« 事故調議論は振り出しに?そして本日大淀事件判決… | トップページ | 継ぐのは誰か 医師会が消えた後の医療行政と業界団体の関わり »

2010年3月 2日 (火)

大淀病院民事訴訟、原告側の請求を全面棄却

スレタイの通りでした、と言ってしまえばそれまでの話なんですが、何しろアッと驚く為五郎な医療訴訟であるだけに、判決が出るまでかなりハラハラドキドキだった人も多かったのではないかと思います。
まずは心ならずも被告人席につかされる事となった大淀病院産婦人科の先生に今回の判決のお喜びを申し上げますと共に、不幸にして亡くなられた患者さんに改めて哀悼の意を表させていただきます。
判決の詳細に関しては「産科医療のこれから」さんなど各方面で取り上げられていますものをご検討いただければと思いますが、全面的に原告側の主張を退けると言う結論以上に、各事実の認定や判断などを見ても医学的見地から見ればまず妥当かと思われるところではないかと思いますね。

さて、本日は例によって各新聞社の記事を引用してみたいと思いますが、ざっと見て判ることに記事の内容以上にタイトルに心情が現れるものなんだなということで、これも名は体を表すということなのでしょうか?
これともう一つ、かなり踏み込んだ内容の付言というものが出されているということで各社大なり小なり言及していますけれども、この付言について何より注意していただきたいのは「国、地方自治体に対して」その責任を厳しく問う内容であったということです。
裁判所が個別の民事訴訟で直接関連のない国や自治体に言及するのもどうしたことかと思うでしょうが、実際の内容を見てみますと医師の過重労働問題など確かにこれは社会システムの問題だという指摘で、医療現場もまたその被害者であるとも言えるような内容ではあるわけです(こういう「ポエム」を判決につけるのが妥当かどうかはまた別の議論として)。
こうした付言の内容、向けられた対象が何だったのかという点に留意しながら記事を読んでいただくと色々と面白いことが見えてくるかとも思いますけれども、まず最初は読売新聞から取り上げてみましょう。

転院拒否で妊婦死亡、遺族の賠償請求を棄却(2010年3月1日読売新聞)

 奈良県大淀町立大淀病院で2006年8月、出産時に意識不明になった高崎実香さん(当時32歳)が計19病院に転院を拒否された末に死亡した問題で、夫の晋輔さん(27)と長男、奏太(そうた)ちゃん(3)が「主治医の判断ミスで転院が遅れた」として、町と主治医に計約8800万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が1日、大阪地裁であった。

 大島真一裁判長(島村雅之裁判長代読)は「主治医に過失はなかった」として請求を退けたが、国や地方自治体に対し、救急医療体制の充実を求める異例の付言をした

 判決によると、実香さんは06年8月8日未明、大淀病院で出産中に頭痛を訴えて意識を失い、けいれん発作を起こした。約6時間後に大阪府吹田市の国立循環器病センターに搬送され、奏太ちゃんを出産したが、8日後、脳出血で死亡した。

 遺族側は「頭部CT検査を行うべきだった」と主張したが、判決は「CT検査を実施すると、検査中に搬送先が決まる可能性が高く、検査より搬送を選択した判断は十分に合理的だ」とした。

 また、付言の中で大島裁判長は「大淀病院の常勤産科医は被告となった主治医だけで、夜を徹して転送手続きを行い、午前中の診察にあたった」と指摘。過重労働となっている医療体制の現状について、「勤務医の立場からも患者の立場からも許されない。実香さんの死を無駄にしないためにも、産科などの救急医療体制が充実し、一人でも多くの人の命が助けられることを切に望む」とした。

 判決後、晋輔さんは「判決に納得できない部分はあるが、『実香の命が少しでも役に立つように』と言ってもらえてよかった」とし、「医療界は、付言を真剣に受け止めてほしい」と訴えた。

 西浦公章・町立大淀病院長の話「様々な観点から審理が尽くされた結果だと受け止めている。今後、医療体制の充実に努力する」

のっけから基本的なことに突っ込ませていただいて申し訳ありませんが、本件は転院拒否ではなく受け入れ不能の事例であったと思います(某新聞などは嬉々として「たらい回し」と社説でバッシングしていましたけれども)。
ついで注目すべきは付言の内容に関する非常に中途半端な引用(この引用の仕方では付言内容の文脈が判りませんよね)と共に、さりげなく高崎氏のコメントという形で付言の矛先がすり替えられているという点ですが、このあたりに読売新聞社の意志が見え隠れしているようにも思えるところですね。
そうした付言の内容についてもう少し踏み込んでいるのが為政者批判はお手の物という(苦笑)朝日新聞の記事ですが、これを読むと「死亡はやむを得ない事例だが、敢えて誰が悪かったかと言えば国や自治体が悪かった」という付言の主旨が概観出来る内容となっているようです。

「救急は名ばかり」大阪地裁言及 妊婦の遺族訴えは棄却(2010年3月1日朝日新聞)

 奈良県大淀町の町立大淀病院で2006年8月、出産中に意識を失った高崎実香さん(当時32)が19病院から受け入れを拒否された末に脳内出血で死亡したことをめぐり、夫の晋輔さん(27)=奈良県三郷町=ら遺族が大淀町と当時の担当医師(62)に慰謝料など約8800万円の賠償を求めた訴訟で、大阪地裁の大島真一裁判長(島村雅之裁判長代読)は1日、医師の過失を認めず、遺族の請求を棄却する判決を言い渡した。

 しかし判決は、判決理由を述べた後に「付言」として異例の意見を述べ、妊婦らの救急搬送先が決まらず、30分以上待機した例が08年に全国で約1千件あったなどとする消防庁発表の調査を挙げ、「救急医療とは名ばかり」と批判。「救急医療の整備・確保は国や地方自治体の最も基本的な責務」と言及した。

 判決によると、実香さんは入院中の06年8月8日午前0時すぎ、頭痛を訴え、意識を失った。担当医は、午前1時37分ごろにけいれんが起きると、妊婦がけいれんを起こす「子癇(しかん)」と診断。午前1時50分ごろ、奈良県立医大病院に受け入れを依頼したが「満床」で受け入れられず、同病院などを介して病院を探した。搬送先が決まったのは午前4時半ごろで、午前6時前に国立循環器病センター(大阪府吹田市)へ搬送された。

 実香さんは同センターでCT検査を受け、脳内出血が判明し、帝王切開で長男を出産したが、8日後に死亡した。

 判決は、脳外科医の鑑定などをもとに、脳内出血は午前0時ごろに起き、午前2時すぎには救命困難だったと認定した。そのうえで、担当医の過失の有無を検討。午前0時すぎは血圧などに問題なく、経過観察をしたのは不適切と言えず、1時半すぎにけいれんが起きた時点で脳の異常を疑うことができたとした。

 しかし、これまでの担当医の経験から1時間程度で搬送先が決まると判断して高次医療機関への搬送を優先させ、その妨げとなり得るCT検査をしなかったことは不適切と言えないとした。そのうえで、病院側が最善の策をとったとしても、助かる可能性は極めて低かったと指摘した。

 判決は付言で、大淀病院のように常勤の産科医が病院に1人しかいない「一人医長」の問題にも触れ、実情を放置しておくことは勤務医だけでなく患者の立場からも許されないとした。

簡潔ながら概ね過不足のない判決の要約かとも思うところで、いかにも朝日が好きそうな話題の割には情緒的なコメント引用も含まれていないなど、比較的抑制の効いた内容なのではないかなとも思うのですが如何でしょうか?
しかしいつも思うんですが、朝日と言う会社の記事は全く何も判っていないような駄文もあれば意外によく見てるな?と思わされるような一文もあったりで、毎回毎回内容が安定しないというのはどういうものなんですかね?
そういう点ではある意味で毎回極めてレベルの安定した医療記事を書いてくることでは定評のある産経新聞ですけれども、こちらは二つを合わせて引用してみましょう。

奈良の妊婦遺族の請求棄却 「救命の可能性低かった」 大阪地裁(2010年3月1日産経新聞)

 奈良県大淀町の町立大淀病院で平成18年8月、分娩(ぶんべん)中に意識不明に陥った同県五條市の高崎実香さん=当時(32)=が19病院から転院を断られた末に死亡した問題で、夫の晋輔さん(27)らが診断ミスが原因として、町と同病院の担当医に約8800万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が1日、大阪地裁であった。大島真一裁判長(島村雅之裁判長代読)は「最善の措置をして直ちに搬送しても、病態の進行が急激で救命の可能性は極めて低かった」として請求を棄却した。

 判決によると、実香さんは18年8月7日に分娩が始まり、8日午前0時過ぎに脳出血して意識を失った。医師は午前1時50分に転送先を探し始め、午前5時ごろに大阪府内の病院への転送を開始。実香さんは16日に脳出血で死亡した。

 原告側は「脳病変を疑ってCT検査を実施するべきだった」と病院側の過失を主張したが、大島裁判長は「CT検査が早期搬送の妨げとなることも考えられ、検査よりも高度医療機関への迅速な搬送を優先した判断に過失があったとは認められない」とした。

 判決を受けて原告の晋輔さんは「残念。実香に申し訳ない」と話した。控訴については今後検討するという。一方、大淀病院は「判決は審理が尽くされた結果。病院としてはさらに医療体制の充実に努力する」とコメントした。

「医療体制充実を」奈良の妊婦死亡訴訟で大阪地裁が異例の付言(2010年3月1日産経新聞)

 大島真一裁判長は判決の最後に「命を守ることは国や地方公共団体に課された義務であり、命の大切さをもう一度考えることが必要」とした上で、「産科などの救急医療体制が充実し、1人でも多くの人の命が助けられることを望む」とする異例の付言を行った。

 高崎実香さんの死亡後も同じ奈良県や東京都で妊婦の搬送先が見つからない事例が相次ぎ、社会問題化した。奈良県はその後、総合周産期母子医療センターを設置して受け入れ数を増やし、妊婦の県外搬送はほとんどなくなった。厚生労働省は周産期医療と救急医療の連携について検討を進め、今年1月に都道府県に体制整備を要請している。

 奈良県の担当者は「同じことは二度と起こらない」と力を込めるが、一方で、医師や看護師の不足や過重労働という問題は残る。付言は医師の過重労働も「必要な措置を講じる必要がある」と指摘した。

 夫の晋輔さんは付言について、「実香の命が少しでも役に立ってほしい。付言を医療関係者が厳粛に受け止め、改善していくことを切に願う」と訴えた。

一つ目の記事、一見すると淡々と事実に即して記載しているようにも見えますけれども、まさに判決のキモとも言うべき「なぜ搬送にこんなに時間がかかったのか」という点に関して何ら内容を引用しないまま単に数字を並べることで、「午前0時に脳出血で意識も失っているのになぜ搬送先探しが1時50分から?」という当然の読者の疑問を誘っていくのがいつもの産経流といった感じですかね(苦笑)。
高崎氏のコメントに関しても敢えて「残念。実香に申し訳ない」という部分だけを引用して不当判決のイメージを強調しておいた上で、後段の記事において最後にさりげないミスリードを噛ませることで全体の方向性を誘導していくあたり、いつもの事ながら手馴れたものだなと感じさせるものがあります。
さて、皆さんが最も注目しているであろう(苦笑)毎日新聞ですけれども、当然ながら他紙と比べても異例とも言うべきかなり大きな扱いになっているようですね。

奈良・妊婦転送死亡:賠償訴訟 「救急充実願う」大阪地裁、判決言及 遺族請求は棄却(2010年3月2日毎日新聞)

 奈良県大淀町立大淀病院で06年8月、同県五條市の高崎実香さん(当時32歳)が分娩(ぶんべん)中に意識不明となり、19病院に受け入れを断られた末、転送先で死亡した問題を巡り、遺族が町と産科医に約8800万円の賠償を求めた訴訟の判決が1日、大阪地裁であった。大島真一裁判長(島村雅之裁判長代読)は遺族の請求を棄却した。しかし、3時間以上も転送を待たされた経緯に触れ「産科救急医療の充実を願う」と付言した。【日野行介】

 原告は、夫晋輔さん(27)と転送先で生まれた長男奏太ちゃん(3)。主な争点は、産科医が頭部CT検査を実施せず、死因となった脳内出血ではなく妊娠高血圧症の子癇(しかん)とした診断の過失と、救命可能性の有無だった。

 判決は、脳内出血が発生した時刻を、実香さんが頭痛を訴えた06年8月8日午前0時ごろと推認。その上で、「設備の整った医療機関にできるだけ迅速に搬送することを優先させた判断は不適切とは言えない」と産科医の過失を否定した。

 転送時期と実香さんの死との関係については「仮に(初期段階で)脳の異常を診断し、(設備の整った)奈良県立医大に搬送したとしても、手術開始は午前3時半ごろと考えられ、救命の可能性は極めて低かった」と述べ、請求を全面的に退けた。

 一方、判決要旨の朗読後、大島裁判長は産科救急医療の現状に触れ、「重症患者でも現場で搬送先を探しているケースが多く、『救急医療』とは名ばかりだ。人の命を守ることは国や地方自治体に課された責務で、産科など救急医療の再生を強く期待したい」と述べた。

 ◇実香の命の重さ感じた 夫、無念さと期待と

遺族の願いはかなわなかった。奈良県大淀町立大淀病院で分娩(ぶんべん)中に意識不明となり、19病院に転送を断られた末、死亡した高崎実香さん(当時32歳)の医療訴訟。大阪地裁は1日、町と産科医側への賠償請求を退けた。しかし判決は、実香さんの死後に浮き彫りになった産科救急医療体制の不備を指摘した。夫晋輔さん(27)は「判決は残念で実香に申し訳ない気持ちだが、裁判所の意見は良かった」と複雑な心境を語った。

 晋輔さんは法廷の原告席に背筋を伸ばして座り、じっと目を閉じたり、ハンカチで目を押さえたりしながら、判決に聴き入った

 晋輔さんは毎回、裁判に出席する一方、各地で講演会などに参加し、産科医療の改善を呼びかけてきた。訴訟を起こしたことで、インターネットの掲示板でいわれのない批判や中傷も受けた。それでも法廷に足を運び続けたのは、実香さんが亡くなる直前に出産した長男奏太ちゃん(3)に「お母さんのおかげで産科医療が良くなったんだよ」と伝えたかったからだった。

 判決後、記者会見した晋輔さんは、請求棄却について「頭が真っ白で言葉が出ない」と唇をかみしめた。しかし、産科救急医療体制の改善を求めた裁判所の付言には、期待を込めた。「実香の命が重いことを改めて感じた。奏太に説明できると思う。医療界が受け止めて、早急に産科医療の体制を整備してほしい」と語った。また、石川寛俊弁護士は「主張が十分、受け入れられなかった。控訴するかどうかはまだ考えていない」と述べた。

 一方、西浦公章・大淀病院院長は「審理が尽くされた結果と受け止めている。産科救急医療体制の充実を強く希望するとともに、医療体制充実に努力したい」とのコメントを出した。【高瀬浩平】

==============

 ■解説
 ◇患者と医療界、改善へ連携を

 19病院に受け入れを断られた高崎実香さんの死は、危機的な産科救急搬送システムの実情を浮き彫りにした。賠償請求は棄却されたが、産科医不足や、産科と一般の救急医療システムとの連携の不備など、医療システム全体の問題点に一石を投じた意義は大きい

 実香さんの問題などを受け、厚生労働省は今年1月、産科救急医療を脳神経外科などと連携させるよう都道府県に通知。しかし、厚労省が昨年11月に発表した医療施設調査結果によると、分娩可能な医療施設は08年までの3年間で1割以上も減少した。背景には深刻な医師不足や過重労働があり、連携強化だけでは不十分だろう。

実香さんの遺族は「二度と同じ事故が起きてほしくない」との思いから体験を講演などで訴えているが、医療界には「訴訟が多いから産科医が減る」などと遺族側を批判する意見もあった。救急医療体制の充実に向けて、患者側と医療界が手を携えて動いてほしい。【高瀬浩平】

今更本件と毎日新聞社との関わりについて知らないお方もいないでしょうが、復習がてらもう一度という方々はとりあえず参考までにこちらなどをご覧いただければと思います。
さすがに事件が公になる前から独自取材?を行ってきたというだけの事はあってコメントも豊富で、高崎氏の心情などもまるで我が事のように判ると言う毎日新聞ですけれども、やはりここは「遺族の願いはかなわなかった。」の一文を是非とも入れたかったんでしょうねえ。
同様に毎日として是非とも入れたかったのは「医療界には「訴訟が多いから産科医が減る」などと遺族側を批判する意見もあった。」の一文でしょうが、医療界ではなく医療関係者も含むネット上のごく普通の人々が批判の主体であって、その対象は何よりも毎日新聞であるということには全く言及しないのは全くフェアではないと感じられます。

さて、以上のように主要各社の報道を見てきましたが、本件の場合判決内容そのものはまずまず妥当かと思われるところですけれども、その前段階として医学的にごく妥当な内容と思われる鑑定書が出されていることに着目したいですね。
しばしば言われるトンデモ判決の原因として、トンデモ理論に基づいたトンデモ鑑定書の存在というものがようやく注目されるようになってきましたけれども、本件のような世間的な関心も極めて高い事例においてはさすがに鑑定人もまともな人選が行われたと言うことなのでしょうか。
問題は医療業界内においてこういう鑑定人としての業務に関する正しい教育システムもチェック機構も全く存在していないということで、医療業界の今後の課題として医療それ自体のレベルアップと同じくらいにこの方面のレベルアップにもきちんと力を注いでいかないことには、例え第三者機関が出来たところで正しい再発防止策も検証できない上に、何より現場の士気が崩壊し医療システムが維持できなくなる大きな要因にもなってくるんじゃないかという気がします。

|

« 事故調議論は振り出しに?そして本日大淀事件判決… | トップページ | 継ぐのは誰か 医師会が消えた後の医療行政と業界団体の関わり »

心と体」カテゴリの記事

コメント

弁護士から講演会まで各方面で毎日新聞がバックで活動していたという事実は華麗にスルーですね。
多分「遺族の願いはかなわなかった」ではなく、「毎日新聞社の願いはかなわなかった」んでしょうな。

投稿: | 2010年3月 3日 (水) 15時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519753/47703976

この記事へのトラックバック一覧です: 大淀病院民事訴訟、原告側の請求を全面棄却:

» 破壊された奈良の医療はもう戻るまい [ブラウン管で ガンシューティング しませんか? 〜KRTさん(三十路)のブログ〜]
■医師に非がないという判決が出ても…。 大淀病院事件の判決が出たようです。 「重症患者引き受ける体制を」=搬送拒否で裁判長付言−遺族請求は棄却・大阪地裁(時事通信) - Yahoo!ニュース http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100301-00000100-jij-soci 2006年、出産のため入院中に脳内出血を起こし、19の医療機関に搬送受け入れを断られ死亡した奈良県大淀町の高崎実香さん=当時(32)=の遺族が、担当医の診断ミスが原因とし... [続きを読む]

受信: 2010年3月 2日 (火) 13時17分

» (医師叩き・病院叩きを行った)マスコミと国民に言いたい。恥を知れ。 [医療はこのまま崩壊していくのか]
大淀病院事件の判決が出ましたね。 当然の判決だったと思います。 しかし、たとえ医師に過失がない事が裁判で明らかにされても、毎日新聞をはじめとするマスコミの医療破壊記事と、それを吟味・検証せずに医師を、病院をバッシングした者たちによって破壊されてしまった奈良の医療は、恐らく、もう戻ることはないでしょう。 以下、奈良の医療を破壊した戦犯の方々のブログ記事。 [http://blogs.yahoo.co.jp/k_akiomi/41206005.html] [http:..... [続きを読む]

受信: 2010年3月 2日 (火) 13時32分

« 事故調議論は振り出しに?そして本日大淀事件判決… | トップページ | 継ぐのは誰か 医師会が消えた後の医療行政と業界団体の関わり »