« 薬通販問題 あなた任せは伝統的な国民性でしょうか? | トップページ | 救命救急士事件続報 そして医師の能力別給与制導入を求める声について »

2011年6月 2日 (木)

救命救急士 またしても違法行為に手を染める?!

またこの手の事件か…と何かしら妙な既視感があるのですが、先日こういう記事が報道されていました。
個人的な意見としては救急隊の仕事はもっと手広くなっていってもいいんじゃないかと思っているのですが、どうもこういう似たような事件ばかりが続いてきますと「もしやこれは何とかの一つ覚えというものなのか?」と言う疑念を感じないでもありませんよね。

業務外の救命措置で消防指令停職6カ月 石岡市(2011年5月31日茨城新聞)

東名事故で静脈路確保

 石岡市は31日、業務外で救急救命行為を行ったとして、救急救命士で、同市消防本部の男性消防司令(54)を停職6カ月の懲戒処分にしたと発表した。併せて、監督責任として、消防長ら上司5人を訓告とした。

 同消防本部によると、消防司令は4月14日午後0時半ごろ、静岡県内の東名高速道路で自家用車を運転中、追突事故に遭遇。医師の指示を受けないまま、不当に所持していた同消防本部所管の救急備品の医薬品などを使って、けがをした男性運転手に静脈路確保の救命措置を行った。男性運転手の命に別条はなかった。

 同消防本部は、人命救助を目的だとしても、関係法規に抵触する可能性があるとして処分を決めた。

 鈴木徳松消防長は「再発防止へ、備品管理の徹底と再教育を図っていきたい」と話した。

勤務外で救命処置 停職6か月(2011年6月1日NHKニュース)

茨城県石岡市の消防本部の救急救命士の男性が、勤務が休みだったことし4月、交通事故の現場で救命処置を行っていたことが分かりました。法令では、救命処置を勤務時間外に行うことは認められておらず、消防本部は、この救命士を停職6か月の懲戒処分としました。

懲戒処分を受けたのは、石岡市消防本部の救急救命士で54歳の男性です。石岡市消防本部によりますと、救命士の男性は、勤務が休みだったことし4月、静岡県の東名高速道路で交通事故の現場に居合わせた際、けがをした男性の腕に注射針を刺すなどの救命処置を行ったということです。法令では、救命処置を勤務時間外に行うことは認められておらず、処置をとる際に本来は必要とされる医師の指示も受けていなかったということです。また、注射針などは、業務以外に持ち出しを禁じられた消防本部の備品だったということです。石岡市消防本部は、法令に抵触する可能性が高いとして、救命士を先月31日付けで停職6か月の懲戒処分にし、男性は依願退職しました。消防本部の調査に対して、救命士は「震災後、同じような事態が起きた際に、すぐに処置できるよう備品を持ち出していた。注射をしたのは、搬送先の病院ですぐに手当てを受けられるようにするためだった」と話しているということです。石岡市消防本部は「人命救助を目的とした行動であっても許されないことで、再発防止に努めていきたい」としています。

石岡市消防本部:救命士を停職半年 救急器具持ち出し、けが人に点滴打つ /茨城(2011年6月1日毎日新聞)

 石岡消防署(石岡市)に勤務する消防司令の男性救急救命士(54)が、休日中に偶然遭遇した交通事故のけが人に点滴を打っていたことが分かり、同市消防本部は31日、救命士を停職6カ月の懲戒処分にした。救命士が器具を持ち出し、医師の指示も受けていないことから、地方公務員法の信用失墜行為に当たると判断した。

 同本部によると救命士は4月14日、静岡県内の東名自動車道下り線で、追突事故を起こし胸を強く打ったトラック運転手に対し、静脈路確保を目的に注射針で点滴を打った

 救命士は休日で運転中にたまたま事故を目撃。器具は同本部の救急備品を持ち出し、自分の車に積んでいた。「内臓疾患の可能性があった。助けたい一心だった」などと話しているという。

 同本部の鈴木徳松消防長は「人命救助を目的にした行動であっても法規に抵触する可能性が極めて高く、誠に遺憾」とのコメントを発表した。【福沢光一】

何の薬剤を使用したのかはっきりしませんけれども、静脈路確保を目的にというくらいですからおそらくリンゲル液等でルートを確保したということなのかと推測しますが、ひとまず救急隊が到着する以前にそうした行為が必要であると判断したことが是か非かということは記事だけからは何とも言い難いところです。
命に別状はなかったという短い記述からすると通常考えて重症や重体ではなかったと思われ、一般論としてルート確保を行った後でそこから緊急処置用の薬剤投与を行うといった必要性がないというのであれば、単に静脈ルート確保だけを手早く行ったところでさほどの救命上の意義はないんじゃないかという気もするのですが、救急専門医の方々のご意見はどんなものでしょうかね?
ちょうど先頃も救命救急士の独断による違法な点滴行為が問題になりましたが、確かに救急患者を病院に搬送すれば大抵は真っ先にルート確保を行うものなんですけれども、こうも似たようなケースばかりですと同じ違法行為覚悟でやるなら見よう見まねでなく、もう少し状況を正しく判断してから適切な行為を行って欲しいと考えている先生方も多いんじゃないでしょうか。
この調子であちらでもこちらでも救急隊員が独断で違法な点滴行為!なんてワンパな記事ばかりが続くようですと、いずれ国民にしても「なんだ、救急隊員は単に習い覚えたばかりの点滴をやってみたいだけなんじゃないか?」とも受け取りかねず、それこそ世間的イメージの上でも信用失墜につながるというものですよね。

さて、一般的には定職6ヶ月といった処分は当分休んでいろというわけではなく、その間に退職しなさいという意味を込めた処分(実際に依願退職したそうですが)とされていますから、石岡市消防本部はよほどに救命救急士にあるまじき行為であると断じたということになりますが、何がそんなに消防本部の気に障ったのかということですよね。
NHKによると勤務時間外にやったのが悪いかのように思えますし、法規に抵触する可能性云々からは違法な静脈路確保を行ったのが悪かったのかとも思えるのですが、第一報の茨城新聞の記事を見てみますと消防長のコメントとして「再発防止へ、備品管理の徹底と再教育を図っていきたい」という声が取り上げられているのは気になるところです。
まさかに同消防署としては救命救急士がいざというときに備えて職場の備品を勝手に持ち出していたことを問題視しているということであれば、処分の是非は別にしても理由として考えるといささか世間の感覚とポイントがずれているんじゃないかなという気もしますから、いったい何が悪かったのかということを処分前にもう少しはっきりさせていかなければならないですよね。
そもそもこの行為が適切なものだったのか、少なくとも法律上は認められていないのに敢えて法を犯してまで行う意味があったのかが実際的に一番のポイントであるわけですし、記事から見る限りではその必要性があったようにはさほどに見られないわけですから、本当に意味のない行為をやったのだとすればその点を堂々とアピールすればよいのですよ。

もちろん点滴ルート確保を救命救急士が独断で行うということは禁じられた行為であって、私用の車に備品を勝手に持ち込んでいた時点で違法行為に手を染める目的であったことが明らかなんですが、違法行為と言われるならまだしもそれが信用失墜行為であると言われると、世間の人々は杓子定規に過ぎるじゃないかと処分した側の方に信用を無くすんじゃないかなという気もしないでもありませんよね。
それよりも行為自体がこの場合軽率で取り急ぎ行う意義に乏しいものであった、そうした間違った行為を避けるためにも真っ先に医師の指示を仰ぐべきであったのに独断で行動してしまったことが問題であり、最初から盲目的に使用することが前提で薬剤を持ち出すという時点で判断を誤っているのだと、事を分けてきちんと説明をしていけば世間の理解も、同僚の救急隊員の納得も得られやすいはずです。
一刻を争う救急の現場になると何かをしなければと気ばかりあせるものですけれども、無益ではあっても有害であることはまず考えられない情報収集作業に務め医師の判断をサポートするとか、何より緊急性が高いはずの気道確保や止血処置を行っていくとか、あるいは高速道路だけに二次災害の危険性を少しでも低減するとか、少なくともこの段階で素人が四苦八苦しながらルートを取っているよりも先にやることはあるはずですよね。
救急隊による医療行為は諸外国並みにもっと拡充していってもいいんじゃないかという議論は以前からありますけれども、その大前提として最低限間違った判断や誤った行為はやらないだけの知識があることを示す必要性があるはずなんですが、今のところ事件として聞こえてくる限りでは「これは仕方ない。むしろ腹をくくって良くやった」と手放しで称讚されるようなケースがさっぱり出て来ないというのが気になります。

意識障害だと搬送されてきた患者が単なる酔っ払いだったとか、救急隊の診断能力?というものは結構医療現場においてはネタにされているところがありますけれども、あれもとりあえず患者を医療施設に押し込むための方便ではなく真面目に判断してのことだったのだとすると、これはさすがに独断で医療行為まがいのことをさせるには危険すぎるという話になってしまいますし、まさにそうした疑念を抱かれつつあることが一番の問題であるわけです。
救急隊の教育カリキュラムの詳細がどうなっているのかはわかりませんけれども、救急隊よりは日常的に医療の実際に精通しているはずの看護師にしても、あまり適切な判断が出来ていないように見える局面が少なからずあるという現実を考えると、恐らく状況に応じて最善の処置を選択するというレベルには到底達していないんじゃないかとは予想できますから、携帯も普及した時代にせめて医者の意見を聞くくらいのことはやってもらうべきなんじゃないかと思います。
もちろんひたすら規則遵守だけを追い求めて現場が萎縮してしまうようでは国民にとっても不利益ですから、やる気のある隊員達の意欲までスポイルしてしまうのは愚の骨頂というものですけれども、このあたりは医者の側も単に禁止だ、勝手にやるなと言うのみでなく判断の基準となる知識や方法論をきちんと示し、少なくとも法に触れてまで間違った選択はさせないための教育に手を貸していく必要はあるでしょう。
研修医などもちょっと仕事を覚えてくると「ここでやらなければ患者さんが大変なことに!」とテンパってしまって、上司もいないところで無茶な処置に手を出してしまいがちなものですけれども、どうせ法律に違反してもいいというくらいに覚悟を決めてしまうのであれば、誰からも称讚され感謝されるような仕事をしましょうよということですよね。

|

« 薬通販問題 あなた任せは伝統的な国民性でしょうか? | トップページ | 救命救急士事件続報 そして医師の能力別給与制導入を求める声について »

心と体」カテゴリの記事

コメント

大量出血でショック状態だったとか、患者の状態がもう少し判れば評価も出来るんでしょうけど、これだけの情報では判断が妥当だったのかどうかも何とも。
ただ読売の記事を見ると内臓損傷よりも肋骨あたりかなと疑わせるような書き方で意識もしっかりしてたみたいで、重症の恐れがあると考えたところから即座にルート確保しなければって判断したこととの間にずいぶんと飛躍があるように感じるなあ。

 同本部によると、男性は休日だった4月14日午後、静岡県内の東名高速道路を走行中、大型トラックが停車中の清掃車両に追突する事故に遭遇した。トラック運転手が「胸あたりが痛い」などと訴えたため、ハンドルで胸部を強打し、重症の恐れがあると判断。その後、所持していた注射器などを使い、運転手に静脈路確保の救命処置を行った。男性は一連の行為を同日中に上司に報告した。
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110602-OYT1T00248.htm?from=navr

投稿: kan | 2011年6月 2日 (木) 10時39分

 この救命救急士の最大の問題は「輸液セットを持ち歩いていれば、それが役にたつ場面に遭遇するかもしれない」と考え、実行してしまったことだと思います。
 それに比べれば、その前後のこと(=署から備品を持ち出したこと、実際にルート確保したこと)は、問題のレベルが低いと感じます。

 つまり、単に持ち出して家に置いておいただけなら、(文房具とはわけが違うのだから)なんらかの処分を受けるにしても、もっと軽くていいと思います。
 あるいは、事故に遭遇した時 たまたま輸液セットを持っていた あるいは 輸液セットがそこにあった という状況(どんな状況やねん!?)で「助けたい一心で」ルート確保してしまったのなら、その心情を汲むこともできます。
 しかし、それはしてはいけない行為であると知っているのに、その場面に遭遇したら静脈確保してやろう と準備する、というのは、私にはかなり危険な性向だと感じられます。

投稿: JSJ | 2011年6月 2日 (木) 12時48分

ブラックジャックじゃあるまいし、医者だって救急セットを持ち歩いたりしませんよ。
勤務医が勝手に持ち出せば、それは窃盗行為ですしね。
個人の開業医が往診かばんを常に携帯してるのなら、それは趣味でいいんでしょうけどねw

この救急救命士の問題は、職場の備品を勝手に持ち出した窃盗行為が一番だと思います。
これは注射器の横流しなどに通じる大問題で、管理者の責任も大きいものです。
持ち出したセットで、自己判断でルート確保したのは、完全に医師法違反でしょう。
その状況を期待していたのでしょうから、確信犯ですね。

この救急救命士を擁護する意見が多数寄せられていたのに驚きました。
常識が通じない、物事の表面しか見ない、マスゴミに毒された人間が増えてますなぁ。

投稿: 通りすがり | 2011年6月 2日 (木) 13時15分

推測の域を出ませんが、もしアドレナリンのシリンジを持ち出していたとすればとんでもないことです。もし勤務医が許可無くそれをやったら、懲戒解雇されても文句は言えません。たとえリンゲル液であっても、厳しい処分となるのはやむを得ません。

某所に書かれていた例え話。
「警察官が非番の時に拳銃を勝手に持ち出していたら万引き犯を発見。警告や威嚇射撃無しで発砲して万引き犯に怪我を負わせた上で確保」

投稿: クマ | 2011年6月 2日 (木) 16時39分

詳しい状況を聞けば聞くほど救命救急士制度の構造的な問題であるのかなという印象も強まってきていて、少なくともこれを単なる美談的な扱いは非常に危険なことだと思います。
ただ未だに個人的な感情としては、思わずやり過ぎてしまうタイプの人間は出来るだけ援護したい気持ちはありますね。
経験論的にやらないで失敗するタイプは何をどうしようが結局やらないままだが、やり過ぎるタイプの人間は教育によって化ける可能性がありますから。
そういう適切な教育をこの歳になるまで受けられなかったという意味でも、これはやはり制度の構造的な問題なんだと思います。

投稿: 管理人nobu | 2011年6月 3日 (金) 10時09分

処分される側にとっても単にルール違反だからというのではなく、なぜそれが間違った行為だったのかをきちんと示すことが必要だと思います。
ネット上でも肝腎の医学的な検証を抜きにして感情論ばかりが先行しているのは気になりますね。

投稿: 通りすがりのただの人 | 2011年6月 3日 (金) 14時51分

>経験論的にやらないで失敗するタイプは何をどうしようが結局やらないままだが、やり過ぎるタイプの人間は教育によって化ける可能性がありますから。

医療従事者としては、どっちもダメだと思います。
分からないこと、経験のないことは上に聞くことが一番です。
何が問題かわからず、報告さえしてこない馬鹿→使えないやつ
能力もないくせに先走る馬鹿→危険極まりないやつ
どちらも、教育しても伸びないタイプです。
今回の救急救命士は、どちらでもありません。
独りよがりな大馬鹿です。

投稿: 通りすがり | 2011年6月 3日 (金) 22時56分

医師が金銭抜きのボランティアで、順番に同乗すればいいと思う

投稿: | 2011年6月 4日 (土) 15時32分

非常時の一時しのぎならともかく日常的かつ大規模に行われる業務で、金も暇も善意も満ちあふれているような希有な人材の一方的な献身と自己犠牲に頼るなんて制度は成立するはずがないでしょう。

投稿: kan | 2011年6月 6日 (月) 14時28分

使用した点滴などの資器材は無断もちだしとのこと。人道的行為というまえに泥棒だと思います。持ち歩いていた点滴などは車のトランクにいれっぱなしのものだったのでしょうか?品質が劣化したものを使用したのでしょうか?いずれにしろ法律に違反して針を刺したのですから傷害罪に値するのではないでしょうか?

投稿: 米米ちゃん | 2011年6月29日 (水) 12時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519753/51825779

この記事へのトラックバック一覧です: 救命救急士 またしても違法行為に手を染める?!:

« 薬通販問題 あなた任せは伝統的な国民性でしょうか? | トップページ | 救命救急士事件続報 そして医師の能力別給与制導入を求める声について »