« 2ちゃんねる、ついに大々的な捜査を受ける | トップページ | 被災地のみならず増え続ける孤立死 »

2012年3月11日 (日)

今日のぐり:「あぶり酒家○△□(あぶりしゅけ まるさんかくしかく)」

ご存知の通り本日は3月11日ですが、その3月11日ということに関連してこういうニュースが飛び交っています。

3月11日のテレビ番組欄が異例と話題(2012年3月8日ライブドアニュース)

東北大地震からちょうど1年となる3月11日のテレビ番組放送予定で、テレビ東京だけが「おかしい」とネット掲示板で話題になっている。

現在発表されている番組表では、12時から各局が長時間の震災関連の特別番組を編成している。そんな中、テレビ東京だけは12時から毎週放送されている「開運!なんでも鑑定団」の再放送、その後14時からは「日曜イベントアワー 銀座高級クラブママ 青山みゆき3」を放送する予定になっており、まるで3月11日であることを忘れたかのような番組編成なのだ。

同時間帯、NHKは「明日へ~震災から1年」、日テレは「復興テレビ みんなのチカラ」、テレビ朝日は「つながろう!ニッポン 第二部 スーパーJチャンネルSP~秒針が語るあのとき~」、TBSが「JNN報道特別番組 Nスタ×NEWS23クロス 3.11絆スペシャル」、フジテレビが「FNN報道特別番組 東日本大震災から1年…希望の檄」と、各局が力の入った特別番組を放送するだけに、テレビ東京番組編成の異質さが目立ってしまった格好だ。

このテレビ番組表がネット掲示板に紹介されると、「安定のテレ東」「テレ東のブレなさに感動した」など、“平常運行”を貫くテレビ東京を賞賛する意見が集まった。

また、「さすがに一斉にやられると強要されてるようで気持ち悪いな」「震災特集何時間やるんだよ」「日テレは“第一部”とか書いてあるけど、何時まで放送するつもりだよ」など、各局が横並びで震災特集を放送することへの疑問の声も多い。

3月11日、はたしてテレビ東京の視聴率はどうなるのか、注目したい。

テレビ東京と言えばかねて重大事件が起こってもあくまで予定通りのスケジュールで放送を続けるテレビ局として知られたところで、「テレビ東京が特番を放送するのは地球滅亡の時」などとアニメのネタにされたり、安倍総理の辞任の際にテレビ東京が特番を組んだことが「異例」だとニュースになったりと、過去にも数々の伝説を残してきました。
災害発生時など本当に緊急性のある時はまた別なのでしょうが、特に東北には未だにトラウマを抱えた子供も多いだろう中で全局右にならえでこれでもかと被災当時の映像を放送し続けることも医学的に異論があるところですから、これはこれで一つの見識だと捉えるべきなのでしょう(もっとも、恐らく当のテレ東はいつもの通りに行動しているだけなのでしょうが)。
というわけで当「ぐり研」もテレ東にならって、今日という日をあくまで平常心でやっていきたいと思いますが、楽しみも乏しい中での生活を余儀なくされている人々のために思わずにんまりしてしまいそうな話題を選んで取り上げてみましょう。

これぞ匠の技!? ニャンコマッサージが気持ち良すぎてイビキをかくパグ犬(2012年2月26日Pouch)

「お客さ~ん、凝ってますニャ~」「うーん、そうなんですワン…フガフガ」そんな声が今にも聞こえてきそうなこちらの動画は、動画サイトyoutube『Toby the Pug gets a massage Part Two』に投稿されたもの。

まるで本物の按摩師のごときニャンコさんのマッサージ技に、パグ犬、思わず夢見心地になっている模様です。なにしろ「ぐ~ぐ~」と高イビキまでかいちゃってるくらいですから。

せっせせっせと休むことなく、まあるい前足でパグ犬の背中のコリをほぐしていくニャンコさん。これ、めっちゃくちゃ気持ちよさそうですよね。ううう、私もやってほしいくらいです。

片やすっかりリラックスしているパグ犬。その姿はもはや、犬というよりマッサージ店に来たおっさんのようであります。

ニャンコさんはこの素晴らしい技を一体どこで覚えたのでしょうか。犬も黙らせてしまうほどの、いいえそれどころか、眠らせてしまうほどの腕の持ち主とは…。これぞ匠と呼ぶにふさわしい技術! ニャンコ先生、恐れ入りました!!
(文=田端あんじ)

参考元:youtube.com(http://goo.gl/Ep0hy

実際に夢見心地なパグの方が気持ちいいと思っているのかどうかは判りませんが、しかし猫の肉球でマッサージ…効くのか効かないのかはともかくとして、一度受けてみたいという気がしてきませんか。
アメリカなどでは犬も家族の一員という意識がつよいせいか、とうとうこんなことまで始まってしまったようです。

“犬が見る”テレビ番組スタート 米サンディエゴ/米(2012年2月17日毎日中国経済)

【新華社=荊晶】米サンディエゴで今週、犬専用のテレビ局「ドッグチャンネル」が放送を開始した。犬ファン向けではなく犬に見せる番組を放映する。犬数匹がボールで遊ぶ映像でテレビを見ている犬を興奮させたり、犬が寝ている場面を流して落ち着かせたりするという。“犬目線”で撮影した景色なども放送する。

関係者の1人は「犬向け番組では音楽が重要」と指摘。「テレビから流れ出る音楽は、犬たちに孤独を感じさせないだろう」と語った。

英国では今月13日、犬に見せるためのドッグフードCMが放映され、犬にしか聞こえない高周波音が使われたという。

犬と言えばもともと弱視気味だとも言うだけに実際にテレビで興奮したり落ち着いたりするものなのかどうかは判りませんが、人間と犬とでどのくらい嗜好が異なるのかを知るにはよい機会かも知れません。
同じくアメリカからはすわ!よもやあの人が実在か?!とも思われるようなびっくり事件があったようですが、まずはこちらの記事をご覧いただきましょう。

ついに超能力者現る? ニューヨークの街に空飛ぶ人が目撃される/米(2012年2月2日GIZMODE)

秘密能力者はやっぱりいたんだ!

この時、ニューヨークの街にいた人はさぞやビックリしたでしょうねぇ。いいなぁ。まぁ、動画再生してすぐに、空飛んでるのはリモコン操作の人形だってわかるんですけどさ。でもきっと、たくさんの人が目を丸くして驚いたでしょうね。なんか、すっごくポジティブないいドッキリな気がします。あぁ、やっぱりいたんじゃんこういうタイプの人もさぁ、ってね。

個人的には、これのラムちゃんタイプを作ってほしいですね。どこからともなくあの音がして空を見上げたら...「うち、ダーリンのこと好きだっちゃ。」ってね。

詳細はリンク先の動画をご覧いただければ一目瞭然なんですが、よほどに重量が軽いのか何とも不思議な飛び方をするのが非常に印象的で、皆さん唖然とした表情で見上げているのも無理のないところです。
最近ではこのように何でも動画にして公開してしまうというのが一般的に普及してきましたが、本来の対象よりも違った物事が話題になってしまったというのがこちらの動画です。

“踊るおばあちゃん”が大人気、パフォーマンスする孫の背後で存在感。/米(2012年1月11日ナリナリドットコム)

米国の少年が人気ラッパーの歌に合わせ、口パクパフォーマンスを披露する動画が、いま、大きな話題を呼んでいる。カメラに向かう13歳の少年はとても楽しそうに歌手になりきって見せるのだが、そんな彼を遙かにしのぐ存在感を見せつけているのが、少年の背後で歌に合わせて軽快に踊り続けているおばあちゃんだ。

この動画は1月3日付でYouTubeに投稿された「Me and my grandma dancing to Rack City.」(http://www.youtube.com/watch?v=cFmqMe0pQ5A)。パフォーマンスを披露しているのは、米テキサス州在住のフランク・トリンボリくん(13歳)と彼のおばあちゃんだ。2人は米人気ラッパーのタイガが歌う「Rack City」に合わせ、自己流パフォーマンスを行った様子を撮影、投稿したという。

流れる歌に合わせ、椅子に座りながらも時に大きく手や体を動かし、パフォーマンスを見せるフランクくん。今どきの若者らしく、堂々としたカメラ目線で人気歌手になり切る姿は、なかなかの格好良さだ。本来は終始画面の中央に映り続ける、そんな彼こそがこの動画の主役となるはずなのだが、引き立て役の“バックダンサー”として登場するおばあちゃんも驚くほど元気な動きを見せ、彼に負けぬほどの存在感を発揮している。

孫の肩越しから一緒に歌い出し、パフォーマンスを始めるおばあちゃん。画面の主役は彼に譲ると、おばあちゃんはしっかりとリズムに合わせて体を上下に揺らしつつ、右へ左へと動きながら踊り続ける。その動きは激しくはないが歌の調子や音の変化に合わせて次々と違った動きを見せ、さらには全く迷いを感じさせずにスムーズに踊り続けているのは素晴らしいの一言だ。そして曲が終わりを迎えると、孫とのパフォーマンスを大いに楽しんだおばあちゃんは満面の笑みを浮かべながらカメラに向かって手を振っている。

1月5日時点で再生回数が50万回程度だったこの動画は、11日には600万回を超えるほどの人気に。3万件近く書き込まれたコメント欄には「こんなおばあちゃんが欲しい」「おばあちゃんすごくかわいい」など、ほぼおばあちゃんへの称賛の声が並び、フランクくんにとっては主役を奪われてしまった格好だ。ただそれは、そんなおばあちゃんがいる彼を羨む声とも言える。いずれにしても、素敵なおばあちゃんと孫の関係であることは間違いなさそうだ。

もう、お婆ちゃんノリが良すぎるんだから…と思わず言いたくなるようなお婆ちゃんが何とも印象的ですが、バックダンサーにここまでやられてしまうと主役が食われるどころの騒ぎじゃありませんよね。
同じく動画といってもこちらは本物のリアルドキュメントとも言うべきものですが、何故かそこらのフィクション以上にドラマチックという驚きの映像です。

世界で1番悲しい強盗「おい! おいって! おいってば! ねぇってばー!」(2012年2月21日ギズモード・ジャパン)

強盗うんぬんの前に、まず客が強め!

とあるバー「t Halve Maatje」は、その夜も常連客で賑わっていました。そこに黒尽くめで銃を持った男が押し入ります。強盗だ! 大変だ! 店内は大パニックに... ならずに全員がガン無視。完全に強盗の男をシカトして常連客同士で会話とお酒を楽しみ続けています。強盗も負けじと歩き回ったり、カウンターに乗り出したり、さらに客の肩をポンポンと叩いてみたりしていますが、それでも常連全員が 完 全 シ カ ト。

なんともシュール、強盗にしてみれば世にも奇妙な物語状態ですよ。そのシカトの中、店長と常連客が彼に歩み寄ります。銃を向けてももろともしない人達に恐れをなして、逃げ出す強盗。よかったよかった。

が、物語はここで終わりません。あれだけ全員がシカトしていたくせに強盗が逃げたとたんに手のひらを介したように強盗を意識して、店内の客全員が強盗を追いかけるために外へ。この映像がもう本当になんともシュール。必見です。追いかけた常連客の中には、なんとマラソンが趣味の人がおり持久力は抜群。2キロ程先で強盗を捕まえそのまま警察へ。なんとも強い常連客達です。そしてなんと悲しい強盗でしょうか。犯罪史に残る悲しさですよ。

これまた詳細はリンク先の動画を確認していただくとして、「あれ?俺ってもしかして外してる…?」と気にし始めたらしい強盗もお茶目ですけれども、皆が一斉に強盗を追い始める光景が何ともシュールと言うしかありませんね。
イギリスからはこんな話題が届いていますけれども、ストリートビューのおかげで最近では見えてはいけないものまで見えてしまうというのは困ったものです。

最も見つかってはいけない男Googleストリートビューに登場!/英(2012年2月9日秒刊SUNDAY)

世界一有名な赤と白のシマシマの洋服を着た、もっとも見つかってはいけない男がGoogleストリートビューで発見されてしまった。この男は常にシマシマのの洋服・シマシマのニット帽をかぶり、杖をついて歩くことが多い。本人は見つからないように心掛けていたようだが、偶然Googleのストリートビューの撮影カーに発見され思わず挨拶をしてしまったという。

問題の男は、ロンドンの町に登場。ロンドンバスが行きかうバットニ―ハイストリートにて、Googleストリートビューの撮影中、どうやらそれを見つけるや否や、突如こちらに挨拶をしていた。本人はこの撮影を知っていたのか、偶然なのか根拠は判らないが、明らかにカメラ目線であることが判った。

普段この男は、子供向けの本に登場し自分を見つけられるかどうか、挑戦的な構えを見せており、大人でも発見が難しいほど難解な手法で雲隠れを披露するなど、一風変わった嗜好をもっていることで知られている。

つまり本と言う二次元の世界では『見つかりたくない』という内向的な性格のキャラクターを演じるが、ストリートビューのような3次元の世界では逆に表に出たいと言う『出たがり』な性格であることが判った。

Google側は彼が彼であることが判らないよう、ぼかしを入れるなどの配慮を施しているが、その特有な服装なゆえ、すぐにバレてしまいそうだ。

彼が映ったストリートビューはこちら 
http://g.co/maps/jsyxy

20年ほど前からたまたまカメラに写ってしまった謎の生物?として「スカイフィッシュ」なんてものも話題になりましたが、年中その存在を探されてばかりのあのお方もストリートビューからは逃れられなかったということでしょうか、しかしグーグル側もきちんと配慮をしているというのがさすが有名人ですよね。
続いて取り上げますのもこちらブリの話題なのですが、しかしこのニュースは妙にブリらしくないと言うべきなのでしょうか?

8歳少女が悩み解決サイト開設 「算数の問題はお断り」/英(2012年3月2日毎日中国経済)

【新華社=喬穎】 英国に住む8歳の少女、イブ・ホブズボームちゃんが2011年12月、生活の中のさまざまな悩みを解決すると宣伝する「悩み解決サイト」eveproblemsolver.comを開設し、話題を集めている。

イブちゃんはこのサイトで「8歳なので、経験は少ないけれど、問題解決は得意。恋愛や暮らし、ライフ・ワークバランスの問題解決に長けています」とアピールしている。ただ、算数の問題はお断りだそうだ。

解決料金は難易度によって1件10ペンスから1ポンド(13~130円)。これまでに40件の相談を受けたという。

実際のサイトに行ってみると「え?まさかこんな子供が?!」と驚いてしまいそうなのですが、しかしブリだけに「どうやったらうまい飯が作れますか?」なんて悩みが寄せられた日にはどうやって解決するものなんでしょうね?
近年世界も情報的に狭くなってきたということなのでしょうか、お弁当などに見られる日本人の細やかさや気配りが海外でも話題になるということがありますが、最後に取り上げますのはこちら一般の日本人としてもなかなかにないかも知れない気配りニュースです。

「見てくれ、日本から最高のものが届いた!」オークションの品に感激する外国人(2012年2月20日らばQ)

世界最大のオークションサイトE-bayでは、国をまたいでの売買が活発に行われています。
ある外国人が2.25ドル(約180円)で落札したところ、思いもかけない素晴らしいものが届いたと大喜び。
なんと荷物は日本からでした。
届いた箱にはEMS(国際スピード郵便)のラベル。それを開けてみたんだが……。
何だこれは…?スナック菓子ではなくリボルテックのフィギュアを注文したんだけどな。
おお、親切な手紙入りだ。しかも折り紙つき。いいヤツだ。
(略)
実際は送料を入れるともうちょっと掛ったようですが、この親切な商品の送り方が感心され、海外掲示板にはコメントが殺到していました。
抜粋してご紹介します。

・緩衝材にスナック袋を使ったっていうのか。天才だな。
・これで緩衝材に何を使うかという変化が、ここから始まって欲しい。
・Amazonがお気に入りにしているエアーパッキン(ぷちぷち)や発泡スチロールとそう大差ない値段じゃないかい?
・しかもほとんどのスナックは60%がエアーだしな。
・発泡スチロールの小さなつぶつぶのはコーン・スターチから出来ているので、とりあえず食事に近い緩衝材ではある。
・しかしまずいけどね。
・日本のチップスはかなり適してる。小さいからね。アメリカのサイズをくれとは言わないが、もっとノーマルなヨーロッパサイズが欲しい。
・日本人は親切なんだ。
・ただ戦争のことだけは言っちゃいけない。
・あとクジラやイルカのことも。
・これはちゃんと返事を書かなきゃだな。
・お礼の品を添えてだぞ。
・この相手の男性には、自分の国の何かを送ってあげるんだ。
・このナイスなアジアの紳士に、次のものを入れるといいと思う。

>ドリトス
>ビーフ・ジャーキー
>サン・チップス
>チート―
>プリングルス
>レッド・ブル
>マウンテン・デュー
>4Loco
>心のこもったお礼の手紙

・スナックをくれる、すばらしい外国のペンパルがいて嫉妬するよ。
・ペンフレンドになるべきだ。
・むしろ「よつばと」のリボルテックを、どうやって2.25ドルで見つけたんだ。
・きっと送料は24ドルだよ。
・僕は今、東京から帰ったところだが、日本の人々はとてもフレンドリーで親切だったよ。もし彼がもうひとりペンパルが欲しいなら僕にも連絡してくれ。日本語を練習したい。
・この心温まる手紙を書いてくれた彼に、返事をしないのはサイテーに思える。

親切心だったのか、手軽な緩衝材がなかったのかはさておき、異国の取引相手からここまでされたら、うれしいのは当然ですよね。
日本のお菓子の充実ぶりは、海外でうらやましがられることが多いので、緩衝材としてお菓子のパッケージを使うのはいいアイデアと思います。

何とも愉快なこのパッケージの詳細は是非ともリンク先の画像の数々を参照いただければと思いますが、しかし人形にお菓子までついてたかだか200円そこそことは送料負担はともかくとしてずいぶんお得感がありますし、それ以上に込められた暖かい心遣いにはさしずめブリ紳士であれば「うむ、それではお返しに大箱に一杯のハギスを送ろうではないか」などと言い出してしまいそうですね。
ようやく長い冬も終わりつつある今日この頃ですが、被災地の皆様方にも心身ともに暖かい日々をお送りいただけることを祈っています。

今日のぐり:「あぶり酒家○△□(あぶりしゅけ まるさんかくしかく)」

いったいこれはどう読んだら良いのだろうと思うような看板は困りますけれども、こちら「○△□」と書いて文字通り「まるさんかくしかく」と読ませるのだそうで、思わず「そのままやんけ!」と突っ込んでしまったのは自分だけでしょうか(苦笑)。
岡山駅は西口にほど近い場所にある居酒屋らしいのですが、この日はちょっとした会ということで幹事が別にいるものですから、飲み放題をつけてお任せのコースをということになっておりました。
ちなみにいくら20席足らずの小さなお店とは言え接遇はこの人数で回るかなと心配していたのですが、どうやらこちらは本来のお店とは別に貸し切り専門で使っている「はなれ」になるんだそうで、あちらのお店の方は当然ながら普通の居酒屋として運用されているということらしいですね。

さて料理のほうですけれども、とりあえず手をつけてみた刺身がカワハギを中心に色々と取りそろえたというもので、カワハギも脂こそ少ないものの噛みしめるとじんわりうまいんですが、それ以上にイカも悪くなかったですね(ただし、獣肉よりは臭みは少ないとは言えやはり肝は生で食べると風味が苦手でした…)。
カツオのタタキは色合いなど冷凍ものらしいなという仕上がりなのですが、やや強めの焼きでうまく臭みを抑えてるのはいいとしてカツオ自体はやはり季節相応の味で、お任せで出すのであればわざわざ今の時期に出さなくてもいいんじゃないかな…という気もします。
生麩の田楽は味噌の案配が甘過ぎず頃合いでいい感じですし、豚しゃぶのごまだれソースはまぁ外さない鉄板メニューではあるのですが(苦笑)強いて言うなら肉はもう少し薄切りが野菜とうまいこと味のバランスが取れて好みではありますかね。
鶏の唐揚げは肉自体の味はすっきりして下味の加減も程ほどで食べやすいんですが、肉に火が通りすぎないよう留意しているのは判るんですが衣にはもう少しクリスピー感が欲しいかなとも思いますね。
つくねの串焼きなど焼き物は本来は自分で七輪で炙って食べるところから店名が来ているようなんですが、こちらでは普通にお皿でサーブされてくるようで、一見するとごく普通の甘辛ダレの味に生卵をつけてたへるのは一工夫だなと関心しました。
いかにもこってりという見た目の豚角煮ですが、もちろん脂はたっぷりなんですが食べて見ると意外にあっさり目の味わいで胸焼けもせず、あるいはもう少し八角が利いてもいいかなと思うくらいでしょうかね。
鯛のあら炊きは煮汁の方の具合からして例によって濃い味かと思っていましたら、意外に身の方はさっぱり薄味でソース的に汁と合わせながら食べるとちょうどいい具合でした。
最後に出てきたのが巻き寿司ですが、洋風にマヨネーズ味のものなどもあってこってり系の後に締めるにはちょっと濃いかなと思ってましたが、案外するすると入ってしまったのは意外でしたね。

飲み屋の料理というと酒が入る関係上塩分過多のものが多くて酒を飲まない人間にはちょっとバランスが悪いんですが、こちらでは意外にすっきり素直に素材の味が出ている料理が続いていて食べるだけの人間にも悪くはなく、しかも飲み放題をつければコストパフォーマンスもなかなかよさそうで、これなら酒飲みにも満足度が高そうですよね。
店内は古い振り子式の壁掛け時計が置かれているなど小さな古い店という意匠で固められているのはいいのですが、飲み放題などをつけると利用する機会も多いでしょうに、トイレなどの機能性の面でもレトロ風なのはちょっとどうなのかなとも思いました。
普通のお店の方ではもっと色々なメニューもあるんでしょうが、味の方はどんな人にとってもそう大外れにはなりそうにない感じの組み立てですから、個人で行くにも小宴会などで利用するにも使い勝手はよさそうな店ですよね。

|

« 2ちゃんねる、ついに大々的な捜査を受ける | トップページ | 被災地のみならず増え続ける孤立死 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

>「うむ、それではお返しに大箱に一杯のハギスを送ろうではないか」

いやがらせテラヒドスwww

投稿: | 2012年3月12日 (月) 12時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519753/54187787

この記事へのトラックバック一覧です: 今日のぐり:「あぶり酒家○△□(あぶりしゅけ まるさんかくしかく)」:

» ■開業つれづれ:十五名の震災殉職医師と終わらなかった世界 [勤務医 開業つれづれ日記・2]
東日本大震災 十五名の震災殉職医師と終わらなかった世界 中間管理職  あれから一年。  世界は多くのものを失い、そして多くの人を失った。それなのに、世界は終わらなかった。  一年前の今日、...... [続きを読む]

受信: 2012年3月11日 (日) 13時01分

« 2ちゃんねる、ついに大々的な捜査を受ける | トップページ | 被災地のみならず増え続ける孤立死 »