« 2ちゃんねるが潰れて一番喜びそうなのは誰か? | トップページ | どうも妙な方向に進んでいそうな診療報酬改定 »

2011年12月11日 (日)

今日のぐり:「さぬきうどん 庵」

先日ちょっとした話題になったのがこちらの事故ですが、実は思ったよりも大きな話題になっていたようです。

世界で最も高額な自動車事故…“日本のうぬぼれ屋”世界的に報道(2011年12月7日産経ニュース)

 中国自動車道で4日朝にフェラーリやベンツ、ランボルギーニなどの高級スポーツカー14台が大破した事故は、「世界で最も高額な自動車事故」として世界的に報道されている。

 8台、そう、なんと8台のフェラーリと、3台のベンツ、さらに1台のランボルギーニ。メディアが「世界で最も高額な自動車事故」と呼び、警察が「うぬぼれ屋の集まり」と呼ぶ事故に関係した14台の車に含まれていた顔ぶれだ。

 雨に濡れた中国自動車道で4日朝に発生した、この大規模な交通事故により、385万ドル(約3億円)相当(日本の報道では2億円とも)にのぼる、高級スポーツカー十数台とトヨタのプリウス1台が大破した。

 これらのスーパーカーは、九州から広島に向かっていた20台のチームの一部だ。事故時点で山口県西部を疾走していたこれらの車の中には、各種のフェラーリ、ランボルギーニ・ディアブロ、日産GT-R、メルセデス・ベンツCL600が含まれていた。

 警察によると、先頭を走っていたフェラーリF430を運転する60歳の自営業男性が、濡れた路面で操作を誤った。

 運転者は全員が37歳から60歳の間だとされるが、リッチな人々であることは明白だ。日本では中古のフェラーリでさえ1000万円は下らないうえ、昨年日本で販売されたフェラーリは500台ほどにすぎない。

 目撃者はTBSネットワークに対し、これらの車は時速140~160kmで走行していたと話している。この区間の制限速度は時速100kmだった。

 目撃者の証言によると、先頭の運転者は、恐らく遅い車を追い越すために右から左へ車線を変更しようとして、スリップしてガードレールに衝突し、スピンしながら道路を横切ったようだ。先頭車に続く車が、前方で衝突した車を避けようとハンドルを操作した結果、数百メートルにわたる玉突き衝突が発生した。

 事故後は、すべての車が、路肩がほとんどない狭くて長い区間で横向きになって停車し、道を塞いだ。道路が通行できるようになるまでに6時間以上がかかったという。

 「Bloomberg」の記事によると、事故のきっかけを作ったと見られる男性には、3カ月以下の懲役または100,000円以下の罰金が科せられる可能性があるという。

 なお、スイスでは、スピード違反など一部の犯罪について、所得に応じた罰金が科されており、スピード違反に29万ドルの罰金が科されたケースがある。

雨の高速を150kmでかっ飛ばした上に左側追い越しですから、事故自体はあまり同情の余地がなさそうな気配が濃厚なのですが、こういう記事を配信された諸外国の方々は「なんだかんだ言ってもやはり日本人は金満なんだな」というイメージを抱いてしまいそうですよね(事実その通りなのですけれども)。
今日は雨が降ろうが気にせずフェラーリで外出してしまうリッチなスーパーカーオーナーの方々に敬意を表して?世界中から自慢するにはちょっと微妙なご当地ニュースを紹介してみようかと思いますが、まずはアメリカ発の話題からいってみましょう。

AKIRA: ハリウッド版実写版映画「AKIRA/アキラ」は案の定?!、大友克洋の原作と違い、呑み屋のバーを営む兄弟が主人公のストーリーだったことが、出演者の公募で判明!!/米(2011年11月30日CIA)

ワーナー・ブラザースの傘下で、レオナルド・ディカプリオの製作プロダクション=アピアン・ウェイと、ジョシュ・ブローリン主演のダークヒーロー映画の大失敗作「ジョナ・ヘックス」(2010年)を作ったマッド・チャンスが共同でプロジェクトを進めている大友克洋原作の「AKIRA/アキラ」が、ジャウム・コレット=セラ監督(「エスター」2009年)の采配により、カナダのバンクーバーで来春に予定しているクランクインに向け、大々的に脇役の出演者や、エキストラの公募を始めたことを、オーディション情報サイトの Acting Auditions が伝えてくれました!!、同サイトが明らかにした募集の詳細によれば、ハリウッド版実写映画は、やはり、オリジナルのカルトSFコミックとは内容が、いささか異なるようで…、

ギャレットロン・レガシー・ヘドランドが演じる主人公の金田さんは、ネオ・マンハッタンでバーを営む若きオーナー。
その金田さんの兄弟の鉄雄くんが、ケン・ワタナベ扮する“大佐”が率いる政府のエージェントたちに拉致されたことから、金田さんは身内を取り戻そうと奮走し、クリステン・スチュワートのケイ・リードと出会って、彼女が所属する反政府の地下組織に加わることに…。その地下組織で、約30年前にニューヨークが崩壊し、ネオ・マンハッタンに生まれ変わるキッカケが“アキラ”であることを知らされた金田さんは、そんなアホな…とバカバカしい都市伝説のように受けとめるが、再びめぐり合った兄弟の鉄雄くんが超能力者に生まれ変わっていたことで、戦慄の衝撃を覚える…!!

…といった風に、キャスト募集の要項では、映画のストーリーが説明されており、金田は原作のような職業訓練校の学生でも、また暴走族でもなく、平凡なバーのマスターであり、鉄雄は金田の幼なじみから、実の兄弟という風に設定が変えられています…。
そもそもブラッド・ピット47歳を主演に起用することを念頭に、アラフォーのオヤジ世代が主人公の物語に変更された時点で、ハリウッド版実写映画の「AKIRA/アキラ」は求心力を失ってしまったわけですが、金田がバーのマスター…というのは、その当初の目論みの名残りのような気がしないでもないですね…。

なお、Acting Auditions が公開してくれた「AKIRA/アキラ」のストーリーには、さらに続きがあり、鉄雄をコントロールするアキラが覚醒し、かつてニューヨークを滅ぼしたように、再びネオ・マンハッタンを壊滅するのを食い止め、鉄雄を救う過程で、金田さんとケイたちは大佐のアーミーと衝突する…!!…とまぁ、そうした展開は概ね、原作のコミックなり、あるいはアニメ版(1988年)を下敷きとして、なぞっているように思えます。
また、ギャレット・ヘドランドが金田として主演し、「トワイライト・サーガ」のKステューがヒロインのケイ、「インセプション」(2010年)のケン・ワタナベが敷島大佐…と、メイン・キャストがあたかも確定した?!ように伝えている Acting Auditions ですが、同サイトによれば、ヘレナ・ボナム=カーターがレディー・ミヤコとして、アキラを祀る教団を立ち上げることも、すでに決定しているそうです。

原作の影も形もないという「原作レイプ」はもはやハリウッドのお約束というのでしょうか、当初ハリウッドでの製作を予定されていた「レッドクリフ」なども映画会社から「登場人物はこんなにいらない。曹操、劉備、関羽を一人にまとめて」と無茶を言われて香港での撮影になったと言いますが、しかし日本よりはるかにコアなAKIRAファンが多いというあちらで受け入れられるものかどうか…
同じくアメリカからはこんな話題もありますけれども、これもまた文化の差、なんでしょうかねえ…?

ピザは野菜です!――絶望的なアメリカの食事情/米(2011年11月17日ガジェット通信)

写真はシカゴ名物『ディープディッシュピザ』。見るだけで胸焼けがします……。

福島の原発事故で、日本の食の安全性が問われていますが、アメリカでは全く違ったレベルで、食がヤバイことになっています。

アメリカの子ども達の肥満がハンパじゃないことは、よく知られていると思いますが、何と2008年の統計では全アメリカの1/3の子ども(5歳から17歳まで)が肥満に分類されてしまいました。

これに警鐘を鳴らし、積極的に改善に取り組んでいるのが、ファースト・レディーのミッシェル・オバマです。それを受けてオバマ政権が、公立学校の学校給食(カフェテリア)に、もっと野菜とフルーツを導入する案を計画しました。

しかし、図らずもこの法案は「野菜とは何か」という根本的な問いを蒸し返すことになってしまいました。

というのも、30年前のレーガン政権時代、アメリカ政府は規制緩和の名の下に、「ケチャップを野菜とする」というとんでもない案を出したことがあるのです。

ちなみに現行法では大さじ2杯のトマト・ペーストが野菜とされているため、トマト・ペーストを使うピザは上にベーコンが乗っていようが、必然的に“野菜”にカウントされる、というわけです。オバマ法案は、こんなものを野菜と呼ぶなら、せめてトマト・ペーストは1/2 カップから“野菜”にしようじゃないか、と言っているのですが……。

これに「待った!」をかけたのは、やはり食品業界。

御存知のようにアメリカでは、2、3の大手食品会社が、品種から流通まで完全に手中にしています。

業界はトマト・ペーストは「ビタミンAやリコピンが豊富。栄養価が高く野菜として充分通用する」と反論。その他「1/2カップのトマト・ペーストはピザには多すぎる。ドロドロになったピザなんか、子どもは食べやしない」という反論も……。論点はそこ?

オバマ法案にしても、「学校給食で毎日出されるピザとフライド・ポテトをせめて週2、3にする」という穏健なものなのですが、共和党は「この新しい法案は政府が学校の自由に介入し地方財政を逼迫するものだ」と非難して食品業界の抵抗を後押ししています。

こうして、アメリカは今日もピザとフライド・ポテトで育ち肥満に悩む市民を量産しているのです。ホラー!!

極東の某国でも「カレーは飲み物!」と主張する一派がいると言いますからこれもあり…かどうかは別として、一方ではアメリカでも教育のある階層ではむしろ日本など目ではないくらいオーガニック信仰が根強かったりして、何にしろこうと思い込んだら極端な人々が多いということになるのでしょうか?
東欧はブルガリアからはこんなニュースが舞い込んでいますけれども、日本であればさしずめ釜本氏が今もJFLあたりでプレーしているような感覚なのでしょうか?

ブルガリア首相、サッカー年間最優秀選手に選出か/ブルガリア(2011年11月30日ロイター)

[ソフィア 28日 ロイター] サッカーの3部リーグでプレーするブルガリアのボリソフ首相(52)が、同国の年間最優秀選手に選ばれる可能性が出てきた。英マンチェスター・ユナイテッドでプレーし、これまで過去最高の7回年間最優秀選手に選ばれているブルガリア出身のディミタール・ベルバトフ選手が、自分を選ばないよう呼び掛けているためだ。

ブルガリアのサッカー協会は今年から、年間最優秀選手の選考にファン投票を導入。投票で選ばれた上位20人から、スポーツ記者が最優秀選手を選ぶ。

ボリソフ首相は3部リーグのVitosha Bistritsaでストライカーとしてプレーすることがあり、ファン投票では2000票以上を得て首位となっている。ベルバトフ選手は1500票に届かず2位だが、最終決定権を持つスポーツ記者に対し、自分に投票しないよう求めている。

ボリソフ首相は、「自分を下手な選手とはみなさない」と自信を示す。首相は空手の有段者で、テニスにも熱心に取り組んでいる。

このボリソフ首相、もともとは警備会社のオーナーで空手でも同国代表の指導歴があるなどスポーツ万能というタイプのようですが、それにしてもいい年をした首相に最優秀選手を奪われるようでは他の選手は何をやっているのかということになりますよね。
視線を極東に転じてこちら韓国からの話題ですが、ハリウッド超大作とは別な次元でこれまた斜め上方向に注目を集めそうな作品です。

制作期間7年・製作費3億円超!でもタイトルが『ウンコ大戦争』!史上最も頑張る方向を間違えた“クソ映画”が日本公開!/韓国(2011年12月2日シネマトゥディ)

 [シネマトゥデイ映画ニュース] 制作期間7年、製作費3億5,000万円かかった大作でありながら、あまりにお下劣なためにこれまで日本公開されなかったアニメーション映画『アーチ&シパック‐世界ウンコ大戦争‐』が来年2月11日より待望の日本公開を迎える。「奇抜な設定」「痛快なストーリー」「ハイクオリティーな映像」という三拍子がそろっていながら、テーマが「ウンコ」であるために日の目を見なかった、史上最もふんばる……いや、頑張る方向を間違えた“クソ映画”だ。

クソはクソでもクソおもしろい!映画『アーチ&シパック‐世界ウンコ大戦争‐』予告編!

 本作は、「誰も見たことがないものを作る」という野望を持った韓国のクリエイターたちが、制作期間7年、製作費3億5,000万円という莫大な時間と金を費やして作り上げた大作アニメーション。前代未聞の設定、しっかり練りこまれた痛快なストーリー、そしてハイクオリティーな映像などなど……時に製作続行が危ぶまれるほど、時間とお金と情熱を掛けてこだわったというだけあって、その仕上がりは実に見事なものとなっている。

 だが、どこでどう間違えたのか、テーマを「ウンコ」にしてしまったため、当初の希望通り「誰も見たことがない作品」にはなったものの、そのお下劣さに配給会社がドン引きし、日本公開までには6年の時が流れてしまった。世界各国の映画祭で高評価を得る要因になったというアクションシーンは、クソだけに、観ているだけで気持ち良くなってくるほどキレのよいものであるなど、そのクオリティーの高さは観る者すべてが認めるところではあるものの、何しろテーマがテーマ。史上最も頑張る方向を間違えた“クソ映画”となっている。いったい日本の観客たちはこの作品にどんな反応を見せるのか、今から楽しみだ。

 映画『アーチ&シパック‐世界ウンコ大戦争‐』は、エネルギー源が枯渇し、人間のウンコが唯一のエネルギー源になった都市を舞台に、ウンコ争奪のための大戦争を描いたアニメーション作品。(編集部・福田麗)

映画『アーチ&シパック‐世界ウンコ大戦争‐』が2012年2月11日より吉祥寺バウスシアターほか全国順次公開

いやまあ力が入っているのは理解出来ますし、往年のドクタースランプを始めとしてこの種のテーマは万国共通と言いますから思いがけない大受けを狙えるかも知れませんけれども、問題は子供達にせがまれてこの映画に連れて行くことになるだろう親たちがこの予告編を見てどう考えるかですよねえ…
さらにその同胞北朝鮮ではこんなニュースが飛び出していますけれども、同志総書記がその時どんな顔で命じたのか見てみたいような見たくないような…という微妙な話題です。

【絶対的】金総書記、部下に絶叫マシンへの乗車を命令/北朝鮮(2011年12月6日朝日新聞)

 北朝鮮の金正日(キム・ジョンイル)総書記が、平壌市の凱旋(がいせん)青年公園を視察した。朝鮮中央通信が4日深夜に伝えた。昨年4月に全面改装された同公園は、垂直落下型やブランコ型などの絶叫マシンが売り物で、市民に大きな人気という。

 金総書記は随行した部下に遊具に乗るよう指示。随行者たちが「たまった疲れが吹き飛びます」と報告すると、とても喜んだという。そのうえで「最も重要なのは、設備点検と管理を責任を持って行うことだ」と指示した。

 同公園にある10種類の乗り物全てを利用すると1600ウォン(闇レートで約0.4ドル=約31円)。平壌市民の平均月給とされる3千ウォンの半分以上に相当する。

むしろここで気になるのは記事の内容そもものよりも、日本の誇るクオリティペーパー(苦笑)を自認する天下の朝日新聞がどういうリアクションを期待してこういう記事を掲載したのかということなのですが、やはり北朝鮮ではこうまで設備管理に留意しているというのに日本では…という自己批判的視点が求められるのでしょうかね。
中国と言えば国土にしろ人口にしろ押しも押されぬ大国ですけれども、昔からどうもこの種の器の小ささを感じさせる話題には事欠かないなという印象もあるのは気のせいでしょうか?

「大根あげます」に1万人殺到 イモや野菜も略奪 中国(2011年12月2日朝日新聞)

 大根を300トン、無料で差し上げます――。中国河南省鄭州の農民がこんな呼びかけをしたところ、1万人以上が殺到し、畑が荒らされる事態に。ホウレン草やサツマイモなども、無断で持ち去られてしまった。

 農民の韓紅剛さん(37)の約4ヘクタールの畑に、今年約300トンの大根が育った。ところが生産過剰による価格暴落で、出荷しても採算が取れないと判明。腐らせるよりはましと、地元メディアに「無料で市民に食べてもらいたい」と連絡した。

 これが報じられた11月25日から、韓さん宅の電話が鳴り響き、人々が畑に殺到。大根は翌日昼には無くなった。すると今度は「だまされた」「ガソリン代を損した」などと詰め寄られる事態に。数日の間に約1万人が押し寄せ、近くの畑からホウレン草、サツマイモ、唐辛子などを勝手に掘り起こして持ち帰った。

日本などでも時折無人商店の持ち去りなどが問題視されますけれども、思わぬ好意が高くつくというのは昨今の中国社会に共通する病理のようで、心ある中国人民も頭の痛い思いをしているのではないかと思います。
最後に控えますのはもちろんこちらブリからの話題ですが、世界に冠たる大英帝国諜報機関の仕組みの一端が判明したというニュースです。

英情報機関が暗号破りの達人募集、パズル解くと求人サイトに/英(2011年12月6日CNN)

(CNN) 英国の情報機関、政府通信本部(GCHQ)が採用活動の一環としてウェブサイトに暗号パズルを掲載し、解読できた人材に応募を呼びかけている。

パズルは数字と文字の160通りの組み合わせで構成されており、解読の期限は12月12日。パズルを解くと求人情報が掲載されたページにつながる仕組みで、これまでに約50人が解読に成功したという。なお、実際には求人情報ページは誰にでも参照できる。

募集しているのはサイバーセキュリティーの専門家で、給与は2万5000ポンド(約300万円)以上。職務内容はハッカー攻撃を検出・防止して国家インフラを守ることとされ、「問題解決に優れている」などの条件が求められる。

GCHQの広報はこのパズルについて、普段は求人広告など見ない人や独学で学んだ人など、これまでとは違う人材に注目してもらう狙いがあると説明している。短文投稿サイトの「ツイッター」や大手交流サイトの「フェイスブック」で宣伝している他、ゲームにも広告を出したという。

ただし「違法なハッキングを行ったことのある者は選考の対象にはならない」と広報ではくぎを刺している。

いやいいのか?それでいいのかブリ的には?と思ってしまうような話なんですが、しかしサイバーセキュリティーの専門家としての能力・適性というものはこうしたことで判断出来るものなんでしょうかね?
円高の時代ですとこの給与が高いのか安いのかちょっと微妙に感じてしまうのですが、難解なパズルを解くことに向いた人間となればセキュリティーよりもむしろハッカーの側に適性がありそうな気もするのですが…

今日のぐり:「さぬきうどん 庵」

久しぶりにお邪魔したこちらのお店ですが、結構お客も入っているようで繁盛しているのは結構なことだと思いますね。
こちらお昼の時間帯は定食をやっているようなので、今回は頑張ってぶっかけ定食大盛りを頼んでみましたが、実は黙ってただぶっかけと言うとデフォで熱いうどん?が出てくるというのは想定外でした。

というわけでちょっと盛り下がったのも事実なんですが、うどんメニューの定義は店毎に違うとは言え、このうどんダシの案配などを見るとやはりこれはぶっかけと言うよりもかけと言うべきではないでしょうか?
それはともかく、基本的にコシもあるが硬めのうどんであるこちらの場合、冷たいうどんよりも熱いうどんの方がマッチングはいいのかも知れません。
冷たいぶっかけの方はうどんとうどんダシのバランスがなかなか良かったのですが、こちらはかけ用にしては少し塩気がきついかな?と思えるもので、製鉄所などもあるこのあたりのお客だとこれくらいでないといけないのかな、などとも思ってしまいます。
薬味は冷たいぶっかけにはわさびがついていたのに対してこちらは生姜がついてくるのですが、もちろん熱々のかけうどんにわさびというのもおかしな話ですからこのチョイスは納得です。
定食と言うことでおかずにご飯がつくのですが、揚げ物として既製品らしいカレーコロッケに揚げ餃子、これに豆腐に煮昆布、ご飯と言う組み合わせで栄養学的見地からはどうなのかなとも思うのですが、カロリーベースで考えるとコストパフォーマンスは相応に高そうですよね。

店員さんも増えているようで、若い人が多いせいか町のうどん屋さんというよりはラーメン屋的な活気があって、これも悪くないのかなと思います。
もちろん単純に安いうどん屋として利用してもよしですが、その割にそれなりにまともなうどんが食べられるというのはありがたいことで、特にこの界隈ですと人気店には柔らかい系統のうどんを出す店が多いだけに、たまにはごついうどんを食べたいという向きには悪くない選択肢の一つなんじゃないでしょうか。

|

« 2ちゃんねるが潰れて一番喜びそうなのは誰か? | トップページ | どうも妙な方向に進んでいそうな診療報酬改定 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

この非常に高額な自動車事故、集団で高速道路を制限速度を超えて走っていたことが証明されたら(つか、そうとしか考えられないが)、道路交通法としては「暴走行為」となります。
単独のスピード違反とは違う扱いになり、オーバーになる速度の測定証拠も不要(事故を起こしているので)、罰金も相当高く、ほとんどの場合免許取り消しとなります。
たいへんですねぇ

投稿: | 2011年12月12日 (月) 12時26分

誰も同情してくれそうにない事故w
ちなみにフェラーリつながりでこういう馬鹿もいる

千葉県警野田署は31日、同県野田市中野台鹿島町、
「野田中央クリニック」院長八木禧徳容疑者(59)を
業務上過失傷害と道交法違反(ひき逃げ)の疑いで逮捕した。

調べによると、八木容疑者は31日午前11時30分ごろ、
同市中野台の市道で、水道管工事に伴う交通整理をしていた
男性警備員(19)
をはねて左ひざに軽傷を負わせ、逃げた疑い。八木容疑者は、
同市内にある野田中央病院(34床)も実質的に経営しており、
事件当時は、クリニックから中央病院に向かう途中だった。
八木容疑者は警備員の指示でいったん停車したが、突然車を
発進させた。
調べに対し、「人をはねた認識はない」と容疑を否認。
「自分で判断すれば、交通整理になど従う必要はない」と
話しているという。
(読売新聞、2006年2月1日)


スタンドでフェラーリ洗車後、店員はねる 容疑の医師逮捕 千葉・野田市 2011.12.12 00:36

ガソリンスタンドで高級外車のフェラーリを洗車した後、
店員をひき逃げしたとして、千葉県警野田署は11日、
自動車運転過失傷害と道交法違反の疑いで、千葉県野田市
中野台鹿島町、医師、八木禧徳(よしのり)容疑者(65)
を逮捕した。
同署によると、八木容疑者は「ぶつけたのは確かだが、
救急車が来るということなので、大丈夫だと思って帰った」
と供述している。

 逮捕容疑は、同日午前10時55分ごろ、同市つつみ野の
ガソリンスタンドでフェラーリを洗車。終了後にバックした際、
後ろで誘導していた男性店員(23)をはねて逃走したと
している。男性は左足に軽傷を負った。

 調べによると、八木容疑者は店員をはねた後、いったん下車。
店員の様子を一見して、「私は医者だが、見たところ大したこと
ない」などと言い、店員が止めるのも聞かず、そのまま立ち
去ったという。

野田中央クリニックの医師・八木禧徳容疑者は午前11時ごろ、市内の
ガソリンスタンドで洗車した後、バックする際に誘導していた男性店員
に接触して軽いけがをさせ、そのまま走り去った疑いが持たれています。
接触事故直後に店員が制止したにもかかわらず走り去ったため、警察が
行方を追っていたところ、約2時間後に弁護士とともに警察署に出頭して
きました。警察の調べに対し、八木容疑者は「自分は医者なので、大した
けがではないと思った」などと供述しているということです。
また、八木容疑者は無免許とみられ、警察は合わせて調べを進めています。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

投稿: aaa | 2011年12月12日 (月) 13時14分

ケチなスピード違反(23kmおばー)でゴネたら正式裁判になって有罪判決喰らって反則金15000円が罰金15000円になった上6年以上経ってから厚労省から県の医事課経由で裁判の抄録提出しろって言われてウィークディに検察に取りに行くハメになったオレに謝れ!>フェラーリつながりでこういう馬鹿

投稿: 10年前にドロッポしました。 | 2011年12月12日 (月) 16時14分

一説によればフェラーリは洗車機で洗っていたという噂もあるようですね>フェラーリつながりの人。

投稿: 管理人nobu | 2011年12月13日 (火) 09時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519753/53447792

この記事へのトラックバック一覧です: 今日のぐり:「さぬきうどん 庵」:

« 2ちゃんねるが潰れて一番喜びそうなのは誰か? | トップページ | どうも妙な方向に進んでいそうな診療報酬改定 »