« 今日はなぜか農業の話です | トップページ | 今日のぐり:「創作沖縄料理ちゃちゃぶー 大供店」 »

2011年10月 1日 (土)

フジテレビ問題 常に基本に立ち返らなければ迷走しかねません

危惧されたようにどうも先日以来のフジテレビの偏向報道に対する反対活動が妙に曲解されているというのでしょうか、妙な右翼団体が絡んでいることでおかしな難癖をつけられている側面があるようです。
そもそもマスコミの偏向報道に対する抗議であったものが何故か反韓流などと(主にマスコミ関係者によって)言われていることもその一つですが、先日はとうとう「モテナイ君とか不細工な男の怨念て凄い」「韓流を見習えばいい」などとトンチンカンなことを言い出す人まで登場したようです(苦笑)。
以前からマスコミのあり方に対する危機感を募らせてきた挙げ句に今回の実行動に至った多くの真面目な人々にすれば、日本語による意思疎通の限界を感じて嘆息する思いなのでしょうが、興味深いことに実際にはデモ参加者は「モテナイ君」どころではなかったという奇妙な報道が出ています。

デモは出会いの場と化した!!? フジTV抗議デモ主催者に女性トラブル続発中(2011年9月27日EXドロイド)

巨大掲示板「2ちゃんねる」を中心に広がった、フジテレビの韓流ゴリ押しに抗議するデモ活動。東京・お台場のフジテレビ社屋周辺や、フジの主要スポンサーの一つである花王の本社前などでデモ活動が展開され、海外メディアにも取り上げられるなど注目を集めている。

ところが、デモの運営側に女性絡みのゴタゴタが相次いで発生するという事態が起きている。9月19日、主催者の男性がデモで知り合った女性と結婚を前提に交際していることを自身のブログで告白。「今まで色々な活動で男女間の問題が活動自体の障害になってしまった例を見たり聞いたりしているので、この様な事になった自分にはもう表舞台に立つことは許されない」として、デモの主催から降りることを宣言した。

デモの主催は別の人物に引き継がれたが、今度は新主催者が恋人がいる身でありながらデモで知り合った女性と浮気をしていたことが発覚。女性の書き込みによると、女性側から主催者に近付いたらしく、当初は彼女がいることを理由に断っていたが、程なくホテルに何度も行く仲になったという。

この女性は、自分から誘ったのだから主催者は悪くないと擁護するような発言をしているが、ネット上で関係を暴露するというのは明らかに逆効果であり、デモを支持するネットユーザーの間からは「花王の工作員が仕掛けたハニートラップだ」との陰謀説まで上がっている。

主催の男性は自身のツイッターなどで謝罪を表明し、次回デモを新運営に引き継いで表舞台から身を引くことを宣言した。

1970年代の学生闘争でも、組織内での男女のゴタゴタはつきものだった。「運動に加わればモテる」という理由で学生闘争に身を投じた男子学生も少なくなかったといわれる。右と左の違いこそあれ、フジ抗議デモにおいても同じようなゴタゴタが繰り返されているといえるだろう。

フジテレビ抗議デモはネット右翼(ネトウヨ)が中心となったデモといわれるが、意外にも参加者に20~30代の女性が多いことも、色恋沙汰を引き起こす原因となったと見られる。そして、同じ目的を持ったサークル内において、実力者の男性に引かれる女性が一定数いるということも大きい。あさま山荘事件で知られる「連合赤軍」のマドンナ・永田洋子も、恋人だったメンバー・坂口弘を捨てて、リーダーの森恒夫に乗り換えたことは有名だ

もちろん、そういった女性ばかりではないが、このタイプの女性が確実に存在することも事実。デモの主催などの要職に就けば、どんな男性でもモテるようになると言っても過言ではないだろう。特に若い女性が多いフジテレビ抗議デモは、格好の「出会いの場」「婚活の場」になる。「テレビの内容が気に食わない」という情けないきっかけで発生したフジTV抗議デモだが、出会い系に変貌することで少子・晩婚化が叫ばれる日本の役に立っているとすれば、非常に有意義なデモといえるだろう。(佐藤勇馬)

花王のハニートラップかどうかはともかく、デモの趣旨からしても個人情報保護の観点からしても全くどうでもいい話題かなというのが正直なところで、一読したところ勝手な決めつけばかりで印象操作を試みたかのような内容で、一体これは何の目的で書いた記事なのかという気がします。
面白いのはこの妙な記事を発信しているEXドロイドなる会社、元々をたどっていくと経営陣は軒並み韓国系であったり韓流スターの版権管理を行っていたりで明らかに今回のデモには辟易しているだろうと推測される会社だそうですから、なるほど要するにこれも「情けないきっかけから発生したデモなどしょせん口実で、結局ぶさ夫が女にもてたいだけ」というイメージを植え付けるネガキャンの一貫であったということなのでしょう。
すでにこの偏向報道問題に対しては「本気でメディアを変えたいのであれば働きかける方向性が違う」という指摘もあって、とりわけ花王が取り上げられるというのは明らかに一部の人々が迷走(あるいは、意図的にでしょうか?)しているという気がしてなりませんけれども、他方でこうした動きを受けてマスコミ内部においては「韓国絡みで迂闊なことをすれば大炎上につながるかも…」と警戒する動きは出てきているようですね。
ところが当のフジテレビの方では相変わらず偏向報道という批判を肯定し炎上のネタを提供しているとしか思えないような行動に終始しているというのですが、その一例として先日問題となったACLでの一幕を紹介してみましょう。

C大阪怒り心頭 スタンドの「大地震をお祝い」横断幕に抗議/韓国(2011年9月27日スポニチ)

ACL準々決勝第2戦  C大阪1-6全北 (9月27日  全州)

【写真】スタンドに掲げられた横断幕

 全北のスタンドに心ない言葉が書かれた横断幕が掲げられ、C大阪側が抗議するハプニングがあった。

 「日本の大地震をお祝い(し)ます」などと東日本大震災を中傷する内容で、C大阪側の指摘を受けて前半途中に撤去されたものの、C大阪関係者は怒り心頭だ。

 ベルギー1部リーグではリールセの日本代表GK川島がゲルミナル・ベールショットのサポーターから「フクシマ」と連呼されて問題になったばかり。C大阪側は試合後、AFCに抗議文を提出した。

ご存知のように先日はベルギーリーグで川島選手に「カワシマ!フクシマ!」という心ないヤジが飛んだことが大問題になった後だけに、またぞろこういうことをやってしまうというのもどういう考えなのかですが、この件に関しては当然のことながら全北からの謝罪もあり、当該サポーターには10年間の観戦禁止処分が下されたことで公式には一定の決着を見ています。
ただこのスポニチの写真入り報道を受けて韓国内では様々な意見で紛糾していて、特に一部韓国メディアが「周囲の観客の顔を露出させたのは特定の人格を毀損する素地がある」と言う主張を行ったということを周知頂いた上で、フジテレビによる下記の報道を御覧いただければと思います。

【参考】【動画】FNNスーパーニュース 9月28日 中傷する横断幕

韓国内での上記報道も伝えていることから知らなかったわけではないことは明白ですが、スポニチの写真と比べていただけると判ります通り「周囲の観客の顔を露出」させないように巧妙な配慮が行われているのがお判りかと思います。
まさに韓国紙の言う通り、今の時代にこの種の露出は別な問題を引き起こしがちであることは明白ですからこうした配慮?を行うこと自体は別に構わないのですが、問題は同じ報道内で取り上げられている川島選手の事件のシーンでは観客の顔を隠すそぶりもなく丸出しにしているということで、ここでも以前から指摘されている「フジテレビによる韓国に対する特別の配慮」を垣間見ることが出来ますよね。
このあたりの特別な配慮の存在を推察させるもう少し別な話ということで、先日これもフジテレビの番組内で発生したハプニングについても取り上げてみましょう。

笑っていいともで皆藤愛子失言!? 仰天の旅行エピソードで愛ちゃん大ピンチ(2011年9月28日サーチナ)

  フジテレビ「めざましテレビ」の元お天気お姉さんで、現在はキャスターも務める皆藤愛子が、「笑っていいとも!」(フジテレビ系列)の番組中にて発言した内容が注目を浴びている。

■リアルライブ - サーチナ・トピックス

  問題の発言は9月27日に放送された番組内の人気コーナー、「中居正広のまさかのオールYES」にて。このコーナーにゲスト出演した皆藤は、「タクシーで怒ったことがある?」という質問に「YES」と回答。

  「外国でタクシーに乗った時に、行き先と違う知らない道、人気のない暗い所に連れて行かれてしまい、途中で『降ります!』って怒って降りました
と、海外旅行でタクシーを使用した際に遭遇したアクシデントの話をした皆藤。母親と二人で利用したそうだが、雨の中タクシーがどんどん違う方、それも暗い所に行くので彼女はドアをガチャガチャ動かしたりして抵抗したらしい。皆藤はその時の印象を「怖かったですね」と述べていた。

中居が「どこの国ですか?」と質問した所、皆藤は「韓国です!!」と答えた。これには流石に中居にタモリも苦笑い。他の出演者も答えに詰まっていた

  というのも、この日のテレフォンショッキングのゲストは人気K-POPグループの東方神起。また、彼女の出演している「めざましテレビ」でもK-POP情報の紹介は人気のコンテンツ。韓国のイメージダウンに繋がりかねない皆藤の発言に、視聴者からも「こんな事言っちゃって大丈夫?」と彼女を心配する声が上がっていた。

  とはいえ、海外旅行にトラブルはつきもの。日本人は特にトラブルに遭いやすいと言われているし、それが非力な女性ならば尚更だ。彼女の経験談は、楽しいだけが海外旅行ではない、海外ではもっと身の危険に対して注意をすべきという事を伝えるキャスターならではの良い発言だったと言えるだろう。

  彼女の発言にこれからも注目していきたい。(情報提供:リアルライブ)

実際の動画を見て頂ければ判る通り、単に仕切り役の中居氏の周囲の投げかける質問に答えていただけで何が問題なのかと思うのですが、当日のゲストが韓国人グループであったり彼女の担当番組で韓流ネタを取り上げられているといったあたりが「表向きには」問題視されているようです。
ちょうど先日も一人でミャンマーを旅行中の女性がタクシー運転手に殺害されるという事件が起こったばかりで、どこの国でも一定の確率で発生しうる残念な事件の一つなのではないかと思うのですが、フジテレビと韓国ネタということで多くの人々が注目したということも関係あるのでしょう、あっという間に韓国内にも知られるようになりました(よく知られている通り、韓国メディアは日本のネット発の話題をよく取り上げる傾向があります)。
せっかく韓国からゲストが来ているところにこういう発言をするとは一般常識からしてもちょっと不用意だったとは言え、あくまで話の流れで出ただけのことですから別にそこまで大騒ぎするような話でもないと思うのですが、面白いのは放送が終わった後に何やら不穏な一幕があったという妙な噂が急速に拡散しているようなのですね。

皆藤愛子さん番組終了後に在日社員からビンタ?(2011年9月29日ぶっとびニュース)より抜粋

皆藤愛子さん“笑っていいとも”の「生番組放送中での発言」です。この発言は打ち合わせなしの本音でしょうね。

 そしたら皆藤さんは、番組終了後に在日の社員からビンタを喰らったと書き込まれ、ご丁寧にも証拠写真と思われる「手ぬぐいで頬を抑える皆藤さん」の画像まで公開されています。もし、これが事実なら、フジテレビでは露骨な言論弾圧が堂々と行われているという証拠になるでしょう。
(略)

実際のところそうした行為があったのかどうかソースがはっきりしませんし、公開された写真なるものを見る限りでは「番組出演時と服や髪が違う」とか(確かにこちらは本放送用の格好とは思えません)、顔を叩くにしては紙袋を持っているのは不自然だとかいった指摘もあり、個人的にはどうも全く無関係な画像を利用しての便乗ガセネタなのではないかなという印象を受けています。
とはいえ、こうしたちょっとした配慮を欠いたうっかり発言で済むはずの話が前述のように大々的に取り上げられる、そしてどこででも起こりえる話であるにも関わらず「仰天の旅行エピソード」「大ピンチ」などと言われてしまうというのは、要するにマスコミ他社の間においてもフジテレビでうっかり韓流を批判するような発言をした者は干されるという認識が常識化しているということを示すものでしょう。
実際にこの件に関して皆藤愛子氏に何らかの処分なり叱責なりがあるものか(それとも、すでにあったのか?)は判りませんけれども、この程度の話題にすらそこまで気を遣わなければならないのだとすれば、そんな言葉狩りのような行為が健全なマスコミのあり方であり正しい日韓関係のあり方と言えるのかということですよね。
フジテレビに対する抗議は妙な勢力の乱入によっていささか混乱を来しているのは事実だとは言え、本来的に見れば決して反韓流などといった性質のものではなく、むしろ隣国との間に正常な善隣関係を構築していく上で有害無益な障壁を排除することにもつながるのだと、関係者一同はもう一度しっかりと基本をおさらいしておくべきなのでしょう。

|

« 今日はなぜか農業の話です | トップページ | 今日のぐり:「創作沖縄料理ちゃちゃぶー 大供店」 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

注:朝鮮日報は韓国で最も長い歴史と最大の発行部数を誇る最有力メディア

http://image.chosun.com/sitedata/image/201109/30/2011093000460_0.jpg
▲今年1月、アジア杯日本戦でキ・ソンヨンがゴールを入れてカメラに近付きセレモニーをしている。

'地震祝い'垂れ幕でサッカー界が騒々しい。非常識なファンにより韓国サッカーが日本サッカーに
謝らなければならない状況に至った。だがじっくり考えてみることがある。日本サッカーに謝罪は
伝えるが、この際これまで問題になってきた部分は正すべきではないだろうか?
(中略:地震お祝い事件経過説明)

今回のことでもう一度考えるべき問題がある。それは日本サッカーファンの姿に関することだ。今回
の非常識な国内ファンにも明らかに問題があるが、日本代表チームを応援するファンたちもJリー
グのサポータも普段、明らかに誤りを犯している。彼らが退屈せぬよう応援道具に使う旭日昇天
旗がすなわちそれだ。

旭日旗は第二次世界大戦敗北以前から日本の軍国主義を象徴する旗だ。旭日旗が現在使用さ
れる場所も日本自衛隊程度。だが、彼らは堂々と試合場に持ち込んで応援している。日本代表チーム
の試合が行われる場所でもJリーグチームのサポータたちも旭日旗を使う。だが、彼らはこの問題
について全く意に介さない。

もちろん大韓サッカー協会やプロサッカー連盟もこれらについて誤りを指摘しなかった。特に彼ら
の態度が度を越した場合もあった。それは去る1月2011カタール・アジア杯4強韓日戦。当時、
ゴールを入れた後、日本人を侮辱するような「猿セレモニー」を行った奇誠庸(キ・ソンヨン)は試合
を終えた後、観覧席に掲げられた旭日旗に対して不満を示したことがある。

だが、日本メディアはキ・ソンヨンのセレモニーについてだけ問題と見なし、謝罪しろとの居直りの
立場を示した。軍国主義を象徴する日本の旭日旗は使用が禁止されていない。しかし、我が国を
はじめとする東北アジア諸国の情緒を反映する時、使ってはいけないことが明らかに一般常識だ
と判断できる。

全州ワールドカップ試合場を訪れた一部の非常識なサッカーファンの行動には鉄槌を加えなけれ
ばならない。だが、もしまたACLあるいは韓日戦で旭日旗が見られるなら、それにもそれ以上の
鉄槌が加えられなければならない。

今回の全州事件は全面的に私たちの側の誤りだが、この際これまでの日本が葛藤を引き起こし
た部分も正そうということだ。どちらもこれから二度と発生してはいけないことだからだ。

ソース:朝鮮日報(韓国語) '地震祝い'謝罪必要だが日誤りも指摘してこそ
http://news.chosun.com/site/data/html_dir/2011/09/30/2011093000527.html

サッカーのAFCチャンピオンズリーグの準々決勝で、韓国全北現代のホームサポーターが掲げた「大地震祝い」横断幕の余波が続いており、
韓国内で物議を醸している。

そんな中、ある韓国メディアは、サポーターの行動について強く批判する一方、全北球団の迅速な対応を高く評価した。
さらに1月のカタールアジア杯での日韓戦で、日本人サポーターが旭日旗を掲げたことを例に、日本も反省すべき点は大いにあると論じている。

同メディアは「全北横断幕論争。果たして日本は清らかなのか」と題した記事で、
日本がアジアサッカー連盟や大韓サッカー連盟に抗議文を送るなどして厳しい対応を示したのは「自分の汚点は消さず、他人の汚点を指摘する姿」と批判、
「今まで日本はきちんとした対処を見せたのか」と問いただした。

記事は、1月のアジア杯で日本人サポーターに旭日旗による応援があったとし、
「日本の軍国主義の象徴」である旭日旗を掲げたことは「韓国を馬鹿にする仕打ち」「スポーツマンシップに反する行為」
「人命被害・自然災害ほど幼稚な応援」などと批判。そのような応援に対して日本は「1回たりとも謝らず、制止することもなかった」と遺憾を表明。

問題の横断幕については自省のきっかけとすべきとしながらも「日本が私たちに成熟した応援文化を求め、
AFCに提訴する前に自らの行為も1回くらいは振り返る必要がある」「残念な姿だ」と論評。全北球団の対応をみて「感じる点があるべき」と指摘した。

「大地震祝い」横断幕について韓国でも批判的な声が圧倒的だが、中には「日本の旭日旗応援は?なぜこっちだけ非難される?」といった声もあり、
同記事はそのような声を代弁した形だ。(編集担当:金志秀)

サーチナ  【社会ニュース】 2011/09/30(金) 09:21
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2011&d=0930&f=national_0930_031.shtml

投稿: | 2011年10月 1日 (土) 08時42分

この試合については旭日旗があったかどうかは怪しいという結論になったはずでは?
そも、本人の発言も処分の可能性が出た時点で2転3転しており、その過程で出た発言の一部をとりあげ、論理を組み立ててる時点で大手でも信用に問題ありと考えます。

1) テレビ朝日が報道したニュースでアジアカップの日韓戦でのキ・ソンヨン選手による猿真似問題のなかで、掲げられていた旭日旗は「ULTRAS蹴闘龍の団体の物」ですが今回のカタールには彼らは持参していません。
http://twitpic.com/3tuiz5

2) テレ朝謝罪、旭日旗取り違えて 韓国選手サルまね問題で
http://www.47news.jp/CN/201101/CN2011012801000619.html

同局によると、27日の放送で、韓国のテレビ局が放送した旭日旗の映像を転用した韓国紙掲載の写真をフリップで紹介。しかし写真は、昨年のワールドカップ(W杯)南アフリカ大会で日本対オランダ戦の観客席に掲げられた旭日旗だったという。同局広報部は「写真の使用許可を得る際、十分確認しなかった」としている。

3) パフォーマンスの理由をスコットランドで差別を受けた理由にすり替え地元紙に批判されるキ・ソンヨン
http://www.thesun.co.uk/scotsol/homepage/sport/spl/3376211/Cheeky-monKI.html#top
(The Scottish Sun)

いずれにしても、日韓問わず大手メディア報道でも恣意的なミスリーディングを全国に向けて発信している可能性があることを肝に銘じながらニュースは見るべきでしょう。

投稿: 通りすがり | 2011年10月 1日 (土) 23時06分

遅ればせながら、なぜかスパム認定されていたコメントを手動で公開処理しました。
ご迷惑をおかけして申し訳ありません。

投稿: 管理人nobu | 2011年10月30日 (日) 09時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519753/52872440

この記事へのトラックバック一覧です: フジテレビ問題 常に基本に立ち返らなければ迷走しかねません:

« 今日はなぜか農業の話です | トップページ | 今日のぐり:「創作沖縄料理ちゃちゃぶー 大供店」 »