« 民主党政権すら気付き始めたマスコミの真実 | トップページ | 崩壊していく中国社会のモラル そこから日本が学ぶべき教訓とは »

2011年10月23日 (日)

今日のぐり:「くら寿司 倉敷浜ノ茶屋店」

かねて「彼女に取り上げられたものには必ず不幸が起きる」と言われて久しい東原亜希氏ですが、このたびまた新たな伝説の一ページを刻み込んでしまったようです。

【参考】東原亜紀「ソニーのカメラ買いました」 → タイ大洪水でソニーのカメラ工場が壊滅(2011年10月19日BBS)

ま、例によって東原さんがソニーのビデオカメラを買った後でソニーの工場が大被害を被ったことに何かしら意味があるのかどうかは判りませんけれども、何かこうした運命のようなものの下に生きている人と言うのもいるんでしょうね。
今日はもうこうなったら運命と割り切るしかないという世界のびっくりニュースを紹介してみようかと思いますが、まずはこんなところからどうでしょうか。

エベレスト登頂カラスで断念 8千メートル近い高所/ヒマラヤ(2011年10月18日朝日新聞)

 世界最高峰の登山で最大の難敵は、カラスだった――。エベレスト(8848メートル)に挑んだ日本の登山家が今月、こんな現実に直面し、頂上を前に登頂を断念した。

 数々の世界の高峰に挑んできた登山家、栗城史多(くりき・のぶかず)さん(29)=札幌市=は12日、エベレストの7800メートル地点でぼうぜんとなった。体を高所に慣らすことも兼ね、10日ほど前に登った時に雪の中に埋めた食料がカラスに掘り返され、食い荒らされていたからだ。

 最も痛かったのは、雪を溶かして飲み水を作るため、一緒に埋めた登山用コンロの燃料ボンベがなくなっていたことだ。

 標高8千メートル超では、酸素が平地の約3分の1しかなく、高山病予防のために大量の水分をとる必要がある。栗城さんは泣く泣く、ベースキャンプの仲間に無線で「登頂断念」を伝えた。「天気も良かったし、ここからが正念場というところだった。まさかカラスにやられるとは……」

 エベレストの8千メートル近い高所でのカラス、実は登山家の間ではよく知られている。1995年春、中国側から登頂した日大隊は、登る途中に7200メートルのキャンプがカラスに荒らされた。隊員だった古野淳さん(50)は「テントの布地をつついて破り、ソーセージなどが食い荒らされた」と話す。

 ヒマラヤでツルの調査をした「日本野鳥の会」主席研究員の金井裕さん(55)によると、栗城さんが被害にあった7800メートルもの高所にはエサがなく、通常カラスは生息しない。だが、春を中心に、現地スタッフも含め年間千人ほどが入山する近年は、登山隊の食料目当てに生息域の標高が上がっているらしい。

 2003年に登頂した登山家の三浦豪太さん(42)は「エベレスト登山で、万全なカラス対策は今は常識。食料や装備はしっかり梱包(こんぽう)して荒らされないようにするべきだ」と指摘する。(近藤幸夫)

カラスどれだけどん欲なんだよ!と思わず突っ込んでしまいそうなニュースですけれども、こんなところにまで登ってカラスで断念ではこれはもう運命だったと思ってあきらめるしかないということなんですかね…
運命の出会いなんて言葉がありますけれども、これなどはまさしく後世に語り継がれるべき運命の出会い、ということになるのでしょうか。

初対面!たけし、コマネチさんとコマネチ/日本(2011年10月13日サンスポ)

 たけしと白い妖精が奇跡のWコマネチ! タレント、ビートたけし(64)と、76年モントリオール五輪女子体操金メダリストのナディア・コマネチさん(49)=ルーマニア=が20日放送のBSフジ「等々力ベース」(木曜後11・0)で初共演。13日、フジテレビ系で中継する「世界体操東京2011」(後7・0)の女子個人総合決勝でコメンテーターを務めるコマネチさんが来日し、夢の対面が実現した。

 白いレオタード姿のコマネチさんから誕生した股を切り裂くギャグ「コマネチ!」で国民的人気を得たたけしは、12日に都内で行われた収録で「おお、ついに会えました!」と万歳三唱した。

 続けて「『コマネチ』は自分にとって谷啓さんの『ガチョ~ン』と同じ存在。一生やるギャグ。『コマネチ』の動きだけで地球を4周しました」と恩人に感謝した。それを聞いたコマネチさんは、「有名になった分、稼いだお金の50%をください」とお茶目に切り返し、たけしやスタッフを大笑いさせた。

 2008年放送のフジテレビ系「クイズ$ミリオネアSP」にたけしが出演した際、コマネチさんがVTRで伝説のポーズを披露したことはあるが、今回、ギャグ誕生から30年以上を経て、史上初のWコマネチが実現。

 体操の元女王は、“本家”に負けないキレのよさを発揮。「光栄です」と本気ではしゃぐ世界のキタノに、「100歳になっても一緒にやりたい」とノリノリ。お笑いコンビ、Wコマネチ結成も夢じゃない!?

元記事を見れば確かに「世界のコマネチ」さんが「コマネチ!」をやっているようなんですけれども、往年の白い妖精にいったい何と言うことをさせるんでしょうね(苦笑)。
こちら自分なども動画を見て常々すごいなと思っていたところですが案の定と言うべきでしょうか、ついに事故の犠牲者が出てしまったということです。

「死の道」MTBダウンヒルで邦人女性死亡/ボリビア(2011年6月3日日刊スポーツ)

 南米ボリビアの主要都市ラパス郊外のユンガス地方で「死の道」と呼ばれる未舗装の山道をマウンテンバイクで下るツアーに参加していた日本人女性、上村尚未さん(32)が誤って谷に転落、頭を打つなどして死亡した。在ボリビア日本大使館や地元警察が2日、明らかにした。

 同大使館やボリビア外務省は「遺族の意思により出身地は明らかにできない」としている。上村さんはボリビア旅行中の先月31日に現地でツアーに参加、転落後、同日中に地元警察が遺体を引き上げた。

 未舗装の山道を標高約4000メートルから自転車で一気に下る同ツアーは外国からの旅行者に人気だが、例年多くの死者が出ており、同大使館は注意を呼び掛けている。(共同)

いやしかし年間百人単位で死者の出る難所に加え、聞いた話では結構交通量も多い場所でもあるようなんですが、ここを自転車で一気にというのはさすがに無理がないか?とも思うのですけれども、本人としてはもはや思い残すことはないという心境だったのかも知れずですよね。
それもこれも運命だと考えれば人間少々の艱難辛苦には耐えられる部分もあるのでしょうが、さすがにこれは耐えられなかったのだろうなと同情する人も多そうなニュースがこちらです。

役作りのために約14キロも体重を増やしたジョー・ペシ 降板させられプロデューサーを訴える/米(2011年7月29日シネマトゥディ)

 リンジー・ローハンのカムバック作品としても話題になっている映画『ゴッティ:イン・ザ・シャドー・オブ・マイ・ファーザー(原題) / Gotti: In the Shadow of My Father』に出演するはずだったジョー・ペシが降板させられ、プロデューサーを訴えた。

 訴状によると、ジョーは製作会社側からゴッティの親友で用心棒だったアンジェロ役をオファーされ、出演料は300万ドル(約2億4,000万円)だったという。しかし、ここにきて映画会社は100万ドル(約8,000万円)のギャラで小さな役への変更をオファーしてきたとのこと。

 ジョーは、映画の宣伝と製作費を集めるために自分の名前を使い、いざ撮影となったところで汚い手にでたと怒りをあらわにし、支払われるべきだった300万ドルと懲罰的賠償金を要求しているという。TMZによると、彼はアンジェロの役のために体重を増やしており、これも怒りを増大させているようだ。「ペシ氏は健康的で厳格な食生活をやめ、大きく、ずんぐりとした体格で知られるアンジェロを演じるため30ポンド(約14キロ)も体重を増やしたところです」とジョーの弁護士は語っている。プロデューサー側は訴訟については聞いていないとコメントしている。(澤田理沙)

いや判ります、その気持ちは大いに判りますとも!と言いたいところですが、しかし事実こういう経緯であったということであればさすがにそれは気の毒な話ですよね。
運命は自分で切り開くと言えばもちろん理想的ですけれども、文字通り自分で切り開いてしまったという人がちょっとした話題になっているようです。

就職の天才現る…ズボンを脱いだ映像を送りつけた男性、Googleなど80社と面接にこぎつける/米(2011年9月26日らばQ)

就職難はもちろん日本だけではなく、世界中で起きています。
特に人気企業となると書類選考の段階で厳しい競争があり、面接にこぎつけることさえ難しいのが実情です。

アメリカの24歳の若者が、ツケヒゲをつけて、スーツのズボンの脱いだり、腕立て伏せをしたり、ペディキュアをするといった突飛なアピール映像を作成して送りつけました。
するとなんと、GoogleやMicrosoftなどを含む80社から、面接のお呼びが掛かったと言うのです。

この動画を作ったのはサンフランシスコに住むマット・エプスタインさん(24歳)。自分の特徴を出した何かインパクトのあるものを提示したいとして、自分を売り込むムービーを作り、各社に送ったそうです。
その結果、第一志望のGoogleを始めとしてMicrosoft、Amazonなど、合計80社からの連絡が来たそうです。
マーケティング部門での就職を希望していると言い、以下の映像はGoogle社に送ったものだそうですが、なんとその2日後にGoogleから電話があったそうです。

Googleに送った映像 - YouTube

動画に登場する彼はジョークともつかぬ独特の語り口で、自分の趣味がスコッチを飲むこと、読書、エクササイズ、ペディキュアに動物だと伝えています。
残念ながらGoogleへの就職は叶いませんでしたが、SigFigというアメリカの投資会社の内定を得ることに成功したようです。

動画を作る前は、普通のやりかたで就職を目指していましたが、すべて失敗に終わったことから、新しく変わったやり方を考えたそうです。
当の本人も、まさか80社からも連絡が来るとは思わず驚いたそうですが、「他の意欲はあっても就職活動でうまくいってない人々に、こういうやり方もオススメ」とコメントしています。
奇をてらった方法ではありますが、結果を出しているのが素晴らしいですね。確かにこんな映像を見せられたら、どんな人物なのか自分の目で確かめたくなるかもしれません。

ただし日本企業を相手に同じことをして、大失敗に終わったとしても自己責任でお願いします。

実際の動画を見るとおいおい、このセンスはどうも…と思いたくもなってくるような内容なんですが、何にしろ努力によって成果を得たというのは素晴らしいですよね。
同じくアメリカと言えばスーパーヒーローが人気ですけれども、リアルヒーローに対して運命は必ずしも甘いものではなかったようです。

シアトルの「スーパーヒーロー」が御用 暴行の疑いで/米(2011年10月11日産経ニュース)

 米シアトルの路上で無法者を懲らしめ、一部の市民から人気のあったスーパーヒーロー「フェニックス・ジョーンズ」こと、ベンジャミン・フランシス容疑者が9日未明、暴行の疑いで逮捕された。10日、AP通信が伝えた。

 当局によると、フランシス容疑者は路上で踊っていた男性2人をけんかしていると思い込み、2人に催涙スプレーを吹きかけたという。フランシス容疑者は月に数回、仲間と市内を“パトロール”している。

いや、元記事に添えられた容疑者の写真があまりに正体不明過ぎて失礼ながら吹くんですが、正直ちょっと日本人的な感覚からすると正義の味方と言うよりは…ねえ…?
真面目に考えると本当に悲惨と言うしかないような事件なんですが、これもまた運命なのかとも思ってしまうのがこちら中国からのニュースです。

「双頭の赤ちゃん」誕生=子どもたちをどう養うのか、悲嘆に暮れる農民の両親―四川省遂寧市/中国(2011年5月8日レコードチャイナ)

2011年5月5日、四川省遂寧市で結合双生児の赤ちゃんが生まれた。一般的な事例と異なり、赤ちゃんは頭部こそ二つあるものの、その下の体は結合しており、一つしかない。きわめてまれな例であり、中国では初だという。7日、華西都市報が伝えた。以下はその抄訳。

双子の父親・廖国軍(リャオ・グゥオジュン)さんと母親の包橋英(バオ・チャオイン)さん。昨年8月、出稼ぎ先の広東省で妊娠に気がついた。ほどなくして2人は故郷に戻り、出産に備えた。今年2月、エコー検査を受けた時には単胎と判定されたが、今月3日、病院の検査で結合双生児であることが判明した。

2人は妊娠中絶を望んだが、すでに出産目前の時期。もう間に合わなかった。5日、帝王切開で双子は生まれた。きわめてまれな「双頭の赤ちゃん」誕生は現地のビッグニュースとなり、同じ病院にいる妊婦やその家族らが一目見ようと集まってきたという。

娘の誕生を見た廖さんと包さん。2人の顔に喜びはなかった。「双子の娘を授かったのは、本来ならば嬉しいことです。ただ双子の娘を見た時、最初は受け入れられなかったほどです」と廖さんは話す。

農民の自分がどうやって娘たちを養えるのか、分離手術はできるのか、娘たちはどうやって暮らしていくのか。廖さん夫妻には多くの悩みが突きつけられた。「もしトラック1台分のさつまいもを売ったとしても、入院1回分の費用にもならないでしょう」と廖さんは話す。

6日、専門家による会議が開催された。双子は頭部、脊柱、食道は二つあるものの、心臓は一つ半、他の器官は一つしかない。分離手術は不可能との結論に達している。(翻訳・編集/KT)

結合双生児の分離手術と言えば日本でもベトちゃんドクちゃんの例が有名ですけれども、運命と言うにはあまりにも過酷なこの一家の行く末に幸い多かれと願うしかありませんよね。
先日は韓国の歌手が某大手カレーチェーンで10辛超えの超激辛カレーを平気で食べているなんて話題が出ていましたが、普通の人間の場合それはこうなるだろうというニュースを最後に取り上げてみましょう。

慈善目的の激辛カレー大会で参加者2人が病院に運ばれる騒ぎ/英(2011年10月7日時事ドットコム)

【ロンドンAFP=時事】英エディンバラのカレー料理店で今月1日、慈善目的で行われた激辛カレーを食べるコンテストで参加者2人が病院に担ぎ込まれる騒ぎがあり、店側は針のむしろに座らされている。(写真はロンドンのカレー料理店の調理風景。2009年撮影)
 コンテストは子どもの慈善事業のための募金を集める目的で、赤十字メンバーの立ち会いで行われた。しかし、同店特製の激辛カレーを食べた参加者2人が体調を崩し、通報を受けてスコットランド救急サービスが駆け付ける騒ぎに。
 米国からの女性交換留学生キュリー・キムさん(21)はコンテストで2位になったものの、BBC放送に対し「ホットソースを塗ったチェーンソーで切られたような感じで胃がものすごく痛み、周囲で何が起きているか分からなかったほどだった。病院で消化剤をもらった」と話し、「もうこんなことはすべきでない。募金を集めるならもっと痛くないやり方がいくらでもあると思う」と店側を批判した。救急サービスもコンテストの見直しを求めた。
 主催者のアブドル・アリ氏はトラブルに対処できなかったことを認め、「われわれはお手上げだった。救急サービスを呼ばねばならなかった」と反省の弁を口にする一方、コンテストの参加者全員が今は元気であり、1000ポンド(約12万円)の募金が集まったと語った。しかし、地元議員は今回の騒ぎを「めちゃくちゃだ」と非難している。

いやしかし、慈善大会に出かけていって激辛カレーで入院したなんで言われると家族も何が起こったのか意味不明でしょうが、そのあたりの止まらず突っ走ってしまう感性がブリということなんですかねえ…
不詳管理人もひと頃は激辛に凝っていた?時期があって13辛あたりまでは食べたことがありますが、カレーもある程度以上辛くなるとうまいもまずいもなくなってしまいますから、やはり人間おいしくいただける限度と言うものがあるということをわきまえていないと滋養によいどころか健康を害するということにもなるのでしょうね。

今日のぐり:「くら寿司 倉敷浜ノ茶屋店」

いわゆる百円回転寿司も昨今では単に安かろう悪かろうではお客に受け入れられないそうで、それぞれに仕入れやメニュー構成など独自のルートで工夫をされているようですよね。
本日はこちら倉敷駅の北側にあるくら寿司さんの浜ノ茶屋店にお邪魔したのですが、周囲に沢山の飲食店がひしめいている中でも結構大勢のお客が入っていらっしゃるようで、なるほど今の時代まず何よりもお値打ちと感じなければ顧客は呼べないということなんでしょうかね?
ちなみに今月は愛媛の食材がテーマということでそのあたりのおすすめメニューを中心につまんでみましたが、百円寿司とは言ってもこうした季節のメニューは二皿分の特別価格になるということには注意が必要です。

宇和島鯛めし風軍艦なるものは鯛飯の軍艦の上に半熟卵が載っているというもので、どうも先日お邪魔した佐田岬半島の「まりーな亭」さんといい魚介系の味に卵を合わせるのが愛媛の流儀なのか?とも思うのですが、ほとんど半熟卵の味に染まってしまって自分の知っている鯛めしの味とはまるで違うものとはいえ、これはこれでなかなか旨いしよく工夫してあるなと思いますね。
漬けかつおの握りはよくある生臭い鰹にはなっておらず濃厚な鰹の血の味が楽しめるようにはなっているんですが、まぁ何かこの醤油ダレの強い味で風味をごまかされているような気もしないでもないですよね(苦笑)。
活け締め真鯛の握りはとにかく鯛の身が厚切り過ぎて、味よりも何よりも身の食感ばかりが勝ってしまいシャリとのバランスも何もあったものではなく、残念ながらこれは寿司になってないと思わざるを得ません。
この時期特に食べておきたいのが秋鯖ですが、さばしそ巻きは鯖の脂を中和するしその味わいがなかなかいい味のバランスになっていて、これなら自分のように焼き鯖は好きだが締め鯖は嫌いといった人でも食べられそうな感じですよね。
こちらの場合だしまきという普通の卵焼きとは別の一カン単位の卵焼きがある(別に普通の卵焼きもある)ようなんですが、残念ながら本日は売り切れのようで結局珍しく玉を取らずに投了ということにいたしました。

普段に比べるとごく軽くで終わったのは腹具合がよかったせいばかりではなくて、実はこちらの寿司の配送システムが非常に気になって食べるのに集中できなかったという事情もあるのですね。
最近では回転寿司と言っても売れ残りのリスク回避の意味もあってオーダーが入ってから握るという場合が増えていて、あちらでもこちらでも独自の工夫を凝らした配送システムを用意しているのはいいんですが、こちらの場合自分たちの席の前まで寿司が回ってくると電子音が鳴るというだけ(画面にも表示はされますが視野角が狭い)というもので、一応注文品であることは判るにしても席ごとの色分けなどは何もされていません。
これがどこの席でも同じ電子音な上に何しろ満席近くに埋まっているわけですから、あちらでもこちらでも始終ピーピー鳴っているばかりで一体いつ配送されてくるかと全く気が抜けない状態で、正直せめて音色なりメロディーなりで区別してくれないと落ち着いて食べられないかなという気がしました。
しかし回転寿司もそれぞれにこうも配送システムが違うというのはおもしろいとも言えますが慣れない人間は混乱するなと思うのですが、こういうハードウェアの差異が営業成績にどれくらい影響するものかということも調べて見るとおもしろいのかも知れませんね。

|

« 民主党政権すら気付き始めたマスコミの真実 | トップページ | 崩壊していく中国社会のモラル そこから日本が学ぶべき教訓とは »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519753/53048385

この記事へのトラックバック一覧です: 今日のぐり:「くら寿司 倉敷浜ノ茶屋店」:

« 民主党政権すら気付き始めたマスコミの真実 | トップページ | 崩壊していく中国社会のモラル そこから日本が学ぶべき教訓とは »