« テロ集団シーシェパード(SS) 明かされるその実態 | トップページ | 問題を抱え続ける地域医療の今 »

2010年12月 5日 (日)

今日のぐり:「本家大梶」&「田中屋」

最近お食事系の記事が少ないのではないかとクレームをいただきまして、それならばと今回は食べ物に関連する話ということで注目すべき話題を取り上げてみたいと思いますね。
まずは最近ちょっとした人気というこちらの記事からですけれども、まあクロレラなどというものも売られているくらいですから…ねえ…?

1切れ2億匹!ミドリムシ入りカステラ大人気(2010年11月24日産経新聞)

 高松市の菓子店「宗家くつわ堂」が、健康効果が期待されるミドリムシを使ったカステラの商品化に成功、売り出しから約3カ月で全国から注文がくる人気という。

 ミドリムシは水中にすむ原生動物で、体長0.1ミリ以下。ビタミンB群、亜鉛など多様な栄養素を含むため美容、健康効果が期待できるといい、カステラ1切れ(厚さ約2・5センチ)に約2億2千万匹が入っている。

 ミドリムシは、東京大学内で研究開発しているユーグレナ社が、世界で初めて屋外大量培養に成功。同社とミドリムシ入りサプリメント「まいにちみどりん。」を開発した高松市の会社が「多くの人にミドリムシを食べてほしい。お菓子にできないか」と、旧知のくつわ堂総務部長、田村照夫さん(48)に相談した。

 試行錯誤の末、「みどりむしかすてら」が誕生したものの、「最初は売れるか心配だった」と田村部長。店頭やインターネットの大手ショッピングサイトで8月から販売したところ、問い合わせが相次ぎ、今では1日に約10本売れるという。

 ミドリムシの乾燥粉末や抹茶のほか、こんにゃく粉を混ぜ、通常よりカロリーを半減した。1本1995円。問い合わせは同店(電話087・851・9280)。

どこの池にもいるこのミドリムシという生き物、炭酸ガスと日光があれば日に二倍というペースで増えていくという性質があって、近頃ではバイオ燃料の材料などとしても期待されているということですから、まさにこの地球温暖化時代に最適の食材ということになりますけれども、結局は味ですかね?
先日見かけて以来ちょくちょくと話題になっているらしいのがこちらのニュースですが、人間の食というものに対する業の深さのようなものを感じさせる話でもありますね。

不潔vs香り 世界一高いコーヒー「飲んじゃダメ」(2010年7月21日産経新聞)

 インドネシアにおけるイスラム教の最高権威「ウラマー評議会」がジャコウネコの糞(ふん)から採れる世界で最も高価なコーヒー「コピ・ルアク」をイスラム教徒が飲むことを禁止するファトワ(宗教裁定)を出すことになりそうだ。19日、AP通信が伝えた。

 理由は「不潔だから」という。コピ・ルアクとは、ジャコウネコがコーヒーの果実を食べ、消化されずに排出された種を洗浄したもの。独特で複雑な香りが特徴で、1キロ440ドル(約3万8000円)もするという。

今の時代ですからネットで見るとあちこちで「飲んだ!」という話題が出てくるのですが、プラセボ効果込みなのかも知れませんが甘く強い香りが素晴らしいと専らの評判で、これはインドネシア人ならずともコーヒー好きは一度は試してみたくなるものなんでしょうか?
人間の業ということで言えばこちらもまあそうなんだろうなと感じる話題ですけれども、こちらの場合はなにやら思いがけない結末になったようです。

30キロ増バーガーのせい、マックに支払い命令(2010年10月29日読売新聞)

 【リオデジャネイロ=浜砂雅一】ブラジル南部リオグランデドスル州の労働裁判所が、「12年間で30キロ太ったのはハンバーガー試食を強制されたせい」というマクドナルド元店長の男性(32)の訴えを認め、同社に3万レアル(約140万円)の支払いを命じた。

 28日、ブラジル紙「エスタード・デ・サンパウロ」が報じた。

 男性は、会社が店に送り込む秘密調査員に備えるため、ハンバーガーの試食を毎日、事実上強制されていたと主張。従業員に無料提供される昼食は高カロリーのメニューばかりで、70キロ余りだった体重が105キロに増えたのは会社の責任だと訴えた。マクドナルドのブラジル本部は、「従業員にはバランスのとれたメニューを提供している」と反論し、控訴を検討しているという。

こういう話題では訴訟大国アメリカを象徴するような電子レンジ猫なんて話が有名で、結局あれは単なる都市伝説ということになったようですけれども、今回の場合は一応強制性があったと言うことがポイントだったんだと思うのですが、素朴な疑問としてマクドナルドの試食が「バランスの取れたメニュー」と言えるかどうかは突っ込みどころですよね。
おなじみブリからはまた例によって有益なのかどうなのか微妙な研究が発表されていますけれども、これは麻薬類が禁止されている日本のような国と合法化されている国とではいささか受け取り方が異なりそうな調査結果ではありますかね。

アルコールはコカインやヘロインより危険? 英研究(2010年11月2日CNN)

ロンドン(CNN) アルコールはコカインやヘロインなどの薬物に比べ、摂取する本人と他人にとって危険性が高い――このような研究論文が1日、英医学誌「ランセット」のウェブサイトに掲載された。

この研究は、英刑事司法研究センターの支援を受け、薬物に関する独立科学委員会の研究者らが行ったもの。16項目の評価基準を用い、20種類の薬物等の身体的、精神的、社会的問題を評価、比較した。その結果、アルコールの危険性は100点中72点と、総合的に最も高いことが示された。これは、コカインやたばこの約3倍の危険性に相当するという。

個別にみると、摂取する本人への危険性が最も高いのはヘロイン、コカイン、メタンフェタミン、他人への危険性が最も高いのはアルコール、ヘロイン、コカインとなった。

研究者らは論文のなかで、薬物所持や薬物取引の処罰を判断する際の基準とされる英国の薬物分類システムは、薬物の本来の危険性とほとんど関連性がないと指摘。さらに公衆衛生上、アルコール害に特化した対策が有効かつ必要ともしている。

この論文の共著者は、エクスタシーは乗馬ほど危険ではないとする論文を昨年発表して議論を巻き起こしたデイビッド・ナット教授だ。同教授は後に、この論文を不快に感じた人やエクスタシーで家族を失った人などに対し謝罪したうえで、薬物の危険性を矮小(わいしょう)化する意図はなく、危険性を比較したかっただけだと主張した。

今回ランセットに発表された論文では、エクスタシーの危険性は9点で、アルコールのわずか8分の1とされる。

個人的な意見として、麻薬類というのは大抵が一定量を使用するものですが、アルコールの場合摂取量にその都度極めて大きな差がありますから、どの程度の摂取かということも非常に重要な要素になるのではないかと思うのですが、逆にほろ酔い加減であるからこそ飲酒運転に走るといった類の危険性もあるのかも、ですね。
先日見かけてちょっと気になったのがこちらのニュースですが、なるほどこれも文化の差というものかと妙に納得するところもありそうな話です。

【注目ワードコラム】カレーは混ぜる派?混ぜない派?(2010年08月27日livedoorニュース)

誰にでも手軽に美味しく作ることができるルーの登場により、家庭料理として広く定着した日本の国民食、カレーライス。それぞれの家庭にはそれぞれの味、それぞれの食べ方があるのではないでしょうか。さて、その「食べ方」に関してとりわけ多くの議論を呼ぶのが、食べる前にご飯とルーを全部混ぜるか、否かという問題。みなさんは、カレーライスを食べるとき、全部混ぜる派、それとも混ぜない派?

●カレーの食べ方で結婚生活が破綻する?

1月に投稿された、発言小町の「カレーを混ぜて食べる彼って…」という質問が注目を集めました。トピ主によると、結婚を考えている恋人を家に招待し、母親の手作りカレーライスをふるまったところ、ルーとご飯を混ぜてから食べ始めたのだそう。すると後日、トピ主の母親が「彼のカレーの食べ方には驚いたね」と発言。それをきっかけに、彼との結婚生活について考え始めたトピ主。「カレーの食べ方ひとつで結婚生活が破綻することはあるのか」と投げかけたところ、回答者からは「そんな人はどこにでもいます」、「結婚は異文化の激突」、「結婚なんてそんなもの」など、大した問題ではないとする声が多く聞かれました。さらには、カレーの本場・インドの作法や、食通で知られるタモリさんが混ぜる派であることなどから、「混ぜてから食べる行為はマナー違反ではないのでは」という見解も。しかし一部の回答者からは、「全部ぐちゃぐちゃはハシタナイ」「他人がそうしていたら嫌いにはならないが、できれば見たくない」という声も上がっていました。

では、実際のところ、カレーライスを混ぜて食べる人はどのくらいいるのでしょうか。YOMIURI ONLINE「カレーライス、全部混ぜますか?」のアンケートによると、「混ぜない」と答えた人が63.2%、「混ぜる」と答えた人が「35.5%」と、混ぜない派が多いようです。前述のトピックの回答も含めると、自分は混ぜない派でも、他人の食べ方まではいちいち気にしないというのが、一般的な意見なのかもしれません。

●カレーとご飯、どっちが右?

さて、カレーの食べ方に関しては、ご飯とルーの位置関係が気になるというこんな質問も。教えて!goo「カレーの食べ方攻め方」は、他の人とカレーの食べ方が違うことに気付いたという質問者からの投稿。「むかって右側がカレーになるように皿を置き、ご飯との境目から攻める」という質問者に対し、ご飯とルーの左右が逆、ご飯とルーを垂直に配置するなど、回答者からはさまざまなパターンが挙がっています。中でも興味深いのが「ご飯をルー側に寄せるようにして食べる」という回答。こうすることで、食べ終わった後カレーのルーで皿の汚れている分量が少なく、見た目にきれいに食べ終われるのだそう。

庶民の胃袋を満たす大衆食、カレーライス。これがマナー違反であるという明確なルールはないようですが、食べ方には人それぞれの強いこだわりがあるようですね。(熊)

結婚生活すら破綻しかねないとなればこれは大問題ですけれども、むしろカレー皿の置き方にこだわる人間も結構いるという点が興味深いんですが、こちらの方はそれぞれにきちんと理由もあってのことであるようなのが面白いもので、ちなみに管理人は混ぜない、カレー右側で統一しているというスタンスです。
さて、同じくカレーつながりでこういう記事もありますけれども、これはちょっと哀しい物語ということになるのでしょうか?

悲しすぎるネパールカレー屋(2010年11月9日ロケットニュース24)

カレーというと、もはや国民食といっていいほど日本人に定着した料理だ。日本式のカレーも美味しいが、ナンやサフランライスで食べるインドカレーも美味しい。そんな日本人に愛されてるカレーだが、東京都板橋区に珍しい「ネパールカレー」のレストランを発見した。

そのレストランの名は『だいすき日本』。日本が大好きなネパール人店主が、2010年10月19日に新規オープンした店のようだ。しかしこの店、経営状況がよろしくないようで、店主がTwitterで悩みや今の不安な気持ちを語っているのである。彼がTwitterに書き込みしたつぶやきは以下の通りだ。

・きようも とっても つらいランチ でした ひと くみでふたり おわってしまった ちらし くばりとか やってますけど ちらしもってきた きやくは いまのところ きてない びかす どうなちゃうだろ ほんとに こわくなってきました

・天気 は はれなのに おきやくさん こなくて まってました きよう はじめて ツイッター みて おきゃくさん きました。おいしい まだ ともだち つれてきます と いいました

・デイナは 男と おんな ふたりだけきました 19:00じ すぎ ふたりとも キ-マと ナン たべて かいりました

・おひるは 6 くみで 11にんです。 びかすの おんなのひと ともだち のぼり つくってくれたひと きてくれた うれしかた まだ 電車 なので 25:00 じ ごろ おうち つくともうので ついたら おやすみします

・東京 はれでしよう いま よるは ごにん おきやくさんきました ひとくみは びん ビルと ちよっと おつまみ たべて かえりました けど おひる ランチ で きてくれた おきやくさんで うれしい かったです

このつぶやきはバイオハザードの研究員の日記ではなく、店主のメールを代理人がtwitterにそのまま転載したもののようだ。それにしても、内容があまりにも悲しすぎる。

実際にこの店でカレーを食べた人の感想をブログや掲示板で読んでみると、どれも絶賛のコメントばかり。客がこないというだけで、味は絶品のようだ。

彼のツイートを100人以上がリツイートしており、応援する人も少しずつ増えている様子。悲しすぎるネパールカレー屋が、美味しすぎて繁盛するネパールカレー屋になる日は来るのだろうか?

ちなみにツイッターのおかげなのかどうか、昨今では少しずつお客さんも増えてきて嬉しいという近況報告が出ているようで、いよいよ定休日も導入するなんて話がまたいじましくて泣けるんですが、当「ぐり研」的には足を運んでみたという方は是非ともリポートをいただければと思いますね。
さて、ネット界隈を徘徊していると時折「これはいったい何?」と思うしかないような困惑する話題も珍しくありませんが、その一つを紹介してみましょう。

ドラマサザエさんスペシャルで伝説の回「全自動卵割り機」がきた! 「びゃあ゛ぁ゛゛ぁうまひぃ゛ぃぃ゛ぃ゛」 (2010年8月8日ガジェット通信)

本日の18時半から放送している『夏休みスペシャルドラマ サザエさん2!! アニメとドラマで2時間半!』にて19時30分頃の予告に伝説の回「全自動卵割り機」が再度放送されるとの情報が。現在この記事が書いている時点ですでに『2ちゃんねる』の実況スレッドで盛り上がっており以下の様な書き込みがされている。

・タマゴ割り機キタああああああああああああああああああ
・自動卵割りきだと!!
・伝説の神回w
・ちょwフジわかってるな!
・スレが荒れる予感キタ━━━━━━━━━━(゜∀゜)━━━━━━━━━━!!!!!!!
・自動卵割り機なんて誰向けだよw
・風呂いけねーw

と、「全自動卵割り機」の回のネットでの知名度はなかなかのものだ。

「全自動卵割り機」というのを分からない人の為に補足をしておこう。「全自動卵割り機」は実際にアニメサザエさんで放送された回でそのエピソードの正式なタイトルは「父さん発明の母」。波平がお土産に「いいもの買ってきたぞー、ほーれー! あっと驚く主婦の味方だよ」と「全自動卵割り機」を買ってきたのだ。そしてお土産の「全自動卵割り機」を実演してみたところカツオ、ワカメ、タラオが食いつき何個も卵を割る始末に……。仕方なくだし巻き卵を作ったところそれを食べたマスオが「びゃあ゛ぁ゛゛ぁうまひぃ゛ぃぃ゛ぃ゛ やっぱり機械で割ったたまごはひと味違いますねえ!」と伝説のセリフを。この中の「びゃあ゛ぁ゛゛ぁうまひぃ゛ぃぃ゛ぃ゛」が動画サイトでも流行りMAD動画(改変動画)まで多く作られるようになった。

今回は実写版ドラマで19時53分頃に「全自動卵割り機」が登場。アニメとは異なり波平が竹で自作した物のようで、更に卵がろくに割れないポンコツ卵割り機だった。アニメのような機械仕掛けではなくピタゴラ装置のような物を想像してくれたらいい。ドラマで卵を割るようになった経緯はホットケーキを作っている際に卵を楽に割れるようにということらしい。その卵割り機はエピソードの最後に流しそうめんとなり再利用されましたとさ。

フジテレビもネットユーザーの間での卵割り機の人気を知っているのだろうか? どうせなら徹底して「びゃあ゛ぁ゛゛ぁうまひぃ゛ぃぃ゛ぃ゛」を再現して欲しかった。中途半端で消化不良……。

ま、リンク先の方では「伝説」の動画なども出ているようなんですけれども、むしろネラーなんて人種がサザエさんまでこまめにチェックしているということの方が意外性がある話でしょうかね?
最後に卵つながりということで、おなじみブリからこういう話題を紹介してみようかと思いますけれども、ちょっと想像するのに困難を覚える話なのも確かですかね。

通常の2倍以上 長さ9cmの鶏卵産まれる 英国(2010年12月02日国際時事新聞)

 英国で、産卵開始後間もない雌鶏が長さ9センチにもなる巨大な卵を産んだと、英デイリー・メール紙が報じた(Daily Mail 2010年11月29日)。

 巨大な卵を産んだのは、イングランド南西部のドーセット州クライストチャーチ在住のデニス・スローンさん(52)が飼育する「ボルト」という名前の雌鶏。先月、生後20週で巨大な卵を産み落とした。

 卵の大きさは通常の2倍以上で、長さは9センチ。無精卵のため、ふ化することはないという。

 ボルトは産卵開始後まだ3週間の若鶏で、これまでに産んだ卵はすべて通常の大きさだったとのこと。鶏を飼育して15年になるというスローンさんだが、これほど巨大な卵が産まれたのは初めてとのことで、「アヒルの卵より大きい。オムレツが2つ作れちゃう」と驚きを口にしているという。

ちなみに国内でも時々同種の「特大卵」報告というものはあるのですが、一般に卵のサイズが変わっても卵黄の部分はそう大きな差はないということですから、オムレツにして食べるにはいささか水っぽい味になってしまいそうですかね?

今日のぐり:「本家大梶」&「田中屋

出雲大社の門前には沢山の蕎麦屋が軒先を連ねていますけれども、その中でも比較的外れに近い場所に位置しているのがこちら老舗の「大梶」さんです。
といっても、ちょうど目の前がレトロで味のある木造駅舎が保存されている旧大社駅ということで、昔はこちらの方が表口直近だったのだなと考えればその立地にも納得できますよね。
当然ながらこちらはそれだけの老舗であるということなんですが、いかにも昭和時代の田舎の食堂風な見かけの割に店内は意外なほど小綺麗で、トイレもきちんとされているのは好印象である一方、どうせトイレに手すりまでつけておくのであれば観光地なのですから洋式にしておけばとも感じさせるあたりが、やはり時代を感じさせるということなのでしょうか?

初めてと言う事で比較の意味もあって定番の割子と釜揚げを注文してみましたが、やはり観光地らしく割子の食べ方指南までしてくださるのは恐縮である一方、三段重ねの割子の色柄が統一されていないというのは初めての経験で、このあたりも時代がかっているということなんですかね。
蕎麦自体はよくあるいかにも田舎蕎麦風の見た目なんですが、予想したような茹で伸びしただらしない蕎麦ではなく、しっかりした食感の中になめらかなのど越しも結構楽しめるもので、もちろん繊細な蕎麦の風味を楽しむというタイプではないにせよ、多めの盛り具合もあってとにかく食べ応えのある蕎麦という感じで、少しばかり甘口の蕎麦つゆとのマッチングも悪くありません。
出雲蕎麦というものも元々は地元の人間の間で日常食として発展した経緯があるようですから、本来の出雲蕎麦というものはこういう気取らないスタイルなのでしょうし、そういう昔を知るという意味でも楽しめる蕎麦ではありますでしょうか。

割子の方もそんな調子で決して悪くはないんですが、むしろこのお店の場合このしっかりした食感の蕎麦が釜揚げにすると何とも言えない塩梅で、蕎麦つゆとの相性もこちらこそベストマッチと思わされる仕上がりなのは驚きましたね。
もともと蕎麦と言えば冷水でしゃっきり締めて食べるもので、ぐでぐでとした茹で上がりの蕎麦をそのまま食するなど邪道と釜揚げと言うものにさほどいい印象を持っていなかったんですが、こちらの釜揚げを食べると蕎麦湯の絡まった何とも濃厚な蕎麦風味を満喫できるという点で、あるいは普通の盛りより楽しめる側面もあるかも知れません。
開店直後の時間帯なのにドロリとしてとびきり濃厚な蕎麦湯はまあ今時であれば仕方がないのでしょうが、こちらの場合はこの釜揚げもありますから常時ある程度の濃度は維持しておかなければならないという事情もあるのでしょうね。

お爺ちゃんお婆ちゃんの家族経営の食堂という見た目相応の接遇で、変に観光地ずれしていない点は気楽でいいんですけれども、車で来る場合には少し駐車場が離れた場所にあってわかりにくいものですから、思わず路上駐車などしてしまわないように注意が必要ですよね。
更級系だとかでとびきり研ぎ澄まされた味が好みという向きにはお勧めできませんですけれども、こういういかにも田舎風の蕎麦を食べさせる店としては決してレベルが低くないと思いますし、何気なく立ち寄ったお客さん達にしても意外に当たりだったと満足して帰れる店なのではないでしょうかね。

さて今度はこちら「田中屋」さんですが、出雲大社の参道の目の前にあって、いかにも今風の観光客受けを狙っていそうな外観、スィーツも売りのお店とくればどうしたって蕎麦食いは敬遠したくなりそうですけれども、それでも一度は入ってみなければ判らないものですよね。
開店直後であるにも関わらずあっという間に若い人たちで満席になってしまうと言うのはそれだけ観光客への訴求力もあるのでしょうが、カラー印刷で能書きの多いカラフルなメニューといい、懇切丁寧な食べ方の説明パンフレットといい、マニュアル的に手慣れた接客といい、なるほど今どきのファミレスに慣れた人たちならこういう店の方が落ち着くということなんでしょうかね。
定番の割子と釜揚げに加えて、ついつい名物メニューという縁結びそばぜんざいなるものまで頼んでしまいましたけれども、つい割子で済ませてしまうこういう場所の店としては、こうして客単価を稼いでいく手法というのは正しいんじゃないかと思いますね。

薬味は別になっていたりと見た目はまともそうなこちらの割子、食べて見ますと一見して口当たりは柔らかなのに噛みしめていくと意外に粘り腰を発揮するという、ちょっとこの界隈では食べたことのない食感の蕎麦なんですが、よくよく考えて見ますとこの食感は蕎麦というよりはうどんの食感に近いものがあるのかなと言う感じで、この意外性は少しばかり不意打ちでしたね。
この店の場合釜揚げの方はたっぷりかけ蕎麦並みに蕎麦湯大盛りなので、確かにかけ蕎麦などと比べると蕎麦の風味を濃厚に楽しめるのは嬉しいのですが、この独特の食感が釜揚げで更に強調されてしまうせいか、麺料理としてはなにか茹で伸びしたうどんを食べさせられているようながっかり感もあるところで、やはりこちらの場合は冷たい状態でいただくのが正解ということになるのでしょうか。
縁結びの神様だけに縁結びそばぜんざいとはいかなるものなのかですけれども、こちら結んだ蕎麦を入れているところで縁結びとしゃれ込んでいるのでしょうが、この蕎麦は蕎麦メニューで使っているそれとは少しばかり仕立てが違うのでしょうかね。

意外にと言っては失礼ですけれども、食べて見れば蕎麦つゆとのマッチングも相応に取れていてそう馬鹿にしたものでもないんでしょうが、とにかくこの独特の食感はしゃっきりした蕎麦を食べたいという向きにはちょっとどうなのかでしょうね。
ネット上での評判などを見ても蕎麦の味を云々というより甘いものなどの評価の方が目立つくらいで、もちろん立地を考えればそういう方向性が正しいのでしょうけれども、数ある出雲蕎麦の店の中でも蕎麦好きが真っ先に足を向ける店と言うわけにはなかなかいかなそうですね。

|

« テロ集団シーシェパード(SS) 明かされるその実態 | トップページ | 問題を抱え続ける地域医療の今 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519753/50206356

この記事へのトラックバック一覧です: 今日のぐり:「本家大梶」&「田中屋」:

« テロ集団シーシェパード(SS) 明かされるその実態 | トップページ | 問題を抱え続ける地域医療の今 »