« 京都事故続報 未だ解決策は示されず | トップページ | 職場に新人が加入してくる時期ですが »

2012年4月17日 (火)

治療費未収金問題 まずは世間並みの努力から

先日は税金を(支払えるのに)支払わない人が増えているという話題を紹介しましたが、同じポストセブンから今度はこんなニュースが出ていました。

救急車呼んで治療受けた後、カネないと開き直るDQN患者急増(2012年4月14日NEWSポストセブン)

 近年、経営危機に追い込まれる病院が増えているが、そこにも「払わない人々」の問題が横たわる。北関東にある総合病院副院長が、彼らのやりたい放題ぶりを告発する。

「外来もたしかに問題ですが、額でいえば深刻なのは入院費や出産費です。3か月間入院して亡くなったおじいちゃんがいて、じゃあ入院費を払ってくださいとなると“おじいちゃんがすでに払っているはずだ”と言い張って、二重取りするのか、と文句をいう。その後はいくら催促してものらりくらりですよ。それも呆れてしまいますが、もっとひどいのは自分で救急車を呼んで担ぎ込まれて治療を受けた後、保険証もなければカネもないと開き直る人たち。ここ数年で非常に増えています」

 国民健康保険料を滞納していると、保険証が打ち切られ、資格証明書を交付され、病院の窓口では医療費を全額自己負担しなければならなくなる。先の四病院団体協議会によると、この自己負担入院患者の踏み倒しが増えているのだという。

 都内の2LDKの公営団地で、「内縁の夫」という立場で妻子と生活している田中佑司氏(仮名・47歳)はいう。

「前に九州の病院で胆石の手術をしてもらったことがあるけど、そのまま払わないでこっち(東京)に来ちゃったよ。一生懸命やってもらった先生には悪いことしたなとは思うけど、しょうがないよね。次なにか手術をしたら、さすがに保険証は借りられないから自己負担だろうけど、やっぱり払えないよ」

 この田中氏は決して貧しいわけではない。夫婦それぞれの収入もあるし、「母子家庭」ということで税金等の様々な優遇を受けており、それなりに蓄財もしているようだ。にもかかわらず、手術費や入院費を「できることなら払わない方向で」といってはばからない

 ちなみにDQNとは、「ドキュン」と読み、常識のない方々を称するネット用語である。

しかし北関東にある総合病院副院長って、まさかあのお方じゃないでしょうね…とも思ったのですが、そう言えばあのお方は最近副院長から院長補佐へご昇進されたのでしたね。
何しろこの医療費未払い問題というもの、今日日ネットでちょっと検索しただけでも「未払い医療費回収!完全成功報酬制!」などという売り文句であちこちの弁護士事務所などが飯の種にしているくらいメジャーな問題になっていますが、むしろ今までの医療機関がこうした債権回収にあまりにも不真面目であったということも非難されるべきなのかも知れません。
とりわけ一部公立病院などでは「あそこはタダでみてもらえる」と妙な定評がある施設にこの種のブラック顧客が集中する傾向がありますが、未払いであってもせいぜいが思い出したように督促状を出す程度であるとき払いでいいと言う態度では、それは払いたくなくなる人も増えてこようというものですよね。
もちろんこうした事例の背景にあるのは「払わなくていいものは払わない」という、一昔前であれば誰でも当たり前に持っていたはずのモラルの失墜なのでしょうが、ネタなのかどうなのかこういう質問を公開の場でしなければならない、あるいは質問出来てしまえる人が増えてきたというのはちょっとどうなのかなと思いますね。

医療費が未払いになった場合、支払わなくて良いですか?(歯のお悩み相談)

相談者     こばひろ様     年齢     28歳     性別     男性

通院中なのですが.歯医者代が未払いになるかもしれません。
すべて保険治療でやってもらっているのですが未払いになった場合はどうすればいいでしょうか?
最後に支払うといって支払わない場合は.無視しても大丈夫でしょうか?
クレジットカードとかそいうものは.持ってません。
僕一人が未払いになっても歯医者は.お金持ちのセレブの方が多いので.平気かとは思いますが.どうしたらよろしいでしょうか?

河原 雅朗先生からの回答

治療費は支払う義務があります。
無視すれば、結局は窃盗罪、もしくは詐欺罪として
最悪刑事告発されても仕方がない状況になると思います。
豪華そうな儲かっていそうなレストランだから無銭飲食してもいいですよね、と言われても、そんなはずはありません。

渡辺 英弥先生からの回答

基本的にそのまま未払いにするのはよくないと思います。
歯科医がセレブなのはごくごく一部で、お金儲けを主にしないできちんと治療されている先生がほとんどです。
最近未払いのままどこかへ消えてしまう患者さんが問題になっていますし、私にも経験があります。
確信犯的な方がほとんどですが、そうでなく諸問題で支払い能力が無くなりそうなのであれば、歯科医師にきちんとその旨話をして、将来的に何らかの形で支払う約束をしてくれた方が私たちも助かります。
我々は保険医ですので、どのような患者さんも断ることが許されていないのが現状です。それを逆手に取るのは許されないことだと思っています。金額も自分達が決めた物ではなく、決められて中で歯科診療報酬がいただけません。その辺をご理解ください。

ま、両先生とも大人の対応だなと思いますけれども、レストランで無銭飲食すれば黙っていても即座に警察に突き出されるのが当たり前なのに、医療機関の場合は「基本的にはよくない」ことであってもそうなるのは「最悪」の場合に限られるということが現状を招いているとも言えそうです。
そもそも応召義務によって医療費未払いは受信拒否できる正当な理由にならないという判断が示されている事が諸悪の根源であるとも言いますが、以前から未収金増加に対して医療機関側からそれは改善すべきなんじゃないか?という声が繰り返し出ていることに対して、厚労省の方では「それは今は、検討することもできないというのが我々の立場」などと議論すら拒否してきたわけです。
また保険診療の場合には本来窓口支払い分も含めて保険者(国保の場合は自治体)から医療機関に全額支払い、その上で保険者自身が自己負担分を回収する(保険者徴収)のが筋ではないかという議論もあり、実際未収金となった場合に病院側から保険者徴収を請求してもほとんどの場合が「回収努力が不十分」として突き返されてきたという現実もあります。
もちろん人間心理としても役人の習性としても面倒くさいことに自ら進んで手を出すということはまずあり得ないことなのでしょうが、こうした「あ?よく知らないがとりあえず病院がかぶっとけ?」という態度が地域医療機関の疲弊を招き、医療崩壊という現象の一つの理由となってきたことは想像に難くはありませんよね。

さすがに近ごろでは地域医療の維持も難しくなってきたことから各地の自治体でも医療機関の救済ということにようやく動き始めていますが、その一つにこうした未収金について病院側が十分に努力しても回収できなかった場合には自治体が一定額までを補填するという制度が、ほぼ確実に無保険になるだろう外国人医療費未払い対策として各地で始められています。
当然ながら最終的にはこうした制度を市民全体に広げていくことが理想的であるわけですが、先日のポストの記事にもあるように税金逃れ等の目的で住民票も移していない人々が増えてきているという中で、果たして彼らを市民として扱い公金投入による補填対象にすべきなのかという議論は起こってきそうですから、そうなると国に期待したくもなりますよね。
またすでに平成19年には厚労省から民間業者に未収金回収を委託して良いという通達が出ており、実際に公立病院でも委託を行っている施設が増えてきていますが、手間あるいは金銭的なメリットもさることながらこうしたプロフェッショナルに委託することは、前述のような噂が噂を呼んでのブラック顧客集中を回避する手段としても有効であるかも知れません。
いずれにしてもこうした記事が出てくるように社会全体として「DQN」に対する風当たりが強まっていることは未収金を抱えた医療機関には追い風なのですから、まずは少なくとも世間並みの対策くらいは講じておかなければ努力が不十分だと言われてしまうのも仕方がないというものですよね。

|

« 京都事故続報 未だ解決策は示されず | トップページ | 職場に新人が加入してくる時期ですが »

心と体」カテゴリの記事

コメント

日医の新会長は応召義務見直しを掲げていたはず。
最低限常習的不払い顧客の診療義務づけはやめさせるべき。
あくまでも続けるなら義務づけた側が支払うのが当然だ。

投稿: yabu | 2012年4月17日 (火) 13時56分

日頃、売り上げにうるさい割には、未収金の回収率悪いんだよな。事務、もっと仕事しろ。

投稿: 浪速の勤務医 | 2012年4月17日 (火) 15時13分

公立の事務方もようやく仕事をやり出したのが唯一良かったこと

投稿: kan | 2012年4月17日 (火) 17時27分

食い逃げはすぐに警察に突き出せるのに対し、医療費は即時支払いを求めることができないので未払いのまま逃げられるのが大きな問題です。中国のように前払い制にしてしまえば踏み倒しもなくなってしまうのですがね。

病院事務が取り立てしてもペナルティのない給食費の未払いと変わりないのが現状です。
やはり未払いの人ひとにはそれなりのペナルティが必要でしょう。

まず、必要なインフラとして
1・健康保険証を1人1枚ICカード化+生体認証登録(両手掌)行う(IDは住基ネット番号で)。
2・医療機関全てオンライン化する(調剤薬局、柔整さえも)-インターネットで十分。
   (USB生体認証リーダーも2万円以下)

患者受診時、保険証提示ではなく生体認証で行うようにする
家族の代理受診時(薬のみもらう場合など)は家族の保険証持参し、代理人が生体認証する

その時点で保険証が有効/無効は即時に判定可能
こうすることで
・失効している保険証持参で受診する輩
・他人の保険証を借りて受信する輩
・受診していないのに受診したという不正な請求も減らせる

医療費未払い期間が1か月超えた場合、医療機関が社保、国保に連絡し保険証を無効にしてもらう。
該当医療機関での支払いを終えるまで保険証は無効。
支払いが困難であれば行政に相談なり、医療費ローンなりで対応してもらう

保険証無効でも、患者側が必要な対応を行わずに何度も救急車で受診を繰り返し、
医療費も支払わないような悪質な場合、3度目以降なら食い逃げと同じく警察に通報、逮捕してもらう。

こんなのはどうでしょう。

できれば一部の薬剤情報(睡眠薬、準麻薬、安定剤、利尿剤)、トラブル情報もネットにのせてよければ
眠剤もらいに何軒も受診するような人も防げます。

99%のまともな人には不利益なく、1%のモラルハザードとなる人にはペナルティを課せると思います。

投稿: ドロッポ医 | 2012年4月18日 (水) 04時09分

また死んでしまうと、無保険のペナルティは効きません。
遺産、借金と同じくペナルティも相続していただきましょう。

給食費払わない親でも止められると困るので携帯代は払います。
公平性の観点からもルール守れない人まで同じサービスを提供すべきか考えるべきでしょう。

投稿: ドロッポ医 | 2012年4月18日 (水) 07時23分

皆さん色々とアイデアがおありだと思いますが、まずはきちんと労働の対価を徴収するという当たり前の認識を医療現場でも徹底していくことが重要だと思います。
個人的には既存の与信システムが整備されているのだから、医療機関の支払いは全てクレジットカード化すべきだと考えているのですが、どうも未だにカード不可な医療機関も多いというのは困ったものです。
保険証自体にカード機能を持たせれば保険診療に関してはノーリスクで行えるようになるはずですけどね。

投稿: 管理人nobu | 2012年4月18日 (水) 07時42分

クレジットカードの場合、取引額次第ですが手数料が病院負担となるのが経営上の問題。

またDQNの場合、カード作れない、止められている率高い。
夜間救急受診してもカード無効、持って来てない時点でまた問題発生。
まともな人と同じ対処では無理。
本人は来てるのだから生体認証は可能。

偽造カードの事件増えそう。

それと窓口の現金負担無くなると一般人の受診抑制なくなって医療崩壊進みそう。

投稿: ドロッポ医 | 2012年4月18日 (水) 08時09分

まさに自ら望んで呼び込みかけてるってことですかw

医療生協:広島市内の病院・診療所、生活困窮者対象に窓口負担を減免 /広島
http://megalodon.jp/2012-0417-2238-09/mainichi.jp/area/hiroshima/news/20120417ddlk34040647000c.html

 広島医療生活協同組合は4月から、広島市内で展開する病院や診療所で、生活困窮者の医療費窓口負担を減免する
「無料低額診療事業」を始めた。社会福祉法に基づいて医療機関が収入額の基準を設定し、窓口負担の全額または半額を免除する。薬代は対象外。
 事業は、広島共立病院(安佐南区中須2)▽コープ共立歯科(同)▽協同診療所(同区西原9)▽沼田診療所(同区沼田町伴)
▽津田診療所(安佐北区可部2)▽あすなろ生協診療所(同区口田1)で開始。低収入などが理由で、必要な医療を受けられない人の救済や、
高齢者の孤立死対策に役立てる。
 生活保護適用の基準を目安とし、収入が基準の130%未満の場合は全額免除、130?150%は半額免除する。給与明細書などの書類提示を求める。
問い合わせは、広島共立病院(電話 略)。
 県などによると、済生会広島病院(坂町)や広島掖済会診療所(南区)でも同様の事業を行っている。

投稿: なにこれすごい | 2012年4月18日 (水) 09時14分

>広島医療生活協同組合は4月から、広島市内で展開する病院や診療所で、生活困窮者の医療費窓口負担を減免する
自由診療なら勝手だけど、保険診療でこれやったら違法では?

投稿: JSJ | 2012年4月18日 (水) 09時38分

>自由診療なら勝手だけど、保険診療でこれやったら違法では?

ですよねえ…。開業医の諸先生方におかれては、以前は友人知り合い医者仲間及びご家族からは窓口負担を頂かなかったりってのはふつーにされてたように思われますが、数年前の地方厚生局の集団指導で、「それ絶対ダメですよ!」と釘を刺されましたよ?

…そのスジの方には警察より恐れられてるとゆー「あの」麻薬取締部を擁する地方厚生局に喧嘩売るとか勇気あるなあw

投稿: 10年前にドロッポしました。 | 2012年4月18日 (水) 10時38分

こう大々的にニュースになるってことは何かしら許可なり方策があるということなんでしょうけど。
実際に以前からすでにやっていることのようでもあるし、まさか実はダメでしたってこともないんでしょう。
それにしてもこういうの見てるといろんな意味で医療生協には頭が上がらなくなるなあ…

投稿: ぽん太 | 2012年4月18日 (水) 11時12分

近所に生協系の病院があるとコードイエロー発動時には役立つわなw

投稿: aaa | 2012年4月18日 (水) 11時42分

当院では近隣医療生協から脱走してくる患者様が多いです。
ENBD入ってるのに勝手に自主外泊してうちに来るってありなんですか。
あちらの受付で救急車呼んでうちに来るのも勘弁してください。
地元の患者さんが「あそこにだけは絶対いかない」って言うのわかります。

投稿: 場末の勤務医 | 2012年4月18日 (水) 12時16分

みっけ。
http://www.min-iren.gr.jp/topics/muryou/seido.html
http://homepage3.nifty.com/kobekoubora/muryouteigakutuuti010723.html

投稿: JSJ | 2012年4月18日 (水) 13時06分

>病院や診療所の設置主体に関らず、第二種社会福祉事業の届け出を行い、都道府県知事の認可を得ればこの事業を実施することが出来ます。
> 尚、届出の際には、生活保護を受けている患者と無料または10%以上の減免を受けた患者が全患者の1割以上などの基準が設けられています

このあたりがポイントかな
ブラック病院の目安には使えるか?

投稿: kan | 2012年4月18日 (水) 14時14分

へえ、知らなかった。
あえてこれを取りに行くメリットってあるんでしょうか?
患者層が悪化しても数を確保したいとか?

投稿: takechan | 2012年4月18日 (水) 17時32分

>あえてこれを取りに行くメリットってあるんでしょうか?
まあ、民医連や済生会は信念に基づいてやっているのでしょうけれど。

某府知事殿から目の敵にされている病院も、この制度使えばいいのに。
まあ、今となっては認可おりないでしょうけれど。

>みっけ
今回は、やはり まずは一通りググってみるべきだったと、反省。

投稿: JSJ | 2012年4月18日 (水) 21時02分

世の中いろいろな制度があるもんですね。
でもスタッフにも嫌がられそうだし、ほんと誰得なんだよと思ってしまうんですけど。
あ、でも民医連系の人達はそういうのに喜び感じちゃうんでしたっけ?
済生会は中の人はもうちょっと普通な印象なんですけどね…

投稿: 管理人nobu | 2012年4月19日 (木) 07時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519753/54486399

この記事へのトラックバック一覧です: 治療費未収金問題 まずは世間並みの努力から:

« 京都事故続報 未だ解決策は示されず | トップページ | 職場に新人が加入してくる時期ですが »