« 今日のぐり:「うなりや」 | トップページ | 今日のぐり:「手打蕎麦 悠庵(ゆうあん)」 »

2012年5月 5日 (土)

今日のぐり:「かたくり庵」

5月5日と言えばこどもの日ですが、東北にはこんな独特の風習もあるのでしょうか。

屋根より高い“イカのぼり”お目見え/八戸(2012年5月3日デーリー東北新聞)

 屋根より高い、“イカのぼり”? 八戸市江陽1丁目の江陽児童館(田邊隆館長)で、こいのぼりと並んで全長4メートルの巨大イカのぼりが掲げられ、住民や道行く市民の注目を集めている=写真=

 5日のこどもの日に向けて同館の職員3人と地域住民が約1週間かけて制作した。足には「イカの街から元気発信!」「元気に飛ぼうイカの空」など、子どもたちの手書きメッセージが書かれ、10匹のこいのぼりとともに悠々と空を泳いでいる。
 イカのぼりは5月末まで掲げる予定。制作者の一人で、同館職員の田沼良子さんは「ぜひ多くの人に見てもらいたい」とPR。(上ノ山絢)

いやしかし、これは下手をすると子供にとって末永く残るトラウマにもなりかねないような気がしないでもないんですが…
今日は八戸の子供達の将来健やかなることを祈念しつつ、世界各国から子供に関わるニュースを取り上げてみたいと思いますけれども、まずはこちらを紹介してみましょう。

もうすぐ小6になる妹が考えた回文が天才的過ぎると話題に(2012年3月22日秒刊SUNDAY)

回文といえば『しんぶんし』や『たけやぶやけた』など、上から読んでも下から読んでも同じ文章になるものだ。組み合わせは無制限にあるものの、なかなかオリジナリティあふれる回文を見つけるには一苦労。しかも長い文章になればなるほど難しいのだが、この度、小学校6年生になる妹が見つけた回文が天才的過ぎると話題になってる。

■もうすぐ小6になる妹が休み... - 写真共有サイト「フォト蔵」

ではさっそくその回文を読んでみると
『イタリアでもホモでありたい』、さて逆から読んでみると『いたりあでもほもでありたい』確かに回文になっている。これは天才的だ!

いやいや問題はそこではないことは十分判っている。回文の完成度云々ではなくこの内容だ。何を言いたいのか良く判らないが、現時点の情況をイタリアに渡っても同じようなスタンスでいたという事であろうか。それはよろしくやっていただければよいのだが、これを小学校6年生の児童が考えたというのは何ともいい難い現実であり、その現実に教育のあり方を疑問視すべきではないかと、余計な世話を焼いてしまいそうな内容だ。

ということで、さっそく近日話題になって居る回文を紹介したい。

・占い習うマジか中島占い習う
・爺さん天才児
・任天堂がうどん店に
・よのなかね、かおかおかねかなのよ
・イタリアではスイス派でありたい
・痛みに怒ってる徹子、鬼みたい。
・ネクタイ痛くね?
・弱虫のタモリが信濃での梨狩りも楽しむわよ
・土佐の関根麻里、真似「稀勢の里」
・お前、うの? いえ、井上真央
・野茂のママの物は野茂のパパの物、野茂のパパの物は野茂のママの物。

ちなみに上から読んでも『山本山』下から読んでも『山本山』の『山本山』は回文ではない。

まあ回文云々を抜きにしても、これは小学生にして何と評価すべきでしょうか…思わずあの有名な台詞を思い出してしまったのは自分だけでしょうか。
次はちょっと判りにくい話なんですが、何度か読んでいただくとおわかりいただけるかと思うちょっとひねった答えを返す小学生を紹介してみましょう。

「40-32÷2=?」この問題、解けますか?(2012年5月2日ねとらば)

 Twitterやネットの掲示板などで、こんな問題が話題になっています。みなさんはコレ、パッと見て意味が分かりますか?

40-32÷2=?

小学生「4!」

理系「よくわかってんじゃん」

文系「やっぱわかんないか~w」

 かけ算割り算は先に計算するのが決まりなので、普通に計算すれば答えは24のはず。ところが小学生の「4!」に対し、理系は「よくわかってんじゃん」、文系は「やっぱわかんないか~」とまるで正反対の反応。え、え、どういうこと!?

 実際、理系出身の同僚はすぐに「あーなるほど」とニヤニヤ。文系の筆者は、さっぱり意味がわからず「???」と頭をひねるばかりでした。

 ちょっとイジワルな問題ではありますが、分かった人からは「これは面白い」「久々に感心した」「口頭だったら間違いだよね」といった声も。さて、みなさんは「よくわかってんじゃん」の理由が分かりましたか?

「それは小学生ちゃうやろ」といったツッコミはさておき、個人的にはネット上の反応で一番納得できたのが「てかこの計算を正解と言っちゃダメだろw面白いけど正解とは違う。カナダの首都は?との問題に「\(^o^)/」って答えるようなもん」だったんですが、皆さんは如何でしたでしょうか?
海外からも子供絡みのニュースは数多く出ていますが、まずは害のないこんな話題から取り上げてみましょう。

なんて器用でかわいいの…スキー中に立ったまま爆睡する男の子(2012年3月26日らばQ)

スキーをしていた小さな男の子が、なんとその場で立ったままウトウトと眠ってしまいました。

倒れそうで倒れない、器用なハプニング映像をご覧ください。

Bode sleeping while skiing - YouTube

よほど疲れたのか、完全に直立した状態で船をこいでいます。

あまりにかわいかったのか、集まってきた家族が見守りつつも、そのまま観察していますね。

最後には力尽きてしまいますが、なるほどこのためにヘルメットをしていたのですね。(たぶん違います)

ま、ヘルメットをしていてよかったということですけれども、この歳ですでにこの妙技を身につけているとあっては将来何があっても居眠りに困る事はない?でしょうかね。
往年の某人気漫画/アニメに限らず世界中の子供達が何故か好きなものと言えばアレの話題なんですが、しかしこうも表立って扱っていい物かと思ってしまうのがこちらのニュースです。

閲覧注意】タイのオモチャ屋にはウ○コが売っている/タイ(2012年4月10日ロケットニュース24)

気軽に行ける灼熱の東南アジアといえば、微笑みの国タイである。見どころ豊富で旅行しやすく、メシもうまけりゃ物価も安い! あまりに安いからお土産も買いまくり……になることは間違いないのだが、何をお土産にすれば良いのか悩む人も多いだろう。

そんなときにオススメなのが、タイのオモチャ屋で売っているウ○コである。価格は大が150バーツ(約400円)、小が50バーツ(約133円)だ。

注目して頂きたいのがウ○コの色味である。やや白い。この白さは、タイに旅行に行きタイ料理ばかり食べていた人ならば「あるあるあるある」と思うことだろう。やや白くなったりするのだ。

ちなみにこのウ○コだが、もちろん本物ではない。イタズラ用のオモチャである。しかしながら実に精巧。さらに、よく見るとひとつひとつカタチが微妙に違うという、職人のこだわりを感じるワンオフ感に満ちている。タイに旅行に行った際は、是非ともウ○コをお買い求め頂きたい。

リンク先の元記事にはそれほど呆れるほど多種多様の…が並べられている様子が示されているのですが、まあ何と言うのでしょうかこれはもう…一つ一つ全て形が違うというのもこだわりなんでしょうかね…
お次は最近なにかと注目を集める中国から、子供がとんでもない被害に遭ってしまったというニュースを紹介してみましょう。

10代の少女が歩行中に穴にズボッ 中国・西安(2012年4月30日CNN)

中国の陝西省西安で、携帯電話で会話をしながら歩いていた10代の少女が、突然陥没した道路の穴に転落した。少女を助けようと通行人が集まったが、最終的には救急隊員によって救出された。中国中央テレビ(CCTV)が伝えた(音声なし)

ちなみに奇跡的というしかないこの当時の状況がネット上の動画でも見られるのですが、これを見てロードランナーと言ったり平安京エイリアンと言ったりで年齢が判るという声もあれば、周囲の大人達が助けに駆け寄っているのが一番の奇蹟だという声もあったりで、その上噂によればロシアではさらに壮大な落下道ががあるというのですから驚きますよね。
最後に取り上げますのはこれまたおなじみブリからの話題ですが、いつもながらさすがと言うしかないと感心してしまいますね。

“親友作り禁止”の校則に批判、辛い別れを避けるための配慮で採用?/英(2012年3月2日ナリナリドットコム)

学校は、社会的に必要な知識や常識を学ぶ場。そこで知り合った数々の友人たちは、自分の心の中にたくさんの思い出を残してくれた、大切な財産となっているはずだ。しかし、英国の一部の小学校に通う子どもたちには、そうした思い出作りが今後できない可能性があるという。なぜなら今、生徒に「親友を作ってはいけない」とする校則を定めた小学校が現れているそうで、教育専門家や市民の間からは疑問の声も上がっている。

英紙サンやデイリー・メールなどによると、この校則の存在は、英国の教育心理学者ゲイナー・スブットーニさんが明らかにしたもの。彼女が確認したところ、現在ロンドン南西部やサリー州など、いくつかの小学校でこうした校則が採用されているという。その意図は、どの子どもも仲間外れにならないよう、できる限り「大人数のグループで遊んで欲しい」という教師たちの思いから、特定の友人だけと強く結び付かないようにするのが1つ。もう1つは、今後親友が別の道を進むようになる際、「別れの辛さを味わって欲しくない」と教師たちが考えているからと、スブットーニさんは話している。

この校則については、全英学校長協会という組織も「一部の学校がこの校則を採用しているのを確認した」とコメント。学校を管理している校長たちが集まるこの協会でも、こうした校則には疑問を感じているそうだ。「私たちは人生を通じて友人を作ったり、失ったりするもの」と話す同協会のラッセル・ホビー書記長は、この校則がほかの学校に「広がっていくとは思わない」とも語り、一部小学校のみに留まるとの見方を示している。

疑問を呈するのは、スブットーニさんも同じ。実際に先生たちとも意見交換を行ったそうで、彼女は「子どもたちが親友を欲しがるのは自然なこと」とした上で、将来いくらでも起こり得る人との別れに「対応する術を学ぶためにも」と、“親友作り禁止”校則を批判する。また、ホビー書記長も「ばかげたポリシーが、彼らの小学校での思い出を奪っている」と話し、同協会スポークスマンも、この校則に縛られる子どもたちに「深刻な悪影響を与えるかもしれない」と懸念しているそうだ。

メディアで校則の存在を知った多くの市民も、同じような疑問を抱いている様子。サン紙やデイリー・メール紙が紹介した記事のコメント欄には、「全くおかしな話」「(校則が定められた学校に通う)子どもがいる近所の人から話を聞いて、ショックを受けた」など、校則を批判する書き込みが多数寄せられており、大きな反響を呼んでいるようだ。

どの学校でも、常に子どもたちにとって良い教育を行おうと努力する気持ちは同じだろうが、成長していく子どもたちの時間は決して取り戻せないのだから、何においてもしっかりした教えが求められるところ。皆さんはこの“親友作り禁止”の校則、どう思う?

ものの考え方も教育のやり方も国や地域によってそれぞれの考え方があるのは当然だと思うのですけれども、失礼ながらこうまで後先を考え石橋を叩いて渡るなどというのは明らかにブリの流儀ではないのかなという気がしてしまうのですけどね。
いずれにしてもこうまで過保護のようにして育った子供達がいずれは立派なブリになっていくというのであれば、いったい彼らの人生にどんな不思議が待ち受けているのだろうかと思わずにはいられません。

今日のぐり:「かたくり庵」

新見市の観光名所である井倉洞の側から坂道を登っていくと井倉洞の頭上に相当する草間台に至りますが、こちら同じく観光名所の満奇洞を始めとして各種石灰岩地形が散在する観光地になっています。
坂道の途中には二軒目の蕎麦屋なるこの店の看板が所々に立てられているのですが、となると一軒目の蕎麦屋は以前にお邪魔したあの店ということになるのでしょうか、いずれにしても一軒目、二軒目で通じるのが田舎らしいですね。
比較的分かりやすい場所にあって観光客を大勢拾い上げているらしい一軒目と比べますとこちらは隠れたと言いますか隠れすぎと言いますか、ともかく表通りからどんどん竹林の奥に入っていきますとようやく風情のある門にまで到達できます。
しかし門までは格好いいんですがその先が何ともがっかりと言いますか…ま、そのあたりは後述するとして小さな店の中に入りますと入り口近くにある自販機で食券を買うようになっていて、今回はごくオーソドックスにざる蕎麦並み盛りを注文しておきました。

ちなみにこちらの売りは手打ちの九割蕎麦だと言うのですが、出てきた蕎麦はこうした場所でありがちな蕎麦殻を挽き込んだ田舎蕎麦ではなくて一番粉主体のものであるようで、確かにこういう粉でないと九割ではつながらないんでしょうね。
粉のせいか味や風味はいいとして、蕎麦打ち自体は田舎蕎麦そのものと言うのでしょうか、太く切られた蕎麦はしゃっきりとは程遠いもっさりした食感でちょっと自分や同行者などには口に合うようなものではなく、これに合わせるツユも味のバランス自体はそう悪くはないんですがいささか弱過ぎて、かけならまだしもこれでざるを大盛りで食べるのはきついなと思わざるを得ません。
強いて言えば蕎麦自体は注文を受けてから茹でるようで、これはお客も少ないらしいだけに茹で置きなどを出すよりはよほどいいと思いますし、また太さや茹で加減のムラはない点は評価出来ますが、確かにこれでは手打ち蕎麦が自慢といいながらやたらと天ぷらやけんちんといった種ものをお姉さんも勧める訳だと妙に納得してしまいます。

蕎麦自体もそれなりのものではあるのですがハードウェアの方も突っ込みどころが満載で、風情のある門はともかく水車はただの飾りらしいですし、しかも樋の位置が悪くろくに回っていないですし、トイレも今どき店先にポンと置かれた仮説トイレというのは観光客相手ならインフラも相応に整備したらどうかと思ってしまいます。
店の中に入ってみても紙コップに入った水が出てくる蕎麦屋なんて初めて見ましたし、ビニールシートのかかったテーブルにはプラスチックのレンゲが立てられているというのも蕎麦屋らしからぬ光景ですし、食器類もプラスチックである上に料理毎にデザインもバラバラというのはどうなのか、ともかく看板にも掲げられているような竹林の中の風情ある蕎麦屋というコンセプトはどこに行ってしまったのでしょうか。
しかし一軒目の蕎麦屋と同様にこちらも蕎麦打ち体験をやっているというのですが、こうなるとどちらで教わるべきかお客としても迷うところですかねえ…

|

« 今日のぐり:「うなりや」 | トップページ | 今日のぐり:「手打蕎麦 悠庵(ゆうあん)」 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

う〜ん、「4!」にそんな意味があるなんて、今日まで知りませんでした。
それとも、習ったはずなのでしょうか。

投稿: JSJ | 2012年5月 5日 (土) 20時12分

おはようございます

4!の "!" は,小生の時代には高校数学の「確率・統計」に登場しましたな.今では小学生ですか.
私立中学入試にでも登場するのかしら.

投稿: 耳鼻科医 | 2012年5月 6日 (日) 06時23分

声に出して読んでみると理解してるかどうか判るってことですね。
でも答えとしてはどうなんだろうって思うし、普通の小学生じゃないですよねこれ。

投稿: ぽん太 | 2012年5月 6日 (日) 08時05分

題意を完全に外したことを承知で。
MSW7押し着せの電卓は式のとおりキーインした場合、
普通電卓表示では4を返し、
関数電卓表示では4!に等しい値を返しますね。

はてさて、ここまで芸が細かいとは知らなかった。電卓が普及した現在 おゆとりの文系人は素直に「4が正しい」と答えるのじゃないかな。困ったもんだ。うちの学生も4と答えかねない。
(処方箋の記載のデフォは、日量か一回量か、を ふと 思い出しました。)

投稿: 感情的な医者 | 2012年5月 6日 (日) 09時41分

> おゆとりの文系人は素直に「4が正しい」と答えるのじゃないかな。

それ今は疑惑だけじゃ済まないし理系でもあり得るからな…

投稿: kan | 2012年5月 6日 (日) 11時19分

少なくともごく普通の小学生にこの答えは返せないでしょうから、その部分を無視して謙虚に見られる人が正解にたどり着けるという謎かけでしょう。
ただ無自覚的に前提となる常識とは何かと考えて見ると、案外万人に共通する常識とは狭いものなんだなと改めて思い知らされますね。
内蔵の簡単な機能なんて中学校で習うはずですが、病院にやってくる患者で肺って何?肝臓って何?と言われてまともに答えられる人はあんまり多くないでしょう。

投稿: 管理人nobu | 2012年5月 7日 (月) 08時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519753/54631469

この記事へのトラックバック一覧です: 今日のぐり:「かたくり庵」:

« 今日のぐり:「うなりや」 | トップページ | 今日のぐり:「手打蕎麦 悠庵(ゆうあん)」 »