統領(50)を「フードスタンプ大統領」と呼び、ばらまきだと批判した。

 15年前、フードスタンプの詐欺による損失は全体の4%だったという。カードの導入で、小売店でごまかすのが難しくなり、それが1%に減った。制度の規模が大きくなったため、悪用が目立つのである。

現物支給も現物支給でなかなか難しい問題があるということですし、仮に日本で導入するとなればきちんと先行する諸外国での問題点を検証した上で対策を講じなければなりませんけれども、少なくとも率としては不正は減っている訳ですし、その対策も講じられないものではなさそうです。
その意味で現物支給化をすることはそれなりに有効であるという結論になりそうですが、仮に支給方法がどうなるにせよ受給者との直接交渉にさらされる役場窓口の担当者にも様々な問題は残るわけで、こちらの対策も急がれているのが現状でしょう。
一方では国民から「不正受給まがいの行為を認めるとは何事か!」と叱責され、他方では目の前の受給者からも「生存権の侵害だ!」と言われては彼らもストレスが大いにたまるところでしょうが、暴言暴力によって脅迫されるのは日常的であるともいい、中には受給者に要求され自腹でお金を渡していた職員もいると言いますから大変です。
特に暴力団関係者との重大なトラブルも少なからずあることから、実は今年3月に厚労省から全国都道府県の担当者宛に不正受給防止や暴力団対策の目的で、社会福祉事務所に警察官OBを配置するよう要請があったのですが、これに対して支援団体からは強固な反対の声が挙がっていると言います。

すでに各支援団体ではは反対集会の開催や厚労省あての要望書が出されるなど活発な動きが見られますが、彼らの最も主要な主張を要約すれば「生保受給者・申請者が威圧的な警察官(OB)を見て萎縮する」ということのようで、逆に警察を見て萎縮するような後ろめたい行為をさせてはならないと考える多くの国民の意識とはいささかズレがあるようにも思えます。
もう少しもっともらしく聞こえる反対意見として「ケースワーカーと警察とでは求められる資質が異なる」という意見もありますが、これまた警察OBを配置するという話になったそもそもの理由がケースワーカー的資質ではなくまさに警察的資質が求められる局面が多々あるからであって、当然現場でもケースワーカー的資質が求められるケースではそちらの担当者に相手をさせるわけですから無理筋の反論ですよね。
一方ではこうした話を聞いた人々の間では「また新たな天下り先か」という声も上がっていますが、結局は昨今モンスター対策で病院現場にも警察OBを雇い入れることが広がっていることと同じような話であって、要は犯罪的行為や暴力行為にきちんと正しく対応出来る専門的知識、技能を持っていれば警察OBであるかどうかは二義的な問題であると言うことでしょう。
不幸にしてどこの業界でも昨今そうした需要が急増しているわけですから、将来敵には警察OBなどと限定せず各業種に応じたトレーニングをも併せて受けた専門スタッフが常駐するという形になっていくのが理想的と言え、現状では当座の措置として最もその方面の知識と経験が豊富な人材として警察OBが重宝されているのだと言えそうです。

この生保というものに関しては様々な問題が存在していることは直接関わった誰しもが認識していたわけですが、今まではそれに対して表立って議論することも憚られるような雰囲気があり、ましてや生保のシステムの見直しと言えば支援団体やマスコミ、あるいは関連する政治家などから総掛かりでバッシングを受けかねないという懸念が問題をアンタッチャブルなものにしてきたことは否定出来ません。
吉本芸人騒動などは数多くある問題点の中でも言ってみれば最もよくあるケースでしょせんは些事と言えるのは確かですが、当事者が有名人であり周囲の有名人がこぞって公的に援護射撃を繰り返したからこそ公に議論していいのだという空気が形成されたという点では、非常によい議論の出発点にはなったと思いますね。
きちんとしたデータを公表した上で皆で議論をした結果やはり生保は現状のままがいいということであればそれはそれで納得出来ることであって、一番悪いのは今までこれでやってきたのだからと既得権益として聖域化するだとか、極めてレアなケースを取り上げて「ほら、こんなことになるだろう!?」と普遍的に存在する大きな問題点をスルーしてしまうことでしょう。
とりわけ真面目に働いていながら報われないと感じるワープア層の不満が山積する中で、大阪市での一連の改革路線などへの評価を見ても実はこうした生保対策が票にも結びつきそうだということを政治家が認識するようになってくれば、案外次の選挙での争点の一つとして取り上げられてくるようにもなるかも知れませんね。

|

« 厚労省、金曜日に健康寿命延長論を唱える | トップページ | 練馬区光が丘病院問題 区長「やはり無理でした(・ω<) 」 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

生保専用ということでなく一般的な商品券形式にしておけば逆消費税にも利用できます。
紛失したからまだ出せというのもちょっとおかしな話で、貯蓄が認められていないから困ると言うのであれば平素から支給の一部を強制的にデポジットすればいいことですね。
それと高齢受給者と若年受給者は明確に区別して対処すべきで、高齢者では年金と一元化する道も考えられると思うのですが。

投稿: ぽん太 | 2012年6月 5日 (火) 09時00分

「次長課長」河本準一の生活保護問題が、妙な「お祭り騒ぎ」になってきた。

“同僚芸人”が「自分の家族も受給していた」と告白したかと思えば、別の“同僚芸人”はツイッターで河本を擁護する。
ツイッターで擁護した芸人とは、オリエンタルラジオ・藤森慎吾やブラックマヨネーズ・吉田敬らだ。

しかし<かばう人>は芸人仲間だけではない。在阪テレビ局の情報番組スタッフは開き直ったかのような言い方をした。

「ワイドショーで河本問題を取り上げないわけにはいきませんが、吉本に配慮した構成にするのが暗黙の了解です。
だから、コメンテーターには“河本さんに法的な問題はない”“芸人の生活は不安定”という枕詞を置いてから喋ってもらっている。

視聴者が“河本を擁護するのはけしからん”と思うのは無理もないですが、
我々にしろ、ブラマヨの吉田さんやオリラジの藤森さんにしろ、河本の擁護は吉本に対する忠誠心のようなものなんです」

このスタッフは、「吉本のタレントを使わなくては番組が成り立たない」というが、
<かばう人>にはそんな“損得勘定”が垣間見えてくるのだ。

投稿: | 2012年6月 5日 (火) 10時02分

警察OBって要するに安協みたいなもんだろ?
あいつらが天下りピンハネ団体って知らないの?
あの手この手で金まきあげてるのに?
http://blog.goo.ne.jp/warabidaniyuukoku/e/9d73efcf698e5335e77a7c7d843a11d6
http://d.hatena.ne.jp/warabidani/20091009/p2

投稿: 武田 | 2012年6月 5日 (火) 12時33分

まあそれはそれで別問題ですしね。>天下り利権
安全協会はとりあえず会費納入は自粛しといた方がいいかなと思いますけど。

投稿: 管理人nobu | 2012年6月 5日 (火) 13時17分

もう声を上げるべき人が上げないとどうしようもないって気がします。
まずは現実を知ってもらいたい、それだけです。

 生活保護制度が社会問題化している。不正・疑惑受給に加え、受給者の医療費が原則無料であることによるモラルハザードも深刻だ。大阪大医学部卒の内科医で、民主党生活保護制度ワーキングチーム(WT)座長を務める梅村聡参院議員(37)=大阪選挙区=は、自らの経験を踏まえて、「受給者にも医療費の自己負担を求めるべきだ」と語った。

 梅村氏は大阪での勤務医時代、生活保護受給者の患者に「頭からつま先まで調べてほしい」「薬はジェネリック(=安い後発薬)ではなく先発薬に」などと要求された。2012年の生活保護費の国家予算は3・7兆円で、半分が医療費。生活保護受給者がタダで手に入れた薬を、ネットや路上でさばく“闇ビジネス”の存在も知られる。

 梅村氏は「これを聞いて、少ない年金から医療費をやりくりしている高齢者や、税金を真面目に払っている人はどう思うか。不公平感を抱いて、かえって差別が広がる。1回100円でも、後で返還してもいいから、自己負担してもらう制度にしないと歯止めがかからない」と語った。
http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20120605/plt1206051223007-n1.htm

投稿: 元僻地勤務医 | 2012年6月 5日 (火) 13時25分

アメリカだとカード決済でいけるのだから専用のクレカ支給でどうとでもなりそうなんだが>落とした詐欺
月々の上限金額決めて再発行時には使い残し分だけ引きつげばいいのではないかな
大阪は医療給付も特定施設に限定すると言ってるのだから、生活品購入も特定店舗に限定してもおかしくはない

投稿: kan | 2012年6月 5日 (火) 13時40分

SuicaならばSuicaならば問題ない♪

投稿: | 2012年6月 6日 (水) 12時30分

田舎じゃ残念ながらあまり役に立たんのですけどね>西瓜
若い受給者は毎朝町の掃除をさせるとか働かせる道を考えるべきでは?
早朝にduty入れればモーニングにいくの防止するにもいいですし

投稿: 元僻地勤務医 | 2012年6月 6日 (水) 12時39分

けど家事の下手な男なら自炊するよりモーニングの方がかえって安上がりじゃない?
名古屋なら食べ放題もあるからモーニングだけで生きていけるよ

投稿: ten | 2012年6月 6日 (水) 12時52分

名古屋のモーニングは好きですけど、この場合はパチ屋のモーニングのことでは?
一定の労働の義務づけや給付方式の変更などはぜひこの際に議論を深めて欲しいですね。
あと給付の抑制は反対論が根強いので当面一定割合を積み立てることにするのがいいと思います。

投稿: 管理人nobu | 2012年6月 6日 (水) 13時17分

>この場合はパチ屋のモーニングのことでは?

おっしゃる通りで、誤解させたようで申し訳ないです。
外食=必ずしも悪ではないという点は全く同意です。

投稿: 元僻地勤務医 | 2012年6月 6日 (水) 14時22分

貧乏人はフライドチキンを食うものと昔からきまっとる

投稿: | 2012年6月 6日 (水) 16時36分

アメリカの貧乏人は肉を食べ、金持ちは野菜を食べる。
日本の貧乏人は野菜を食べ、金持ちは肉を食べる。
足して割ればちょうどいいバランスになりそう。

投稿: ぽん太 | 2012年6月 7日 (木) 08時41分

>貧乏人はフライドチキンを食うものと昔からきまっとる

黒○ぼ定食ですねわかりますw
http://www.hcn.zaq.ne.jp/ganso/neta/sergeant02.htm


投稿: 10年前にドロッポしました。 | 2012年6月 7日 (木) 10時19分

沖縄じゃKFCが結婚式の引き出物にもなるというのに(苦笑)。

投稿: 管理人nobu | 2012年6月 7日 (木) 10時42分

沖縄はこってり系に抵抗ないのかAランチなんて胸焼け必至メニューもあるし
あれで長寿県だっての納得いかね~

投稿: | 2012年6月 7日 (木) 11時33分

>あれで長寿県だっての納得いかね~

長命なのは戦前生まれのお年寄りだけで(実は豚もハレの日のおご馳走で滅多に食べられなかったらしい)戦後世代は絶賛早死に中だそうですがw

投稿: 10年前にドロッポしました。 | 2012年6月 7日 (木) 12時45分

伝統的な沖縄料理は伝統的日本食と比べると肉も魚も野菜も海藻も色々あってバリエーション豊富な料理体系ってイメージがありますね。
外からの影響で伝統食文化が破壊されているのはどこの県でも似たような状況ですが、全国どこに行ってもチェーン店の味というのも勿体ない話です。

投稿: 管理人nobu | 2012年6月 8日 (金) 10時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519753/54874538

この記事へのトラックバック一覧です: 生保問題 単なる個人の資質の問題で終わらせないために:

» 【速報】 自民党、生活保護を廃止、フードスタンプに移行 [【2chまとめ】ニュース速報嫌儲版]
1 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/23(土) 23:47:24.84 ID:6Mcg4vSh0● ?PLT(14072) ポイント特典現金→現物給付? 自民党政権でどう変わる政権復帰した自民党の舵取りで、現状の生...... [続きを読む]

受信: 2013年2月24日 (日) 03時01分

« 厚労省、金曜日に健康寿命延長論を唱える | トップページ | 練馬区光が丘病院問題 区長「やはり無理でした(・ω<) 」 »