« モンスターはここにも | トップページ | 長生きするのもありがたくない時代? »

2012年2月23日 (木)

橋下市長、さらに切り込む

近頃では国政進出も準備中だとかで相変わらず大人気の橋下市長ですが、先日は医師会の機嫌を損ねそうな(苦笑)こんな方針を打ち出したということです。

橋下予算案、自治会交付金や文化助成に大なた(2012年2月20日読売新聞)より抜粋

 「ゼロベースの見直し」を掲げ、橋下徹大阪市長が凍結や暫定的な予算措置で545事業に「待った」をかけた市の2012年度当初予算案

 昨年の市長選で前市長を支えた地域団体、医師会への補助金や、知事時代にも大なたを振るった文化事業の多くが棚上げされ、7月に編成する本格予算案に向けて、公金投入の是非が裁定される。「市からの助成がなくなれば、活動に支障が生じるのは確実」と、関係者は戦々恐々だ。
(略)
 市長選で前市長を支援した大阪府医師会も、健康相談など健康増進事業や看護師養成事業の補助金が棚上げになった。医師会幹部は「看護師を目指す学生に学費の負担増を求めることも予想される」と頭を抱える。
(略)

実際には現場の担当者からはむしろ面倒が減ってよかった、なんて感謝されることになるのかも知れませんが、せっかくですから不人気極まる学校検診なども大胆な仕分けに切り込んでみればさらに感謝されるかも知れないですよね。
それはともかく、大阪府医師会の運営する看護学校というのは半世紀以上の歴史を持つ施設なのだそうですが、学費が安いことで有名な労災を別格としても他の看護学校に比べて格段に安かったというわけでもないようですから、学費負担増となれば単に他の学校に流れるだけなのでは?という気もしますがどうなんでしょうか。
いずれにしてもこうした固定経費的な支出にも踏み込んでいかないことには財政再建は果たせないとすれば、各方面から恨みを買っても決断していくのがトップの仕事だと言うことになるでしょうが、そんな中で以前にも取り上げましたように生保患者の過剰診療問題にいよいよ本格的な対策が取られると決定したようです。

橋下市長、生活保護受給者受診病院に登録制(2012年2月21日読売新聞)

 大阪市の橋下徹市長は20日、過剰診療などの不正請求対策として、生活保護受給者が受診する医療機関の登録制度を導入する方針を明らかにした。

 政令市では初の取り組みで、新年度から生活保護率が突出して高い西成区で先行実施する。

 受給者の受診医療機関を診療科目ごとに指定、登録し、調剤薬局は原則1か所にする。重複受診や不必要な訪問診療を抑制する狙いがある。

 生活保護受給者は自己負担なしで診療や投薬を受けられ、費用は医療扶助として全額公費で支払われる。医療機関側が不正請求を重ねても発覚しにくく、橋下市長が対応策の検討を関係部局に指示していた。

 また、生活保護法に基づく医療機関の新たな指定は、市独自に厳格化。過去5年に行政処分を受けた医師らが在籍すれば認めない。申請があった病院などに「仮免許」を与え、3年間は立ち入り検査などで不正がないかをチェックする。

多くの真っ当な臨床医は不正診療をするほど暇でもないし、むしろこの機会に指定返上を期待しているかも知れませんが、それでも実際に一部の新聞沙汰になるような施設では生保患者を食い物にして儲けているだとか、生保患者の方もこのご時世に医療費削減に対する意識が乏しいだとか散々に言われていて、国レベルにおいてもこの問題に対する対策が求められているのも確かです。
どういう対策が実効性があるのかもはっきりしない中で特にこの種の問題が話題になりやすい大阪でまず先行モデルを構築していくのはいいことだと思いますが、問題はどのような医療機関を指定していくのかで、調剤薬局を避け重複受診を難しくしようとするとどうしても一カ所で診療が完結する総合病院優先になってしまいそうにも思いますが、そうした施設は往々にして多忙ですよね。
例えば過去の診療実績から生保患者に対する医療費支出が多い施設を外し、安上がりな医療を行ってきた施設を登録するといった話になれば、恐らくそうした施設は入院なども長期化しがちな生保患者に関わっていたくないほど忙しいのだろうとも思うのですが、受診施設が限定され患者がますます集中するのも現場の医師達にとってはかえって迷惑ということになるかも知れません。
確かに生保受診者が目立って多い病院というのは各地にありますが、そうした施設が同時に患者の受け皿になってきたことで他施設が助かってきた側面もあったでしょうから、真面目に診療に従事している現場に過重な負担を強いることのないよう話を進めていただきたいものだと思います。

さて、橋本市長と言えばとりわけ生保受給者が多い町として知られる西成区にご執心であるとも言われていますが、その西成区でまたおもしろそうな試みが始まっているということです。

「弁当配るから結核検診を」 西成地区で大阪市検討(2012年2月16日朝日新聞)

 大阪市は、結核罹患(りかん)率が全国一高い西成区・あいりん地区での治療や予防策の一環として、日雇い労働者ら向けの巡回検診や訪問診療の際に、食券や弁当を支給して受診を促す対策の検討に入った。

 大阪市の人口10万人あたりの結核罹患率は政令指定市で最悪の2010年で47.4人。あいりん地区は同516.7人で、国平均の28倍に達する。市は月に3回、同地区で日雇い労働者やホームレスを対象に、結核の無料検診を実施。だが対象者約3万人のうち、受診者は年間延べ約3500人(2010年度)にとどまっているという。

 橋下徹市長は、西成区に市外から転入する子育て世帯向けに市税の減免などをする「西成特区構想」を打ち出し、結核対策にも最優先で取り組むよう指示。その後、受診率向上に向けて「1回500円程度の食券の配布」を担当部局に提案した。結核の原因として指摘される栄養不足対策も兼ねたアイデアとみられるが、担当者は「食券では換金されてしまう恐れもある」として、同額程度の弁当の支給も検討している。

結核は過去の病気ではないとは繰り返し広報されているところで、日本では未だに結核罹患率が人口10万人あたり18人と高い「中まん延国」扱いであり、先日の震災においても原発作業員の送迎バス運転手が結核に罹患していたことが判明して騒ぎになるという一件がありました。
特に日雇い労働者など生活水準の低い層において結核罹患率が高いのはよく知られた事実ですが、栄養状態や集団生活などの問題に加えて職場等での定期健診によるチェックからも漏れることから一気に感染が広がりやすく、かねてその対策が急がれていたところです。
今回注目すべきなのは単に「結核が怖いですからきちんと健診を受けてください」というだけで終わるのではなく、きちんとインセンティブとなる受診の対価を用意していることで、しかも弁当という現物支給でと言うのはなかなかよく考えているなと思いますね。

かねて言われるように生保受給者に現金を支給するとパチンコ代や酒代に消えてしまう、そうでなくとも生保ビジネスと言われる悪徳業者の食い物になりやすいということで食料品など現物支給化が一部で主張されていましたが、西成のように受給者が集中している地域こそ衣食住の現物支給化を試みていくテストケースとして具合がいいかも知れません。
しかし強面市長のトップダウンの指示をそのままに実行するのではなく、西成で食券ではヤバいと気づいた担当者はきちんと現場を見て仕事をしていてGJだったと思いますが、デフレのご時世に一食500円の弁当支給と言われると今度は「なんたる贅沢か!俺の今日の昼飯は(以下略」と市民からお叱りの声が出るかも知れませんね…

|

« モンスターはここにも | トップページ | 長生きするのもありがたくない時代? »

心と体」カテゴリの記事

コメント

橋下さんがどれだけ大阪に巣食う闇に切り込めるか
期待はしてますけどそのうち消されそうでマジ怖い

投稿: 元大阪在住 | 2012年2月23日 (木) 09時19分

先日もバリバリの結核患者に当たりましたが、このあたりは日雇いや派遣労働者も多い工業地帯という土地柄のせいかわりあいよく遭遇します。
診察室内では咳が続く人には必ず疑ってかかるといった基本を徹底するしかありませんが、結核かもしれないからと注意したのに普通に電車乗って来ましたと言われると蔓延が気になりますね。
自分の健康にあまり関心がない人たちにどう結核予防の社会的意義を理解させていくのか、いい知恵が出てこないでしょうか。

投稿: ぽん太 | 2012年2月23日 (木) 11時14分

医療がクソ高いアメリカでも結核は治療費タダだそうです。蔓延させるよりは安上がりだから…。

投稿: 10年前にドロッポしました。 | 2012年2月24日 (金) 11時21分

結局社会的にみればコストの問題なんですが、それを当の患者の動機付けにどう結びつけていくかですかね。
結構排菌してる患者さんでも自覚症状からみれば自制内って人が多いですから。
生保絡みで言えば受給要件に定期的な健診等を組み込むのがいいのかも知れませんけど、恐らく沢山見つかってくる他疾患の扱いをどうするか。

投稿: 管理人nobu | 2012年2月24日 (金) 12時20分

先輩が以前とある自治体の役人をしていてホームレスの結核対策に頭を悩ませていた、と、酔っぱらいながら語っていたことを思い出しました。有病率が異常に高くて調査するほうも感染が怖かったとか、いろんなエサで釣って検査を受けさせたとか。

えーと、「橋本」なのはミスですよね?

投稿: クマ | 2012年2月24日 (金) 14時26分

>えーと、「橋本」なのはミスですよね?

おおうっ?!
早速訂正いたしましたm(_ _)m

投稿: 管理人nobu | 2012年2月24日 (金) 15時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519753/54046005

この記事へのトラックバック一覧です: 橋下市長、さらに切り込む:

« モンスターはここにも | トップページ | 長生きするのもありがたくない時代? »