« 読売vs自由報道協会 新たな遺恨が勃発 | トップページ | 医師優遇税制(笑)も時代に合わせた改訂が必要かも知れません »

2011年10月30日 (日)

今日のぐり:「お好み焼き どん」

チリの落盤事故から生還した作業員がこういう証言をしているといいます。

空腹極限に達し「仲間食べること考えた」 チリ落盤事故の作業員が告白(2011年10月12日産経ニュース)

 チリ鉱山落盤事故で地下に約70日間閉じ込められた作業員33人が救出されてから13日で1年を迎えるのを前に、作業員の1人が国営テレビなどが制作した番組に出演し、地下生活で空腹が極限に達した数人が、最初に死亡した仲間を食べることを考えていたと告白した。地元メディアが11日までに伝えた。

 事故は昨年8月5日に発生。33人は地下約700メートルに閉じ込められ、探索用のドリルが届くまでの17日間は、地下避難所に残っていたツナ缶を2日おきに小さじ2杯ずつ分け合ったり、油まみれの汚れた水を飲むなどして生き延びていた。

 告白したのは33人の一人、サムエル・アバロスさん。アバロスさんは「誰が最初に死ぬかは運だった。(33人は)順番に死んでいく。動物と同じだ」と証言した。(共同)

極限状態からの生還と言えば南米では1972年のアンデスへのウルグアイ空軍機墜落事故が有名ですが、とにもかくにもこうした証言を行えるようになったということ自体が事故のダメージから脱却しつつある課程を示しているということなのでしょうか。
本日は奇跡の生還を果たした作業員達に敬意を表して、世界各地から食べるということにまつわる数々の話題を紹介してみたいと思いますけれども、まずは先日ちょっとした話題になったこちらのニュースから見て見ましょう。

2ちゃんねるの県名表示の愛知県の扱いが酷い! 「味噌県」って……(2011年10月12日ガジェット通信)

『2ちゃんねる』の一部の板(掲示板)では、書き込んだ人のホストから県名を特定し、県名を名前欄に表示するようになったのだが、それを遊び半分でいじった運営側が愛知県民を小馬鹿にしていると話題になっている。東京なら「(東京都)」、静岡なら「(静岡県)」と「名無しさん」の後に県名が表示されるのだが、なんと愛知県の県名表示が「(味噌県)」になっているのだ。味噌県って……。これは言わなくてもわかるだろうが、名古屋の味噌料理のことを指しているのだろう。

ほかにも香川県は「(うどん県)」となっていたり、こういった県名表示が原因で煽り合いにもなったりする。スレッドの流れが愛知県叩きや香川県叩きといった、一部の地域の人を叩く流れになるのはしばしばあること。それに加えて今回の(味噌県)や(うどん県)は「多少悪ふざけが過ぎる」との声や、「すべってますよ」と指摘を受けているが、一方ではどうせなら県名表示じゃなくて名物表記にした方がウケるのではという意見も出ている。

ほかにも(庭)や(禿)といった県名(?)表示がある。それぞれ何を指すのかなんとなく分かるのが悔しい! ネットスラングから取ってきてるのね。

っていうか名古屋の人ってそんなに味噌食わない。これガチで。日常口にするものって味噌汁程度で、味噌カツなんか滅多に食べないし名古屋生まれの記者は味噌カツ嫌いだし……。これが真実である。都市伝説の中でも酷いのはパンに味噌を付けるという噂。そんなもの気持ち悪くて食せない。

まあこういうネタにマジレスというのもどうなのかですが、ちなみにこの種のスラングとして有名なものに「うどん県(=香川県)」というものがあって、名古屋県と違ってうどん県の方では県観光協会が「うどん県に改名しました」なんて特設ページを開設するほどの入れ込みようだと言いますから恐れ入ります(ここの動画がまた無駄に気合いが入りすぎと言いますか…)
お隣韓国からはこんな妙な食べものが存在していて、しかもそれが外国で話題になっているというニュースが出ているのですが、まずは記事から紹介してみましょう。

韓国の『意味不明』ジャンクフードが海外で話題に/韓国(2011年9月29日秒殺サンデー)

韓国で売られている謎のジャンクフードが、海外のサイトで受けている。このジャンクフードはアメリカ人が好きなバターを揚げたわけでもなく、コーラを揚げたわけでもなさそうだが、アメリカ人が大好きそうなアレを固めたたべものらしい。さらにその中心部にはこれまたアメリカ人が大好きなものが入っているというダブルジャンク形式だ。

その中身とは、そうフライドポテトにソーセージをくるんだ食べ物。ジャンクファンなら大喜びしそうなこちらの料理は韓国で売られていたそうだが、見た目はアメリカンドッグのような印象を受ける。果たして味はいかがだろうか。

おそらくポテトの味とフランクフルトの味をミックスさせた味に違いないだろうが、ジャンクフードが大好きなアメリカ人は、あまりの画期的な料理に驚きを隠せない様子。これならば近々アメリカでも商品化されることは間違いない?

―アメリカ人の反応

・どんな味がするのだ
・これ韓国で1ドルで売っていました
・なんという人種差別だ!
・アメリカ人である我々がこれを発明出来なかったのは恥ずかしことです
・こちらにレシピがあるようです
・韓国で受賞されるべき料理です
・コレステロールが凄そうだ
・本当のアメリカ人ならば、フランクフルトの周りにベーコンを巻く
・韓国はアメリカよりもアメリカンな料理を生み出した
・欲しい
・これは凄い!美しい
・韓国料理で一番おいしそうじゃないか。
・韓国で今まで発明した中で一番の産物だ
・次はアイスクリームでやれ、いらないけど
・オスカーがアイディアを盗みに来るぞ
・韓国でNO1料理間違いなし

日本でも縁日やお祭り会場で売ればある程度集客できそうだ。
商品化も近いか

リンク先の写真を見ていただければ確かにヤンキーの好きそうなこの不思議な食べ物の状態がおわかりだと思いますけれども、これはオリジナルの方は塩味ベースなんでしょうか、ヤンキーならケチャップ、日本人ですとソースなどつけたくなりそうな気もしますけどね。
ちなみに以前に中国のガソリン大好きというおじさんを紹介しましたが、さらに韓国のお隣北朝鮮ではこういう妙な名物料理もあるそうです。

こんなもの食べました(ハマグリのガソリン焼き)@北朝鮮(2009年10月19日お宝発見!体験型異次元空間)

龍岡温泉というか南浦名物《ハマグリのガソリン焼き》。南浦はアサリやハマグリが名産で、ここで獲れた貝が日本に輸出されていた。
ムシロを敷き、砂出しをしたハマグリの尻を上にして、隙間なく並べる(あればハマグリの外周に石を隙間なく置く)。
ペットボトルにガソリンを入れて、小さい穴が開いた蓋をする。ハマグリ全体にガソリンをかけて点火する。途中、切れ目なくガソリンを注ぎ入れる。
食べものに直接、ガソリンをかけるのって!

動画はコチラ;http://www.youtube.com/watch?v=oGTgy-NQFm0

ゴォ~ッ!!!
?????K?????A???o?n???Ω?????¶?Ω???}?????¨?B燃料がガソリンなので火力が強い。そのため貝が開くことなく息絶えるので、貝の中にガソリンが入ることはない(逆さまにしているし)。
バターナイフのようなもので貝をこじ開ける。既に半開きのものは中にガソリンが入ってしまっているので食べられない。
ハマグリはほどよい塩分があるため、何もつける必要はない。身が大きくプリプリで美味しい!北朝鮮産焼酎との相性はバッチリ。
不思議なことに、ガソリンの匂いも味もしないのだ。

宴のあと
使ったハマグリは10kg(1kg=千円)。
どんだけ贅沢な宴じゃ~!
・・・って、ガイド兼通訳兼監視員も運転手もガン食いするってどうよ???

リンク先の写真などをご覧いただけるとその不思議さは一目瞭然ですが、ガソリン臭くしないために一度に多量をぶっかけず、燃えていく端からちびちびとかけていくのがポイントなんでしょうが、なにより貴重品であるはずのガソリンをこんなことに使って!というあたりが一番の贅沢なんでしょうか?
食と言えば中国四千年の歴史がものを言うのは当然ですけれども、その素晴らしき斜め上方向への逸脱ぶりはさすがに期待に違わないという水準にあるようで、先日はこんな記事が話題になっていました。

中国の刀削麺ロボが進化しまくりでアツすぎる! ウルトラマンだけじゃない、ターミネーター、イケメンもいるぞ!!/中国(2011年10月16日ロケットニュース24)

麺の塊を専用包丁で削りだしてゆでる刀削麺(とうしょうめん)。モチモチしたうどんみたいな食感の中国の麺料理だ。

麺を均一に削りだすには熟練した職人技が必要だ。だが、職人技を持たない人でも、いつでもどこでも手軽に刀削麺を作ってくれるロボットが開発されていたのをご存知だろうか。過去にウルトラマン刀削麺ロボが話題となったこともあったが、現在、とんでもなく進化していることが判明した。代表的なものをご紹介したい。

【ウルトラマン】
元祖刀削麺ロボ。中国国内の特許を取得しているそうだ。コロンとデフォルメされたウルトラマンフェイスに確かな技と物珍しさで一斉を風靡(ふうび)した。

【イケメンシェフ】
ウルトラマン刀削麺ロボの後継機。イケメンフェイスがキラリと輝く大人な雰囲気の一品。

【ピノキオ】
可愛らしいものがお好きなあなたに。

【ネコのおまわりさん】
遠いところを見つめてひたすら麺を削るネコ。若干気味が悪いが、短めの麺が好きな方にお勧めだ。

【アイドル】
右手にマイク、左手に刀削麺、歌って踊って麺も削っちゃうぜ! 顔が機械むき出しのなのは気のせいだぜ!

……などであるッ。デフォルトとしては右手にナイフ左手に麺の塊、そして稼働中は目もしくは体の一部が光る仕様となっているようだ。人型である理由は不明だが、目立つことは間違いない。

ロボは面白いだけではない、職人と麺削り一本勝負を行ったところ、何とロボの方が削り出した麺の量、質ともに人間に勝ってしまうという結果まで出たのである。

なお、ネットユーザーは

「スゲェ!」
「人件費かなり浮くなぁ」
「ウケる(笑)」

と興味津々な一方、

「こんなフザけたものに刀削麺職人が追われるなんて」

と悲しみの声も出ている。

ちなみに気になるお値段は通販サイトタオバオによると8000元(約9万6000円)~とのことだ。
実はハイクオリティな刀削麺ロボ。日本に上陸する日は来るのだろうか。

その素晴らしきパチモノ…もとい、オリジナリティーあふれる造形の素晴らしさはリンク先の画像の数々を見ていただくとして、このクオリティーの高さには当の中国人ですら受けるというほどのようですが、実際の作業風景を見てみるとこの凝った造形には全く意味がないような気もしないでもないですよね。
さらには先日以来すっかり彼の地でのネット住民の注目を集めているのが中国製の駅弁だというのですが、まずはこちらの記事を一読していただきましょう。

いつまで経っても腐らない?!ありえない駅弁が話題に=検査結果は「異常なし」―中国(2011年10月17日レコードチャイナ)

2011年10月16日、東方網は、「品質保持期限6カ月」という異常な長さで話題となった中国高速鉄道駅弁問題についてとりあげた。専門機関が検査したところ、細菌量などに異常は見られなかったという。

先日来、話題となっているのが中国高速鉄道で販売されている駅弁だ。ご飯と肉、ジャガイモ、タマゴなどが入ったオーソドックスな弁当だが、なんと品質保持期限は6カ月という長さ。しかも「防腐剤無添加」で常温保存が可能だと表示されている。「これはありえない」「なにか問題やウソがあるのでは」と話題になった。

10月8日、上海市閔行区疾病予防管理センターの検査結果が明らかとなったが、特に問題はなかったという。なぜ品質保持期限がこんなにも長いのか。誰もが気になるところだが、製造メーカーは企業秘密だとして回答を避けた。

上海海洋大学食品学院院長、上海市食品学会副理事長の王錫昌(ワン・シーチャン)教授は、缶詰の要領で真空状態で密閉されているため、長持ちすると分析している。弁当は普通のプラスチック製容器に入っているように見えるが、それでこの品質保持期限を実現したのは驚きの技術力といったところだろうか。なお、味については「まずい」という声が圧倒的なようだ。(翻訳・編集/KT)

あちらのBBSでは日本の駅弁の1000倍も長持ちするこの素晴らしい中国文明の成果に関して大いに盛り上がっているようですが、逆にこの一件も関係してか今度は日本の駅弁に関する話題も妙に盛り上がっているということです。
昨今では男だろうが料理の一つもこなせなければお声がかからないという時代ですが、遠くオーストラリアでは幼児期から英才教育をしているということです。

肉まんもカツレツもへっちゃら、幼児のための料理教室が盛況 シドニー/豪(2011年10月5日AFP)

【10月5日 AFP】オーストラリア・シドニー(Sydney)のとある料理教室。生地をこねたりレモンをしぼったり、せわしなく動き回る子どもたちの喧噪のなかで、ルカ君は卵を割り、殻を使って黄身と白身を器用に分けている。

 これが弱冠3歳による手さばきかと、一瞬目を疑う。ルカ君は子どもたちにお菓子やおいしい料理の作り方を教えるクッキングスタジオ「リトルスプーンズ(Little Spoons)」の土曜朝クラスの常連だ。

「ルカは料理が大好きなの」と、母親のマデリンさんは話した。「料理に興味があるようだからここに連れてくることにしたのよ」

 マデリンさんにとって、リトルスプーンズは料理を作って食べるだけの場ではない。混ぜたり転がしたり形を作ったりといった動きを通じて運動能力を磨くことができ、測定や数量や衛生について学ぶこともできる。他の子どもたちと一緒に作ることで社会性も身につけられる。「ここは一生役立つライフスキルを会得する場です」とマデリンさん。

■大人顔負けのメニュー

 リトルスプーンズの生みの親は、2人の子を持つリサ・キャンベル(Lisa Campbell)さんだ。料理への情熱と「家庭に優しい」時間帯で働きたいという2つを両立させるべく、2009年にIT企業を退職して起業した。もっとも多い年齢層は8歳から12歳だという。

 リトルスプーンズの理念は、子どもたちに楽しい環境の中でヘルシーな食習慣を学んでもらうことだ。

 ビーフのブルゴーニュ風パイ、アップルガレット、ムーンケーキ(月餅)など、家庭でも作れるような料理がメイン。幼児クラスでは鶏肉のカツレツや肉まんなどを作るが、もう少し年上になると、ベトナム風イカのシーフード詰めやカンガルー肉のたたきの串刺し、チョコガナッシュ、ラベンダークリームを添えたラズベリータルトなど、手の込んだ料理に挑戦することができる。

 なお、子どもの健康を考え、どの料理にも塩は使わず、バターや砂糖の量も大幅に減らしている。また、幼児クラスのテーブルの上には鋭い刃物は置かない。包丁の正しい使い方も教えるという。

 同様のクッキングスタジオを経営している男性は、小中学校のカリキュラムから家庭科の授業がどんどん減り、夕飯を作る余裕のない子持ちのワーキングマザーが増える中、子ども向けクッキングスタジオに商機を見たと話した。

ま、オーストラリアもブリ文化圏だから食の方面では…などと言いつつ相当に本格的な料理に挑戦しているようですが、しかし日本でも子供に何でも危ないと言うあまりに鉛筆一つ満足に削れなくなったとひと頃話題になりましたけれども、こういう料理にしても子供の頃からきちんと基本を教育していくことは大切なことなんだろうなと改めて思いますね。
お次はアメリカから文字通り人生最後の食事に関して、少しばかりもの悲しくなってくるような話題です。

死刑囚の「最後の食事」の特権廃止、大量注文も食べずの例で/米(2011年9月24日CNN)

 米テキサス州政府は24日までに、刑の執行を直前にした死刑囚に与えられる最後の食事のメニューを選択する権利を廃止すると発表した。今後は他の服役者と同様のメニューが提供される。

この特権廃止は、今月21日に刑が執行された死刑囚が大量の食事を注文したものの、結局食べるのを拒否し、無駄になった例を踏まえた措置。同州議会の犯罪正義委員会のウイットマイアー委員長(民主党)が、死刑囚が犯した犯罪の犠牲者にはこのような慈悲を与えられなかったなどとして廃止を求め、必要なら法的措置に訴えると主張していた。

州の矯正施設行政当局によると、21日に刑が執行されたブルワー死刑囚(当時44)は最後の食事として、オニオンスライス添えのグレイビーソースで蒸し焼きにしたチキンステーキ2皿、ミートパテ三段重ねのベーコンチーズバーガー、チーズオムレツ、ケチャップをかけたボウル山盛りのオクラフライ、(メキシコ料理の)ファヒータ3品、ブルーベルのアイスクリーム、白パン半斤付きのバーベキューを注文。さらに、クラッシュドピーナツバターがかかったピーナツバターファッジ、ピザ、ルートビール3本も求めていた。

同当局は、ウイットマイアー委員長の主張に理解を示し、メニュー選択の特権を即時撤廃するとの声明を22日に出した。

ブルワー死刑囚は1998年に起きた、人種差別絡みの殺人事件に関与したとして死刑判決を受けていた。

一般的に考えてこの状況でこれだけのごちそうを食べられると言えば相当な筋金入りでしょうし、そういう人間にわざわざ温情をかけるのもどうかという判断があるのやも知れず、またどこの国でも財政上厳しい折に仕方のない判断なのかも知れませんが、願わくは現場の判断ででも高くつかない範囲での最後の希望くらいはなるべくかなえてやって欲しいものだと思いますね。
フランスと言えば日本でも近年レストランのガイドブックが発売されているように食に関しては一言あるお国柄ですが、そのフランスで妙なルールが出てきたということです。

フランスの学校食堂でケチャップ禁止令 米国に反/仏(2011年10月11日産経ニュース)

 米紙ロサンゼルス・タイムズによると、フランスはこのほど、全国の学校の食堂でフレンチフライ(フライドポテト)以外でのケチャップ使用を禁止した。

 脂肪の多い食事を減らし、野菜をもっと増やすことを狙った規則の一部だが、ケチャップ好きの米国に反発し、フランス伝統の食文化を守ろうという意識もある。

 ルメール農業・食料・漁業相は「フランスは世界の食のお手本であるべきだ」と話している。(共同)

ご存知のようにアメリカ人にとってのケチャップとは日本人にとってのソースやマヨネーズなどと同様に国民的調味料とも言えるものですが、さすがに基本的な味覚の部分で外国の味に染まってしまうことは食文化を誇る国として甘受できなかったということでしょうか。
最後に控えますのはご存知ブリですけれども、世界に先駆けてこんな研究成果が発表されたとニュースになっています。

りんごは炭酸飲料よりも歯に悪い / 英国メディアが報道/英(2011年10月13日ロケットニュース24)

りんごは炭酸ドリンクよりも歯にダメージを当たる可能性が高いようです。英国メディア「Mail online」によれば、りんごを食べることは、炭酸ドリンクを飲むよりも4倍歯に悪いとのことで、今回の研究を行った、英キングス・カレッジ・ロンドンのデンタル研究所、David Bartlett教授は、「(大切なのは)私たちが、それを(りんご)どのように食べるかだ」と述べています。

以下がDavid Bartlett教授の見解です。

「医者が述べるように、りんごを食べることは、良いことですが、もし、ゆっくりとりんごを食べるなら、その高い酸性レベルは、あなたの歯にダメージを与えることがあります。しかし、『歯を削るのでは?』 と囁かれる、例えばコーラなどは、さらなるリスクは発見されませんでした。つまりは、強い酸性が含んでいるかが重要な指標になるべきでしょう」

また、別の研究でも新事実がわかったようです。それが以下の2点です。

・りんごを食べた人は、歯質にダメージを与える可能性は3.7倍高く、一方、炭酸ドリンクを飲んだ人は、さらなるリスクはなかった。
・フルーツジュースは、エナメルにダメージを与える可能性が4倍、一方、酸性であるビールは、歯質損傷の可能性は3倍だった。

これはつまり、りんごが炭酸飲料よりも歯に与えるダメージが大きいことをあらわしています。

栄養士のGlenys Jones医師は、「果物は酸性であり、明らかに砂糖を含んでいる。しかし我々は、果物やフルーツを摂取させないように仕向けているわけではない。要するに、どう食べるかが大切であり、例えばカルシウムを含んだ、牛乳や1切れのチーズと一緒にりんごを食べるといいだろう。一緒に食べることで、酸を中和させてくれるからだ。また、リンゴを食べた後にすぐに水を飲むことも良い」と述べています。

さらにGlenys医師は「フルーツジュースを飲む場合はストローを用いること」、「食べる前に歯を磨くことも」、歯を守るために良い方法だと推奨しています。

意外に果物が歯に与えるダメージが大きい一方で、コーラなどは歯に関してはそこまででもないのだというのは少しばかり意外な結果と言えそうですが、しかし記事から見る限りでは昔から言う「甘いものは歯に悪い」というのは誤りで、実は酸性度の方がよほど重要な問題だったということですよね。
確かに齲歯の発生機序を考えると酸による蚕食がよくないのだろうなとは思えるのですが、深読みすればブリであるにも関わらずリンゴだコーラだとどうでもいい話にばかり終始しているといるというのは、やはり一杯のお茶の与える有害性は公開をもはばかられるようなレベルのものであったということなんでしょうか。

今日のぐり:「お好み焼き どん」

お好み焼きと言えばわざわざ食べに行くなら広島風という人間で、あまり関西風を食べに出かけるということはないんですけれども、たまに行くとなるとお邪魔するのがこちらの「どん」です。
一応は新幹線も止まる新倉敷駅から近いと言っても、なにしろ裏通りも良いところでとても通りすがりのお客が入るようにも見えない立地なんですが、相変わらず昼食時には行列待ちが出来るくらいの繁盛ぶりを続けていらっしゃるのは大変なものだと思いますね。
こちらは一般的な広島風のお店と比べると値段もわりあいリーズナブルなんですが、ベーシックなお好み焼きだけですと物足りないという向きにはモダンや大盛りを頼んでもいいし、焼きそばなどを追加してみてもいいのかも知れませんね。

というわけで今回は豚玉を基本に焼きそば、焼きうどんなどもつまんでみたのですが、まず味の中心となるソースが関西風としてはかなり甘口なんでしょうけど、おたふくソースなどの味になれるとやはり辛口なんだなと感じるのは自分でも驚きましたね(苦笑)。
ここはソースも特に当店のソースは特別製で云々と銘打っているわけでもなく、素材などもそれほど凝っているようにも思わないのにお好み焼きとしてはちゃんとうまいというのは、結局生地や焼き具合のバランスがいいんでしょうね。
関西風ですから自分で焼くことも可能ですが、親父さんが豚たまを焼く手順を見ているのも面白いもので、相変わらずざっくり切ったキャベツの食感と厚切りのかりかりに焼いた豚肉、そして柔らかめのふわとろ生地の食感の組み合わせがこちらの特徴なのかなと思います。
ただ親父さんも時折焼きながら気にしている気配がありますけど、ざっくりが過ぎて乱雑な切り方になっているキャベツが時折混入して食感を損ねているのは裏方がどうなのかと気になるところで、鉄板の上でコテでキャベツを刻むというのもシステムとしてどうなのよですよね。
おそらく誰でもうまいと感じるお好み焼きと比べると焼きそばや焼きうどんはさほど感銘を受けるほどの味でもないと言うのでしょうか、ややくったりしすぎな野菜の炒め加減といい、そもそも使っている麺自体がどうなのよという食感といい、お好み焼きのレベルには及んでいないかなという感じなのはちょっとばかり残念でしたね。

ちなみに以前は親父さんが一人で焼いていたようでしたが、この日はヘルプも入って二人態勢のフル稼働で鉄板もほぼ全面を使っている、それでも開店直後にも関わらずあっという間に行列待ちのお客が出るのは人気店の証かなと感心するのですが、しかしこんな何でもない田舎の小さな店(失礼)で老若男女これだけ客が入るというのは珍しいなあとつくづく思いますね。
以前に来た時も思ったのですが平素から調理の大部分は親父さん一人で切り盛りしているような状態らしく、フロアにまで目が行き届いていないせいかちょっとスタッフの質が統一されていない感じがするのは気がかりな点で、繁盛店だけに小さなお店に大勢お客が来て大変だとは言え、接遇はもとよりキャベツの件などを見てもスタッフ教育を一度練り直した方がいいんじゃないかなと言う気もします。
何にしろお好み焼きの味を見ても親父さんの腕に依存しているところは大きいんだと思いますが、さすがに毎日これだけハードワークですと色々と心配にもなってきますから、そろそろいい跡継ぎでも登場してくればいいんでしょうけどね。

|

« 読売vs自由報道協会 新たな遺恨が勃発 | トップページ | 医師優遇税制(笑)も時代に合わせた改訂が必要かも知れません »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!タオバオ新幹線の景です、冬ですから、キーボートを打つ時、手が寒くなりました、でも、新幹線は相変わらず、忙しくて、熱いです、今、国際送料50%オフしています、http://www.facebook.com/?sk=inbox#!/taobaoshinkansen

投稿: 景玉娟 | 2011年12月 6日 (火) 19時39分

こんにちは!タオバオ新幹線の吴です、中国は寒いですね、でも、タオバオ新幹線は相変わらず、忙しいです、国際送料半額中です、詳しくこちらへどうぞhttp://www.taobaoshinkansen.com/price.html

投稿: 吴婷婷 | 2011年12月11日 (日) 19時03分

タオバオ:http://jpdaikou.rigouwang.com
タオバオ 代行:http://jpdaikou.rigouwang.com
taobao:http://jpdaikou.rigouwang.com
taobao代行:http://jpdaikou.rigouwang.com
中国オークション:http://jpdaikou.rigouwang.com
中国 仕入れ:http://jpdaikou.rigouwang.com
淘宝網:http://jpdaikou.rigouwang.com
中国代行専門店は豊富な中国通販サイトをまとめて、中国代行、タオバオ(taobao)代行、中国オークション,日购网.comは中国仕入れの商品代行、業界最安の中国代行専門店です、手数料など代購費用は業界最低で保証致します.

投稿: 中国 代行 | 2012年7月 2日 (月) 10時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519753/53117501

この記事へのトラックバック一覧です: 今日のぐり:「お好み焼き どん」:

« 読売vs自由報道協会 新たな遺恨が勃発 | トップページ | 医師優遇税制(笑)も時代に合わせた改訂が必要かも知れません »