« 怪しさを増したまま発展を続けるネット上での営業活動 | トップページ | 今日のぐり:「セルフうどん さざなみ 妹尾バイパス店」 »

2011年7月23日 (土)

衆愚は黙ってマスコミ様に踊らされておればよい、だそうです

またぞろ例によって「お前が言うな!」の大合唱となっているのがこちらの記事なんですが、してみると天下の大朝日はまだ信頼を得ているつもりでいるということなんですかね?(苦笑)

【社説】英盗聴事件―メディアの信頼壊すな(2011年7月22日朝日新聞)

 「メディア王」と呼ばれるルパート・マードック氏が所有する大衆紙による盗聴事件が、英国のキャメロン政権や警察首脳もからんだ大スキャンダルになりつつある。

 疑惑の中心は、今月廃刊になった英紙ニューズ・オブ・ザ・ワールドだ。有名人のスキャンダルを売り物にするタブロイド紙で、大部数を誇っていた。私立探偵をやとって電話を盗聴するやり方で「特ダネ」を狙い続けた。被害者は政治家から芸能人まで約4千人という。

 その矛先が誘拐殺人事件の被害者の携帯電話にまで向けられていたことが今月、明らかになり、世論の反発を浴びた。

 発端は5年前に起きた王室担当記者による盗聴だった。記者は逮捕されたが「単独犯行」とされた。辞任したコールソン編集長はキャメロン党首によって保守党の広報担当に起用され、官邸の報道局長にもなった。この元編集長をはじめ、何人もが逮捕されている。

 見過ごせないのは、新聞と権力との構造的な癒着だ。

 事件を捜査するロンドン警視庁の総監も、同紙の元副編集長を広報担当に採用していた。記者が携帯番号などの提供を受ける見返りに、警官にわいろを贈っていた疑いも出ている。

 キャメロン首相の就任後に、マードック氏は官邸への最初の客として招待された。総選挙での応援のお礼だったという。

 マードック氏は英国で、サン紙やタイムズ紙などとあわせ、発行される新聞の約4割を支配してきた。衛星放送事業も拡大しようとしていた。ビジネスを優先し、報道機関が守るべき倫理がなおざりになってはいなかっただろうか。

 政治家も、メディア王の力を自分のために使おうとしていなかっただろうか。英国政治では「マードック氏を敵にまわしては選挙に勝てない」というのが常識になっていたという。

 英政府には報道への規制を強めようという動きが出ている。特定の人物にメディアの寡占を許したことが、不健全な関係を招いた一因だろう。市民の不信も広がっている

 だが、メディアは権力による規制よりも、自浄力によって間違いを正さなければならない。今回も、盗聴事件の再捜査へのきっかけは、粘り強く報道したガーディアン紙などによるスクープだったことを評価したい。

 事件はメディアの自壊を招きかねない危うさを示している。それは民主主義の基盤を揺るがす。市民の知る権利にこたえる本来の役目を自覚したい。

このマードック氏と言えば「アニマルプラネット」を制作している「ディスカバリーチャンネル」のジョン・マローンとはツーカーの間柄で、近年傘下のメディアを総動員し日本に対して各種攻勢をしかけてきている人物であることは以前にも紹介した通りですが、ここではそちら方面の話題はとりあえず置いておくことにしましょう。
「英国政治では「マードック氏を敵にまわしては選挙に勝てない」というのが常識になっていた」という一文を見るだけでも、マスコミに権力を持たせることがどれほど民主主義国家において危険なことであるかが判りそうな話ですけれども、そのマスコミ業界において最も縁遠い言葉が自浄力というものではないでしょうか。
例えば天下の大朝日と言えばその内情がどれほど腐りきったものであるかは内部告発等でもすっかり白日の下にさらされて久しいところですが、彼らの辞書に自浄力などという言葉があるならこうした状況を長年に渡って放置してきているというのはどうなのかです。
そもそも先日新聞協会のトップに就任した朝日の秋山社長自らが、その就任の際にこんなコメントを堂々と出しているというのですから、彼らの考える民主主義というものがどういうものなのかが見えてくると言うものですよね。

新聞協会会長に秋山氏=「世論引っ張っていく」(2011年7月20日時事ドットコム)

 社団法人日本新聞協会は20日、会員総会を開き、会長に秋山耿太郎朝日新聞社社長を選任した。副会長には、喜多恒雄日本経済新聞社社長、村田正敏北海道新聞社社長、山本治朗中国新聞社社主・会長をそれぞれ選んだ。
 記者会見した秋山会長は「東日本大震災や社会保障の問題など、日本は大きな危機に直面している。世論に誤りがないように引っ張っていくのが新聞の役割だし責任でもある」とあいさつした。
 また、若者の新聞離れが進む中、学校教育に新聞を取り入れる動きがあることを「業界にとって千載一遇のチャンスだ」と指摘。子どもの頃から新聞に親しんでもらうことが、購読者を増やすためにも有効だとの考えを示した。

秋山・朝日新聞社長が新聞協会会長に就任(2011年7月20日朝日新聞)

(略)
 秋山会長は2005年から日本新聞協会理事を務めている。都内で開いた会見で東日本大震災や原発事故に触れ、「歴史を記録し、真実を追究するジャーナリズムの責任を果たすとき。新聞の役割を広く認知してもらえるようにしたい」と語った。
(略)

秋山社長曰く、彼らマスコミ業界人の意に沿わぬ世論など誤りであって正されて当然であるという認識だそうですし、彼ら新聞の役割とは歴史を記録し真実を追究するところにあるということですが、当の朝日などはかつてこの秋山社長の長男が大麻所持で逮捕された際にもずっとダンマリを決め通したという輝かしい歴史があるわけですよね。
また彼らの考える正しい世論のあり方とはどのようなものなのか、いかなる手段をもってそれを正すべきと考えているのかという点については、例えば昨今話題の原発問題に絡んでこういう話があります。

朝日新聞の「戦争責任」/池田信夫(2011年06月29日アゴラ)より抜粋

(略)
それより朝日新聞は、かつて原発を推進した「戦争責任」を忘れたのだろうか。志村嘉一郎『東電帝国―その失敗の本質』によれば、1970年代に朝日は、岸田純之助論説委員の指揮の下に原発推進の方針を決め、東電の原発の全面広告を出した。秦正流専務は「朝日としては(原発推進という)コンセンサスがなくてはならない。記者個人が反対するのは自由だが、それをボツにするかどうかの権限は編集局にある」と明言したという。

その尖兵となった大熊由紀子記者の激しい「原発安全キャンペーン」は、同業者の間でも「朝日は電力会社に買収されたのか」と話題になったものだ。彼女の書いた『核燃料―探査から廃棄物処理まで』(朝日新聞社)は朝日の資料室にあるはずだから、読んだほうがいい。再生可能エネルギーを否定し、原発の安全神話をつくった最大の「戦犯」が誰であるか、わかるはずだ。

こうした忌まわしい過去に口をぬぐって、原発事故が起こったら、自分は何の責任もないかのように「自然エネルギー派」に転向する朝日の体質は、かつて大本営発表を垂れ流して戦争のお先棒をかついだ責任を封印して「平和憲法」キャンペーンに転向したのと似ている。これから「脱原発」キャンペーンを張るつもりなら、まず過去の自社のキャンペーンが正しかったのかどうか、検証してからにすべきだ。

追跡 原発利益共同体 東電広告費 116億円 昨年度(2011年6月29日しんぶん赤旗)より抜粋

(略)
大手紙を総なめ 原発推進広告掲載
「朝日」から始まった
事故のたびPR費膨張

 東京電力の「普及開発関係費」が急増している時期があります。70年代後半、80年代後半、2000年代前半などです。

広がる「逆風」押さえ込みへ

 東電が編さんした『関東の電気事業と東京電力 電気事業の創始から東京電力50年への軌跡』(「東電50年史」)は70年1月から用地買収に着手した柏崎刈羽原子力発電所の建設について、「激しい反対運動にさらされた」と指摘しています。
(略)

業界をあげてメディア対策

 メディア対策は、東電だけでなく、電力業界全体の課題でした。東京電力や関西電力、中部電力など電力10社で構成する電気事業連合会で71年から82年にかけて広報部長を務めた鈴木建氏は回顧録『電力産業の新しい挑戦』の中で赤裸々にメディア対策を語っています。

 鈴木氏は原子力の広報費について、「単なるPR費ではなく、建設費の一部」と位置づけ、原発立地対策や世論の動向に広報費を最大限生かします。

 広島に原爆が投下されてから29年目となる74年8月6日、「放射能は環境にどんな影響を与えるか」と題した10段広告が朝日新聞に立ち現れました

 74年当時、朝日新聞は石油ショックのあおりで広告が減少し、意見広告を多く掲載しようという議論がありました。その中で、原発推進の意見広告も受け入れるという結論が出されたといいます。

 このとき朝日新聞への広告を取り仕切ったのが電事連の鈴木氏です。鈴木氏は「朝日は読者がインテリ層であるから、硬くはなるが、第三者によるPRということで学者や専門の研究所員を動員した」などと振り返っています。

紙面づくりに影響を及ぼす

朝日新聞への10段広告は、その後2年にわたって毎月欠かさず掲載され、76年以降も数カ月に1回程度は掲載されました。この広告が思わぬ効果をもたらしました

 最初に反応したのは読売新聞です。読売新聞の広報担当者は「原子力は、私どもの社長の正力松太郎(初代原子力委員長)が導入したものである。それをライバル紙の朝日にPR広告をやられたのでは、私どもの面目が立たない」と読売新聞への出稿を求め、掲載するようになります。

朝日新聞、読売新聞に定期的に原子力発電のPR広告が掲載されるようになると、次は毎日新聞からも要請が来ました。しかし、毎日新聞は当時、原発に反対するキャンペーン記事や「政治を暮らしへ」というシリーズを掲載していました。

 鈴木氏は毎日新聞の広報部に「御社のエネルギー問題への取り組み方針はどうなっているのですか。反対が天下のためになると思うのなら、反対に徹すればいいではないですか。広告なんてケチなことは、どうでもいいではないですか」「消費者運動を煽(あお)って企業をつぶすような紙面づくりをやっていたのでは、広告だってだんだん出なくなりますよ」などと迫ります。

 鈴木氏によると結局、毎日新聞は編集幹部も含めて、原子力発電の記事を慎重に扱うと約束し、「政治を暮らしへ」シリーズも紙面から消えました

 鈴木氏は「毎年“原子力の日”の政府の原子力広報が全国の地方新聞に掲載できるようになったのも、朝日へのPR広告の掲載が道を開いたものだと思っている」とも語ります。「原発マネー」が新聞を総なめしたのです。(清水渡)

この現場の記者が書いた記事を上が好き放題に扱って良いし、無断改稿すら自由勝手に許されるという話はあちらこちらから出てきていますけれども、さすが天下の大朝日だけにこうしたテクニックは大東亜戦争一直線の時代から年季が入っているということなのでしょうか。
いずれにしても朝日に限らず東電など電力業界から各種メディアに巨額のお金が流れていたということは今や周知の事実ですけれども、その中でもとりわけ朝日が群を抜いてメディアトップランナーの立場にあり、彼らの言う通り「世論に誤りがないように引っ張っていく」責任を果たしたということなのでしょう(苦笑)。
このように主要メディアが軒並み鼻薬を嗅がされてきた以上は今さら急に手のひら返しも出来ないということなのでしょうか、昨今では九電のやらせメールなど「赤旗ばかりがスクープを飛ばす(ウォール・ストリート・ジャーナル )」という状況に至っている背景には、そうした過去の経緯があるということなのでしょうね。

朝日ばかりが悪者であるかのように見えますけれども、こういう「俺たちはお馬鹿な国民を正しく導いてやっているんだぜ」という発想は大手マスコミに共通する職業病ということなのでしょうか、見ていますとあちらでもこちらでも彼らが一生懸命国民を導こうとしている姿が見え隠れしてくるのはいっそ滑稽というものですよね。
先日は東日本大地震に関連してとうとう台湾からの義援金が200億円を突破したという話があり、台湾の馬総統からは「なあに、台湾中部地震で支援してもらったお返しですよ」なんてありがたい言葉を頂いていますけれども、そもそも台湾には御礼の広告すら出さないのでやむなく民間独自で動かざるを得なかったくらいですから、日本国内ではこの問題は華麗にスルーされてしまっているようです。
今の時代にこういう露骨なことをやると即座に世間に知られてしまうわけですが、それを全く意に介した様子もないというのは彼らマスコミが自分達こそ正義、世を正しく導く存在であるという高尚な使命感(笑)に包まれているからなんでしょうね。

【東日本大震災】yutubeに「台湾からの義援金が200億円に達しても頑なに報道しない日本のマスゴミ」動画がアップ(2011年7月18日ベストアンドワースト)

2011年7月14日youtubeyutubeににアップされた「台湾からの義援金が200億円に達しても頑なに報道しない日本のマスゴミ」とする動画が一部で注目を集めている。

確かに、「台湾 義援金 200億円」で検索してもヒットするニュースは少ない。テレビ局関係で配信しているものは一つもない。

取り上げているのは以下の新聞くらいだ。

99年のお返し…台湾が「世界一」支援 義援金200億円に(スポーツニッポン - ‎2011年7月11日‎)

台湾からの義援金200億円に(沖縄タイムス - ‎2011年7月11日‎)

日本から消えて失くなったもの 日本人の手の中で光り輝くもの(行政調査新聞 - 2011年7月16日‎)

震災復興へ協力強化=観光客の訪日など推進-台湾(時事通信 - 2011年7月15日‎)

震災復興へ協力強化=観光客の訪日など推進―台湾(朝日新聞 - 2011年7月15日‎)

朝日新聞は時事通信のニュースの引用。ニュースのメインは観光客誘致の話であり、義援金の話ではない。実際に評価しているのは、スポーツニッポン以下3紙くらいだ。ただ途中170億円くらいに達したときに、産経新聞などいくつかのマスコミが報道はしている。それも限られた数ではあるが。

また、100億円を突破した時点でも読売新聞などが報道しているが、だんだんニュースバリューが無くなってきたということだろうか。

まだ震災で苦しんでいる人もおり、義援金はこれからも集まることと思う。人の好意にランキングをつけることはできない。

しかし、少なくとも、一人あたりの義援金にすれば、日本人と同じかそれ以上に支援してくれた国が台湾である。おそらく今回の震災支援ではTOPクラスにランクされる国だろう。

このことは、忘れてはいけないことであると思う。

本当に苦しいときに助けてくれる者が真の友人である

台湾問題に関しては先日も留学生への補助金が台湾からの学生に対してはおりないという騒ぎがあって、彼の地では少なからず騒動になっているという話がありましたが、台湾が日本と親しくなることがよほど困ったことになると言うことなんですかね。
ここまで徹底するといっそ天晴れと言う感じにもなってきますが、やはりこれは政府が行っているのと同じようにさるやんごとなき筋への配慮というものでも働いているのでしょうか?
一方で逆の意味の配慮を濃厚にせずにはいられないという対象もあるようで、例えば先日大きな話題になった女子日本代表のW杯制覇に関してもこれまた例によって例の如くという話題が噴出しています。

フジテレビ、なでしこジャパン表彰式をカット!韓国に配慮?(2011年7月19日ベストアンドワースト)

2011年7月18日、女子ワールドカップサッカー決勝戦を放送したフジテレビの放映に疑問が投げかけられている。

なぜか、表彰式の放送がカットされるという事態が生じたのだ。

このことについて、ネットでは、普段から「韓流」を推進するフジテレビが韓国に配慮したのではないかという憶測が流れている。

2ちゃんねるの「【速報】フジテレビ、韓国に配慮し表彰式をカット」ではこのような意見が出ている。

28 名前:さあ名無しさん、ここは守りたい[] 投稿日:2011/07/18(月) 07:05:16.31 ID:H14XlpmB0 [2/3]
韓国の表彰式なら喜んで流しまくるんだろうな

32 名前:さあ名無しさん、ここは守りたい[] 投稿日:2011/07/18(月) 07:10:00.53 ID:g4BUMRpFO
CM入るのは仕方ないかもだけど、
いつもと同じタイミングだったの? フジの実況見てると、いつもより多いって感じだったけど

42 名前:さあ名無しさん、ここは守りたい[] 投稿日:2011/07/18(月) 07:12:21.33 ID:xQAUgKTy0
でも日本人って本当お人よしというかなんというか
これ海外だったら暴動とかおこってると思う
とくに韓国

57 名前:さあ名無しさん、ここは守りたい[sage] 投稿日:2011/07/18(月) 07:47:43.47 ID:/TvYiTFb0
BSと2画面で見てたが
アメリカの表彰前にCM入ったから「もしや日本の表彰に間に合わせるためか?」と思ったが
CM開けてもダイジェスト続けて全然表彰映さなかった

65 名前:さあ名無しさん、ここは守りたい[] 投稿日:2011/07/18(月) 08:20:53.16 ID:gslbyFQ30
本当にビックリしたね。
松木の解説なんてどうだっていいから、早く表彰式見せろ!って思ったもん。
松木解説の後ろの画面に、小さく女子代表達が表彰式やってるのが映ってた
普通そっちが先だろ…。なんで松木の解説優先なんだよwwwwwwwwwwww

99 名前:さあ名無しさん、ここは守りたい[] 投稿日:2011/07/18(月) 15:39:53.97 ID:e9K12w64O
スケートの時にもやったから、確信犯だよ。
日本が表彰されるシーンは、なにがなんでも映したくないらしい。
糞蛆TV!!

100 名前:さあ名無しさん、ここは守りたい[] 投稿日:2011/07/18(月) 15:43:19.09 ID:B7paCg/ZO
BS、NHKニュース見た後にフジ見たらびっくり

最高の舞台の
最高の試合なのに
実況がもう…

BS見てて良かった

126 名前:さあ名無しさん、ここは守りたい[sage] 投稿日:2011/07/19(火) 01:47:32.30 ID:eGsx0XTF0
おれもBSみてたけど
途中フジみたらクソみたいな実況でBSに戻したw

まさか表彰式もやってなかったのか

129 名前:さあ名無しさん、ここは守りたい[sage] 投稿日:2011/07/19(火) 02:57:00.42 ID:jepK6fYk0 [1/2]
>>32
俺はネットで表彰式見たけど
澤MVP授与のとき・・・ダイジェストを流し始める
メダル、カップ掲げて台座からおりるまで
フジはずっとCM。
CMあけ後も、ダイジェストの続きだったかな

すべて終わってから、みなばらけはじめたころに
ようやくLIVE映像にもどす。
意図的な悪意だよ、これは。
タイミングとかの問題じゃない。

130 名前:さあ名無しさん、ここは守りたい[sage] 投稿日:2011/07/19(火) 04:20:58.75 ID:DCcbU8Po0
306 名前:名無しさん@恐縮です [] 投稿日:2011/07/18(月) 17:51:09.54 ID:GPv5hHXHO    New!!
フジが表彰式をほとんど流さなかったことについて電凸した奴がいたが、凄すぎる理由を答えられてて吹いた。
何でも、国歌国旗法ができたことで、日の丸・君が代に反対する意見との中立を保つために、君が代が流れる表彰式を流すことは、
放送法に定められた公正中立原則に違反する恐れがあると、コンプライアンス委員会より、指摘されたんだそうな。
結果として、国歌国旗法がある限り、君が代が流れる表彰式を流すことは、法律で禁止されております、だとさ。 ・・・
(参考:速報】フジテレビ、韓国に配慮し表彰式をカット)

しかし言い訳に使うにしても、本気で「国旗国歌を流すのは放送法上問題がある!」なんてことを考えているのだとすればそもそも代表戦など扱う事自体があり得ないではないかという話にありますが、いずれにしてもフジテレビとしては何らかの配慮に従って放送内容に手心を加えたというのは確かだということでしょうか。
ちなみに何故これが韓国に対する配慮なのかさっぱり判らないという人も少なからずいるかも知れませんけれども、今回のことに限らず韓国では国際社会で日本が認められるということに関しては非常に強烈な忌避感があるようで、来日した韓国人歌手ですらその話題になると「僕はダメです」と即座に席を外したというくらいに徹底されているということですから大変なものです。
もっとも韓国ではうっかりこうした場に留まって営業スマイルなど浮かべていようものなら親日派(売国奴)認定されて国にいられなくなるという話ですからやむを得ないところもありますが、局内からも「まるで韓国のTV局だ」なんて声があがるほどに韓流に入れ込んでいるフジテレビだけに、そのあたりの配慮は欠かすわけにはいかないと言うことなのでしょう。
しかし自分達の利益に直結するからといって、国の代表が一生懸命戦っている場を私物化してしまうのは仮にも公器を自称する身でどうなのかですよね。

彼らがどんな大所高所から国民を導こうとしているのかは知りませんけれども、導くにしてもその方向性がこの程度だと言うことでは一体どんなトンデモ船頭なのかと誰しも不安に駆られるのは当然ですし、実際に国民の側からはマスコミに対してノーが突きつけられているというのが彼らの業績にも表れているわけです。
実はちょうど今話題の地デジというものが彼らにとっては諸刃の剣で、一方では先日もお伝えしましたように彼らにとって既得権益を保持するための重要な手段であるからこそ熱心に推進してきたわけですが、他方ではこのご時世に高い金を出して新しいテレビなど買えるかとばかりに、彼らの主要顧客である高齢者層で一斉にテレビ離れの徴候が見られているようなんですね。
がっちり手堅い受信料収入でウハウハと思われていたNHKなどにしても、この地デジ化と併せて「ニュースなんて携帯で見れば十分」と受信契約解除の申し込みが殺到していると言いますから、彼らにとってこの地デジ化推進というのは思わぬ誤算になりつつあるのかも知れません。
しかしまあ、自分達の生命線とも言える部分ですらこの程度の知恵しか回っていない人々が国民を教え導いているというのも怖い話ですが、昨今の世情を見ると何やら久しく以前に彼らがやったことをそのまま繰り返しているように見えなくもないですかね…

|

« 怪しさを増したまま発展を続けるネット上での営業活動 | トップページ | 今日のぐり:「セルフうどん さざなみ 妹尾バイパス店」 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

後に、傷跡になって悩ませる原因になることがある
組職が損傷を被って傷の治癒過程が順調に進行
傷跡及び構築(引かれた傷跡)の程度が軽くなる場合が多いです。
正常な傷の治癒過程
http://www.pscliahn-j.com/

投稿: 麻南 | 2011年7月28日 (木) 18時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519753/52277034

この記事へのトラックバック一覧です: 衆愚は黙ってマスコミ様に踊らされておればよい、だそうです:

« 怪しさを増したまま発展を続けるネット上での営業活動 | トップページ | 今日のぐり:「セルフうどん さざなみ 妹尾バイパス店」 »