« 地震関連 まさかそんなことはないはずですが | トップページ | 心ない風評被害が広がっています »

2011年3月22日 (火)

義援金詐欺に注意を、だそうです

震災支援も本格化している中で、先日金融庁からこういう警告が出ていることには注目しておかなければなりません。

義援金詐欺に注意を 金融庁が呼び掛け(2011年3月18日サンスポ)

 金融庁は18日、東日本大震災の義援金の募集を装った振り込め詐欺など、善意に付け込んだ犯罪が発生しているとして、ホームページで注意を呼び掛けた。

有名なボランティア団体を名乗ったり、公的機関と似たような名称を使って、銀行口座に現金を振り込ませ、だまし取ろうとしているという。同庁は信用できる団体かどうか十分確認することが重要とした上で、不審な場合は警察や金融庁に相談するよう求めている。(共同)

さて、かねて有名な国連機関ユニセフと関係があるように名乗ってお金を集めていることで有名な日本ユニセフ協会という団体がありますけれども、この団体が今回の震災に関連して何故か国内で募金活動をやっているということが注目されます。
そもそもこの日本ユニセフ協会なる団体、50年前に作られてから阪神大震災や雲仙普賢岳噴火など国内数多の災害に関しても全く知らぬ存ぜぬを決め込んで、平素あれだけ日本人から集めてきたお金を過去一度たりとも日本国内で使ったことがないと言う団体なんですね。
当の日本ユニセフ協会ではこの事実に関して「日本が、世界に類を見ない水準の支援体制を国内に持つ国であり、また、日本政府の支援要請も無かった」ためだと言っていますが、その日本ユニセフ協会が何故今回に限って唐突にこんなことを言い出したのかと、事情を知っている人間であれば誰でもそう思うでしょうが、やはり彼らは想像のさらに一歩斜め上を逝くようです。

日本ユニセフ協会の募金、インターネットで疑問の声続出(2011年3月20日Spotlight)

16日より開始された日本ユニセフ協会による震災募金に対し、「一種の詐欺では」とインターネット上で疑問の声が続出している。問題となっているのは東日本大震災用に設置された募金の使用先についてだ。

日本ユニセフ協会の広報室が掲載している文章によると、「こちらでお預かりした募金は、全額、子どもたちを中心とする被災者の方々への支援に活用させていただきます。」としながらも、「なお、被災者の皆さまへの支援が行き届き、ユニセフと日本ユニセフ協会が提供できる内容の支援が被災地では必要ないと判断される場合」は他国の紛争地域等に募金が回されるとしている。この文章がサイト上の隅に置かれ確認しづらい事からも「ある意味で意識的な搾取か」との声も飛び出している模様だ。

また、同文章の前に記述されている挨拶文の内容についても、丁寧な書き方ながら「本来のユニセフの活動は発展途上国の支援」「他の活動が制限されるが、日本を支援する」「既に募金活動を始めている」など少々変わった内容となっており、「厚かましいのでは」「そんな苦渋の決断では救われる方も困惑」といった声が挙がっている。

「必要以上の募金、他国への支援に」 日本ユニセフ協会方針に異論も(2011年3月20日J-CASTニュース)

   東北関東大震災への募金をめぐり、日本ユニセフ協会(東京都港区)の方針が話題となっている。同協会は「当緊急支援に必要な資金を上回るご協力」があった場合、「他国での自然災害などによる緊急支援に活用させていただくことがある」とことわっている。この情報が断片的にインターネット上で紹介され、「おれの募金はアフリカへ行くのか?」などとちょっとした騒動になっている。

   日本ユニセフ協会は、2011年3月16日付で協会サイト内に「東日本大震災(東北関東大震災)への、日本ユニセフ協会ならびにユニセフの対応について」という文書を掲載した。

「被災者のための募金がアフリカに」

   同協会によると、通常行っている募金は、主に開発途上国の支援活動に使われているそうで、国内の緊急支援活動を実施するのは、1959年の伊勢湾台風以来だという。

   3月16日の文書では、今回の大震災への募金を受け付ける口座を設置したことを報告し、「こちらでお預かりした募金は、全額、子どもたちを中心とする被災者の方々への支援に活用させていただきます」としている。

   この後ただし書きが続き、「なお、当緊急支援に必要な資金を上回るご協力をいただいた場合(被災者の皆さまへの支援が行き届き、ユニセフと日本ユニセフ協会が提供できる内容の支援が被災地では必要ないと判断される場合)ユニセフが実施する他国・地域での紛争・自然災害などによる緊急・復興支援に活用させていただくことがありますので、ご了承願います」とことわっている。

   このただし書き部分が断片的にネット上に伝わり、ツイッターや2ちゃんねる、個人ブログでは、「義援金は全額使わず、アフリカとかに回す」「被災者のための募金がアフリカで使われる」などの反発が相当数出ている。「『これ以上被災地に必要ない』って誰がどういう基準で判断するんだ?」という疑問の声もある。

「どこが問題なんだ?」の声も

   一方で、「(日本ユニセフ協会方針の)どこが問題なんだ?」「嫌ならほかの団体に寄付すればいいだけの話」といった「擁護論」もある。「(他国支援へ回す可能性は)募金活動開始直後に言うのではなく、状況が少し落ち着いてからにすれば良かったのに」という指摘もあった。

   J-CASTニュースは3月20日、日本ユニセフ協会に何度か問い合わせてみたが、連絡が取れなかった

   日本ユニセフ協会は現在、赤松良子・元文部大臣が会長を務めている財団法人だ。同協会サイトによると、「ユニセフ(国連児童基金)の趣旨に則り、児童の福祉増進に寄与するため(略)国民による国際協力の実施を促進すること」を目的としている。また、「あくまで国内の組織で、国連組織ではない」とも説明している。1977年、正式にユニセフの(日本)国内委員会として認められたという。

しかし世界銀行が「復興には5年間はかかる。損失は1230億~2350億ドル」なんて見積もってる巨大災害に対して「余ったら外国に回しますから」って、どう見ても義援金が余りようがないと思うのですが、支援ではなく敢えて「緊急」支援と期間を限定してあるのがポイントなんでしょうかね?
いずれにしても「例を見ない大地震であり、これには日本ユニセフ協会も大原則を曲げてでも支援をする用意がある。ついては日本の皆さんには義援金を出して貰いたい」と言われれば、誰でも集めたお金は震災のために使うものだと思うでしょうに、それが震災の為に使うのでなく外国に回すのだと言われれば誰でも「は?なに言ってんの?」と感じるのが当然でしょう。
それは例によってその1/4は中抜きされたり豪華な「ユニセフハウス(笑)」に注ぎ込まれるまでは我慢できても、さすがにこれはおかしいじゃないかと感じた人も多かったのでしょう、当該の注釈部分は何度も何度も書き換えられているようなのですが、結局「余ったら外国に回しますから」という肝腎のところは変わってないのが彼らの意志の強さを示しているのでしょうか。
今回も例によって「これはちょっと」と感じた中の一人が日本ユニセフ協会に電突を行っていますが、この時の日本ユニセフ協会の発言がまたおもしろいのですね。


でも、今回の「東日本大震災緊急募金」で「募金が余る」なんてことは考え難いのですが、「募金が余る」という判断は何を基準に行うんですか?

日本ユニセフ協会
基準ですか?


はい、基準です。
金額とか、何らかの目安とする金額の何パーセントだとか、誰が決定するだとか、何らかの判断基準があると思うのですが、誰が何を目安に「募金が余った」と判断するんですか?

日本ユニセフ協会
そのような基準は具体的には設定していません。
どこまで復興すれば復興したと判断するかなど、判断基準は難しいと思います。

「基準は具体的には設定していません」「基準は具体的には設定していません」「基準は具体的には設定していません」
大事な事ですから三度繰り返してみましたが、となると現場の状況はどうであってもただ日本ユニセフ協会さんが「もういいよね」と判断してしまえば、お金は丸々勝手に使われても文句は言えないってことですよね。
そもそもが震災復興など日本ユニセフ協会の本来の活動とはかけ離れたものであり、この団体には過去半世紀も国内での活動実績がないわけですから、そんなノウハウもない団体が大きなお金を集めてもまともな支援活動を行えるとも思えないし、万一真面目にやろうとしたとしても非常に非効率な活動になることが目に見えていますよね。
しかも集まったお金のうちいったい幾らが日本の震災の被災者のために使われるのかは全く判らない、それなのに被災者支援の義援金ですと偽って多額のお金を集めているとはいったい何なのでしょう。
普通の組織が震災支援に名を借りて巨額のお金を集め、こういう商売をやっていれば少なくとも詐欺と言われて当然でしょうが、とりあえず日本の震災被害者のためになけなしのお金を出したいと考えている方々は、他の組織を利用した方がご自分にとっても被災者の方々にとってもはるかに良いだろうとは言えると思います。

ちなみに3月18日午後12時までに日本ユニセフ協会では総額3億5000万円もの支援金をかき集め、この巨額のお金で仙台に飲料水20tを送り出すという輝かしい実績を上げたということですから、この調子で行きますとさぞや素晴らしい成果と大きな過剰金とが期待できるのでしょうね(苦笑)。

|

« 地震関連 まさかそんなことはないはずですが | トップページ | 心ない風評被害が広がっています »

心と体」カテゴリの記事

コメント

今回の地震で立ち上げられた義援金募集の話って、調べて見ると怪しいのが多いですよね。
有名人が義援金送るから協力してなんて言ってるけど、直接支援団体に送らせりゃいいのに何の意味があるのか判らない。
まさかファンから金を集めて自分名義の大量募金で節税対策のつもり?

投稿: 匿名希望 | 2011年3月22日 (火) 14時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519753/51181518

この記事へのトラックバック一覧です: 義援金詐欺に注意を、だそうです:

« 地震関連 まさかそんなことはないはずですが | トップページ | 心ない風評被害が広がっています »