« 真実と事実の間にある壁を打破するために | トップページ | 今日のぐり:「KOREAN DINING-RIN-凛倉敷本店」 »

2010年6月 5日 (土)

やはりちょっと変な人達、最近の話題あれこれ

先日取り上げさせていただいた夕張診療所の一件で、すっかり槍玉にあげられた形の村上先生が反撃の狼煙をあげているようですね。
さらに詳しいことはメルマガでということですから診療所のHPを注視しておいていただきたいと思いますけれども、なにやらつぶやきを見ているだけでもすごい言葉が並んでいますね(苦笑)。

「北海道新聞の記者さんは私に一切の取材も無く記事を書きます。朝日新聞の記者さんはシナリオを書いて「これを言って謝れ」と脅してきますし、一体ここのマスコミはどうなっているのでしょうか?」
「職員や私に散々電話して嘘をついて脅かしてあ謝らせて、それを記事にしました。記者さんの自作自演でした。」
「流石に今回は実害があるので多少反撃させていただきます」

いずれこのあたりの詳細も明らかになり次第取り上げさせてことにしておきますが、失礼ながら村上先生に一言苦言を申し上げさせていただきますと、マスコミとはそうしたものであるということは今どきまともな医者の常識なのであって、それを承知の上で話題作りに利用してきたのが今までの村上流ではなかったかと思うのですが違いましたでしょうか?
一部の反社会的団体がなぜなくならないかと言えばそれを利用する人間が後を絶たないからというのと同じで、おいしいところだけは使っておいて後になって文句をいうというのもいささかどうなのかと、更なる詳細が明らかになる前の時点ですが一般論として敢えて突っ込ませていただきます。

何にしろこのところ鯨問題などにかまけていささかこの方面で手抜かりがあったかと反省しきりなのは当方としても同様でして、ネタも溜まっていることですしさっそく今日のお題を始めさせていただきましょう。
まず最初に取り上げますのは最近何かと世間で騒がれている問題とも絡めたこちらの話題ですけれども、産経新聞の記事と宮内庁からの発表とを併せて紹介してみましょう。

東宮職が週刊新潮に訂正と謝罪要求(2010年6月4日産経新聞)

 宮内庁の野村一成東宮大夫は4日の定例記者会見で、週刊新潮6月10日号に掲載された「イジメっ子対策で『給食に向精神薬を混ぜては』と提案した『東宮』」の記事が事実無根だとして、同誌編集長に訂正と謝罪を求めたことを明らかにした。

 記事では、ADHD(注意欠陥多動性障害)の薬を乱暴する児童らに飲ませたらどうかと東宮職側が学習院初等科に提案したと報じている。野村東宮大夫は「東宮職はもちろんのこと、皇太子ご一家の名誉を著しく損なう記事で大変悪質」と批判した。

 同誌編集部は「記事については自信をもっており、対応は考えておりません」と話している。

「週刊新潮」(平成22年6月10日号)の記事について(2010年6月4日宮内庁HP)

「週刊新潮」(平成22年6月10日号)において,「イジメっ子対策で「給食に向精神薬を混ぜては」と提案した「東宮」」と題する記事に関する宮内庁東宮職としての対応は,下記のとおりです。


   1.      「週刊新潮」(平成22年6月10日号)の「イジメっ子対策で「給食に向精神薬を混ぜては」と提案した「東宮」」と題する記事において,「ADHDのクスリを給食に混ぜて,暴れん坊の子どもらに飲ませたらどうかと,東宮側が提案してきたんです。時期は,野村大夫のイジメ会見よりもかなり前のことです。」との記述がありますが,東宮職より学習院初等科に対してこのような発言をしたことは一切なく,またそもそも東宮御一家がこのような発言をされるということはありえません。

      記事においても東宮職からの「全くの事実無根です」という回答を掲載しているものの,記事における上記の記述はあたかも事実であるがごとき誤解を招くものであり,皇太子御一家や東宮職に対する悪意ある中傷であると考えます。特に,当該記事の見出しにある『提案』は全く事実無根であり,たいへん悪質です。

   2.      宮内庁東宮職においては,「週刊新潮」編集長に対して,上記のとおり,強く抗議するとともに,速やかに訂正記事を掲載することにより,記載のような事実がなかったことを明らかにし,あわせて謝罪を求めております。

裁判で敗訴にでもならない限り週刊新潮側が訂正だの謝罪だのと言う行動に出るとも思えませんが(そして、宮内庁が訴えることもないと見越しての記事でしょうが)、このところこうした問題に関してはすっかり突っ走っている同誌の内容を見る限りでは、いずれもずいぶんと品のない記事だなという印象は拭えないところですね。
品がないと言えば最近表に出てきたこちらの話もそうですけれども、見方を変えれば単に羽織りごろ未だ健在というだけの話で別段何らの意外性もないと言いますか、それとも今さら堕落させたなどと言わずとも最初からだろと突っ込むべきなんでしょうか(苦笑)。

わたしはこれで記者を堕落させた 「機密費」で接待、「女」も用意 平野貞夫・元参院議員に聞く(2010年5月30日J-CASTニュース)

   官房機密費を政治評論家に配った――野中広務・元官房長官のこんな発言が波紋を広げている。「政治と金」を厳しく追及してきたはずのマスコミの側に「マスコミと金」の問題が急浮上した形だ。政治部記者の「接待」を機密費で面倒みたと話す、かつて小沢一郎氏(現・民主党幹事長)の懐刀といわれた平野貞夫・元参院議員(74)に話を聞いた。

接待うけた記者がその後出世していった

――官房機密費の対マスコミ使用について、直接経験したことを聞かせて下さい。

    平野 昭和40(1965)年の終わりから2年間ぐらいの話です。当時、衆院事務局に勤務しており、園田直・衆院副議長の秘書を務めました。園田さんに言われて竹下登・官房副長官のところに報償費(官房機密費)を月々300万円とりに行き、その大部分を私が管理していました。
       野党対策費として旅行の際の餞別に使ったり、副議長担当の記者対策にも使ったりしました。当時はまだ、テレビではNHKの記者だけで、あとは大手の新聞、通信社。20代の記者もいたけど、多くは30から35ぐらいで、40歳近い人もいました。
       担当記者を連れて、赤坂や銀座の料亭へ行ってクラブへ行って……ランクは中級でしたがね。それから記者たちはこちらが用意した「女」とホテルに泊まってました。私は途中で抜けるのですが、園田さんから「ちゃんと最後まで接待せんか」と怒られたこともあります。その費用をこちらが持ち、1度に 20~30万円、月に1回程度といった感じでやっていました。

――記者に抵抗感はなかったのでしょうか。

    平野 それが当たり前の時代でしたから。でも、朝日新聞の記者だけは応じませんでした。「自分の信条だ」とか何とか言ってました。ほかの記者は、政治家や派閥と仲良くやって情報を取る、それが仕事だと思っていて、後ろめたさは持っていませんでした。また、そういう記者がその後出世して行きましたよ。

封筒の厚さからすると、30万円程度かそこら

――今の話に出てきた記者の中で、今も政治評論家などで活躍している人はいますか。

    平野 活躍というほどではないですが、現役の評論家もいます。某紙では幹部になった人もいますが亡くなりました。

――そうした慣行は、ほかの政治家担当の記者たちの間でもあったのでしょうか。また、いつごろまで続いたのでしょうか。

    平野 私たちが特別な事をしている、という意識は当時全くなかったですね。野党対策もマスコミ対策も「世論対策」という意味では同じでしたから、広く行われていたと思います。以降は、私たちの10年下ぐらいまでは続いたでしょうか。感覚的に、ですが

――ほかにも機密費のマスコミへの使用経験はありますか。

    平野 非自民・共産の連立政権である羽田孜内閣(1994年)のときにあります。当時私は参院議員で、自民を離党し小沢(一郎)さんたちと与党の新生党にいました。あるとき、熊谷弘・官房長官と私とある政治評論家の3人で食事をすることになったのですが、熊谷さんが急に行けなくなりました。その際、評論家の人に渡すように、と熊谷さんから封筒を預かりました。中は現金で、厚さからすると、30万円程度かそこら、50 万はなかったですね。料理屋で渡すと彼は自然に受け取りました。あれは間違いなく機密費でしょう。そう説明を受けた訳ではないですが。彼は今でもテレビなどで時々見かける活躍中の人です。名前は言えません。
(略)

なるほど!先日朝日が3月決算で初の営業赤字なんて事態に陥って話題になっていましたけれども、こうして帳簿外の収入を絶って清貧を貫いていたからなんですね?!(そんなわけはないでしょうが)
確かに相手がスポンサーだとなれば批判の矛先も鈍ろうという考え方なのでしょうが、しかし政治家の皆さんも油断してはならないと思うのは、最近のマスコミはスポンサーだろうが容赦なく叩くということになってきているらしいんですね。

大手食品企業が激怒!! 若手芸人のスポンサー否定発言(2010年6月3日リアルライブ)

 若手芸人・Kの評判が、東京の業界ですこぶる悪い。まだ全国区のタレントでもないのに異常に神経質な上、他人をなかなか信じない疑り深い性格が敬遠されているようだ。東京の制作会社では、Kの名前を聞くだけで、社員が顔をしかめるほどである。

 打ち合わせでは、眠そうな顔をしてロクに意見も言わない割に、収録となりカメラが回り始めると、打ち合わせや台本にないきわどい発言を連発。目の敵にしているスタッフを意図的に窮地に追い込むような「現場の廻し方」も批判の対象となっている。制作会社との人間関係はともかく、今やこの男は、最もスポンサーからマークされている危険人物なのだ。

 ある番組では、スポンサーである某大手企業を激怒させている。そのスポンサーは食品関連の商品を展開しており、肉を使った商品を多数発売している。在京の局にとっては大手顧客の一つであったが、Kが某人気番組で「肉は一切食べない」「ベジタリアンである」「肉を食べる奴の気がしれない」という発言を連発。その局のスポンサーを否定する発言にも関わらず、スタッフが編集もせず、そのまま放送してしまった

 するとこの放送を見たスポンサーの広報部が激怒。来年度からその局との付き合いを再考しているというのだ。そもそも東京では、ただの若手芸人でしかない男が、関西でのネームバリューを背景に傲慢に振る舞った結果がこれである。日頃から言動に問題のある芸人を使うことは、スポンサー離れにつながるのだ。食品関連企業がスポンサーを務めている時間帯や番組で、Kを使うことは自殺行為ではないだろうか。

いやまあ、それが芸風である芸人Kを使うことの是非は別にして、問題は録画放送であるにも関わらずこういう思慮のない発言がノーチェックで流れてくるということで、そのあたりに冒頭の週刊新潮などと同じく「売れればそれでいい」という放送局側の品格や良心の欠如を感じるところではありますかね。
ちょうど先日から大騒ぎになっている口蹄疫問題では、当ぐり研でもマスコミ諸社のトンデモ行動を取り上げさせていただきましたけれども、さすがに内部からも批判の声無しとしないのが唯一救われるところでしょうか。

口蹄疫の報道がされないのは民主党への遠慮!? 我々“マスゴミ”に、良心はないのか?(2010年05月23日リアルライブ)

 筆者・山口敏太郎もメディアの世界で生きる人間であるが、昨今の口蹄疫問題に対する偏重報道には怒りを感じている。自民党が与党の時代には自民党に遠慮し、民主党が政権を獲った現在では、民主党に遠慮している人間がこの世界には多い。

 たとえ与党であっても、失政は失政としてマスコミが報道すべきではないだろうか。日頃、国民の皆さんに「マスゴミ」と呼ばれお叱りを受けている我々メディア側の人間が、いまこそ“宮崎県で起きている事実” を報道すべきである。“ゴミにはゴミなりの良心”というものがあるはずである。今ここで闘わずして、マスコミ人といえるのか。

 宮崎県の口蹄疫報道では、数々の国民感情に訴えるようなシーンが、番組やメディアによってはカットされている。東国原英夫知事の涙声の会見や、プロゴルファー横峰さくらによる1200万円の賞金寄付発言などを、お上のご威光を恐れて流さない媒体が幾つかある。

 確かに、メディア系の企業に勤務する人たちも、組織の一員たる会社員であり、及び腰になるのはわかる。政治家に睨まれて、自社の上層部に電話でもしたら、昇進や査定に悪影響を及ぼすのかもしれない。

 だが、“事なかれ主義で無難で生きたい”と思うなら、表現や報道の世界で生きるのを辞めればよいのだ。曲がりなりにも情報発信ができる立場の者ならば、この国難に立ち上がり声をあげるべきではないか。今や口蹄疫問題は、個人や企業の支持政党や理念といった、党派・派閥などは関係がない大問題となっている。日本人として、この国の畜産を守るために、真実の報道をすべきである。筆者のことを「オカルト作家風情が」と笑う暇があるならば、己のできることをやるべきだ。

 民主党政権が、韓国産豚や韓国産牛の輸入を解禁した途端にこの始末である。しかも、宮崎県と自民党議員が「種牛だけでも特例措置で避難させてほしい」と、5月の上旬に要請を出したのもかかわらず、赤松農水大臣が許可を出さなかったため、結局種牛の避難が遅れ、種牛さえも処分の対象とされている。これでは、日本の和牛は壊滅状態に追い込まれる。このまま宮崎県だけで収まるとは思えないのだ。

 一方で2007年に、宮崎県畜産試験場から、和牛の品種改良に使う冷凍精液の入った容器143本が盗まれていたことが明らかになった。これは何を意味するのか。   

 あくまで仮定の話と断っておくが、日本の畜産業界が壊滅状態となった時、どこぞの国から“和牛そっくりな牛”が日本に向けて輸出されるとしたら、大問題である。この口蹄疫問題こそ、マスコミの姿勢が問われる正念場である。各社にいるはずの“良心”の決起に期待したい。

文中でも少しばかり匂わされている通り、口蹄疫問題では公には報道されない様々な噂や怪情報が乱れ飛んでいますけれども、もちろんそうしたことが何故公にならないのかと考えた場合に、まさか機密費で鼻薬を嗅がされているからと遠慮しただけだとは到底思えないところではありますけれどもね。
このあたりは後々まで尾を引くような大問題となっていくのかも知れませんが、一方で毎日新聞をはじめマスコミ諸社とも関係の深い日本ユニセフなる団体のことは当ぐり研でも度々ご登場いただいているお得意様ですけれども、また新たなネタを提供いただきありがとうございます。

アグネスが嘘をついて大炎上!? 「日本ユニセフもユニセフも同じ」と発言(2010年5月9日ガジェット通信)

タレントのアグネスチャンさんが嘘をついている! そんな話題でインターネット上が炎上状態となっている。アグネスさんは『日本ユニセフ協会』の公式大使として様々な活動を行っている人物なのだが、『Twitter』での発言で炎上しているのである。

アグネスさんが、自分が属する団体を『ユニセフ』と発言していたことに対し、ネットユーザーから「アグネスさんが所属しているのは『ユニセフ』ではなく『日本ユニセフ』の間違いではないか?」という内容の指摘を受けていた。それに対してアグネスさんは、「同じところですよ。日本ユニセフもユニセフも同じところですよ」と返答。多くの人達が『ユニセフ』と『日本ユニセフ』を別の団体と認識しているため、アグネスさんが嘘をついているとして、インターネット上で大炎上し、大きな話題になっているのである。

実際のところ事実はどうなのかといえば、『ユニセフ』と『日本ユニセフ』は協力関係にはあるものの、別の団体である。『ユニセフ』が国連の機関であるのに対し、『日本ユニセフ』は民間の団体職員という立場である。しかし『ユニセフ』は『日本ユニセフ』を通じて寄付金を受け取っており、協力関係にある以上は、『ユニセフ』とまったく無関係の団体とは言い切れない。

『日本ユニセフ』は『ユニセフ』の名称を使用して様々な活動をする事が許されているわけで、まったく別物ではないものの、「同じところですよ。日本ユニセフもユニセフも同じところですよ」というアグネスさんの発言は、あたかも100パーセント同じ権限を持つ団体というようにとれるため、ちょっと言い過ぎかもしれない。インターネット上ではその発言に対し、以下のような意見が寄せられている。

・俺もユニセフ作ろうかな
・職員もボランティアでやれよ
・職員に募金から給料あげといて慈善ってどういうこと?
・アグネスがたった今ウソツイッター!
・あぐねす頑張れ^^
・アグネスに文句送ったら謝られた
・えっアグネスまだ頑張ってたの?
他人の金を30億ピンハネってどうなの? 募金っつって集めた以上は納得いかん
・180億あたり入ってきて140億ユニセフへ。あとは「活動費用」? 殿様商売
・みんなの寄付を着服してるってこと?
・なんか勝利の匂いがしてきたな

なぜか話題が変わり、寄付金についての話題が多く書き込みされる事態に。ちなみに、『日本ユニセフ』に寄せられた寄付金の一部は『日本ユニセフ』の広報活動やその他の経費等に使用できるというルールがあり、集められた寄付金の一部は『日本ユニセフ』団体職員の活動費に使用されている(アグネスさんによると寄付金の25%まで活動費などに使用できるという)。インターネットユーザーが「着服」や「ピンハネ」と言っている部分は、この活動費のことだと思われる。

アグネスさんはインターネットユーザーから寄せられる批判の声に、「ユニセフからはお金1円も貰ってませんよ。活動出来るのは大変な子供達がいるからですよ。誤解しないで、失礼な事をこれ以上言わないで欲しいです」とコメントしている。誤解が不和を呼び、不和が戦いを呼び、戦いが悲しみを呼ぶ。まさにそのような状態となっている。

ちなみにアグネスさんの『Twitter』IDは本物で、勝手に第三者が作ったIDではない(アグネスさんは公式ブログの『アグネスチャン Diary』で自身の『Twitter』IDを掲載している)。

このアグネスさんとソマリア渡航疑惑の一件に関わる日本ユニセフの驚くべき行動に関しては以前にも取り上げましたが、非常にややこしいのがこの日本ユニセフなる団体が国連機関のユニセフとは全くの別組織であるということで、要するにユニセフの関連団体であるかのように装って多額の寄付金を集めている団体であるということですね。
そんなにお金を溜め込んで何をするのかと言えば、立派な本部ビルを建てたり職員の給料に大盤振る舞いしたり捏造トンデモ映画を宣伝して国際問題になりかけたりと大活躍されているようなんですけれども、アグネスさんもまさか「名前が同じだから同じものです」なんてトンチを利かせてると言うのでなければ、同じであることにしておきたいという深い事情があるということなんでしょう。
しかしアグネスさんも熱心に日本ユニセフの広告塔として長年活動されていらっしゃるのは偉いと思いますけれども、たまには少しばかりでも母国での様々な惨状にも目を向けられてみた方がよろしいかとも思うのですけれどもね…

|

« 真実と事実の間にある壁を打破するために | トップページ | 今日のぐり:「KOREAN DINING-RIN-凛倉敷本店」 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

言論の自由には、発生する結果に対する責任があるということを認識することが大前提です。

つまり自動車を運転すると言う自由を行使するためには、社会のルールに従って運転すると言う意味で免許を取得し、万一のために車輌整備をし、更に第三者に迷惑をかける事があった時に少なくとも金銭的な損害賠償を負担できるように保険を手配する …

ところがマスコミは言いっ放しであるばかりではなく、捏造記事は多いわ、ヤラセ記事は多いわ、無取材憶測記事は多いわ…墜落の極みです。 事実でない記事や、ヤラセ記事、無取材憶測記事については懲罰的措置も含めて政府は検討すべきです。

この社会にはルールがあります。 ルールは不文律であってはいけません。 そしてルールに従って記事を書くことは何だ自由の束縛ではないはずです。 学生服を着用させてもキャンパスには自由があるのと同じです。

投稿: ponta | 2010年6月 6日 (日) 12時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519753/48546232

この記事へのトラックバック一覧です: やはりちょっと変な人達、最近の話題あれこれ:

« 真実と事実の間にある壁を打破するために | トップページ | 今日のぐり:「KOREAN DINING-RIN-凛倉敷本店」 »