« 北から南から 公務員であるということの意味は | トップページ | 天下のWHOがこうおっしゃっているそうですが »

2010年11月23日 (火)

今日のぐり:「じくや」

先日ネット上でちょっとした話題になっている事件?ですが、秋田県は鹿角市がYahooオークションに出品している内容が愉快すぎると言うことで、覗いてみましたらこれが本気で愉快と言いますかちょっとアレすぎるという状況のようなんですね。

紳士のお出かけセット。

全国1億の半分くらいの皆様、お待たせいたしました。ジェントルマン御用達の
オシャレ小物を取り揃えました。シックな革の小物は、紳士の皆様にこそご愛用いただきたいと思います。ブランドなどの真贋鑑定はしておりませんが、本当に良いモノはきっとお判りいただけるものと存じます。

【サイズ等】
①メモパッド(人工皮革) 12X8.5X2(140g)
②ペンケース(何かの革)16X5X1(20g)
③コインケース(何かの革) 7.5X7.5X2(30g)
④コインケース(何かの革) 8X9X1(25g)
⑤長サイフ(何かの革) 8.5X18X2(65g)
⑥ペンケース(本革?) 6X16X2(40g)
⑦ベルト(何かの革)幅3X長さ120(110g)

CASIO 電波時計 DQD-202AJ。

カシオ製の卓上電波時計です。空気中を漂う、時の妖精さんの聞き取りにくい小さい声を
キャッチして、いつでも正確な時間を私たちに教えてくれる商品です。

単三乾電池2本を必要とします。

【サイズ等】
○ 縦:4.5cm 
○ 横:12cm
○ 高さ:8cm
○ 重量:210g

【備考】
動作確認しました。電波ゆんゆんの窓際に置いたところ、数分で正確な日時が表示されました。

さすが秋田、ヤフオク一つでここまで場を盛り上げられる才能は関西であればきっと「吉本行け!」のかけ声もかかったところでしょうが、素朴な疑問として何故市役所が長財布だのベルトだのを売りに出すことになったのか、そのあたりにも謎の一端が隠されているのでしょうかね?
今日は鹿角市に敬意を表して?「本気だったら相当ヤバイ(いろいろな意味で)」というネタを取り上げてみますけれども、まずは同じく日本国内から先日見かけました同じく吉本級のこういう話題から行ってみましょう。

脅迫的取り調べ、録音で判明 大阪府警、いす蹴り大声(2010年10月27日朝日新聞)

 大阪府警東署員による脅迫的な取り調べをICレコーダーで録音していた30代の男性が朝日新聞の取材に応じ、暴言を浴びせられた時の恐怖や強引に自白を迫られた様子を語った。男性は取り調べ後に体重が6、7キロ落ち、夜は捜査員の怒声がよみがえって眠れない日もあるという。

 取材には代理人の森直也弁護士らが立ち会い、約3時間の録音を再生しながら当時の取り調べ状況をたどった。

 東署刑事課の警部補(34)と巡査部長(31)が、システムエンジニアとして働く男性の会社に来たのは9月3日午後1時半。警察が社員を調べていることは数日前から知っていたが身に覚えはなく、自分も調べを受けるかもと思ってICレコーダーをズボンのポケットに入れていた。

 会社の駐車場に止めた車の後部座席で警部補は黙秘権も伝えず、「家もガサ行くぞ」「出せよ、お前、財布。出せ! 出せ! 出せ! なめんなよ」とすごんだ。

 容疑は、大阪府内の女性が昨年12月に出勤途中に落とした財布を着服したとする遺失物等横領で、男性は女性と同じ駅を利用していた。反論しようとしたが、「お前の意見を聞きにきたんちゃうわ」「人生むちゃくちゃにしたるわ」と怒鳴られた。

 約1時間後、大阪市中央区の東署の取調室に連れて行かれた。警部補は自分の家族を引き合いに出し、「4人目も生まれるねん。こうした生活の基盤がなくなったらむちゃくちゃやん」と自白を促した。幼稚園児の長女の笑顔、マンションのローン……。すべてが壊れてしまうと思うと、恐ろしくなった。

 否認する男性に、警部補は「手出さへんと思ったら大間違いやぞ」と大声を出し、パイプいすをけった。調べが始まってから約3時間後、録音に気づいた警部補は急に穏やかな口調で「信じてるよ」と握手を求めたという。

東署を出たのは午後9時すぎ。調べの間、恐怖でトイレにも行けなかった。自宅への電車で悔しさと情けなさがこみ上げ、乗客の目もはばからずに泣いた。残っていた録音をもとに弁護士に相談し、警部補らを特別公務員暴行陵虐と録音を消させようとした証拠隠滅の容疑で大阪地検に告訴。25日に受理された。

 「冷静に話を聞いてほしかった。すごい圧力で本当に怖かった」。こう語る男性に対し、東署からの連絡はその後ないという。

 一方、府警によると、警部補らは男性への暴言を認めているが、暴力的な行為は否定しているという。当時の取り調べ状況の調査と、遺失物等横領事件の捜査を続けているとしている。(板橋洋佳、野上英文)

いやもうね、それこそ吉本的と言いますか、どこからどう見てもネタとしか思えないような話が本当に実在するというのですから、さすが本場は違うと改めて感心するしかないわけですが、冷静になってみますと洒落にならない話ですよね。
一見して笑い話のようにも見えて、改めて考えて見るとやはり怖いというのはこちらの話もそうなんですが、やはりこうして見てもまず笑えてしまうというのは何故なんでしょうか(苦笑)。

夫がケムール人を恐れています。(2010年11月10日読売新聞発言小町)

40代前半の主婦です。
昨晩、夫(40代後半)が風邪をこじらし発熱し夢でうなされていました。
夜中に目を覚ました夫が「ケムール人に追いかけれらた・・・恐ろしい」「怖い夢には、いつもケムール人が出てくる!」
と傍から見ていても気の毒でした。

夫は一応体育会系の男で、蛙も蛇もゴキも怖い物全くなしなのですが・・・・。
何でも「ウルトラQ」に出てきた怪物らしく、ネットで調べた所「頭の先にアンコウの触角みたいな物」を生やし、スリムで弱そうな
怪物でした。

私も子供の頃「ウルトラセブン」の再放送を兄と見ていましたが、宇宙人は皆愛嬌があり、皆なんとなく間抜けで憎めない存在でした。
※自分から爆弾を仕掛けた場所を教えた「ゴドラ星人(?)」は、阿呆な奴!と思いました。今でも覚えてますよ。
※ビラ星人、メトロン星人、イカルス星人、チブル星人、みんな可愛い宇宙人ばかりですけどね。
蛇足ですが、キリヤマ隊長とアマギ隊員のファンでしたが・・・。

私の夫を恐れさせる「ケムール人」とはそんなに怖いのでしょうか?
私なら「中年オバサンパンチ!」でやっつけられそうですけど・・・。

一体これは何なのか、あるいは一つのネタででもあるのかという話なんですけれども、回答者の皆さん方の意見を総合しますとこのケムール人というのがパトカーに追われるシーンというものが作中にあって、その際に着ぐるみを着てローラースケートをはいて移動したというその動きが相当に不自然であったということで、今も語り継がれる怪シーンとして多くの人にトラウマを残すほどに有名なんだそうですね。
海外からはどちらかというと事実であると認めたくないといった類のニュースが幾つか飛び込んできていますけれども、まずはお堅いドイツ人もここまで壊れるかという話題から紹介してみましょう。

ドイツで「醜いダンスのワールドカップ」、高校生が優勝(2010年10月26日ロイター)

 [ベルリン 25日 ロイター] ドイツのハンブルクで、「醜いダンスのワールドカップ」の決勝大会が開催され、同国北部出身の4人組の高校生チームが優勝した。

 同大会には、ドイツとルクセンブルク、スイスから10チームが参加。主催者はウェブサイトで、優勝チームの披露したダンスは「最高の醜さと、ひどい見た目、独特の動きに説得力があった」と評価。また「かっこよくダンスするのは簡単だが、醜いダンスは芸術だ」として、醜いダンスは必ずしも悪いものではないと述べた。

 同サイトによると、このコンテストは新たなダンススタイルの土台を作るため、2009年にスタート。審査基準は、突出した醜さと、独創性、珍しさ、面白さだという。

何やらもの凄く独創的なダンスであったらしいことは判るのですが、冷静になってこの批評を見てみますと相当にひどいことを言われているようにも思えてくるのは気のせいでしょうか?
お次はカナダからのニュースですが、事件そのもののひどさもさることながらこれは色々な意味できついわ…という話題を紹介してみましょう。

殺人、レイプ、下着泥棒…のベテラン空軍大佐 カナダの裁判所が盗んだ下着着用の写真を複数公開(2010年10月19日産経新聞)

 女性の下着を身につけた、いかつそうな男。実はカナダ空軍の大佐だ。写真は18日、カナダ・オンタリオの裁判所が公開した。

 AP通信によれば、男はラッセル・ウィリアムズといい、47歳。女性2人を殺害し、2人に性的暴行を加え、さらに不法侵入を数十回繰り返し、女性の下着を盗んだことを認めている。殺された2人はいずれも窒息死だった。

 検事によれば、男は10代か20代の女性を狙い、下着を盗んだあと、しばしばそれを着た写真を撮影していたという。1回の侵入で女子高校生の下着87着を盗んだこともあるという。

 男は軍歴23年のベテランで、将来有望だったといわれ、写真が一枚一枚公開された法廷では身内の人たちが涙に暮れていた。

元記事の方ではその問題の写真というものを克明に紹介しているわけですけれども、確かに法廷でこの写真を一枚一枚公開されたら泣きたくもなると言いますか、そらきついわという感じですよねえ…
昨今ではすっかりブリと並ぶネタソースとして定評を得ている感もある中国ですけれども、これはまたとんでもないことが当たり前に起こる国だということが知れるのがこちらのニュースです。

未使用「ロケット弾」発見、リサイクルショップで腰抜かす=四川(2010年11月8日サーチナ)

  大量のビール瓶や古紙などを扱うリサイクル・ショップに7日、テレビ・ドラマの制作スタッフが訪れた。番組で使う自転車の古びたタイヤがほしいという。店主は倉庫に招きいれ、「気に入ったものを探してください」と言った。タイヤを探していたスタッフのひとりが突然、大声を上げた「アイヤー! これ、ロケット弾だ!!」――。中国新聞社が報じた。

  四川省成都市内にあるリサイクルショップ。さまざまな廃品が山と積まれ、店主らも、何が売り物になっているか、完全には把握していなかった。仕入れの際にも、重量だけで値段を決めていたという。店主も「ロケット弾」があったことには腰を抜かしたが、すぐに「商売っ気」を取り戻した。くず鉄として仕入れたものと思い出し、テレビの制作スタッフに「買わんかね。何かに使えるよ」と持ちかけた。

  ロケット弾は2発あった。「こんな危ないもの、買えませんよ」と言いながら、調べていたスタッフが、再び叫び声をあげた。「これ、火薬がまだ入っているぞ!」――。

  さすがに店主も驚き、警察と消防署に連絡。警察の爆発物処理班が到着し、特殊な容器に入れ、持ち去った。

  警察がロケット弾について調べているが、人工降雨の際に使うものだとの見方もある。店主によると、廃品回収業者が同店に持ち込んだものという。

**********

◆解説◆
「アイヤー」は驚きや意外な気持ちをあらわす中国語の間投詞。「アイ」を口へんに「艾」、「ヤ」を口へんに「牙」と書く文字で当てる。同様な言葉で、「アイヨー」もある。漢字は口へんに「艾」、と口へんに「約」。「アイヤー」の方が、強い驚きのニュアンスがある。(編集担当:如月隼人)

もうどこから突っ込んでいいものやら判らないようなトンデモ要素てんこ盛りの記事なんですが、取りあえず一つだけ突っ込ましていただくとしてこの記事の解説で取り上げるべき事項が「アイヤーの意味」ってどうなんですか。
本家本元の変態王国たるブリからはこんなニュースが来ていますけれども、一見するとなんということはない話題に見えて噛みしめるとしみじみ味わい深いというのがこちらのニュースです。

英ヴァージン会長、賭に負けて一日客室乗務員に(2010年11月16日AFP)

 エアアジア(AirAsia)のトニー・フェルナンデス(Tony Fernandes)CEOは15日、英ヴァージン(Virgin)グループのリチャード・ブランソン(Richard Branson)会長の客室乗務員姿を拝むことができる搭乗券を競売にかけると発表した。

 ロータス(Lotus F1)とヴァージン・レーシング(Virgin Racing)の各F1チームを所有する両氏は、2010年のF1シーズンで負けた方が相手の航空会社の「一日客室乗務員」を務めるという賭けを行っていた。

 14日、シリーズ最終戦のアブダビGP(Abu Dhabi Grand Prix 2010)が開催され、通算成績でロータスがヴァージンを上回った。

 フェルナンデス氏は同日夜の祝賀会で、早速、ブランソン氏に赤いユニホームを手渡した。マレーシア・クアラルンプール(Kuala Lumpur)発ロンドン(London)行きの便でブランソン氏が客室乗務員を務めること、搭乗券をネット上でチャリティーオークションにかけることで合意したという。

「リチャードは今ごろ、来たるハードワーク、そしてハイヒールの痛みに備え、準備しているところだろう」と、フェルナンデス氏は述べた。

リチャード会長は元記事の写真を見てもなかなかのナイスミドルなんですが、どうでもいいようなささやかな罰ゲームのように見えて、よくよく読んでみると「リチャードは今ごろ、来たるハードワーク、そしてハイヒールの痛みに備え、準備しているところだろう」って、女装してやるってことなんですかね?!
本日最後の話題はもう一つ中国から行ってみようと思いますけれども、まずは黙って記事を紹介させていただきましょう。

陰部剃毛時の勃起・射精対策、中国の看護師を中心とした研究チームが発表(2010年11月15日医療速報)

攀枝花市第二人民医院(中華人民共和国四川省)は、陰部剃毛時に気をそらすと勃起しない、という調査データを公表した。

実験は思春期以降で性機能(勃起)が正常で、心理障害が無く、疼痛が中度以下である陰部剃毛が必要な16~60歳の男性患者200名(平均41.2歳、内訳は腹部疥癬50名、前立腺肥大20名、虫垂炎102名、痔28名)を、100名ずつ、2グループに分け観察を実施。

Aグループの患者100名は、剃毛が必要な理由を説明後、女性看護師が無言で剃毛を行った。一方、Bグループの患者100名は、剃毛が必要な理由を説明後、看護師が患者の趣味の話題など世間話で気をそらせながら剃毛を行った。

なお、比較性を高めるため、両グループ、全ての病例において、一人の1983年生まれで熟練かつコミュニケーション能力に秀でた看護師が剃毛および勃起状況の観察を実施(本論文の著者も同一の看護師である)。

その結果、Aグループの勃起率(勃起は腹壁に付くぐらいが定義)は45人(45%)、うち射精が認められたのは8人(8%)。一方、Bグループの勃起率は16人(16%)、射精現象は認められなかった(0%)としている。

また、両グループともに剃毛にかかった平均時間は8~9分程度となっており、大きな差はみられなかったとしている。

研究チームは、「女性看護師が男性患者の剃毛中に、男性患者が勃起することは臨床においては 頻繁に起こることであり、それは患者および看護師を気恥ずかしい雰囲気にさせ、双方の心理ストレスを増加させる。ひいては剃毛が完全でない、あるいは皮膚を傷つけるといった看護操作を中断させることにも繋がる。 陰部剃毛における勃起の発生を減少させるために、我々は比較研究を行った」としている。

また、同様な原則は性機能が正常な成人に対する陰部への各種検査、導尿、尿道口看護などにもあてはまるとしている。

いやまあ、これ自体は極めて真面目な調査であることは確かなのでしょうが、「1983年生まれで熟練かつコミュニケーション能力に秀でた看護師が全症例を担当」だとか、「勃起は腹壁に付くぐらいが定義」だとか、「剃毛時に射精が認められたのは8人(8%)」だとか、この突っ込みどころの多さは一体何なんでしょうね?
中国の奥地では一体どんな医療が行われているというのか、実地に見聞を広めてみたいと考える人が日本からも出るかも知れませんけれども、むしろ今後の課題はこの問題の解決法としてどのような方法論が望ましいのか、あるいはそもそも解決する必要があるのかといった議論が必要でありそうだということでしょうか。

今日のぐり:「じくや」

以前にもお邪魔したことがあるこちら「じくや」さんは、岡山市内でもとりわけ古い奉還町商店街の中程に位置するお店ですけれども、何とも言い難いが少なくとも蕎麦屋には見えない店構えといい、昭和レトロ満載の店内調度といい、相変わらずオールディーズなBGMといい、黙って入ると到底蕎麦屋に入っているようには感じられないというのも一つのカラーなのでしょうかね?
こちらは江戸前の蕎麦ということを売りにしていまして、盛りにしても普通の「せいろ」と「さらしな」と両方取りそろえてあるところは楽しいんですが、当然ながらこの時期ですから双方にチャレンジしていかなければならないでしょうね。

普通の蕎麦である「せいろ」の方はやや太打ち、少し不揃いな蕎麦なんですが、しっかりした食感となめらかな舌触りでなかなかしっかり打たれた蕎麦だという印象で、これ自体は結構いいものだと思います。
ただこの界隈の水準からすると確かに辛口寄りではあるのですが、ここの蕎麦つゆはうまいにはうまいんですが江戸前と言うには少し弱いといいますか、この蕎麦と合わせるにはちょっとばかりミスマッチな印象も感じたのは気のせいでしょうかね?
一方で照明の加減もあって白さが際立つ「さらしな」の方はどうかといえば、こちらもしっかりと打たれた蕎麦でより清々しい風味もさることながら、この蕎麦つゆでちょうどいい加減という気がしますが、あるいはこちらの方に合わせて味のバランスを取ってあるということなんでしょうか?
こちらの薬味は白ネギに大根おろし、そしてわさびといったところで、こういう更級系の新蕎麦に合わせるにはちょっとどうかとも思うのですけれども、一方で蕎麦湯は粉でも溶いたのか、それとも鍋が小さすぎるのかとも思うほど濃厚なもので、最後に口に粉が残るのはちょっと閉口するとしても、蕎麦よりこの蕎麦湯に少しネギなど散らしていただいてみるのもいいのかも知れませんね。

全般的にはそれなりに評価に値する蕎麦だと思いますが、一方で自分らがお邪魔した時間帯にはほとんどお客の姿もなく空いていたのですけれども、結構お客が入る時間帯には多少蕎麦の扱いが乱雑になることもあるという話で、ゆっくり蕎麦を楽しむためにも時間帯には気をつけておくべきなのかも知れませんね。
接遇面では場所柄にも似合ったいかにも近所のおばちゃんという感じで、この蕎麦屋らしからぬ雰囲気も含めていわゆる江戸っ子らしい粋という様子ではないにしても、これはこれで一昔も二昔も前の下町っぽい気配が感じられて悪くないというところなのでしょうか。

|

« 北から南から 公務員であるということの意味は | トップページ | 天下のWHOがこうおっしゃっているそうですが »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519753/50100754

この記事へのトラックバック一覧です: 今日のぐり:「じくや」:

« 北から南から 公務員であるということの意味は | トップページ | 天下のWHOがこうおっしゃっているそうですが »