« 結局何ら決まらずに終わったIWC総会 しかし結果として悪くもない? | トップページ | 三重県伊賀地方続報 いまだ実行の目処が立たない病院統合・再編計画 »

2010年6月27日 (日)

今日のぐり:「まゆみの店」

今春に終了してしまった人気番組で「田舎に泊まろう」というものがありましたけれども、何やらああした話にも通じるようなニュースが先日出ていまして面白いなと思ったのですが、まずは記事から紹介してみましょう。

「無一文」のケニア人男性、東ティモール大統領から歓待(2010年6月22日ロイター)

 [ディリ 21日 ロイター] 東ティモールに「無一文」で降り立ったケニア人の男性が、入国ビザを持っていないにもかかわらず、大統領官邸に宿泊させてもらった上、マラソン大会で優勝して賞金5000ドル(約45万円)を獲得した。 

 フィリモン・ロティッチさん(33)は18日に東ティモールの首都ディリの空港に到着したが、宿泊費用はおろか、ビザの取得費用40ドルも持っていなかった。しかし、空港内でラモス・ホルタ大統領を見つけ、あいさつをしに行ったことで状況は一変する。

 ロティッチさんはロイターの取材に、「自分の国でさえ大統領にあいさつしたことはないから、きっと神のおぼしめしだ。喜んであいさつに行くと、大統領は自分の家に来るよう言ってくれた」と語った。

 その後、ロティッチさんは現地で20日に開催されたハーフマラソン大会で優勝。金メダルと賞金5000ドルを手にしたレースは「暑かったし、道にいた犬が怖かった」と語っている。

いやしかし、いったいこれは何が起こったのかとよく判らないような話でもあるんですが、同様の感想を抱いたのは自分だけではなかったようですね。

46 名前:名無しさん@十周年[sage] 投稿日:2010/06/23(水) 11:50:07 ID:3/7QikWg0

         ,. -‐'''''""¨¨¨ヽ
         (.___,,,... -ァァフ|          あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!
          |i i|    }! }} //|
         |l、{   j} /,,ィ//|       『おれは無一文でビザも無いのに空港で大統領に
        i|:!ヾ、_ノ/ u {:}//ヘ        挨拶したらいつのまにか大統領邸で歓待された』
        |リ u' }  ,ノ _,!V,ハ |
       /´fト、_{ル{,ィ'eラ , タ人        な… 何を言ってるのか わからねーと思うが
     /'   ヾ|宀| {´,)⌒`/ |<ヽトiゝ        おれも何をされたのかわからなかった
    ,゙  / )ヽ iLレ  u' | | ヾlトハ〉
     |/_/  ハ !ニ⊇ '/:}  V:::::ヽ        頭がどうにかなりそうだった…
    // 二二二7'T'' /u' __ /:::::::/`ヽ
   /'´r -―一ァ‐゙T´ '"´ /::::/-‐  \    不法滞在だとかホスピタリティだとか
   / //   广¨´  /'   /:::::/´ ̄`ヽ ⌒ヽ    そんなチャチなもんじゃあ 断じてねえ
  ノ ' /  ノ:::::`ー-、___/::::://       ヽ  }
_/`丶 /:::::::::::::::::::::::::: ̄`ー-{:::...       イ   もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ…

いずれにしてもこの一件、単に偶然に偶然が重なったラッキー、で終わらせるにはマラソン大会で優勝というのが少しばかりハードル高いですけれども、今日はこの幸運を実力で引き寄せたロティッチさんにちなんで「人間って結構すごい!?」と思わせる話題をいくつか紹介してみましょう。
まずはこちら、日本のお爺ちゃんも結構すごいじゃないかという先日の記事です。

座礁船から1キロ遠泳→港へ徒歩 70歳船長の仰天体力(2010年6月20日朝日新聞)

 19日未明、長崎市沖で操業していた漁船が座礁した。男性船長(70)=熊本県上天草市=は真っ暗な海に飛び込み、岸まで約1キロを泳いで渡った。

 いきなり現れた船長に驚いたのは、岩場近くの釣り人たち。船長は寒さしのぎの衣服とサンダルを釣り人にもらい、今度は約9キロ離れた漁港に向かって歩いた。

 一部はヒッチハイクもして、漁港で助けを求めたのは正午ごろ。船長は開口一番、「足が棒のようだ」。長崎海保職員は「無事でよかったが、体力あるなあ」と感嘆。

未明の海からのっそり現れたお爺ちゃんに釣り人ならずとも誰だって死ぬほど驚くと思いますけれども、漁港までいかずともどこかで電話でも借りればいいようなものを、とことん突っ走ってしまうあたりが戦中派の根性ということなんですかね?
一転して海外からはこちらもやはり奇跡?!というニュースがちょっとした話題になっています。

人間は水の上を走ることが可能なのか? 実際に水の上を走った動画が超話題!(2010年5月16日ガジェット通信)

人間は水の上を走ることが可能なのか? そんな夢のようなことを実現した動画が『YouTube』に投稿されており話題になっている。既に再生回数は200万再生数を超える人気っぷりだ。より早く、そして水との接触を避ければ前へと進めるとのこと。しかし永久に水の上を走ることは不可能でいつかは沈んでしまう。しかし想像していた以上に水の上を走っており驚きだ。

ボートに引っ張られ勢いを付けたり足を高く上げたりと、工夫を凝らした走り方で水の上を疾走する様はまるで仙人か忍者だ。
ただし結論から言えば人間が永久に水の上に浮いているのは無理だ。人間は翼も付いていないので浮力を生み出すことは不可能。さらに人間の限界値の速度 36km(世界記録)の速度でも水に沈んでしまうとのことだ。もちろんこの動画も数メールも走らないうちに水に落下している。それでも数メートルは水の上を走っており、今まで誰も挑戦しなかったことを成し遂げたとして人気動画になっているのだ。

しかしこの動画そのものがフェイクの可能性も否定できない。浅瀬の上を走っているとか……。

ま、実際に奇跡なのかどうかは動画を見た各人が判断していただくべきことかとも思うのですが、個人的見解としましてはいかにも途中で足場が途切れて落下しました感が…
一方でこちらは正真正銘100%マジモノという体を張ったネタですけれども、これも現場の状況を考えてみると非常に究極の選択ですよねえ。

ボイラーに腕がはまって2日、生き延びるために自分の腕を切断(2010年6月12日CNN)

ニューヨーク(CNN) 地下室の壊れたボイラーに腕がはまり、3日間身動きが取れず、助かるには自分の腕を切断するしかない。

まさにゾッとするような話だが、コネティカット州ウェストハートフォードに住むジョナサン・メッツ氏(31)は現実にこの状況に直面した。

メッツ氏は、地下室にあるボイラーを修理中に左腕がボイラーにはまって身動きが取れなくなった。ボイラーから漏れる水を飲みながら何とか生き続けていたが、2日間経過した時、肉が腐りかけているような匂いを嗅ぎ、助かるためにはボイラーにはまっている自分の左腕を切断するしかないと悟った。そこでメッツ氏は、肩のすぐ下に止血帯を巻き、自分の腕の切断を試みたが、9割切断したところで気絶してしまった。

幸い、隣人がメッツ氏を2、3日見かけていないことに気付き、警察に通報した。警察は消防隊の助けを借りてメッツ氏の救出に成功。救助隊はボイラーをバラバラに解体し、メッツ氏の腕を完全に切断したという。切断した腕は、感染症のため再接合はできなかった。

メッツ氏の治療に当たったセントフランシス病院・医療センターのスコット・エルナー医師は、メッツ氏が腕の切断を決意した当時の状況について、「(メッツ氏の)腕は腐りかけていた。腐りかけの肉は毒素を放つ。メッツ氏はその匂いを嗅ぎ、何かおかしいと感じて(切断を決意した)」と説明した。また、同病院のデビッド・シャピロ医師は、メッツ氏の取った行動は立派で勇敢だったと称賛した。

病院の広報担当によると、メッツ氏は11日午前に補綴の準備となる筋肉弁の手術を受けた。午後の時点で意識ははっきりしており、医師と話もしているという。

とっさの瞬間によくここまで冷静に判断し、そして何より実行に移せたものだと思うのですが、何やらブラックジャックなどに出てきそうな話が実際にあるものなんですね(まさかオチまで同じなんてこともないでしょうが…)。
最後に紹介するのはこちら、現在ちょうど開催中のワールドカップと関連するちょっと愉快な?話題です。

ギリシャ代表、寒冷殺人拳は不発に(2010年06月14日livedoorニュース)

ギリシャ代表選手の腕に「寒冷殺人拳」の入れ墨があることが話題になっています。

入れ墨の主はヘルタ・ベルリンに所属する17番のFWファニス・ゲカス。今年3月ブンデスリーガのヴォルフスブルク戦ではハットトリックも達成しているゲカス選手ですが、初戦の韓国戦では不発。チームも0-2で完敗してしまいました。

海外のフォーラムによれば、「Cool Killer」と入れたくて訳した結果、どこをどう間違ったのか「寒冷殺人拳」になってしまったのでは、とのこと。そもそも、クールキラーってどうなのよ、という問題もありますが。

実際の写真がこちらなんだそうですが、これはまたなんともはっきりとした「寒冷殺人拳」の文字が…いったい何なんでしょうね?
幸いにも同選手は寒冷サッカーの腕前を発揮することもなく終わったようですけれども、彼にとっても対戦相手にとっても幸いなことだったのではないでしょうか?

今日のぐり:「まゆみの店」

高知県は須崎市と言えば鍋焼きラーメンなる地ラーメンのある土地柄ですが、老舗の名店と言われる橋本食堂は日祝休ということで遠方のお客には入りづらいこともあり、今回はこちらのお店にお邪魔してみました。
ちなみに住宅街の一角にあるお店で一応店の裏手に駐車場もあるのですが、あっという間に一杯になってしまうので多くの場合周辺に路駐するということになってしまうようですね(あまりこのあたりのお巡りさんはうるさいことは言わないのでしょうか?)。
ちなみに店の表に出て駐車を仕切っている気さくな親父さんが愛妻家なので「まゆみの店」と名付けたのかとも思ったのですが、どうも見ていますと親父さんの方はほとんど店の運営に関わっていないようなので(あるいは仕込み担当?)、単純に奥さんが仕切っているからが故の店名なんでしょうか?
なお、店の中では基本的に立待ちをさせず、店の表に並んだお客を席が空き次第呼び込むというやり方のようですが、メニュー構成自体がシンプルなこともあって鍋焼きという手の掛かりそうなスタイルの割にそこそこ回転は悪くなさそうな感じです。

さて、店に入って席についたところで一番ベーシックな鍋焼きラーメンを注文(他にキムチやカレー入りもあるようです)、意外にも待つほどのこともなく運ばれてきた土鍋の中身はかなり固茹での中細麺(デフォルトの茹で加減は希望で変えてもらえます)の上にネギに竹輪、生卵といったものが乗っているごくシンプルかつ古風なものです。
スープは濃厚な脂の味を省いてもかなり甘口と感じられる鶏ガラ醤油スープの中に鶏肉の断片が幾つか浮いていて、この醤油味の鶏のスープに鶏の肉というスタイルを見ると同じく地ラーメンの一つである笠岡ラーメンを思い出すところがありますが、あちらがトッピングとしての煮鶏スライスなのに対して、こちらはスープを取った後の残渣が混入しているという感じで、肉としての味は期待できないようですね。
麺自体の味は田舎のラーメン屋らしい普通っぽさと言いますか、強いて特徴といえばこの相当な固茹で具合くらいかなとも思うのですが、これが最初は少し硬すぎるかな?と思いつつ食べていますと自然といい具合になってくる仕立てで、鍋焼きラーメンなんて麺が伸びてしまうんじゃないか?と不安になる必要はなさそうです。
ところで地域の伝統を受け継いでいるのだろう昭和っぽい竹輪のトッピングなどは突っ込みを入れるつもりもないのですが、どうもこの蓋をとってみるとシンプルな鶏ガラスープ、麺の上には半煮えの生卵がのっているという見た目から、世界初のインスタントラーメンを思い出してしまったのは自分だけでしょうか?(苦笑)

全体に味の方は見た目通り潔いほどシンプルで、こうした系統の味が好きな人なら悪くないなと思う一方、食べながら今風にカツオなり煮干しなりの風味を足してみたらどうなるかなんてついつい考えたりもするのですが、後でご飯を入れて雑炊風に仕立てていくといった食べ方をするのであれば、こういう力強くシンプルなスープにしておいた方がいいということなんでしょうね。
この店の場合は田舎でもあり家族経営に近いということもあるのか、接遇面では特にこれといったトレーニングは行われていないようなんですが、壁にもやたらと顧客への注文書きが多かったり、自分たちの聞きたい時にしか顧客の声が耳に届いていないらしかったりと、気にし始めると幾らでも突っ込みどころはありそうなんですがスルー推奨ということなのでしょうか(苦笑)。
しかし店の前でこれだけ長時間の行列待ちをさせているわけですから、せめてあのドブ臭い匂いだけでも何とかしておいた方が飲食店としてはいいんじゃないかとも思うんですけれども、やたらと沢山ならんでいる金魚鉢?の水が淀んででもいるのでしょうかねあの異臭は?ふむ…

|

« 結局何ら決まらずに終わったIWC総会 しかし結果として悪くもない? | トップページ | 三重県伊賀地方続報 いまだ実行の目処が立たない病院統合・再編計画 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519753/48733241

この記事へのトラックバック一覧です: 今日のぐり:「まゆみの店」:

« 結局何ら決まらずに終わったIWC総会 しかし結果として悪くもない? | トップページ | 三重県伊賀地方続報 いまだ実行の目処が立たない病院統合・再編計画 »